« 第3回 神奈川フードバトルinあつぎ 第1日目 | トップページ | ガンバ大阪戦はNHK BS1で全国放送 »

J1 2010 第10節 湘南vs神戸 戦

5月5日こどもの日は、平塚競技場でヴィッセル神戸戦がありました。個人的には1試合休みなどがあって25日ぶりのホームゲームです。ファミリーJoinデーであるこの日の天気は晴れかなり暑かったです。そういえば1年前のファミリーJoinデー(2009年5月2日セレッソ戦)も快晴で、田子千尋さんが休みでしたが、お客さんが多いなかで関西のクラブに勝利することが出来ましたので、それが再現できればいいなあと思っておりました。

この日は「ジーコムNOVAスペシャルデー」で、「秦野ホームタウンデー」で、「ベル12DAY(一般のお客様は「ベル12」なんで言われても絶対にわからないはずですが、これが正式名称らしい)」と、なんだかいろいろ併記されております。

ジーコムNOVAから「NOVAうさぎぬいぐるみ」が、先着来場450名様をはじめエスコートキッズをやったからなど様々な理由で配布されました。オイラはもらっておりませんが結構大きなぬいぐるみなのでもらったかたは腕につけていたかたが多かったですね。NOVAうさぎがピンクなので、相対色に近い青や黄緑の客席からすごく目立ちました。この会社は狙ったのかのごとく袖スポンサーなのですから、ベルマーレのキャプテンマークにもNOVAうさぎをあしらったピンクのやつでいいのではないでしょうか?。あいさつでは「NOVAもベルマーレも再生組」というようなことをおっしゃられておりましたが、こういったスポンサーの意向に答えられるよう、J1に残留できればなあとは思います。

来場者全員に不二家よりポップキャンディが提供されました。先日も秦野がらみでカントリーマアムが提供されておりましたが、この日も秦野ホームタウンデーでしたので再登場といったところでしょうか?。不二家は平塚にも工場がありますし、全国植樹祭も成功するといいですね。全国植樹祭はナビスコカップ浦和戦の翌日である5月23日(日)に秦野市で開催されます。今年のペコちゃんならこの画像のように6人目のベルマーレクイーンにねじ込んじゃっていいのではないでしょうか?(クイーンといえば、しれっとNew Balanceとタイアップしたのでしょうか?)。

なんとこの日から平塚競技場のゴールがカラーゴールネット(黄緑と青の縦じま)になり、グダグダな贈呈式(子供が小さすぎでしょう・・・)が行われました。

またこの試合では暴れん坊シートが設定され、7ゲート付近の陸上トラック上に座席が設定されました。とりあえずこの試合だけの設置なのでしょうか?。オイラは高さのある席が好きなので遠慮しておきますが・・・。

小林久晃・河本裕之選手が出場停止で榎本達也選手が欠場の神戸は、4-4-2の表記でしたが、代役に宮本恒靖選手らを据えた、実際は都倉賢選手1トップの4-4-1-1のシステムでした。臼井選手が出場停止で故障者は多すぎて羅列しきれない湘南は、まさかの坂本紘司選手も負傷ベンチ外でかなり苦しい布陣でした。山口選手が復帰してなんとか揃えているような状態です。

開始から数分で都倉賢選手がゴールを挙げて神戸が先制します。その後寺川選手のコーナーキックを山口選手がヘディングで押し込んで同点としますが、その数分後にまた都倉賢選手がゴールを挙げて神戸が勝ち越します。

都倉選手はいい意味で草津のときと全く同じプレースタイルでした。都倉選手から見れば昨年もやった平塚競技場でのベルマーレ戦ですので、むしろ慣れたシチュエーションでのプレーだったのでしょうね(こういうタイプのFWを守るのが得意なジャーン選手がいればなあ)。この2点目がヴィッセル神戸500得点目でした。神戸主催のキャンペーンにご当選された方はおめでとうございます。

それにしてもこの2失点に対する湘南のディフェンスはスキだらけでした。特に2点目はとてもみっともないミスでした。山口選手がセットプレーからゴールを挙げておりますが名誉挽回には程遠く、さらに山口選手以外の周辺の選手(特に島村選手)にもかなり責任がある2失点でした。山口選手が負傷明けであることや、ディフェンスの選手も入れ替えが多かったなどの考慮すべき事項もありましたが、ワールドカップ明けのポジション争いを考えるとそうも言っていられないと思われます。

冒頭の通りこの日はかなり暑く、加えて試合間隔が短いこともあって、田村雄三選手などが普段以上にあっちだこっちだと指示しているのが目に付きましたが、どの選手も体がついていっておりませんでした。前半から後半の途中まで神戸の選手のほうが連動して動けておりましたね。湘南はかなり消極的な戦い方をしていたと思います。

しかし徐々に神戸の選手が燃料切れのような状態になりました。この状態で途中出場をした秦野市出身の三平和司選手が絵に描いたようなカウンターで秦野ホームタウンデーに同点ゴールを決め、なんとか引き分けになりました。

湘南 2-2 神戸

この試合の2失点は防ぐことが出来たようなものでしたので、この試合は勝てた試合だと思います。よって負けなかったことを全く喜ぶことが出来ない引き分けです。既に何試合も勝ち点をとれた試合を落としておりますし、ホームゲームですし、勝たなければならなかったと思います。この日は遠方の神戸が相手でしたが、ホームのサポーターだけで1万1千人を越える集客が出来ましたのは収穫です。また観に行きたいという試合は出来たでしょうか?。

それにしても湘南は故障者が多いですね。本来でしたら今週末にアウェイの鹿島戦があるのですが、この試合は鹿島のACLの日程の都合で7月に変更されております。湘南にとっては良かった日程変更ということでよろしいでしょうか?。次の試合は11日後の5月16日(日)のガンバ大阪戦で、平塚では今季初めてのナイトゲームとなります

5月10日(月)に発表されるワールドカップ日本代表に選ばれるためのアピールの場としては、湘南は全日程を終えましたが、客観的に見て今回のワールドカップに行けそうな実力の選手は湘南にはいないと思います。ロンドンオリンピックやブラジルワールドカップを目指してがんばってください。

今年は余裕がある試合数のJ2が、ゴールデンウィークに限りすごい「体力勝負な日程」で試合をしていますね。最近湘南から期限付き移籍中の菊池・鎌田選手とも試合に出ておりますが、土曜日は高田・熊林・菊池選手の草津が味スタに、日曜日は中島・永里・中町選手・浅野コーチの福岡もフクアリにやってきますので、湘南から行く人もいらっしゃるのでしょうか?。おおっ、この日の草津vs北九州戦はベルマーレから期限付き移籍中の菊池大介選手とベルマーレ平塚ジュニアユース(厚木市立玉川中学校卒)出身の宮川大輔選手(草津のJ初ゴール選手でもある)で点を獲りあっているじゃないですか!!。

|

« 第3回 神奈川フードバトルinあつぎ 第1日目 | トップページ | ガンバ大阪戦はNHK BS1で全国放送 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/34551659

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2010 第10節 湘南vs神戸 戦:

» 【生観戦記・追記版】5/5 J1第10節:湘南2-2神戸~皆さんご期待(爆)のものを中心に [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
当日にUPしたエントリーはこちら そういえば今回は動画撮ってなかった… (Ser.4695) ←試合後に撮影したベルマーレクィーンの井上ゆりなちゃん あとは、前回のホーム仙台戦にいなかった林 弓束ちゃんをピンで撮りましたが、他の女の子のピンの画像はありません。 なので..... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 06時33分

« 第3回 神奈川フードバトルinあつぎ 第1日目 | トップページ | ガンバ大阪戦はNHK BS1で全国放送 »