« J2 2010 第12節 千葉vs福岡 戦 | トップページ | 日曜日は中断前リーグ最終戦のガンバ大阪戦 »

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会 日本代表選手決定 など

5月11日(月)の14時に岡田武史監督(逗子市在住)より発表がありました。メンバーは以下の通りです。

GK 楢崎 正剛(名古屋グランパス)
GK 川島 永嗣(川崎フロンターレ)
GK 川口 能活(ジュビロ磐田)

DF 田中 マルクス 闘莉王(名古屋グランパス)
DF 長友 佑都(FC東京)
DF 内田 篤人(鹿島アントラーズ)
DF 中澤 佑二(横浜F・マリノス)
DF 駒野 友一(ジュビロ磐田)
DF 岩政 大樹(鹿島アントラーズ)
DF 今野 泰幸(FC東京)

MF 松井 大輔(グルノーブル/フランス)
MF 長谷部 誠(VfLヴォルフルブルグ/ドイツ)
MF 本田 圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
MF 遠藤 保仁(ガンバ大阪)
MF 稲本 潤一(川崎フロンターレ)
MF 中村 憲剛(川崎フロンターレ)
MF 中村 俊輔(横浜F・マリノス)
MF 阿部 勇樹(浦和レッズ)

FW 大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
FW 岡崎 慎司(清水エスパルス)
FW 玉田 圭司(名古屋グランパス)
FW 森本 貴幸(カターニャ/イタリア)
FW 矢野 貴章(アルビレックス新潟)

ベルマーレ平塚のJリーグ昇格以降では初めてOBも含めたベルマーレ関係者がいない五輪・ワールドカップになります(北京のときは反町監督がいらっしゃいましたし・・・)。これはJ2に長期間いたのが悪いのですからしょうがないでしょう。前回大会の大会直前にハワイから呼び出された某依知中学校出身選手のようなパターンもありますので、選ばれなかった選手を含めて最後まで気を抜かないでいただきたいものですが、そういう選手こそ以前監督から呼ばれた選手が入りますので、少なくともベルマーレからはないと思います。

人選については、オイラからはなんともいえません。周りの要望で監督の構想外の選手がねじ込まれたり、起用を強要されるほうがよっぽどいただけません。「監督が好き放題にやっていい代わりに責任は負ってもらう」がよいのではないかと思います。まあここ1年くらいのような内容では完全にアウトでしょうけど・・・。オイラは今年のベルマーレにだって「どうして彼がスタメンで彼がベンチなのか」というポジションが複数組います。選択肢の多い国家代表ではクラブチーム以上に意見が分かれるでしょう。

オイラもかつての部活や社会人をやって思うのですが、かつての巨人、今の阪神の補強のような、スペックの高い者を集めてもいい結果に結びつかないことはよくあります。「誰と誰の相性が悪い」や「このグループだと皆が消極的になってしまう」などは外部の人間にはわかりませんし、「一時的に組んだチーム」と「一定期間熟成をしたチーム」とでは違いもあると思います。そういうことを監督が踏まえたとしておこうと思います。

とはいえ今日本代表を預かるのは大変だと思います。前回の寅年の頃はアジア3位でなんとかワールドカップに出て喜んでいたのに、今年は世界で3位決定戦に出場することを求められております。たかだか10年ちょっとでそんなにレベルアップするわけはないのにノルマだけが高すぎだと思います。例に挙げて申し訳ないですけど、急激に強くなってJリーグに上がってきたザスパ草津がJ1昇格を強要されつつも、J2で初めて停滞してしまい、それに失望して客足がガタ落ちをしているところまで日本代表と世界との関係にソックリだなあと思います。

ごくたまに2000年にイギリスに行っていたことを書いておりますが、正直当時はJリーグとプレミアシップとの差はあまりにも大きくて衝撃を受けました。帰国後稲本潤一選手がアーセナルに入ると聞き、無理すぎて各方面に非常に申し訳ない思いでいっぱいでした。欧米のトップクラスと日本とは、ちょっとやそっとで追いつく差ではないです。もっと長い目で見てやれないものかなあと思います。長い目で見られない原因は地方自治体に公共事業を斡旋したことや、外池さんの上司が昔取り付けた何百億円のビジネス契約なんでしょうけどね・・・。ビジネスモデル的にJ2降格後の横浜FCのような悪循環にならなければと思います。

ちなみに連休明けということもあり、各界でもいろいろなことが発表されました。ワールドカップが終わったら参議院議員選挙なのですが、芸能・スポーツ界から候補者が出すぎのような気がするのですが・・・。芸能・スポーツ出身者でもいいのですが、普段から政治に関することに対処していない人は出るべきではありません。今の国政がやるべきことで芸能やスポーツの優先順位は低いことは中高生でも知っております。特に国債残高・年金・国防を語る前に「スポーツ環境の充実を・・・」と語ってしまったら今回はかなりマイナスからの選挙戦だと思いますよ(でも彼らは比例代表候補なんですよね・・・)。

阪急ブレーブスのブレービーの中の人(神奈川県出身)がお亡くなりになりました。こういった先駆者の方のご苦労があっていまや米国を圧倒的にしのぐ「着ぐるみマスコット大国・日本」がある(ナゴヤドームとか選手のグッズよりドアラのグッズを着ている人が多いし・・・、Jリーグもパルちゃんの人気はすごいし・・・)わけですので、ご冥福をお祈り申し上げます。

2010年はJリーグチップスは販売しないそうです。よってベルマーレがカルビーのカードに復帰することが出来ませんでしたので、来年復帰できるように残留しなければなりませんね。

|

« J2 2010 第12節 千葉vs福岡 戦 | トップページ | 日曜日は中断前リーグ最終戦のガンバ大阪戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

チャリ通さん、こんばんは。南アフリカ行きの選手が発表になり、やっと世間も少しは盛り上がってくれるんでしょうか。湘南ベルマーレに気持ちが傾けば傾くほど代表への想いが薄れていくのが、J2で過ごした10年という時の長さなんでしょうか。それでも今回は、まずないだろうと思いつつも「まさかの大ドンデン返しで村松召集だったりして!」なんて、一瞬でも夢を見ました。まぁ彼にはロンドン目指して頑張ってほしいです。Jリーグと同じくらいイングリッシュ・プレミアが好きな私は、彼が英国のピッチに立つ姿を想像するだけで、南アフリカなんかどうでもよくなってしまいます。

勝負事ですから、勝敗の行方なんてやってみなければわからないです。日本にだって対等にチャンスが…と言うのは簡単ですが、先週末のプレミア最終節・チェルシー優勝決定試合なんて見ていると、世界にはバケモノがどんだけ?と思ってしまいます。ドログバもランパードも、坂本選手と同い年なんですよね。いやになってしまいます。

投稿: 東京から通ってます | 2010年5月11日 (火) 23時02分

東京から通ってますさん、コメントありがとうございます。

代表よりクラブチームというのは普通の傾向だと思います。欧米では当然ですし、日本だってWBC日本代表よりひいきのNPBチームを応援していた人が2006年も2009年も多いはずです。なぜなら代表は常設ではない臨時チームですからね・・・。

しかし商売を考えると37分割もされてしまうクラブより一体になる代表のほうが商材として営業しやすいとオイラも思いますので、代表を見捨ててはいけないと思います。

日本で2番目(現存では最古)のプロ野球チームである巨人が出来てから70年経ってようやく野球は世界一になりました。だからJリーグが出来て70年でサッカー世界一に日本がなれば上出来と個人的には思います。

投稿: チャリ通 | 2010年5月12日 (水) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/34645728

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会 日本代表選手決定 など:

» 2010年W杯日本代表23名発表、サプライズは… [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
やっぱり、一番のサプライズはこれでしょう(爆) (Ser.4703) キーパーの3人目に能活とか、FWに矢野貴章とか、岡ちゃんが引き続き代表監督やるとかなんて全部吹っ飛んじゃいましたよ… 【SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー】 ◆GK 楢崎正剛(名古屋)、川島永嗣(川崎..... [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水) 05時26分

« J2 2010 第12節 千葉vs福岡 戦 | トップページ | 日曜日は中断前リーグ最終戦のガンバ大阪戦 »