« 「第3回 神奈川フードバトルinあつぎ」開催日は1日ずれて5月4日・5日です | トップページ | 日曜日はベガルタ仙台戦です »

「湘南ベルマーレロードチーム」発足

どうしてこう記事を書く時間がないときにいろいろ発表されるのか?と思いつつ、非公式発表から1ヶ月経ってようやく自転車ロードレースチームが湘南ベルマーレスポーツクラブに参加することが発表されました次の仙台戦の冠スポンサーが平塚競輪場だから?)。

「湘南ベルマーレロードチーム」発足のお知らせ

既存のチーム コムレイド(冠スポンサーを付けて「コムレイド・ジャイアント」と呼称)が湘南ベルマーレスポーツクラブに参加いたします。ベルマーレホームタウンのうち相模川を挟んだ平塚市と茅ヶ崎市は、平地が多いので自転車をエンジョイするのに非常に向いた土地であります(オイラも本厚木-平塚市総合公園間では東名厚木IC付近の「玉川をまたぐ小橋」くらいしかないためほとんどアップダウンがないです)。さらに茅ヶ崎には自転車製造も手がけるミヤタ(内山監督はここのチームの出身)、平塚と小田原には競輪場があり、藤沢の鵠沼海岸から茅ヶ崎の柳島にかけて日本を代表するサイクリングロードのひとつ「湘南サイクリングロード」があり、自転車が流行る下地のある地域です。今もトライアスロンチームがいるので自転車とは接点があり、それが平塚競輪場の「湘南バイシクル・フェス」参加につながったわけですが、今回純粋な自転車のチームが加わったことは個人的には大変うれしいです。ベルマーレ合流を歓迎します。ウェアがサッカーのユニフォームのセカンドユニフォームに似ているのもすばらしいです。

ロードレースの場合はアップダウンがあるところが見せ場になるので、必然的にレースが山で行われがちです。「チームの主な参戦スケジュール」をみても神奈川県内が見当たらないのが残念ですね。箱根あたりでやってくれないものでしょうか?(駅伝とかぶるなら大山とか宮ヶ瀬もあります)。

一般向けクラブもあるそうですが、オイラはレースは苦手なので無理です。でも湘南ベルマーレスポーツクラブの理念的には一般向けクラブは評価できますね。もろもろ情報提供をして欲しいですが、合流直後でレースも控えているからか、情報がありません。ただ選手が何人かブログをやっておりますので、そちらでどんな感じなのかわかりそうです。

山根選手
平林選手
武田選手
原川選手
中里選手
佐藤選手
山川選手

本来でしたら2月のベルマーレワンダーランドで説明をして欲しいところですが、既に終了してますし、初年度ですので、一度J1の試合のある日に挨拶に来て欲しいですね。5月上旬なんていかがでしょう?。

そういえばジオスの破産に伴い、サッカーの袖スポンサーであるジー・エデュケーションがNOVAに続いて引き受け先になりました。大手の英会話スクールに通ったことがないのでよくわかりませんし、金銭面でジオス、ジー・エデュケーション、受講者について軽々しくコメントできる要素が揃っておりませんのでなんともいえませんが、今年のベルマーレには影響はないでしょうが、ジー・エデュケーションも大変でしょうね。

景気が悪いのは確かですね。飲食店は「値引きが当たり前」という思いっきりデフレ状態です。今週突然鹿児島の我流風が倒産したことに伴って当ブログのアクセス数が増えてしまい驚きました(東京ドーム内に支店があり野球の記事で当ブログにも記載があった)し・・・。ベルマーレの集客が伸びないという話が出ておりますが、他クラブに目を向けるとジュビロ磐田を筆頭に深刻な集客減が問題になっているので、ベルマーレは「思ったより伸びていない」だけで、いまどき「ちょっとでも伸びてはいる」ベルマーレはまだマシです。Jリーグの場合は「たわけもの」の語源である「田分け者」(欧州は逆に2部リーグを経済的に切り、チャンピンオンズリーグ参加クラブを優遇しなど、この30年間のチーム選別っぷりがすごい)ですのである程度集客が減る方向なのですが、ナゴヤドームやYAHOOドームの観客激減ぶりを見ると、Jリーグだからではなく国民の遊興費が減っていると思われます。ジオスの件にしても対岸の火事ではありませんね(<追記>「たわけもの」の語源は複数の説があるようです)。

心配事といえば、全く関係ないのですが年に数回程度講談師の一龍斎春水さんブログを見ます。たぶん世間的には40代の方でしたら宇宙戦艦ヤマトの森雪、30代の方でしたらシティーハンターの野上冴子の声をやっていた麻上洋子さんというお名前のほうがご存知だと思います。それ以外の世代の方にはちょっと厳しいかと思われますが、野上冴子が実際に存在していたらたぶんオイラも「もっこりの貸し」があったかもしれませんがね~。現在春水さんは講談師をしつつ地元の藤沢市で実母の介護をされているのですが、月2回程度のブログ更新が今月はまだないのですよ。介護という事情がある人なので問題がなければいいのですが・・・。

|

« 「第3回 神奈川フードバトルinあつぎ」開催日は1日ずれて5月4日・5日です | トップページ | 日曜日はベガルタ仙台戦です »

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

コメント

チャリ通さん、こんにちは。ベルマーレロードチーム発足は、私が密かに実現を願い続けてきた事なので、とても嬉しいです。今は空前の自転車ブームなので、シマノ城下町・堺のように、ミヤタ城下町として盛り上げていただきたいものです。

実物のお披露目はまだですが、ウェアのデザインが派手ですね!個人的に楽しみなのは、10/24のジャパンカップ@宇都宮です。海外の有力チームも毎年参加するこの大会で、大いに目立っていただきたいです。毎年イタリアから参加しているリクイガスというチームのウェアは、色使いが昨年までのベルマーレそのものなので、リクイガスとベルマーレの見比べができるのも楽しみです。

でも、5月のツアー・オブ・ジャパンには参加しないのでしょうか。最終日に都心を走るこの大会は、近場で見られる貴重な機会なのですが…ちょっと残念です。

投稿: 東京から通ってます | 2010年4月23日 (金) 17時37分

東京から通ってますさん、コメントありがとうございます。

個人的にもベルマーレ関連では今年トップクラスの朗報です。出来れば小規模な大会でもいいのでサッカー・フットサル・ソフトボールのように公式戦(つまりレース)をベルマーレサポーターが観に行くことが出来る近場で行っていただければ地域にもわかりやすく認知されると思うのですが、それは次の課題というところでしょうね。

地域の応援を期待する立場としては宇都宮ブリッツェンあたりが目標になると思います。だいぶ差がありますが、追いつければいいなあと思います。

確かにリクイガスはオシャレです!(画像のチョイスは気にしないでください)。
http://www.cyclestyle.net/special200811a/images/lg/048.jpg

投稿: チャリ通 | 2010年4月23日 (金) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「湘南ベルマーレロードチーム」発足:

« 「第3回 神奈川フードバトルinあつぎ」開催日は1日ずれて5月4日・5日です | トップページ | 日曜日はベガルタ仙台戦です »