« We Are The World | トップページ | 明日、明後日。 »

誰か平塚のお店紹介してください

松本山雅FCS.C.相模原Jリーグ準加盟が決まったそうです。おめでとうございます。事前の情報どおり、秋田や金沢などは審査自体を見送ったようですね。JFLの松本山雅FC(今年は有名な御柱祭の年なので、営業的にも千載一遇の盛り上がるチャンスでしょう)はともかくとして、S.C.相模原は神奈川県社会人リーグ1部という6部リーグに所属するクラブですので、ここでJリーグ準加盟ということはかつてのザスパ草津のようにJFLあたりへの飛び級制度が適用されるかもしれないのでしょうか?。うーん、それはそれで各地のJリーグ入りを希望するクラブからいろいろ文句がありそう(全国社会人サッカー選手権大会に出て優勝するのであればともかく・・・)ですが、隣の町田ゼルビアが1試合500円という低価格にもかかわらず有料入場者数が集まらず苦しんでいるように、有料試合をしたことがないらしいS.C.相模原もこれから資金繰りの厳しさを経験することになるでしょうから、昨年末の大分やヴェルディのようにならないようにがんばっていただきたいものです。親会社がないところは「招待券なしで3,000人以上集客できるクラブ」でないと、J2に行っても新設される「降格制度」でJFLに逆戻りだと思いますし・・・。

これでJFLに鳥取・町田・長崎・松本の4クラブがJリーグ準加盟になったので、現在のJクラブから経営破綻クラブが出なければ一応J2が22クラブを越える可能性があるので、いよいよJ2からの降格制度を作らなければなりませんね。実際はSAGAWA SHIGAなどのほうがこれら4クラブより強そうですので今シーズンでの降格は発生しないと思いますが・・・。おっと、大分は9億円を返済しないと3位以内に入ってもJ1昇格できず、その場合J1とJ2の入れ替えは2クラブずつですか・・・。湘南としてはそれはぜひとも今年は大分にがんばっていただきたいものです

次回のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」主題歌をいきものがかりが担当するそうですいきものがかりは2008年紅白歌合戦初出場、2009年NHK全国学校音楽コンクール課題曲、そして2010年はNHK連続テレビ小説の主題歌(これで今年も紅白内定?)、他にもオールナイトニッポンのパーソナリティなどと、このグループのコンセプトを考えれば理想的な出世をしているので文句のつけようがございません。いまや厚木・海老名地区の宝でしょう。ただ「ゲゲゲの女房」に厚木も海老名も登場しないと思いますが・・・(山下穂尊さんのお母様の出身地がヒロインの出身地の島根らしいです)。

正直、

「きよえちゃんたち大出世だねえ」
B-1グランプリってどうなの?」
「最多勝のヤクルトの館山って厚木出身なんだって!」

あたりで厚木の皆さんも地元のPRネタは充分足りている感じで、「厚木もホームタウンの湘南ベルマーレが2010年はJ1」とか、「湘南ベルマーレのソフトボールチームの本拠地は厚木」とかは地元では優先順位はかなり低いです。いきものがかりが伸びているので阪神甲子園球場で単独ライブが出来るくらい大物のTUBEが藤沢市にレンタル移籍されても別に気になりませんし、永里優季選手がドイツでプロサッカー選手になってますし、他に人がいるので父親の職場の関係で何度か引っ越している原辰徳監督は最初のカードで出さなくてもいい状況ですし、某昭和60年頃の有名アイドルさんは事情があって1枚目のカードにあえてしてませんし、競技も年齢も違うのになんか境遇が似てきた多村仁志・茂庭照幸選手(どちらも今年はレギュラーでないとまずいでしょう)もいますし、おそらく厚木商業高等学校ソフトボール部はまた全国大会で活躍するのでしょうし、ベルマーレが厚木において吉岡聖恵さんに追いつくまでにまず追い越さなければならないライバルはかなりたくさんあります。それを踏まえた提案がベルマーレから厚木市民の皆様に出来ればいいのですが・・・。

まあおかげで市長が「厚木はすごい」と勘違い気味で困っておりますが・・・。役所については全然仕事が出来ていないと思います。海老名が厚木より伸びているのはどちらかというと今まで海老名があまりにも酷すぎただけ(しかもまだJR海老名駅周辺が未開)なので、ここと比較してもしょうがないでしょう。まあ東京の会社員のオイラとしてはビナウォークやサティのあるあたりは、多くはどこにでもあるチェーン店なので平塚のほうがまだ魅力的なのですが、職・住とも県央の人にはいいのかもしれませんね。厚木の場合はかなり前から本厚木地区の一極集中で渋滞と駐車場問題で飽和状態なのに、これを本厚木地区にさらに人を集めてなんとかしようとしている「試験問題を読んでないような回答」(で、当たり前ですが結局何も出来ない)が一番の問題だと思いますが・・・。

ただ平塚を海老名より褒めましたが、平塚市外の人間としてはつくづく「平塚ももったいないところだなあ」と思います。昨年のJ2でさえ月に2回7,000人くらいが集まるイベントがあるのに、「平塚市総合公園や平塚駅周辺でお客さんが落としお金」が、「湘南がアウェイの試合でそちらの本拠地で落としたお金」にことごとく負けているのでは?と思えてなりません。フードパークにしても駅前の飲食店にしても、なんか自分達が出かけているときより盛り上がっていないように見え、対戦相手のサポーターのブログを見ても横浜や藤沢、あるいは東名高速のサービスエリアに寄ったという記事が目立ちます。厚木で年に数回しかない同じようなお祭りがあった場合はもっと積極的に地元の店が自分からPRしているのを見ているからか、よけいに平塚のおとなしさには違和感を感じます。

正直、何があるかがわかりませんとオイラのような平塚市外の人間には選択肢がありません。20世紀末に「平塚名物の都まんじゅう」と言われて愕然としました。平塚駅前の都まんじゅうもおいしいですけど、以前にも書きましたがオイラにとっては幼児のころから親の帰省で途中下車していた上野の都まんじゅう(東京都で売っているから「都まんじゅう」であるわけで・・・)ですし、調べれば全国各地に同じものが売っていた(近いところでは茅ヶ崎の「すずや」にもある)ので、「○○にはスターバックスコーヒーがあるんだぜ」と聞かされたのと同じ衝撃がありました。「つまり平塚って、売り物がないってことなんだなあ」という第一印象でした。サッカーサポーターに人気の「ラーメン」カテゴリーのうち、ラオシャンタンメン(花水ラオシャン老郷)と大黒庵が平塚にしかない食べ物ですが、どちらもイロモノであって主流派という感じではないと思いますし・・・。

今年はJ1ですので月2回平塚市内外から1万人くらいが集まることになりますこの1万人が「平塚に行ったらこれを買わなければ」と必ず指名する食べ物や物産があれば、それこそ1店舗だけで年商数億円だって狙えるのではないでしょうか?。厚木でこのようなチャンスがあればサンクトガーレンベルマーレ昇格記念商品を出すようです)よりも営業力のあるお店や団体がほっとかないと思うのですけどね・・・。ましてや規模があり観光ノウハウのある藤沢だったら厚木以上にがんばると思います。ぜひとも平塚で商売をされている方には、周辺の市にはないアドバンテージを生かしていただきたいものです(こういうことは官ではなく民で動かなければ実現しません)。

FUJI XEROX SUPER CUP 2010で各クラブのグルメが登場し、萬代裕子さんと豊田麻衣さんが食べるという企画があるそうで、湘南からはの「ベルマーレクッキー」がエントリーしているそうです。「萬代裕子さんと豊田麻衣さんが食べる」のところはどうにでもなるインターネット投票なので別にいいですが、会場での販売は平塚のためにも売れればいいなあと思います

|

« We Are The World | トップページ | 明日、明後日。 »

その他」カテゴリの記事

厚木市」カテゴリの記事

平塚市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰か平塚のお店紹介してください:

« We Are The World | トップページ | 明日、明後日。 »