« 2010年 日程発表 | トップページ | Fリーグ2009 第24節 湘南vs大阪 戦 »

湘南ベルマーレ 2010

公式サイト:http://www.bellmare.co.jp/
昨年順位:J2 3位
本拠地:平塚競技場
監督:反町康治
サプライヤー:A-LINE

今季の対戦予定
-

バスツアー・旅行会社特別キャンペーン以外での推奨移動手段(東京発)
JR東海道本線

湘南ホームタウンの名物:生しらす(江ノ島などの海岸沿いで春から秋にかけて)、ラオシャンタンメン(平塚市)、豚漬(厚木市など)、厚木シロコロ(厚木市)、大山豆腐(伊勢原市)、かまぼこ(小田原市)
平塚市の観光地:湘南平、ひらつかビーチパーク、平塚競輪場、平塚球場(湘南シーレックス)、ベルマーレワンダーランド(2月)、湘南ひらつか七夕まつり(7月)、湘南ひらつか囲碁祭り(10月)
湘南ホームタウンの観光地:江ノ島、大山

昨年まで他クラブの紹介をしておりましたが、今年は10個以上書けそうもないことと、今更説明不要なクラブが多いのでキャンセルします。その代わりに今年は湘南ベルマーレについて書いてみます。

クラブの歴史は公式ホームページのほうにありますが、栃木県の那須ハイランドパークから1975年に平塚市に移転をし、1994年に当時のJリーグに昇格。1999年までの6シーズンの間1部リーグ(現在のJ1)に所属してこの間天皇杯やアジア・カップウィナーズカップ選手権に優勝しました。1998年には中田英寿・小島伸幸・呂比須ワグナー・洪明甫選手がワールドカップに出場しました。しかし1999年にフジタが経営から撤退し、クラブの新規立ち上げに近い状態で2000年よりJ2で戦いました。そして2010年になってようやくJ1の舞台に帰ってきました。おカネは持っていません!。

まあJ2以上は皆ビデオで研究されているので隠せませんので昨年の戦い方をまとめると、2008年までの菅野監督時代にFWから守れてDFから攻めることができる走れるクラブになった湘南ベルマーレは、2009年にOBの反町康治監督を迎えて4-3-3のシステムを基本にJ2を戦い、ドタバタの末3位でぎりぎりJ1昇格をしました。基本は「獲ったら真っ直ぐゴールへ向かう」というサイドに流れないサッカーです。もう何年もエースストライカーというものが存在せず、誰でもシュートを撃ってきます。貸し出している選手を含めて世代別日本代表から30代後半の選手までバランスよく所属しているものの、試合に出ている選手は多くがベテランというところが課題です。坂本紘司選手が湘南ベルマーレ初年度の2000年から在籍をしていて現在もレギュラー選手なので、チームの顔的存在になっております。

攻撃の要はセンターフォワードの後ろにつくアジエル選手ですが、ここ数年疲労が溜まると足にくる故障を持っているため起用法を考えて使わなければなりません。センターフォワードの田原豊選手へのパスと、田原選手と見せかけて周りのほかの選手へのパス(田原選手のポストプレーを含む)を使い分けるところが、湘南の攻撃の肝となります。

守備には2009年よりHONDA FCからやってきたセンターバックの村松大輔(「タイスケ」と読みます)選手が足の速さを生かした守りでJ2所属の20歳ながら日本代表候補まで選ばれる活躍をしております。田村雄三選手会長も2009年J2トップクラスのセントラルMFとして守備の評価が高いです。

ホームスタジアムは平塚市総合公園内にある平塚競技場ですが、90年代の平塚競技場と全く変わっておりませんが、正直J1全クラブの中で最もボロいスタジアムであることは否めません。平塚市自体が湘南ホームタウンの中でも3・4番手くらいの地味な市であることもあって、競技場に出すお金がございません(J1規格のスタジアムは土地代別で100億円以上のお金が必要ですからね・・・)。最寄り駅はJR平塚駅になります。有料シャトルバスか、徒歩20分(歩道にキングベルⅠ世のタイルが貼られている)か、駅からレンタサイクルになります。県外からクルマで向かう場合は東名高速厚木ICから国道129号を南下すると到着します。小田原厚木道路に平塚ICがありますがここからですとかなり遠いです。駐車場は無料で、平塚市総合公園内、平塚警察署隣駐車場、浅間緑地(平塚市中央公民館北)などが状況によって開かれますが、特に平塚市総合公園内は駐車場が不足しておりますのでなるべく利用しない方向でお願いいただきたいところです。

練習は主に馬入ふれあい公園サッカー場で行われております。主に河川敷の天然芝サッカー場で練習をしているため、夏以外は川からの風でかなり寒いので注意してください。選手は可能な範囲でサインや記念撮影に応じてくれます。ジャーン選手やカルロスコーチは日本語で頼めます。平塚競技場も馬入ふれあい公園サッカー場も平塚駅からレンタサイクルでいける範囲内にあるといえますので、よろしかったらご利用ください。

試合観戦後の食事や観光については、よろしかったら当ブログの「平塚市」「厚木市」「旧相模国」カテゴリーも参考にしてください。ビーチバレーの選手を土日に見つけるのは困難です。平日の試合のない時期にでもひらつかビーチパークに行ってください。

今年のスローガンは「PLAY ON (Heart & Hard 2010)」だそうです。去年・一昨年に続いて、オイラにはよくわかりません。ユニフォームは「黄緑ベースに青の縦縞」に変更されました(パンツは青のほうが締まってよかったと思うのですが・・・。なおゴールキーパーは「中山元気選手の古着」を着ているわけではありません)。A-LINEは2007年以外はデザインセンスがよろしくないように思われますね・・・。ちなみにA-LINEが記念ユニフォームを出すと他クラブも含めて1勝しか出来ておりません。

平塚競技場スタジアムナビゲーターは田子千尋さんと三村ロンドさんです(彼らと音響スタッフと合わせて「ベルマーレ放送部」と呼ばれている)。今年は確認してませんが昨年はガイナーレ鳥取のスタジアムナビゲーターを兼任しています(鳥取の社長やGM、一部の選手が元ベルマーレ)。三村ロンドさんはオイラの倍以上アウェイにも観戦(さらに鳥取のアウェイも観戦)に行っておりますので、他クラブサポーター様も見かけたらひやかしに声をかけてあげてください。クラブのマスコットはスポーツ関係では珍しい高齢の男性であるキングベルⅠ世が起用されております。

|

« 2010年 日程発表 | トップページ | Fリーグ2009 第24節 湘南vs大阪 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/11153168

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ベルマーレ 2010:

« 2010年 日程発表 | トップページ | Fリーグ2009 第24節 湘南vs大阪 戦 »