« 2009年最終更新 | トップページ | 大山阿夫利神社 »

今日から2010年代

あけましておめでとうございます。12月30日に「ベルマーレハリケーンの歌を試合前に唄うためにわざわざささきいさおさんが平塚競技場に駆けつけた」という夢を見ました。あんな記事を公開したからでしょう。あの映像で唯一の現役だった西山哲平選手が2009年限りで大分を戦力外になってしまいましたが、今後は決まったのでしょうか?。

今年は阪神タイガースの年ですか?。でも、赤星・今岡選手が抜けたにもかかわらずかつての長嶋巨人を上回る敬老会チームになってしまっているように見受けられますが・・・。

さて、ベルマーレおよび厚木市出身の茂庭照幸選手が2010年はセレッソ大阪に所属することが決まりました。以前どこかに書きましたとおり、
(1)湘南が提案できると思われる1,000万円くらいの年俸では彼にとっては収入が大激減。
(2)湘南に入って誰が監督であったとしても茂庭選手は村松大輔選手の控えかコンバートが妥当。
と思われますので、まあ湘南に入らないのは予想通りでしょう。伝統的に守備がショボいセレッソですが、年下の上本大海選手も採っておりますし、そもそも2009年のFC東京が「茂庭サヨナラ勝ち」といえるくらい茂庭選手がいない試合の防御率がいいので、決してワールドカップに出ているからとか親会社のあるセレッソに入ったからとかで安泰ではありません。「大阪にはタレント留学に来た」とか、「あ~、多村仁志選手と同郷なんだ、納得!」とか言われないように精進いただきたいものです(奇しくも多村仁志選手と茂庭選手は「厚木市の小学校・中学校を卒業」「プロデビューは地元球団」「全盛期が2004年から2006年の春で、2006年に日本代表」「移籍経験がある」「故障がち」「地上波全国放送のスポーツバラエティ番組で笑いをとった」など共通点が多い)。今も本厚木のmathematicsで服を入手している尾亦選手(ベルマーレ時代は厚木市民)とはFC東京の関係もあって話があいそうです。

今年はJリーグディビジョン1です。かつてベルマーレもJ1にいましたが、正直ACLに出るようなクラブはダースベイダーがいそうな帝国のように見えます。元旦の天皇杯はガンバ大阪が名古屋グランパスを4-1で下し、広島がACL出場権を得ましたが、ガンバとの対戦が憂鬱なくらいベルマーレとの差を感じました。とにかくインチキでもへなちょこでも10勝+αを出来るだけ早くしましょう。

湘南ベルマーレの今年の始動日は1月20日の日南キャンプからと発表がありました。今年は沖縄ではないのですね。

役に立つかわかりませんが、2年前に宮崎市に行ったついでにプロ野球のキャンプを観に行っておりますので、リンク先の記事を参考にしてください(日南市は宮崎市の隣)。NPB各球団はキャンプインの数日前に合同自主トレと銘打って選手がキャンプ地入りして自前のジャージで基礎練習をしますので、1月末日はついでにプロ野球選手も観ることができると思います平塚の「いっちゃが」が宮崎ラーメンを名乗ってよいか検証してコメントいただくと助かります。ホンダロックの総統さんは・・・、ああ今は東京在住でした。

大晦日は2009年も「NHK紅白歌合戦」と「東急ジルベスターコンサート」を観ました。原辰徳監督(厚木市出身)と杉山愛さん(茅ヶ崎市出身)は良い出来の回の紅白に参加出来てよかったですね。水野良樹さんと原監督の接触はありませんでしたが、中居さんに優勝旗を手渡したのが原監督だったのは中居さんのことを考えての配慮だったのでしょうね。福山雅治さんは雪が降ったのはラッキーでしたね。毎回歌唱力の高さを見せつけていた布施明さんが紅白を卒業するのは残念です。布施さんよりも、近年声の衰えが著しい北島三郎さんと和田アキ子さん(つうか和田さんの代表曲ってオイラが生まれる前がほとんどで、オイラ的には歌手としての出演は違和感いっぱい)のほうが先にそれを言わないといけなかったと思うのですが・・・。アリスもやるべきではなかったなあ・・・。

アンジェラ・アキさんが今回も「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」で出ましたが、この曲が1994年4月8日生まれの15歳・大分トリニータ君のために今年も唄ったのではと思われる歌詞だなあと思いました歌詞はこちら)。大分の皆様、がんばって借金を返済してください。律儀な記事を出した村山祐介選手もがんばってください。

東急ジルベスターコンサートのほうはホルストの「ジュピター」(以前平原綾香さんが一部を唄って流行りました)でカウントダウンでした。前回は数秒オーバーしてしまいましたが、今年は大成功でした。でも大友直人さん年取ったなあ・・・。

さて、ここでお伝えしなければならないことがあります。

オイラは2010年限りで当ブログを「隠居」する予定です

本業のほうで人事異動があり、今月から発効されます。昨秋にそれが判明したのですが、昨シーズンが記念すべきシーズンでしたので何とか書いておりました。しかし新体制ですとこのペースを維持するのがつらそうで、実はベルマーレ第一主義ではないオイラとしては潮時かなと思いました。オイラの年代は仕事をしっかりしなければならないと思います。幸いこの2年間平塚の集客も増えておりますし、ベルマーレ系ブログも増えておりますので、2008年から2010年というイニングにおける中継ぎの役割は果たしたと勝手に思っております(「途中出場かつ途中交代」がサッカーで一般的でないために野球用語になってしまいすみません)。

以前にも書きましたが、社会に出る前の子供や引退したお年寄りならいざ知らず、いい大人が、
サポーター「がんばれよ~」
選手「お前がなあ~」
という関係ではいけないと思いますし、実際にプロの歴史の長い野球界のほうではこういう人が球界のサポートに長い目で見てつながっておりません。本当のスターは中田英寿選手ではなく中田英寿選手を見るチケットと交通費と飲食と観戦ネタ昔話と時間を作ってくれた「ご両親」ですよ、よいこの皆さん。選手はあなたのご両親の支払いの対価としてプレーをしております。選手が自分でこれを言うのはおかしいので、これはプロのスポーツマスコミのアナウンサーや記者がぜひ「こどもの日・母の日・父の日・敬老の日」あたりで主張いただきたいものです。

いままで当ブログが全く対応出来ませんでしたJ1サポーターに念願の湘南ベルマーレ戦観戦ガイドを出せますので、今年はブログを出来るだけ昨年と同じペースでがんばります。ただ異動の関係で更新ペースは保障できません。以上、ベルマーレが負けてるから書かないとか言われないよう、先に宣言させていただきました。

「引退」ではなく「隠居」なのがポイントで、2011年で消えるわけではありません。ベルマーレ戦は今後もずっと観ると思いますし、ブログ記事も書くと思います。しかし今年をひとつの区切りにしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

そういえば以前全日本大学サッカー選手権準決勝で平塚競技場の試合は最後という生地を出しました(明治大学が決勝まで残ったのは天皇杯で負けたベルマーレにとって朗報?)が、全国高校サッカー選手権の1回戦が12月31日、2回戦が1月2日に平塚競技場に設定されておりました。大変申し訳ございませんでした。明日は箱根駅伝も国道134号でありますので、セット観戦をされる方もいらっしゃるのでしょうか?。

ちなみに高校サッカー選手権のテーマ「ふり向くな君は美しい」は三木たかしさんの作曲ですが、元ベルマーレ平塚、現徳島ヴォルティスの三木隆司選手とはたぶん無関係です(昨年三木たかしさん死去のときも記事にしましたね)。うおっ、「阿久悠作詞、三木たかし作曲」って「津軽海峡・冬景色」と同じ組み合わせじゃないですか!。

|

« 2009年最終更新 | トップページ | 大山阿夫利神社 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/32776671

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から2010年代:

« 2009年最終更新 | トップページ | 大山阿夫利神社 »