« 日南市が受け入れ態勢を整えているようです | トップページ | 2010年メンバー確定。 »

主力は全員残った

オイラは横浜市とあまり接点がない(小田急線は横浜市を通りませんし、大学や会社も東京23区だし・・・)ので、横浜を地元だと思ったことが全くなく、そのためベイスターズ・マリノス・横浜FCも好きではないのですが、石井琢朗選手がオイラのご先祖の佐野市出身(名誉市民)だったので、石井琢朗選手だけはファンでした。その石井琢朗選手に子分としてブログに頻繁に登場していたのが当時無名の内川聖一選手(2010年も一緒に自主トレしているようです。地元の大分市のサッカークラブは大変ですが・・・。)だったのですが、それから首位打者・WBC日本代表として優勝・愛子様からご指名などどんどんビッグになり、先日フジテレビのアナウンサーとの結婚が発表されました(そういえば石井琢朗選手の奥様も元フジテレビのアナウンサー)。オイラにとっては元々石井琢朗選手のついで的だったのですが、前から知っていたのでなんかうれしいです。石井琢朗選手のベイスターズ退団の個人イベントにもわざわざ駆けつけた時、なかなか義理堅そうに感じましたので、「ウッチーやるじゃん!」ではなく「奥様よかったね」って思いました。あとはここ数年壊滅的成績のベイスターズがAクラスに入らなければ内川選手の評価も頭打ちだと思いますので、がんばってください。厚木市営玉川球場で自主トレをしている倖田來未さんの後輩ことハマの番長・三浦大輔投手もがんばってください。

ここからはベルマーレの話題になりますが、なんか宮崎県から当ブログを参照されている方がかなりいろいろオイラの過去の記事を閲覧されていたようで、ご訪問ありがとうございます。来週ベルマーレは日南にキャンプに行きますが、日南の観光情報としては日南市スポーツ振興課のキャンプブログのほかに石井琢朗選手の移籍先である広島カープのキャンプ情報のブログが詳しそうですので、現地に行かれる方は参考にしてください。日南市が南郷町を吸収したためHIHUCHI選手こと菊池雄星投手のいる埼玉西武ライオンズも2月1日から新・日南市でキャンプのようですね(ベルマーレキャンプの終盤に行けば合同自主トレというやつは観られるかもしれません)。日南のラーメンも平塚の「いっちゃが」みたいなのでしょうか?。

年明け以降嫌な予感がしていた原竜太選手が引退を発表いたしました。今シーズンの各クラブの補強状況を考えると、サテライトリーグが廃止され、チーム増でJ2の試合数が大幅に減り、移籍金などのシステムも変わった関係で、ほとんどのクラブが登録選手数をかなり減らしております。不景気の関係で給与もいまいちと思われますので、妻子持ちの原竜太選手に見合うオファーを出せるクラブがなかったのかもしれません。タイミング的に不運だったと思います(逆に2008年のうちに契約満了だった永里源気選手は、今思えばとてもラッキーだったと思います)。

福田健人選手がFC刈谷に、菅野哲也選手がツエーゲン金沢に期限付き移籍することになりました。菅野選手のベルマーレフットサルクラブでの試合に行けませんでしたので、結局観られずじまいになってしまいました。これで鎌田(J2千葉)・菊池(J2草津)・菅野(JFL金沢)・福田(東海刈谷)・前田(東北福島)に期限付き移籍をすることになりました。現場での知名度がそのまま移籍先になってしまったような気がします(JFL鳥取がないのは意外です)。これもサテライトリーグ廃止とかの影響でしょうか?。皆様大きな怪我なく戻ってきてもらいたいものです。

ベルマーレへ期限付き移籍をしていた阪田章裕選手がセレッソ大阪から完全移籍となりました。あえて苦言を呈しますと、昨年阪田選手の力不足で落とした勝ち点は5点以上あると思います(他の選手の出場停止や負傷などで阪田選手しか選択肢しかなかったのはチームのせいですが・・・)。特にホーム栃木戦はかなり象徴的だったと思います。これらを拾えていればセレッソ大阪に並ぶ位置ぐらいまで湘南ベルマーレも行けたわけで、そうすれば2位の賞金1000万円を選手やスタッフのボーナスに活用できたわけですから、3位で結果オーライだった昨季はよかったですが、レベルが上がったリーグで降格のかかる今季はもっとシャキっとしていただかないと困ります。今季は中村選手のように働けるようがんばってください。リンコン選手がいつの間にか期限付き移籍終了しておりました・・・。

近日中の記事に出そうと思いますが2010年の登録選手が確定し背番号も発表されました。昨年のレギュラー級を全員保持することが出来たのは評価できると思います。昨年の今頃は石原・斉藤・加藤望選手が抜けた状態でしたし・・・。強化部が狙っていた三平選手も獲れましたし、小林竜樹選手も回収できました。補強については予算規模的にしょうがないでしょう。

村松大輔選手が再度日本代表に呼ばれました。テレビのニュースで村松選手の名が読み上げられましたが、大方の予想通り「ダイスケ」と読まれておりました(正解は「タイスケ」)。今回の召集はベルマーレのキャンプを途中で抜けることになり、さらに岡田監督から評価されれば2月の東アジア選手権などもあるのですが、現役日本代表選手がいることはクラブにとって大きいですので、病欠に対して異例の追試をもらえるほど評価が高いということですから、難しいですがぜひがんばっていただきたいところです。今年は本州だけだと思っておりましたが日南キャンプと大分の日本代表戦といきなり九州にベルマーレも用事ができましたね。

ベルマーレサポーターから怒られそうな気がしますが、ロンドンオリンピックに村松大輔選手が出るのであれば湘南所属ではないような気がしております(既に似たタイプの茂庭選手のベルマーレ時代を大きく上回る働きをしておりますし・・・)。2012年までに1人の日本人選手に3000万円以上出せるクラブに湘南は成長が間に合っていないと思うのです。日本サッカー協会の思惑通り湘南ユース出身ではない彼が成長すれば、それくらいの金額が出せないと「選手生命は限られているのだから最初から名古屋とかに行けばよかった」と各方面から思われてしまうと思います。でもそれくらい成長していただかないと今年J1で湘南は戦えませんので、がんばっていただきたいものです。そしてジャーン選手の年齢を考えても期限付き移籍の福田選手を含めてセンターバックの選手はアピールをしていただきたいものです。

チームも始動が近いということで「眞壁社長ありがとうの会」以外にもイベントが企画されております。今年はJ1なので明日の「爆勝祈願2010 in 江ノ島」は人が集まって収拾がつかないとかなったりするのでしょうか?。この時期はしらすが禁漁なので生ではないんですよね・・・。オイラは行けませんが、参加される方は島内で実演販売をしている出来たてのたこせんべいでもお楽しみください。

ラ・パルレ(今年からスポンサー?)とのタイアップでJ1昇格記念「2010 湘南ベルマーレクイーンコンテスト」っていうのが企画されているのですが、いったいどんな美女が来るのでしょうか?身内で済ませて失笑だったりして・・・)。3次審査が「サポーター・一般の方・監督・選手による投票」で「湘南ベルマーレJ1ホームゲーム開幕戦」で発表ということは、ワンダーランドを活用するのでしょうか?。

その「ベルマーレワンダーランド 2010」は2月21日(日)に開催されることが発表されました。昨年の様子を記事化しておりますが、フツーに監督や選手、スポーツのマスコットとしては珍しい「高齢者」で「キング」とも名乗ってしまっているキングベルⅠ世(天皇杯とアジア・カップウィナーズカップ選手権を優勝したことがあるので間違いではないです)と会話し、サインをもらい、記念撮影も出来ますので(選手はアホな余興もやります)、ぜひともご参加いただければと思います。

|

« 日南市が受け入れ態勢を整えているようです | トップページ | 2010年メンバー確定。 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/32998880

この記事へのトラックバック一覧です: 主力は全員残った:

« 日南市が受け入れ態勢を整えているようです | トップページ | 2010年メンバー確定。 »