« 箱根は今年もエヴァンゲリオンでいくようです | トップページ | 日南市が受け入れ態勢を整えているようです »

どのクラブの選手ブログもお祝いだらけ

鎌田翔雅・村松大輔・菅野哲也・原田開選手、1月11日は成人の日おめでとうございます。まあ成人式は生きていれば誰でも対象になるのでどーでもよいといえばよい(当ブログでも初めて扱ったと思います)のですが、今回の記事は全体的にはおめでたいので・・・。鎌田選手は千葉、原田選手は順天堂大学サッカー部での健闘をお祈り申し上げます。

この日は山口貴弘選手の結婚式があり、田村雄三選手会長披露宴司会の田子千尋さんのブログにそれぞれ写真が出ておりました。おめでとうございます。Jリーグ関係は数週間のオフシーズンがあるといっても天皇杯や各種代表、年末年始や翌シーズンの始動などがあって、結局成人の日の3連休かその前後の週末の5日間くらいしか皆が参加できる結婚式の選択肢がなく、なんか大変だと思います

しかし結婚式に出られるJリーガーは勝ち組なのでしょうね。この5日間は一部のJ・JFL・地域リーグクラブが独自または合同のトライアウトを行っている日でもあります。新婚でもある村山祐介選手のように12月のJリーグ合同トライアウト前後までで内定をもらえていれば良いですが、この5日間を経ても最低限練習生としてのお誘いがない場合はかなり厳しいと思います。

ベルマーレ退団選手も単純に「既に決まっているが発表は後日」というのでしたら良いのですが・・・。広島とかはもう始動しておりますので、早く結果だけ発表してもらいたいものです。なお始動日についてはクラブごとにシーズンが終了した日が違いますし、北陸・東北・北海道のクラブは何十日もキャンプをしなければならないためどうしても遅れますし、人の入れ替え率の違いもありますし、どこまでを選手に任せどこからをチームでやるかの考えも監督ごとに違うでしょうから、一概にはなんとも言えません。

子供がいる選手については一定水準以下の年俸では妻子の生活環境をまかなえないためにJ2下位クラブ以下のクラブからのオファーを断らざるを得ない場合がございます。実際水戸やJリーグ準会員級のクラブでは家族が増えることを理由に引退する選手もいますし、永里源気選手のヴェルディ退団もそういう事情があったのかもしれません。サッカー界では人間国宝級のカズ・ゴン選手クラス、5000万円以上の年収があったことのある「とっとりのはっとり選手」(あえてひらがなにしてみた)・岡野選手クラスは別格で、吉原宏太・藤吉信次・永井秀樹選手あたりは独身であるからがんばれているのではと思うことがあります。J2にいて「ホーム最終戦で選手の子供が歩いて退団する親に花束を渡す」ということが出来るのもアマチュアに近いクラブから見ればステータスなんだなあとつくづく思いました。「ベルマーレで主力になったことがあるから、この子が自分のプロのプレーを現場で観ていたことを覚えている」とOBが言えるようになることがいい選手が集まることにつながるのかなあと思いました

まあそういう状況も仕方がないと思います。既に現役Jリーガーの数は1,000人を越えており、1,000番目の野球選手はNPB育成選手にもなれない独立リーグ選手、1,000番目のU-30お笑い芸人はバイト生活ということを考えれば、むしろ1,000番目はJ2のC契約選手くらいになるサッカー選手は恵まれていると思います。しかし現状Jリーグ各クラブは実質80万人~500万人程度の商圏に細分化されて営業していますが、120万人が全員テレビを見ても全国視聴率は1%なんですよね(実際は関東など地域ごとに集計するためもっと上がりますが、そもそも全員が観るということは絶対にないでしょう)。客単価を考えれば一般的なマスマーケティングでは無理ですなあ・・・

にもかかわらず成果を出し続けている眞壁潔社長が日本経済新聞に1年間連載をしますこれはすごい。実質日本一の全国紙ですからね。眞壁家は孫の代まで自慢していいのではないでしょうか?(「失楽園」も日本経済新聞の連載だったことはよいこのみんなには内緒です)。いちいち感想を書くのは面倒なので避けますが楽しみです。

|

« 箱根は今年もエヴァンゲリオンでいくようです | トップページ | 日南市が受け入れ態勢を整えているようです »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/32953437

この記事へのトラックバック一覧です: どのクラブの選手ブログもお祝いだらけ:

« 箱根は今年もエヴァンゲリオンでいくようです | トップページ | 日南市が受け入れ態勢を整えているようです »