« 去り行くあなたへ送る言葉2009(2) | トップページ | ネットを徘徊した »

2月20日がTake Action、2月21日がワンダーランド。

さて、なんとか毎年書くのが大変な1月の定例記事(元旦挨拶・同一リーグのクラブの紹介・今季のメンバー一覧・今月付けで退団の選手の記事)を終えましたが、今年は昇格の関係で新作を10クラブ分以上書かなければいけない個別のクラブの紹介記事はキャンセルの方向で考えております。今更説明不要な有名なクラブばかりですし・・・。もちろんその代わりの記事は用意したいと思いますし、実際の対戦前の記事に最低限書きたいこと(まあ「京都土産は阿闍梨餅で」とかですが・・・)は反映させたいと思っております。去年も一昨年もそうでしたが、シーズンオフのほうが大変なので、負荷軽減です。

先に厚木市的なところからですが、日テレベレーザの永里優季選手(3月に東海大学卒業)の移籍先がドイツブンデスリーガのポツダムに決まりました(このクラブのWikipediaの記事の文章量が日本語でもすごい量!)。2009年の永里源気選手の加入でよみうりランドに集結した永里3兄妹が、たった1年で2人もよみうりランドを離れることになりました。例のお父様のブログに永里優季選手らの集合写真もリンクされております

ポツダム宣言」で有名なポツダムはベルリン郊外なので、ベルリンで買い物をしたり日本人が支援してくれる可能性があります。旧東ドイツなので未だにあるといわれるドイツの東西格差を知ることも出来るでしょう。「家&車つきで2年半契約」のプロ契約とのことですが、今まで厚木市出身のプロ野球・プロサッカー選手はそこそこいましたが、メジャーリーガーや欧州組はいなかったと思いますので、厚木史上初の海外プロスポーツ選手だと思います。がんばってください。

永里家といえば、眞壁社長の「よくよく考えたら、ホームタウン出身で一番最初に点をとったのは猪狩じゃなくて三平だったんだな、と(笑)。」という、もはやすっかりゲンキといえば中山元気選手なんだろうなという記事(茂庭選手はベルマーレ時代に得点を挙げていない)が出ましたが、その記事にも登場した神奈川大学サッカー部の大森酉三郎監督が湘南ベルマーレフットボールアカデミーのディレクターに就任することになりました。そうか、両獲りを狙っていたから今まで新人の所属元の監督としては異例のホームページ紹介量だったのですね。しかし大学関東一部リーグ昇格はかなりの難関ですので指導者としても申し分はないと思われます。地元出身ということもありますし期待をしたいところです。総監督みたいな役職のようですのでユースの責任者は別におくということでしょうか?。

湘南ベルマーレトップチームは1月20日から日南市において絶賛キャンプ中ですが、日南キャンプ情報のブログ充実ぶりは大変ありがたいですね。数年前からプロ野球のほうのキャンプで誘致自治体がこういった情報を地元のPRを交えながら出しているのを見ていたのですが、Jリーグクラブに対して行っているのは初めて見ました。それがベルマーレに対してだというのがとても良かったと思います。歓迎式でいろいろ贈呈があったのは自分達のPRのためでしょうから、お礼の意味でも当ブログにも転載します。総統さんがシャアの衣裳で応援している当地のホンダロックもJFLで順位を上げることをお祈りいたします。

宮崎県より、“宮崎牛15キロ
日南市及び日南市観光協会より、“みやざき地頭鶏10キロ
はまゆう農業協同組合より、“たまたま(完熟金柑)15キロ
日南市漁業協同組合より、“マグロ1尾(20キロ)
日南商工会議所より、“ミネラルウォーター 4ケース
日南市サッカー協会より、“ポンカン10キロ

さすがにそのものが来ていたマグロはもう選手達が宿舎に調理してもらって食べたでしょう。牛肉と鶏肉は口がひとつ指宿へ行くタイミングで食卓に出たら個人的にはツボです。

キャンプとしてはフィジカルトレーニングとミーティングが中心でしょうが、手術明けのアジエル選手がキャンプに来られなかったことが寂しいところです。2年連続シーズン途中に離脱しているのでそれを回避するためでしたら仕方がないでしょう。

シャアで思い出しましたが、そういえば先日帰宅直後に普段観ていない「不毛地帯」を観たら、「帰ってきたウルトラマン」の団時朗さんが出ていて驚きました(オイラも再々々・・・放送組)。現在は通販番組というイメージの強い団時朗さんの若い頃の活躍は、以前のシャアの出てくるガンダムやウルトラマンを放送しているBS11(無料放送です)で観ることが出来ますので、よろしかったらどうぞ。団時朗さんの唄う主題歌は、それ以前はザ・ヒットパレードのテーマ、今はドラゴンクエストを手がけるすぎやまこういちさんの作品です(ついでに鵠沼のモロボシダンのお店もよろしくお願いいたします)。

2月21日(日)に「ベルマーレワンダーランド 2010」(昨年の記事はこちら)が平塚駅前で行われるのは既報でしたが、その前日の2月20日(土)に中田英寿さん率いる「TAKE ACTION F.C.」とベルマーレOBチームの試合が組まれましたこれ以上ないアピールの場を絶妙なタイミングで設けていただき、OBの中田英寿さんには感謝です。時期的にはJFL以上の3月開幕リーグに関係する現役の選手や監督の出場は無理でしょう(反町監督以上に「大ちゃん」のイメージがあるヴェルディの都並敏史育成アドバイザーあたりは何となくいそうですが・・・)。現役ベルマーレも戦術の研究をされないようチームとしては出られないでしょう。また参加OBへの交通費・保険・手当てなどの経費を負担しなければならないことを考えれば、ベルマーレ12有料会員は無料とかいうのも難しいと思います。スポニチの記事を見ると洪明甫・呂比須・岩本さんの名前が挙がっております。洪明甫U-20韓国代表監督が来られるというのは貴重そうです。ベルマーレの日南キャンプで「選手に後れをとりながら走り込みを行っている」という反町監督については「ファッションを教えたのはオレ」とか「やるなら45分走れる体をつくらないとね」とのことで、あまり期待できないのかもしれません・・・。逆に加藤望コーチとかは期待できるのかもしれません。原竜太さんや西山哲平さん(ベルマーレハリケーンの使い手。大分の強化部入りを相談したベルマーレOBって誰?。)は出られるのでしょうか?。試合のレベルは2008年のやつのようなアレな内容でしょうが、それなりには楽しめそうです。

|

« 去り行くあなたへ送る言葉2009(2) | トップページ | ネットを徘徊した »

厚木市」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/33071232

この記事へのトラックバック一覧です: 2月20日がTake Action、2月21日がワンダーランド。:

« 去り行くあなたへ送る言葉2009(2) | トップページ | ネットを徘徊した »