« 浮氣監督・アマラオコーチ兼選手は残念でした。 | トップページ | 決定、「チャリ通湘南2009」! »

12月20日は小田原に行けず

帰宅後の日曜未明に放送されたクラブワールドカップは、メッシ選手の胸トラップゴールでバルセロナが優勝しました。テレビ中継で久しぶりに中田英寿さんを見ました。来年はワールドカップにともなう中断期間がありますので、このタイミングでTake Action関係でベルマーレが協力するということはあるのでしょうかねえ?(社長は活動報告会に行ってきたらしいです)。

でも3年半前に引退されましたので今の小学校低学年の子は中田英寿さんがプロのサッカー選手であったことを知らない子がいます。中学生でもJリーグのベルマーレ平塚でプレーしていたことが出てこない子がいます。ペルージャに移籍したのは11年前の話ですから当たり前ですね。ベルマーレの中田英寿選手をテレビを含めて観たことを覚えているのは高校生以上でしょう。これがオイラの周りの現実です。中田英寿さんご自身も、今後やりたいことを考えると、引退後の今もある程度はマスコミに登場しておかないとダメだと思っているではないのかなあと思います(オイラも小学生の頃長嶋茂雄さんが野球選手であったことは繰り返しテレビに登場していたから理解できましたし・・・)。

中田英寿さんでさえこれでは、地上波・BSにあまり出てこない湘南ベルマーレにいたっては言わずもがなですね(当ブログは当初より初心者や他クラブサポーターでもわかるように選手名にニックネームは使っておりません(オイラ自身が他クラブサポーターの暗号のような文章に苦しんだことがあるため))。Jリーグ百年構想パートナー様でさえ「このままではサッカー界は10年後、本当にやばいっすよ」という記事を出しております。でも来年のJ1昇格はまだまだタイトルとかではなく「お客さんを増やして、たとえ将来J2降格をしたとしても数年なら耐えられる土台を確保する」チャンスだと勝手に思っておりますので、月に1回以上観戦している人の目線で考えない「おもてなし」を、クラブ内部の人間だけでなく、サポーターも行わなければならないだろうなあと思います。ちなみに8ゲートで応援をしている人は「サポーターの一部」に過ぎず、全部ではないと思います。オイラ的には試合会場のボランティアのほうがサポーターとして尊敬できますし、チラシ配り・ポスター貼り・七夕飾り作成のボランティア、サポートコーポレーションBellmare Powersで寄付をするのもサポーター活動でしょうし、出来ることをやるだけでいいと思います。極端に言えばどこかのサポーターのブログに有益なコメントをするだけでもサポーター活動だと思っております。常連さんだけで通じる常識があってもいいと思いますが、そこに一般の人が入り込みやすくする空気は演出しなければならないでしょう。2011年までのスカパー中心のテレビ戦略はテレビ業界側の問題がありそうですので急には改善しないでしょうが、まずはやれることを自分達でやらなければならないでしょうね。

そういえば中田英寿さんといえば、キング襲名前のカズ選手や中田英寿選手がイタリアにいたときやっていた「セリエAダイジェスト」の青嶋達也アナウンサーは面白かったなあ。Jリーグは当時のチェアマンが珍プレー番組禁止を主張したからこのタイプも無理でしょうけど・・・。この番組に使われていたハンス・ダルファーさん(オシム監督より年上で現在も活動しているらしい)のSAXは90年代半ばに時々テレビやラジオ番組のBGMにたびたび採用されておりました(同時期に娘のキャンディ・ダルファーさんも売れていて紛らわしい)。

Fリーグの試合が小田原でありましたが、所用で行けませんでした(12月下旬が厳しいのはオイラだけではないと思いますが・・・)。

湘南 5-9 町田

両軍合わせて14点も獲っているとは凄い試合ですね。オイラが行っていないのが悪いのですが、観客1,101人というのはJリーグが終わっていて相手が町田ということを考えればもうちょっと欲しかったですね。

観ていないのでなんとも言えませんが、早速サッカーから来た合流3日目菅野哲也選手が出場したそうですね。菅野選手は1月にサッカーのほうが始動したら戻るのでしょうが、元々フットサルにいる選手は、川股選手(J2湘南→浦安)がもうフットサル日本代表に入ったのとあわせて、ちょっと簡単にポジションを奪われすぎのような・・・(産業能率大学からの登録選手らと並び最年少ですし・・・)。

で、先ほど結局月曜未明のテレビ朝日GET SPORTS」の湘南ベルマーレのドキュメントの録画を観ました。反町監督が就任してから、監督と坂本選手をとりあげて甲府戦水戸戦を中心に1年間を追いかけておりました(CMなしで20分ぐらい)。1年間観ていたのでオイラにとってはほぼすべてどこかで見聞きした内容ですが、いざ映像でまとめられるとなかなか感慨深いものがありました。イヤーDVDと共通しているのでしょうか?。

昨年は浜松(HONDA)でバイクの組み立てをやっていた村松大輔選手(「ダイスケ」ではなく「タイスケ」です、念のため)が、その年にU-19日本代表に入り、今年に入って湘南ベルマーレ入団、開幕からレギュラー獲得、入籍、J1昇格を経験し、ベルマーレの全日程終了後もU-20日本代表の試合に先週末までぶっ続けで出ておりました(U-20には鎌田・強化指定の松本選手も選出)。年明け1月6日のアジアカップ予選イエメン戦(アウェイ)はU-20から穴埋めをするようですので、ここに出ずっぱりの村松選手も入ってくる可能性があるのではないでしょうか?。その場合は年末年始も動けるようにしておかないといけないため、既に打診がされていると思うのですが・・・。A代表のオファーがあるのか?、そして受けるのか?、それも楽しみです・・・、と書いたところで確認したら、A代表に選ばれておりました!!試合出場目指してがんばってください(ベルマーレからのA代表は1998年以来ということでOKでしょうか?)。選んでいいのかなあという選手が約1名いますが・・・。

「オペラ座の怪人」では「バックコーラス」のクリスティンが「主演の代役」に抜擢(ファントムの陰謀)され、そこでさらにラウル公に見初められるのというのがたった一曲で説明されるのですが、代表選出はこれと同じくらいのスピード出世ですなあ。「オペラ座の怪人」はアンドリュー・ロイド・ウェーバーさんが自身のトロフィーワイフである当時無名のサラ・ブライトマンさん(NHK「坂の上の雲」のテーマ曲などの人)にクリスティン役をあてがって彼女のために作ったミュージカルです(他の人のトロフィーワイフ同様、この役で有名になって即離婚)。男に仕事をさせるのは女次第だなあ・・・。ちなみに添付動画は映画版のエミー・ロッサムさんですね。

|

« 浮氣監督・アマラオコーチ兼選手は残念でした。 | トップページ | 決定、「チャリ通湘南2009」! »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/32685524

この記事へのトラックバック一覧です: 12月20日は小田原に行けず:

« 浮氣監督・アマラオコーチ兼選手は残念でした。 | トップページ | 決定、「チャリ通湘南2009」! »