« 本日本厚木でチラシ配りがあります | トップページ | 11月8日(日)は12:30からホームの東京ヴェルディ戦です »

厚木ラオシャン

月曜日の話になってしまうのですが、地元でラオシャンタンメンを食べました。なんと平塚にしかないはずのラオシャンタンメンは厚木でも食べられるのです。とはいえ今ではこのお店が現存する唯一の平塚市外のお店らしいですが・・・。

本厚木駅南口を出てJAあつぎ駅前支店方面へ行き、「本厚木駅南口入口」交差点を渡ってまっすぐ行き、突き当たりの「旭町三丁目」交差点のそばに「厚木ラオシャン」(あつぎらおしゃん)というお店があります。オイラが初めてこの付近を通ったときからありますが、どうやら40年以上同じ建物で営業しているらしいです。入ったことはなかったですが。この「旭町三丁目」交差点は、「本丸亭」や「中華そば 麺や食堂 ブラジル」もあるラーメン激戦区の「神奈川県道601号線の小田急線高架下からソニー厚木テクノロジーセンターの間」で一番古い店舗ともいえるでしょう(正確には県道601号線上ではないですが・・・)。ホームページは特にございませんので、「厚木のラーメン好きのくだらないブログ」の紹介記事を参考にしてください。

店構えはいかにもラオシャンタンメンな感じの昭和なものです。なんと9時(!)から22時まで中断なしというロングラン営業(水曜定休)をしております。21時ごろ行ったのですが、40代と思われる調理師が1名いるだけで先客も1名でした。まあ40年以上営業しているということはそれを支える売り上げがあるというわけですから、たまたまそうだっただけでしょう。

メニューは平塚でのみおなじみの酸っぱいラーメンである「タンメン」と「餃子」が中心です。トッピングにはワカメと月見(生卵)がございます。ワカメタンメンと餃子を注文してみました。

当ブログではこのジャンルでは「花水ラオシャン 本店」と「老郷 本店」に行っておりますが、今回はなんか薄いような・・・。酢が薄いのは備え付けのものを入れることで何とかなるのですが、出汁が薄いのはどうしようもありません。ラオシャンタンメンは一般的なラーメンの麺より中国系な麺だからかどちらかというとやわらかめなのですが、それにしてもちょっとやわらかかったような・・・。店員さんの調子が悪かったのかもしれません、店のテレビが気になって(!)。備え付けラー油をかけて餃子とともにいただきました。

近くに有名ラーメン屋があるのですが、「自分は平塚出身だから小田急小田原線沿線にいてもラオシャンタンメンが食べたい」というかたには貴重な存在でしょう。

|

« 本日本厚木でチラシ配りがあります | トップページ | 11月8日(日)は12:30からホームの東京ヴェルディ戦です »

厚木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木ラオシャン:

« 本日本厚木でチラシ配りがあります | トップページ | 11月8日(日)は12:30からホームの東京ヴェルディ戦です »