« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

11月8日(日)は12:30からホームの東京ヴェルディ戦です

勝っても負けても第48節で終わるわけではございませんので、そのことには触れません。その点について確認したい場合はこちらをどうぞ。

11月8日(日)は12:30から平塚競技場で東京ヴェルディ戦です。とにかく12:30といういつもと違う時間であるというところは間違いのないようにお願いいたします。なぜか関西弁っぽいクラブからのホームゲーム情報はこちら。この日はホームタウン内最大の都市(40万人)である藤沢ホームタウンデーです。平塚に次ぐホームタウンデー効果があると良いですね。そう考えるとチラシ配りは本厚木駅ではなく、藤沢駅に加えて(ちょっと遠いけど)湘南台駅でやったほうが良かったのでは?と思う元善行駅ユーザーのオイラです。

来年のNHK大河ドラマの主役の福山雅治さん誕生(早生まれ)した、ちょうど40年前の1969年にはいろいろな出来事があったそうです。ウッドストック・フェスティバルが行われ、「ドラえもん」の連載が開始され、「8時だョ!全員集合」と「水戸黄門」と「サザエさん」のテレビ放送が開始されました。インターネットも1969年に誕生した技術です。最大の事件はアポロ11号の月面有人着陸でしょう。ベルマーレ的にはガロッチーニョコーチがこの年に誕生しております(そういや同じようなことガロッチーニョ選手がらみで去年書いたなあ)。

また「男はつらいよ」の第一作もこの年です。昭和生まれにとってはCMでも使われた「主題歌の第一音」を聴くだけで「ああ」と反応してしまう大定番の映画なのですが、なんといいますか今歌詞聴くと、あらら「兄=ヴェルディ」「妹=ベレーザ」に置き換えられそうな歌詞ですよ・・・。

ちなみに超マンネリでワンパターンな「男はつらいよ」ですが、ひとつひとつ作品を観てみると良く出来た人情ドラマで、年をとったほうが面白いと感じる作品だと思います。気が向いたらご覧になってください。最後のほうは闘病中の渥美清さんが主役とはいえない内容ですが・・・。

で、ついでに東京ヴェルディの前身の読売クラブも1969年に誕生していたらしいです。ベルマーレ(藤和不動産)に1年、横川武蔵野(横河電機)に30年、FC東京(東京ガス)に34年遅れてのサッカークラブ設立です。何でこんなネタにもならなそうな中途半端な数字を主張したいのかは、よくわかりません。

なんでも新会社がJリーグ理事会で「年間予算9億円くらいで」というプレゼンテーションをして、Jリーグ理事会が「ではこの計画の通り広告料5億4千万円集めてください」となったようなので、Jリーグ理事会が無理なことを頼んではいないらしいです。

集まるんじゃないですかね?。なんといっても「東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社」の所在地の「東京都稲城市矢野口4015-1」って「よみうりランド本社と未だに同居」なんですよね。ようするに出資金以外で今も読売グループからの支援を受けております。これで関連会社ではないというのはおかしいでしょう。日本テレビがベレーザのスポンサーを継続することもありますし・・・。てことは都内の金券ショップでシーズンチケットより安く買えるヴェルディ戦の招待券も存続するのでしょうか?。でもいきなり募金なんて始めたから、やっぱり足りないのでしょうか?。

ちなみによみうりランド本社っていうのは、地元の方でしたら知っていると思いますが、京王よみうりランド駅の前にある「ゴンドラ乗り場」のことなんですよ。実際の遊園地やヴェルディ・ジャイアンツ・ゴルフ打ちっぱなし関連の施設はすべて「川崎市多摩区菅仙谷」に存在しており、少なくともジャイアンツ・ゴルフ打ちっぱなし関連の施設はすべて川崎市の住所であることが公開されております(丘の湯とゴルフ場は稲城市)。ジャイアンツの施設より東南にあるヴェルディグラウンドが稲城市というのは説明ができません。原理主義的に「必ずこうしなきゃダメ」というのもおかしいですが、でもこれは東京都民に地元クラブとアピールするには弱いですよね。いや返す返すも何で川崎市を出たのかなあと思います。武蔵小杉駅のほうが飛田給駅より山手線の輪に近く、都会です。西が丘では選手に給料が払える入場料収入が得られず、駒沢は春秋制のJリーグでは夏が暑くて客が逃げます。

日本経済新聞の記事(サッカー誌はどの媒体も特定クラブに特化した一蓮托生の御用ライターの記事なので、場合によっては鵜呑みにしていいのかわからない)を読むと、ヴェルディの来年の選手やコーチの人件費は2億円未満になるとのこと。2008年のザスパ草津が近い数字らしく、頭数で割ればひとりにつき200万円~800万円といったところでしょうか?。これと比べると、すでに値切っている服部・土肥・船越選手を除けば、大黒・レアンドロ・高木義成・土屋・富沢選手とは一旦フリーにしてからの契約(売れ残ったら服部選手方式で再契約)でしょうね。その他の選手も全員減俸が前提でしょう。そういえばベルマーレ平塚もこんな感じでした。9億円の予算で人件費が2億円に満たないって、ベルマーレ以上の収入でベルマーレの半分の人件費なんですね。これが練習場や寮の差ということでしょうか?。あの設備はJ1級ですよね。高木監督の非公開主義ですっかり人がいなくなったらしいですけど。

まあ厚木市民的には永里3兄妹が路頭に迷わなければ別にどうなっても良いですが、湘南時代より試合に出ている源気選手もこれでは減俸なのかもしれませんね。

そもそもヴェルディといったらサッカーじゃなくて大作曲家だよなあ。

おっと、この選曲は煽りになっちゃいますか・・・。サッカーだとアイーダのほうが有名でしょうか?。

・・・という状態で平塚に乗り込むヴェルディですが、松田岳夫監督になってから、相手が水戸・岡山・福岡と微妙なところ揃いですが3連勝をしております。収入維持のための移籍へのアピールでしょうか?。どこがどうよくなったのかはオイラは観ていないのでよくわからないのですが、まあ湘南の監督やコーチがきっちりこの3試合を研究して対応するでしょう。現在対ヴェルディ戦は1勝1敗。勝って11クラブ目の対戦別年間勝ち越しを決めていただきたいものです。過去2戦に永里源気選手が出ていないので、出来れば出てきたところを倒したいですね。まあどっちにしても来年つぶれるということはないので、3連勝の雰囲気が似ていますがさすがにフリューゲルスみたいなことをヴェルディにさせる必要はないでしょう。

試合の勝利は湘南がもらいたいところですが、ヴェルディについては公式戦ではJ2残留を審議するJリーグ理事会前の最後の試合ですので、それについてのアピールは悔いのないよう行っていただきたいものです。1日で岐阜の1年の1/10以上を集めた東京ヴェルディ緑募金だって今回に限り平塚でしてもいいのではないでしょうか?。既にリーグ戦を終える今年も平塚競技場で2試合をした永里姉妹が受け付けていたら思わず出してしまうベルマーレサポーターもいるかもしれません、10年前の自分達ですし。また湘南ベルマーレの眞壁潔社長はJリーグ理事会の監事なので、理事会の際に「どうだった?」と絶対にメンバーに聞かれると思います。その人の前でのヴェルディがアピールすることは絶対に損ではないはずです。サイバーエージェントにすら呆れられた自業自得経営とはいえ、Jクラブの解散は避けてもらいたいところです。

あと、不祥事なしの方向でお願いします

今週末?、はてなんのことやら・・・。Fリーグベルマーレ戦ソフトボールのファン感謝祭ですか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚木ラオシャン

月曜日の話になってしまうのですが、地元でラオシャンタンメンを食べました。なんと平塚にしかないはずのラオシャンタンメンは厚木でも食べられるのです。とはいえ今ではこのお店が現存する唯一の平塚市外のお店らしいですが・・・。

本厚木駅南口を出てJAあつぎ駅前支店方面へ行き、「本厚木駅南口入口」交差点を渡ってまっすぐ行き、突き当たりの「旭町三丁目」交差点のそばに「厚木ラオシャン」(あつぎらおしゃん)というお店があります。オイラが初めてこの付近を通ったときからありますが、どうやら40年以上同じ建物で営業しているらしいです。入ったことはなかったですが。この「旭町三丁目」交差点は、「本丸亭」や「中華そば 麺や食堂 ブラジル」もあるラーメン激戦区の「神奈川県道601号線の小田急線高架下からソニー厚木テクノロジーセンターの間」で一番古い店舗ともいえるでしょう(正確には県道601号線上ではないですが・・・)。ホームページは特にございませんので、「厚木のラーメン好きのくだらないブログ」の紹介記事を参考にしてください。

店構えはいかにもラオシャンタンメンな感じの昭和なものです。なんと9時(!)から22時まで中断なしというロングラン営業(水曜定休)をしております。21時ごろ行ったのですが、40代と思われる調理師が1名いるだけで先客も1名でした。まあ40年以上営業しているということはそれを支える売り上げがあるというわけですから、たまたまそうだっただけでしょう。

メニューは平塚でのみおなじみの酸っぱいラーメンである「タンメン」と「餃子」が中心です。トッピングにはワカメと月見(生卵)がございます。ワカメタンメンと餃子を注文してみました。

当ブログではこのジャンルでは「花水ラオシャン 本店」と「老郷 本店」に行っておりますが、今回はなんか薄いような・・・。酢が薄いのは備え付けのものを入れることで何とかなるのですが、出汁が薄いのはどうしようもありません。ラオシャンタンメンは一般的なラーメンの麺より中国系な麺だからかどちらかというとやわらかめなのですが、それにしてもちょっとやわらかかったような・・・。店員さんの調子が悪かったのかもしれません、店のテレビが気になって(!)。備え付けラー油をかけて餃子とともにいただきました。

近くに有名ラーメン屋があるのですが、「自分は平塚出身だから小田急小田原線沿線にいてもラオシャンタンメンが食べたい」というかたには貴重な存在でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日本厚木でチラシ配りがあります

本日10月28日の朝と、来週11月5日(木)の朝は本厚木でもチラシ配りがあるそうです。両日ともオイラはすでに出勤済みの時刻なのですが、チラシ配りに遭遇された場合はとりあえずチラシを受け取ってやってください。両日は平塚駅と藤沢駅でもチラシ配りが行われます。

また本日は江戸川区陸上競技場でサテライトのFC東京戦がありますが、18:00キックオフなのでオイラは無理です。

今週末はナビスコカップ決勝に関わらないクラブの天皇杯3回戦と延期された愛媛の試合があるのですが、すでに敗れている湘南は試合がありません。次の試合は平塚で東京ヴェルディ戦(キックオフが12:30なのでご注意を)です。この東京ヴェルディも天皇杯は2回戦で敗れているため、やはり今週末に試合がありません。

で、ここからヴェルディ戦について書こうと思いましたが、さきほどベルマーレ時代は厚木市民だった尾亦弘友希選手(現セレッソ大阪)がブログが久しぶりに更新されたと思ったら「本厚木のmathematicsに買出しに行くの巻」みたいなお約束な記事だったので、カジュアルでもこういう価格帯の服が買えるギャラをベルマーレは出してまっせ!って感じでJ2リーグ内の経営難のクラブ所属選手につらいと思い、思わず今日はやめておこうと思いました。ヴェルディ戦はまだ1週間以上先の話ですし・・・。セレクトショップであるmathematicsオンラインショッピングコラムブログ始めたのね。

江ノ電の「J1昇格祈念入場券」の3枚目の切符には、細かいところまでちょっとニヤっときました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学祭は東京農業大学に限りますね 2009

今年も天皇杯3回戦に進出できなかったので東京農業大学の収穫祭の週末が空きました。10月31日(土)・11月1日(日)と東京農業大学の収穫祭があります(今年の厚木のホームページはこちら)。

東京農業大学は「東京」と名乗るだけあって世田谷に本部のある大学なのですが、厚木キャンパスもございます(それ以外にもオホーツクなど各地にキャンパスや農場を持っております)。TOEIC個人受験を厚木会場で申し込むとたいていここが受験会場になることで小田急小田原線沿線の皆様にはおなじみと思われます。農学部なので講義棟のほかに畑が何種類も存在します。

東京農業大学収穫祭は世田谷だけでなく厚木でも行われており、地元を中心に盛況なイベントになっております。この大学祭では芸能人を呼びません。しかしきっちりと勉強の成果を出した明確なコンセプトを持っている大学祭のため、芸能人などいなくても充分人を呼べるイベントになっております(昨年は厚木のみ2日間で42,000人動員したらしいです)。教室では農業・畜産・食・植物・園芸・昆虫に関する研究成果が掲示され、特に家庭菜園に関心のある方にとっては大変勉強になると思われます(賞品がもらえるスタンプラリーもあります)。屋外ではベタな模擬店のほか、芋掘り(整理券制)ハーブざんまい、応援リーダーによる有名な大根踊り(青山ほとり)、家畜とのふれあい(ふれあいって動物にとってはどうなの?)など独特のコンテンツを楽しむことができます。通いたくなったら進学相談も受け付けております。オイラとしては厚木開催のオープンカレッジが充実してもらいたいのですが・・・。

またお楽しみとして「野菜の無料配布」が厚木でもございます(他大学の農学部でもやっているのかな?)。大根1本や長ネギ1束などが1日2回で計4回配布されます。また堆肥を譲ってもらえます。

講義棟には市内の小学生の描いた絵が飾られますし、上記のような内容のため、学生とその前後の世代の人たちよりも親子連れや定年世代が目立つ珍しい大学祭になっており、実際、農家でない子供の満足度は高いと思われます。

厚木市民的にもおすすめのイベントなのですが、TOEIC個人受験と同じ問題があり「本厚木駅から遠いのに駐車場がない」という問題がございます。駐輪場は充実しているのですが駐車場は本当にございません。隣接するぼうさいの丘公園(ここも親子におすすめで、収穫祭のあいまに子供をここで遊ばせる親が多い)や湘北短期大学に止めるわけにもいかないと思いますし・・・。本厚木駅から歩くと20分以上かかるのでバスで行くことになると思います。オイラはチャリ通なので問題ないのですが・・・。

オイラは東京農業大学と関係がありませんが、今年も東京農業大学が箱根駅伝予選を通過できましたので大根踊りは1月に大手町や芦ノ湖でも観ることが可能ですが、ぜひ先取りでご覧いただければと思います。今年のテレビ中継の音楽から「久石譲さん+佼成ウインドオーケストラ」の新テーマ曲になったのですが、オイラの中ではまだ映画「Never Ending Story」の移動場面で使われていた劇中曲を大抜擢した2008年までのテーマ曲のほうが箱根駅伝だなあと感じます。「慣れ」ですかね?。

このタイトルなのにとってつけたようで申し訳ありませんが、ベルマーレを応援する産業能率大学の大学祭(瑞木祭)もよろしくお願いいたします(11月14日(土)・15日(日))。オイラは産業能率大学にも関係がないのですが、こちらは芸人が来るそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

引き立て役は、ごめんね、ごめんねー。

第47節が終わったので、まあ順位表と次の相手を見てください。
1位 大阪 98 +43 (H)草津
2位 仙台 96 +39 (A)水戸
3位 甲府 91 +30 (A)福岡
4位 湘南 90 +30 (H)東京

鳥栖は湘南が0勝2分2敗以下で甲府が0勝1分3敗(引き分けも湘南戦限定)でシーズンを終えた上で、鳥栖自身が毎試合2点差以上をつけて4連勝しなければ3位になれないので、除外しました。次節にでも2010年J2参戦が決まるでしょう。J1のほうでも千葉が次節にでも2010年J2参戦を決めます

そしてセレッソと仙台も次節に2010年J1参戦を決める可能性があります。その対象クラブは4位の我々湘南です。湘南が次節ヴェルディに敗れて、セレッソと仙台が勝てば、セレッソと仙台は2010年J1参戦決定です。そうなってしまった場合でも湘南は残り試合全勝で仙台に追いつくことが可能ですが、それは甲府が湘南に負けて4位になることを意味するので、仙台も次節で決められるのです。よって平塚にも「湘南が負けて昇格決定」の画を撮るためにカメラマンが増える可能性があります

ちなみに次節の水戸vs仙台戦はケーズデンキスタジアム水戸のこけら落としの試合。どちらのお祝いだかわからないような試合は水戸だって避けたいところでしょう。ようは湘南が勝てばセレッソも仙台も昇格を決められないので、次節は勝たなければなりません。セレッソと仙台が次節対戦する2クラブは湘南戦を残しているので、湘南戦で何をされるかわかったものではありません

次節の直接の対戦相手である東京ヴェルディも、湘南戦が2010年J2参戦の許可がかかる11月16日のJリーグ理事会前最後の試合ということで、「ヴェルディ最後のアピール」の画を撮るためということでもカメラマンが増える可能性もあります。まあヴェルディについてのネタはまた後日にしましょう。

熊本に負けるということはこういうことだったのですが、どうやら熊本遠征に行った選手はそれをわかっていなかったようで、自分達でわざわざプレッシャーがかかる環境を用意したことは残念でなりません。自分でまいた種は自分で刈りましょう。J2に「あばよ!」(by 小田原市出身 柳沢慎吾さん)と言うのです。「いい夢見させてもらったよ」(by 小田原市出身 柳沢慎吾さん)はもう結構なのです。だから今回は引き立て役は「ごめんね、ごめんねー」(by 大田原市(旧黒羽町)出身 益子卓郎さん)なのですよ(微妙にギャグの用法が違うのはご容赦を)。あっ、最後はウチのホームタウン外だった。

気分が悪いので話題を変えて・・・。死因が死因でしたのでしばらく話題に上げなかったのですが、ミュージシャンの加藤和彦さんがお亡くなりになりました。当ブログをご覧になられている方はオイラが自分が生まれる前どころか自分のおじいちゃんの世代の映像なども大好物なのがばれていると思うのですが、これだけ実績のある方の最期がアレなのは大変残念でした。お悔やみ申し上げます

阿久悠さんとか、小林亜星さんとか、すぎやまこういちさんとかもそうですが、高度成長期の作詞・作曲家はアニソンからアイドル、演歌、テレビ・映画・ゲームBGM、CM専用の曲まで今の音楽家では考えられないくらい幅広いジャンルに、全く問題なく対応した毛色の違う曲を提供しているのですよね。そういう人がまたいなくなってしまいました

今「帰ってきたヨッパライ」とか聴くと複雑ですなあ。

「イムジン河」はいい曲だと思いますが、政治的にまあ仕方がなかったですね。

ふーん、最近やたらCMをしているこの曲の作曲もそうなんですか。オイラがかなりちっちゃい頃のアニメですが、「ロボット+アイドル」という今のオタクさん(そもそもオタクはこのアニメが語源(?)らしい)が泣いて喜ぶジャンルを確立しているアニメのクライマックスですからねえ。20代でこのアニメを知っていればかなりのアニオタだと思います。

そう考えると、「沈まぬ太陽」の映画化が日本航空の経営問題が出たタイミングで出たのと同じくらい、オイラはパチンコは全くやりませんが、あのパチンコもなんかタイムリーすぎるなあ。まさか狙ってませんよね?。

ベルマーレのフットサルも勝ってよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

10月25日は参議院神奈川県選出議員補欠選挙です

投票に行かない人に国内政治を語る資格はございませんので、明日は投票には行きましょう。Fリーグは代々木のセントラル開催で北海道戦が12:00からあります。

今日は午前中に用事を済ませたあと秋葉原に行きました。先日「風雲児たち」について「久しぶりに読みたいなあ」と書いたので、入手しようと思ったら、数日後に作者のみなもと太郎さんのサイン会有隣堂ヨドバシAKIBA店であるということで、そこで買うことにしておりましたので・・・。

三村ロンドさんが紹介していた古田敦也さんの本のサイン会と比べれば実にマニアックな世界なので、余裕でサインを書いてもらうことが出来ました(いつもオイラが手渡しているサイン用のペンではなかったですが)。50人ちょっとが描いてもらった人がいたでしょうか?。有隣堂ヨドバシAKIBA店ということでハルヒとか歴女とかの本が並ぶ横にオイラが最年少クラスといえるオジサマやオバサマが50人。関係ない人には「いったい何?」と思ったのではないでしょうか?。

みなもと太郎さんにも「でも初回(1979年)の時にはあなたは生まれてなかったでしょう?」と尋ねられましたが、ちょっと前に生まれております(当時字は読めませんでしたし、読み始めたのもリアルタイムではないですが・・・)。オイラの親より年上なので、絶対に話が完結するまで元気でいてくださいねとお願いさせていただきました。

ご本人によるとオイラの数列前がシーボルトの子孫のかただったそうです。この本は関ヶ原を起点に幕末を30年かけて描いて未だに未完のギャグマンガなのですが、保科正之買いたい新書(本作での呼称)関係の皆様、平田靫負田沼意次吉田松陰ジョン万次郎、そしてイネさんなどぜひNHK大河ドラマに取り上げていただきたい人を特に主人公を決めずに有機的に結びつけて物語を作っているのですが、ホント、シーボルトの娘ということで当時の日本としては超マイノリティだったイネさん(あっ、ジョン万次郎と同い年なのか。もし2人が明治時代に対談してたら面白かっただろうなあ。)と比べたら、オイラなんてよりいっそうヌルい人生だなあと思います。本の帯コメントを出している方々がそうそうたるビッグネーム(幕末編2巻の三谷幸喜さんとか同3巻の庵野秀明さんがリアルタイム世代でしょうか?)ばかりなので、オイラだけにウケているわけではないと思われます(朝日新聞手塚治虫文化賞を受賞したことがある)。歴史好きでしたらぜひお読みください

またクライマックスシリーズがセ・パともに決着がつき、ともにリーグを制した読売ジャイアンツと北海道日本ハムファイターズが順当に日本シリーズに出場することになりました。野村克也監督は残念でしたね。WBCの日本代表と台湾代表に選手を派遣しなかった中日ドラゴンズ(スタッフのみ派遣)が今回敗れたことは、出場した11球団とMLBの選手の多くが苦しいシーズンになってしまったことを考えれば球界にとって良かったことと思います

で、今日は湘南ベルマーレは水前寺競技場にて熊本戦があったわけですが、

熊本 1-0 湘南

「ここで負けては鳥栖に勝った意味がございません。」って書いたのに負けてしまいました。なにやっているんだよって感じです。今年はこの試合を除いた熊本戦が平日ナイトゲーム2試合ということで、実はJ2では唯一熊本を全く観ておりません(水戸にはこれから行く予定)。熊本は前回の湘南戦でも実施したゼロトップ(トップの藤田選手を後方のMFがどんどん追い越していく戦術らしい)という戦術だったらしいですが、それに敗れたかたちになるらしいです。湘南は2年続けてこの時期に熊本に負けるとは、学習能力がないなあ・・・。熊本とは今季1勝1分1敗と4クラブ目の年間引き分けということになりました(現在、年間勝ち越しが10クラブで、年間負け越しは0クラブ)。我々は鳥栖に勝った意味がなくなったことを神妙にうけなければなりません

このあとは天皇杯3回戦、J2ヴェルディ戦、天皇杯4回戦、J2甲府戦と湘南にとっては間の空く日程になりますが、きちんと準備をしなければなりません。川淵三郎氏などを迎えた「絶対J1!宣言」シンポジウムという講演が11月1日(日)にありますが、オイラは平塚市民ではないので日曜の夜はなぁ~・・・。湘南の試合ではないですし、東京農業大学の収穫祭ともかぶりますし、野球の日本シリーズもありますし・・・。日程が悪いなあ・・・。

菊池大介・古林将太選手がU-18日本代表に選出され、来月インドネシアで試合をするそうです。アジア選手権のさらに予選なので普通にやれば勝てそうですが、菊池選手はヴェルディ戦のベンチにおいて欲しかったなあとは思うものの、前回のU-20(村松・鎌田選手の世代)はアジア止まりだったことを考えれば、チーム作りのために今から全力を尽くすことはやむをえないと思います。

今年J1の大分が本日14番目の2010年J2リーグ参戦クラブに決定し、千葉と柏もかなり厳しくなりました。まあ大分はアレですが、元古川電工と日立である「サッカー丸の内御三家」のうちふたつが来年J2、もしも残留できたらその代わりも大宮(NTT)というのは2010年の昇格争いは相当厳しい。ヴェルディばかり目立っておりますが柏・千葉・大宮の親会社からの広告料収入もJ1でも多いほうでJ2と比べたら桁違いなので、2006年の柏のような選手の質が違いすぎるクラブが2つも落ちてくることになり、上位に割って入ることが難しくなります。だいたいヴェルディ(当時読売)に厳しく当たっていた川淵チェアマンの出身クラブの名称は元々「Jr East Furukawa UNITED」と堂々の企業名(ヴェルディもヤングフットボールクラブで「YFC川崎」とかしてからジェフの悪態をついたら面白かったんですけどね・・・)でしたし、最大で13,000人くらいしか入らないJ1規格でない日立台(臨場感があって当たり前)でほとんど試合をしている柏だけ今も黙認して、草津や栃木などのスタジアムには改修を強制したりなど、どうして千葉の2クラブだけひいきがあるのかと思っておりました。千葉のクラブには政治経済的に負けそうなのでわずか3枠を争うのには相手が悪いと思ってしまうのですよね。だから湘南には今年がんばっていただきたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2 2009 第46節 湘南vs鳥栖 戦

昨日は今季最後の平日ナイトゲームということで、18時過ぎまで都内で仕事をしたあとで平塚に向かいました。この日の対戦相手は昇格争い脱落寸前の鳥栖でした。

なんとこの時期は夜の試合中は10℃を下回ると思われる厚別でも個人的にダービーな試合があるとのこと。この日はプロ野球クライマックスシリーズが札幌ドームであるため場所がとれなかったということでしょうね。ともにすでに昇格の可能性がなくクライマックスシリーズ(しかもこの日はファイターズがイーグルスに大逆転勝利をしたそうです)に話題的に勝ち目のない札幌と栃木が、10月下旬の寒い中で試合をするのはキツかったと思われます。

平塚駅からはレンタサイクルを利用したために前半30分経過のあたりで入場できました。湘南ホームタウンの住民は通勤通学先が東京・横浜である場合が多いため、平日ナイトゲームの集客は難しいのですが、メインスタンドとバックスタンド7ゲート側は8割以上埋まっております。湘南ゴール裏とバックスタンド6ゲート側も結構入っており、最終的には8,216人の集客がありました。相手は九州のクラブということを考えればかなり入ったといえます。チラシ配りや各種割引キャンペーンなどが効果をあげたということでしょうか?。試合前の時点で昇格が出来る3位に入っていなかった湘南にとって、大事な試合に心強い味方を得ることが出来ました

鳥栖は天皇杯前まで6位を争う札幌に負けただけで第3クール8勝1分1敗だったとのことですが、4強すべてと6位争いをしている徳島の試合が残っているわけなので「格下に勝っているだけ」というのが明白でしたので、これだけでは強いとは言い切れませんでした。しかし星のつぶしあいをしている4強に追いついてきたのであちら的には「3位に割って入る」としていた模様です。4強としてはあしらっておきたいところで、まず先鋒の仙台がアウェイながら引き分けにしました。次鋒が湘南となります。鳥栖としては仙台戦終了時点で残り6試合で3位甲府との差が8でしたので、これ以上差がつくとかなり厳しいところです。

前半30分経過以降を観ておりましたが、勝ち点差的に追い詰められている鳥栖はラフプレーで湘南の攻撃を何度も止めており湘南へのケガが心配な試合をしておりました。審判によってはこの試合は鳥栖が2人くらい退場してもおかしくない試合でした。そのためなのか湘南が後半にPKを獲られてもおかしくないディフェンスがありましたが獲られませんでした。審判がバランスをとったためにどちらにとっても助かった試合になったなあとオイラは思いました。

湘南も鳥栖も週半ばの試合ということでパフォーマンス的にはあまりよくなかった感じがします。阿部吉朗選手が全く走れておりませんでした。湘南のDFやMFがパスの出しどころを探しているうちに鳥栖に高い位置でカットされてあわてて追いかけに戻るというプレーが多々ありました。今後はこういうプレーがないようにしてもらいたいところです。

鳥栖は伝統的に1トップにボールを集めるサッカーで、この試合も基本的にデカすぎるFWのハーフナー選手に集めておりました。後半に入るトジン選手がハーフナー選手と見せかけてボールを受け取ったり、ハーフナー選手が競ったこぼれ球を拾ったりしてシュートをしますが、これも予定通りの戦術でしょう。このため湘南ディフェンスにとっては対策の立てやすかった相手のように見えました。島田選手が微妙だったのも湘南には追い風でした。昔からそうでしたが島田選手はフリーキックや攻撃に関してはかなり能力が高いのですが、守備をしないか守備が出来ないので大宮にいられないのだと思われます(鳥栖はチームとしてはディフェンシブなチームですし、草津のときは熊林選手が必死に島田選手の後ろをフォローしていたのが印象的)。攻撃が不調だと何の役にも立ちません。

パフォーマンスの問題もあって決め手に欠ける試合でしたが、後半31分に湘南はアジエル選手が1ヶ月ぶりに登場しました。休む前からアジエル選手はパフォーマンスが落ちておりましたが、昨年の疲労骨折のところが疲労によって痛みを起こしていたらしいです。今年のJ2の試合数は異常ですからね。

そして後半ロスタイムに寺川選手のパスを受けたアジエル選手が前線やや左のFW田原豊選手にパスをし、田原選手のシュートが鳥栖のDFとGKをかすめてゴールに入りました。正直引き分けかもなあと思っていたところでの劇的なゴールで早速アジエル選手が結果を出すあたりが、まさに「助っ人」という感じですごいなあと思います。田原選手のゴールもかっこよすぎ!です

湘南 1-0 鳥栖

相手が追い詰められているクラブということもあって厳しい試合でしたが、田村雄三選手の不在を明大戦が全然ダメだった代役の永田選手らがカバーし、何とか勝つことが出来ました。正直田村選手も1・2年目はがっかりな選手だったことを考えれば永田選手も改善すべき点はありますがまだまだチャンスがあると思います。今後もよろしくお願いいたします。対鳥栖戦2勝1敗で、岡山・愛媛・札幌・横浜FC・セレッソ・水戸・福岡・栃木・富山に続き10クラブ目の対戦別年間勝ち越しを決めました

順位表と次の相手ですが、
1位 大阪 95 +40 (A)横浜
2位 仙台 93 +38 (H)札幌
3位 湘南 90 +31 (A)熊本
4位 甲府 88 +29 (A)鳥栖
5位 鳥栖 80 +19 (H)甲府

甲府がホームの横浜FC戦に敗れたため、湘南が3位に浮上しました。横浜FCはJ1を経験している実業団クラブでありながら新規参入組の栃木や岡山とJ2最下位を争っております。札幌もJ1とJ2最下位を経験しておりますがあちらは市民クラブですし当時28クラブしかJクラブはございませんでしたので、36クラブでの最下位というのは横浜FCとしてはなんとかして回避したいところでしょうから、必死だと思います。そういうことが今は3-5-2のシステムというような定期的に戦術が変わる、戦い方が定まらない甲府を倒す原動力になったのかもしれません。

湘南としては「3番目になった」というだけで今までと変わらないと思います。まだ何も得ておりませんし、何も失っておりません。湘南が甲府戦以外を全勝しても甲府が残り試合を全勝すれば甲府がJ1昇格ということは変わりませんし、湘南にJ2優勝の可能性がなくなったわけでもありません。強いてあげれば来月の小瀬で引き分けというのもありになったのですが、それは考えないほうがいいでしょう。

たった2日しか休みがない状態で次はアウェイ熊本戦です。ここで負けては鳥栖に勝った意味がございません。熊本は松岡・山本・宮崎選手が出場停止ですが、中2日の試合ですのでかえって選手を入れ替えたほうがいい場合もあります。熊本にもまだ対戦別年間勝ち越しを決めていないことですし、休んでいた田村選手を中心にがんばっていただいてきっちり勝ってもらいたいものですKKWINGでの試合を観戦したことはありますが水前寺競技場は外から見ただけで入ったことがないので興味はあります。しかし残念ながら行けません。皆様よろしくお願いいたします。

ハーフナー選手的にはもう終わりだそうですが、岸野監督的には「鳥栖は本当に強い」とのことですので、「俺らは対等以上のゲームをいつもする」と言うのならば次のホーム甲府戦には勝っていただいてそれを証明してもらいたいものです。ホベルト選手は出場停止ですが鳥栖ではなく佐賀での試合ですので、甲府に不利だと思いますし・・・。次節湘南が熊本に勝って鳥栖が甲府に負ければ鳥栖の2010年J2参戦が決まってしまいますので、赤い帽子だけでなく赤い靴でもある岸野監督の意地を見せていただきたいものです。

最後に加藤望コーチのJリーグ功労選手賞受賞おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平塚レンタサイクル

<追記>2012年7月から2013年3月まで、平塚レンタサイクルの駐輪場の建て替え工事の関係で、第2駐輪場で仮営業をしておりますので、ご注意ください。 工事が完了しましたので、2013年時点のレポートをこちらに書きなおしました

今日は今季最後の平日ナイトゲームの鳥栖に勝って3位になったのですが、その件は明日か明後日に書きます。

平日ナイトゲームということで、業務後に都内から電車で平塚に向かうのですが、どうやっても間にあいません。ちょっとでも早く着く方法を検討していたところ、平塚駅にもレンタサイクルがあることに今更(遅いよ・・・)気づき、これを利用しようと思いました。だってオイラは本厚木からチャリ通なので、平日ナイトゲームでなければ利用出来ませんし・・・。

平塚レンタサイクル(平塚市ホームページ) (<追記>「平塚市文化スポーツまちづくり振興財団」に移管されておりますので、そちらをご参照ください)

平塚レンタサイクル(平塚市文化スポーツまちづくり振興財団ホームページ)

スタジアムがベアスタ(鳥栖)並みに近ければレンタサイクルは不要ですし、ニンスタ(愛媛)のように市街地から小旅行のように遠いと一般の方にはレンタサイクルでは無理ですが、駅から徒歩20分という平塚市総合公園への移動には利用効果が見込まれます。

オイラはバスで片道200円の長良川競技場(岐阜)ではレンタサイクルを利用しております。JR岐阜駅にて元放置自転車によるレンタサイクルサービスがあり、毎日1日100円で借りることが出来ます。ただしナイトゲームの場合は試合終了前にサービス終了時間を過ぎてしまうため、原則利用することが出来ません。

それと比べて平塚のレンタサイクルは、元放置自転車ということは同じで(<追記>平塚市はわざわざ買ったようです。リッチですね。)、料金は200円になってしまいますが朝の6:30から夜の10:00までサービスを行っているため、昼間の試合も夜の試合も利用できるのです。JR平塚駅西口を出て0分の場所からすぐに済む手続きをして出発したところ、20分かかった平塚競技場入りが安全運転で10分で出来て、効果てきめんでした。おかげで鳥栖戦には「後半開始前到着」のペースから「前半途中での会場入り」が出来ました。シャトルバスと同じ所要時間(しかも待ち時間なし)で往復200円(バスは片道170円)ということですから、何度も平塚競技場に行かれて道がわかるかたにはよろしいのではないかと思われます。また馬入の練習見学や平塚球場への各種野球観戦にもレンタサイクルは便利だと思われます。

唯一残念なのが年中無休の岐阜と異なり日曜・祝日が休みなことで、ここに試合が入った場合はご利用出来ません。うーん、常識的に考えて日曜・祝日のほうが需要があるのではないのかなあと思うのですが・・・。営業マンがレンタサイクルで営業先に行くとも思えませんし・・・。湘南ベルマーレと湘南シーレックス(横浜ベイスターズ)で平塚市に働きかけてもらえないものですかね?。はやりのエコでもありますし、そもそも競輪場のある街じゃん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルマーレのサッカーもフットサルも勝ち、10月21日の鳥栖戦を迎えます。

土曜日には小田原でFリーグの花巻戦がありましたが、所用で行けませんでした。

湘南 3-1 花巻

1年11ヶ月ぶりに小田原で勝利しました(ダメすぎだろ~)。

長かった。この第9節で第1クールが終了し、結局1勝2分6敗で最下位。まだまだ客席から人が減っても文句が言えない戦績です。まずはJ2が終わるまでの6試合で中位あたりまでいってサッカーに行っているお客様がシーズンオフに小田原に来ていただけるよう、ある程度の間隔で勝ちが計算できるようなチーム作りをしていただきたいものです1ヶ月遅れのウメ子追悼試合で勝てましたから、毎試合誰かの追悼試合とかしたほうがいいのでしょうか?。ついでにベルマーレのソフトボールのほうも、来年こそはがんばってください。

日曜日は、行けませんでしたがJ2第45節富山戦がアウェイでありました。

富山 0-3 湘南

ベルマーレユース出身の上園選手が今季初めて湘南戦に登場しましたが、悪天候などもあって残念ながら1万人の集客に失敗し怪我人も多いらしい富山に、湘南は勝利しました。岡山・愛媛・札幌・横浜FC・セレッソ・水戸・福岡・栃木についで9つめの対戦別年間勝ち越しを達成です(仙台・岐阜・徳島とは年間で引き分け)。この調子で草津には勝って年間引き分け、他の4クラブには年間勝ち越しをしたいところです。アジエル選手がベンチ入りしたということは次節以降期待していいということでしょうか?。

順位表と次の相手ですが、
1位 大阪 94 +40 (A)徳島
2位 仙台 90 +36 (H)草津
3位 甲府 88 +30 (H)横浜
4位 湘南 87 +30 (H)鳥栖
5位 鳥栖 80 +20 (A)湘南

これは3位の勝ち点は100を越えそうですね。そしてセレッソは3位以上確定についてはかなり近づいたと思います。第45節で徳島・札幌・水戸の2010年J2参戦が決定しました。5位の鳥栖は残り試合を全勝しても勝ち点が98なのでかなり厳しいと思われます。その鳥栖があさって水曜日となった次節に湘南と対戦しますぶっちゃけ鳥栖は湘南に破れたら実質昇格戦線脱落だと思います。だから相当な意気込みで平塚に乗り込んでくるものと思われ、かなり危険だと思います。鳥栖はいったい何人レンタルされているんだ?というくらい主力の多くが期限付き移籍の選手なので来年が見えておりませんので、そういう意味でも必死に立ち向かってくると思います。ベルマーレユース・ベルマーレ出身の磯崎選手が出場停止ですが、福岡時代は湘南から点を獲っているハーフナー選手は出場停止明けとなります。前節仙台に勝てなかったからとはいえ侮ってはいけません。そもそもこちらも田村雄三選手がこの試合も出場停止ですし・・・。

甲府戦は夕方の試合とみなすとアウェイも含めて今年最後のナイトゲームとなるわけですが、平日なんですよね。この地域の住民の通勤通学先を考えると、湘南はNPBの埼玉西武ライオンズ(そういえばどちらも同じ会社がスポンサーだったなあ)並みに平日ナイトゲームの集客は厳しいです。このため明日平塚・茅ヶ崎・本厚木でチラシ配り(出勤時間後なので行けません)を各地で行いますし、みこしが出るらしいですし、この試合も2人で当日1,000円で観戦できるプランも用意するそうです。他にも集客等のネタを一般から募集するそうです。あっ、誰かそちらにオイラの代わりに「”本厚木駅-平塚競輪場”無料バスが、試合日限定で”競輪場無料直行バスの存在の宣伝”扱いで平塚市総合公園付近のバス停に停車」を提案してください(オイラは自身はチャリ通なんで・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーキハウス 幸せの丘 駅前店

今月、昨年記事化した厚木市長谷の人気店「ケーキハウス 幸せの丘」(ケーキハウス しあわせのおか)が本厚木駅前に支店を出したので、ここでケーキを購入してお土産に持参しました。

「ケーキハウス 幸せの丘」ホームページ

本店は本厚木駅からも東名厚木ICからも遠い不便な場所なのですが、今回の駅前店は本厚木駅南口早稲田塾厚木校の向かいで駅から徒歩3分程度の好立地となりました。契約駐車場に駐車できるそうですが、クルマで行くくらいなら本店に行ったほうがいいと思います。

本店と違いビルの1階にあるテナントとなるのですが、本店に近い商品ラインナップとなっております。そんなに広くない店舗なので、おそらく本店で半完成品を作成してここでは仕上げのみやっているのではないのかなあと推測されます。ここの最大のウリであるキャラクターなどをオーダーできるオリジナルケーキこのお店のブログにたまに製作例が出ております)や、ある程度のケーキ屋なら珍しくないもののチェーン店の影響で普及していない、販売直前にクリームを入れるカリカリなシュークリーム(これも定番)もここで購入可能です。

本店にはその近所に実家のあるいきものがかり吉岡聖恵さんの色紙がありますが、ここにはいきものがかり色は今のところございません。幸せの丘はつい先日チーフが独立して平塚市公所(これまた長谷以上に僻地だなあ)モンサンミッシェルというお店を起こして流出してしまっているのに規模を拡大し、2009 JAPAN CAKE SHOW 東京で賞も獲っているとのことで、躍進著しいですね。

開店一週間ちょっとだったからかもしれませんが、次から次へとケーキが売れておりました。本厚木駅北口には全国チェーン店がありますが、これからはもう知っている人は皆まず南口に行ってケーキを買っちゃいますね。北口の先の市役所付近にはこれも人気店の雅藤があり、競争が必至でしょう。最近厚木市は外部から見るとシロコロばっかり注目が集まっているようですが、地元的にはシロコロは選択肢のひとつに過ぎず、他にもいろいろあるのです。洋菓子分野の競争が「幸せの丘 vs 雅藤」から他店も含めて波及することは消費者的には歓迎です

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長寿まんが

先日プロ野球のレギュラーシーズンが終わり、厚木市出身の館山昌平投手(東京ヤクルトスワローズ)が見事最多勝のタイトルを獲得しました。おめでとうございます。人口のわりにはプロ野球選手がいる厚木市ですが、さすがにタイトル獲得となると中3途中まで在住の原辰徳選手(打点王)まで戻ってしまうので、快挙だと思います。ただスワローズは5割勝てていないのにクライマックスシリーズに出場できてしまうのはどうなんだろうか?とは思いますが・・・。日本シリーズにセ・リーグ代表でジャイアンツかドラゴンズが出るのならまあいいのですが、ただでさえ神宮の多くの試合がビジターファンで占めているのにレギュラーシーズンに負け越しているスワローズがクライマックスシリーズに出場したら萎えそうです。

野球といえば先週景浦安武選手が福岡ソフトバンクホークスを引退しました。マンガ「あぶさん」の主役なんですけどね・・・。でも現実のホークスのレギュラーシーズン最終戦でもセレモニーが行われ、そもそもあぶさんの背番号90番は現実でもずっと欠番でしたし、大阪球場に「あぶさん」の看板があったことをオイラもかすかに覚えております(当時の大阪球場は今の笠松といい勝負の集客だった)。まさに球団の象徴でした。しかし還暦を過ぎて未だに現役というのはとっくに無理がきております(オイラが生まれる前の長嶋茂雄さんが現役のときに南海ホークスに入団してますし・・・)。秋山監督の就任でとうとう監督より大きく年上(田淵元監督が同級生だった)になってしまいましたし、潮時でしょう。お疲れ様でした。

連載はまだ続くようですがあぶさんになにをさせるのでしょうか?。水島新司さんの作風は背景に浪花節的なストーリーを入れてくるところにあるので、スカウトに就任して全国の酒と肴を楽しみつつ高校・大学・アマ・BCリーグの選手達にアドバイスをする役回りになれば意外と面白そうな気がしますが、どうなることやら・・・。

いまさらこんな話をした理由はひらっちさんが萩(山口県)に行ったということで、オイラの中では「萩=風雲児たち」なのでそれを紹介したかったのですよ。その前ふりです。「風雲児たち」も1979年と負けず劣らず大昔にスタートしてタイトルや出版社を変えて未だに終わっていない幕末を描いたマンガなのですが、ふりだしが関ヶ原で坂本竜馬の登場に20年近くかけている吉本新喜劇調のマンガです(作者は還暦を過ぎております)。しょうもないオチが満載なのですがストーリーがかなりしっかりしていて、30年前に描いた関ヶ原のエピソードが幕末の話に必要だったのかと思わせたものが、21世紀に描いた話になってリンクしてきたりという大変な大河ドラマになっております(このため途中からではなく最初から読む必要があります)。

知名度が低い理由は最初の出版社が創価学会系の出版社で流通量が少なかったからだと思います。ただ競争の激しいジャンプやマガジンではこの内容のストーリーを何十年も続けることが出来なかったとも思えますので、それが良かったのかもしれません。このマンガ自体に布教的な要素はございませんし、現在はリイド社に移籍していてリイド社のオンラインショップを含むインターネット書店各社から購入することが出来るようになっております。オイラもベルマーレがJ2に落ちた頃以降の巻をあまり読んでいないので、久しぶりに読みたいなあと思いました。今のテレビや雑誌は昔と違って目先のことだけで内容のないものが多いなあと、この本を読めば思うはずです。今後もこういう作品が新たに出るのでしょうか?。通勤電車で座っている人は一昔前は新聞と雑誌のポスター状態でしたが、今は携帯電話のショーケース(たまに携帯ゲーム機が混ざる)状態なので厳しいでしょうか?。

今年のNHK大河ドラマのストーリー改変っぷりはどうなんだろうと思いますが、来年のNHK大河ドラマは早生まれのために加藤望コーチの1学年上となった福山雅治さん主演の「龍馬伝」とのことですので、そちらと違って全くイケメンが出ないギャグも古いギャグマンガですが、ぜひ「風雲児たち」もあわせてお読みいただければなあと思います。

オイラはエッチ中ではなく依知中のときに古本で読んだのが接点だったのですが、そういえば数年前「海星くん」という息子さんがいる人がいて「ひとでくん」って言いそうなところを必死にこらえていました。”海星”マリア様(学校名で「海星」となっているところはこちらが由来)からだったら女の子の名前だし・・・。オイラが子供の頃はたいてい沖縄か奄美在住のおばあちゃん「カマドさん」が長寿ランキングに入っていましたので、どんな名前がかっこいいかはその時代ごとに異なると思いますが、そうはいってもねえと最近の子供の名前には思う場合もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月11日 日曜日 ということは今年も「天皇杯に負けたのでこの日は東農大の収穫祭がなんたらかんたら」と書かなければいけないのだろうか?

ベルマーレフットサルはまた負け(0勝2分6敗)。最後に小田原で勝ったのがホーム通算3勝目である2007年11月3日(ただしセントラル・アウェイでは数勝しており、ホームでも藤沢では0勝ながら相模原と平塚で計2勝している)と、もうすぐ2年小田原で勝っていないことになるという状態でどうやってセールスポイントを挙げればよいのでしょうか?。次週最終節のベルマーレソフトボールも相変わらず困った戦績ですが、有料興行であるフットサルのほうが深刻です。次は土曜に小田原にて花巻戦です。相手の監督は岡田サントスジオゴ監督です。

実は本日の「もうひとつの平塚の祭り」である「湘南ひらつか囲碁まつり」に行きたかったのですが、今日・明日は所用ということで断念しました。昨年は天皇杯に負けたために東京農業大学厚木キャンパスの収穫祭を紹介しましたが、今年も負けてしまった上にちょうど3回戦の日がまた収穫祭ということで、いやはやなんともといったところです。お子様がいらっしゃるかたや家庭菜園をやられている方にはおすすめですので、今年もぜひどうぞ。

今日は天皇杯2回戦の大部分が行われ、福岡が監督が忌引きで選手も欠けた状態で勝ったそうですが、(まだ千葉が残っておりますが、)昨日の湘南・水戸に続き、徳島・ヴェルディ・セレッソ・浦和がアマチュアに敗れました。昇格争いをしているセレッソも負けたのでちょっと気が楽になったでしょうか?(J2上位9クラブで4勝(1PK勝ち含む)5敗)。まあ格下に十戦十勝とはいかないのは分かりますが、それでも2回戦はプロとアマ境界線ですので、勝たなければいけなかったと思います

浦和に勝った松本山雅FCは元ベルマーレの柿本選手のゴールなどで勝ったとのこと。昨年の湘南戦(!)に続きのご活躍はなによりです。OBが活躍してくれると今年湘南を放出される選手の移籍先にも良い影響があります。松本山雅は来週市原で開催される全国社会人サッカー選手権の結果次第で3回戦岐阜戦のモチベーションが大きく変わると思いますが、まずは全国地域リーグ決勝大会(なんと決勝ラウンドの会場は松本)に行くには全国社会人サッカー選手権の決勝戦を目指す必要がありますので、ご健闘をお祈り申し上げます。経営難の岐阜にとっても3回戦が松本山雅というのは、岐阜がJ2閉幕後もサッカーをしてアピールする大チャンスだと思います。ここと次の4回戦(大分・千葉・HONDAがいる)も勝てばNHKもピックアップせざるを得ませんので、なんか北信越リーグに詳しいブロガーさんも岐阜にいることですし、「野口五郎は岐阜県だけど野口五郎岳は長野県だぞダービー」(勝手に名づけてみた)がんばってください、秋田ですが・・・。セレッソを破った福島ユナイテッド(ユニフォームはA-LINE)の決勝点を挙げた時崎塁選手は元ベルマーレの時崎悠選手の弟である地元の銀行員だそうです

さて、来週のベルマーレのサッカーのほうは日曜日にアウェイ富山戦です。以前も書きましたが行けません。本当はサッカーなしでも行きたいのですよ、この時期は立山黒部アルペンルート紅葉が楽しめますから。富山の食事もおいしかったですし・・・。しかし行けないものは仕方ありません。8月の対戦では湘南の選手が動けないところを見せつけてしまいましたが、絶対に対富山戦勝ち越しでお願いいたします。富山は本日は岡山にPK戦の末勝ちましたが、週半ばに試合がないので疲労面での影響はないでしょう。富山は第3クールは横浜FC戦にしか勝てていないようですが、湘南戦は1万人の動員を目指す試合だそうですのであなどれません。がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第89回天皇杯2回戦 湘南・スポンサーは産業能率大学・ベルマーレvs明治大学 戦

今日は平塚で天皇杯2回戦がありました。J2・10位以上ということで相手はアマチュアとなり、先月お亡くなりになられた当時町田の沖野等さんや、その直後に予定よりも早く重傷より復帰した現鳥取の梅田直哉選手9月27日に復帰)といったベルマーレにゆかりのある方も輩出された明治大学サッカー部との対戦となりました。大変心苦しく本意ではないのですが、このままではイカンのであえていつも以上に厳しく書きます

湘南 0-1 明治大学

キックオフ前にメンバーが発表され、某DFの名前が背番号を変えて出ており早くも負けを確信しました。そりゃリーグ戦であれだけ「八百長ですか?」というようなプレーをやらかしていれば客席からの信頼も失います(5分以上出場した3試合は0勝1分2敗)。それでスタメンですからね。他にもこの日のスタメンでレギュラー級は村松大輔選手だけであとは普段途中出場や故障者の代役で出るような選手が並びました。なるほど、アジエル選手の欠場と田村選手の頻繁な出場停止もあって最近ちょくちょくそのメンバーがスタメンに出ているので、この「馬入での練習試合ですか?」なメンバーでもOKということなのですね。サテライトリーグに出ていたユースの古林将太選手(来年トップに登録)が公式戦初のトップチーム出場となりました。これにより右サイドの2人は明治大学の学生より年下の高校生ということになります。

栃木SCがいたために3年前から年1~3試合JFLを観ましたが、年を重ねるごとにリーグのレベルが落ちています。それを踏まえて年1試合くらいなのですが馬入の練習試合を観ると、関東大学リーグ1部の学校は今はJFLよりレベルが高いように見えます。本日の平塚のアウェイ側観客動員も、青いユニフォームだった愛媛FCや、現カターレ富山であるアローズ北陸といったところを上回るオイラ推定の300人くらいの補欠・父兄・OB達が駆けつけており、「今日のサポーターは二十数名か、アウェイ鳥取のサポーターといい勝負だね」であったFC町田ゼルビアといったJリーグ準会員クラブより、サッカーの内容もサポートの内容もよっぽど上をいっておりました。まあ流通経済大学もJFLは二軍ですしね。

キックオフ早々から湘南はレギュラークラスとは大きく差があるところを見せ付けます。早々に明治大学に湘南の右サイド2人と右センターバックのあの人の守備が緩慢なところを見破られ、明治大学は左サイド中心の攻撃を展開します。湘南は「MFやFWといった高い位置でボールを奪って最短距離で攻撃をする」スタイルなのですが、今日のMF3人がレギュラー(寺川・坂本・田村選手)と比べて3人そろって守備に動かないため、ここでボールが奪えず全く機能しません。本日初出場の古林選手、昨年もJ2では守備の反応が遅くてウィークポイントになっていた菊池選手、本日スタメンだった猪狩選手のスタメン3人は湘南ユース出身の若手選手ですが、守備軽視が目立ちました。フッキ選手級に毎試合1点以上獲るくらいなら不問なのかもしれませんが、実はアジエル選手もそれなりに守っていたということを考えれば、現状では彼らをスタメンで使うのはバクチすぎます。特に猪狩選手は年齢的にもそろそろ試合に出なければいけない年齢なのですが、納得の真っ先の交代でした。リンコン選手も相変わらず競り合いを嫌ってセンターフォワードの役を果たせておりませんでした。

そうこうしているうちに前半に明治大学が左から攻めあがってセンタリングをし、これを明治大学の三田選手があわせて先制します。今日の前半の両チームを見れば当然の明治大学の先制でしょう。

後半は湘南が攻勢のサッカーになりますがミスで点が入りません。明治大学も当然のカウンター狙いのサッカーになります。最後は湘南はロングボールを前に出すだけの「馬入すら失格級」のアイデアのなさ。かえって明治大学は守りやすくなります。ここで田原・中村選手を投入しても遅いです。そのまま2年連続の初戦敗退となりました。NHKの担当者は格下が格上に勝った試合が生放送できてさぞやいい試合を選んだなあと思っているでしょう。A-LINE記念ユニフォームの凄まじいほどの敗戦力を改めて宣伝することになり関係者は怒り心頭だと思います(草津も含めてまだ1勝しかしていない)。

無理やりいいところをあげれば鈴木修人選手のフリーキックがわりと良かったというところですが、結局得点につながっていないのでほめられません。この試合は「田村雄三選手の代役を探せ!コンテスト」でもあったと思いますが、「3人そろって守備に動かない」でしたので、この試合では該当者なしですね。そんな試合なので、この試合が最後のJリーグの試合になってしまった選手が、この記事が出る頃には転職先を探し出しているかもしれません。今年の明治大学のメンバーは就職難の年には見えない就職先が決まっている(こういうのを見ると「Jクラブ」よりも「大学サッカー部」、「Jに入りやすいサッカー名門大学」よりも「Jは少ないけど偏差値の高いサッカーの強い大学」を高校の指導者は薦めるよなあと思います。本当に力があれば例えば千葉の巻選手のように大卒からワールドカップにも出られるわけですから。)ので、J1クラブでA契約を勝ち取れずに引退することになる選手なら、今日の明治大学の選手を生涯年収で追いつくのは難しくなるでしょう。勝負の世界ですから仕方がありません。その代わり勝てば長谷部・本田・森本選手のような彼らにはありえない世界につながるのですから。

試合後に逃げるように駐車場に足早に去っていった、スーツにマスク姿(インフルエンザ対策と思われる)の湘南のレギュラー選手は気を引き締めて来週の富山戦の準備をしていただきたいものです。9月に勝てなくなり、天皇杯に控え選手のダメっぷりを露呈しての初戦敗退と、去年と全く同じことをしていては、誰もついてこれません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

J2 2009 第44節 湘南vs徳島 戦

この日も東京で勤務のあとでの観戦ということで、到着したのは後半開始3分ぐらいというところでした。Jリーグのシステム障害で携帯電話での速報がわからず、ドキドキの移動でした。

この日は台風18号が西から迫ってくる中でということで天気が心配でしたが、風は強かったものの雨は雨具なしでもなんとかいけそうという程度でした。ただ観客動員数は今シーズンワーストの3,301人でした。オイラもこのブログで雨を悲観していたのも悪かったかなあとは思いますが、ライトユーザーが変な環境で観戦して逆に観戦が嫌いになられるのも怖いですし・・・。湘南ホームタウンの問題として、住んでいるのはこの地域であったとしても、仕事を東京・川崎・横浜といった地域外で行っている人の割合が高いという問題があるので、平日ナイトゲームに伴う観客減は、野球の埼玉西武ライオンズ並みに南関東各クラブの中でも影響を受けやすいクラブだと思います。

まあ、愛媛vs熊本戦がシーズンが残り2ヶ月にして中止(湘南は愛媛戦を終え、熊本戦の前に既に水曜鳥栖戦があるので、両クラブからの影響はなし)になったり、鳥取で開かれた岡山vs栃木戦が、甲府が持つ619人(1999年の金曜日の昼の韮崎でのFC東京戦)というJリーグ史上ワースト動員記録を4人下回る615人(「平日」・「荒天」・「実質中立地」・「Jリーグで実績なしクラブ同士の対戦」だし・・・)しか入らなかったりと踏んだり蹴ったりでしたので、それよりかは我々はマシだったと思います。

話を戻して平塚競技場についてみると、既に湘南が1点を獲って徳島をリードしていました。キックオフから2分後に中村祐也選手の久々のゴールで先制したようです。2分ではホームタウン外勤務のものが観るのは難しいと思いますが、余裕を持って観戦するには良かったと思います。

後半は台風の影響で湘南は強い向かい風の状態で戦うことになり、特に野澤選手からのゴールキックなどのロングボールは風に押し戻されてしまい飛びません。また井上主審がイエローカードを連発して、徳島の六車選手は2枚もらって退場してしまいました。しかしその前に田村雄三選手もイエローカードをもらってしまい、富山戦・鳥栖戦に出られなくなりましたビックリしたそうです)。カードをもらいやすいポジションとはいえ、9月・10月の11戦で5試合の出場停止で田村選手が出られないのは、選手層が薄いところを見せてしまっている最近の湘南では厳しいところです。

数回危ないところはありましたが、徳島がアウェイ連戦ということもあってか基本的に湘南が優位に試合を進めていた後半戦でしたので、安心して勝利を見届けることが出来ました。例年負けていた苦手徳島には1勝1分1敗となり、負け越さずに済みました

湘南 1-0 徳島

なお同時間帯にカシマスタジアムで行われた「16分の戦い」は、鹿島が開始早々に意地の得点をしたものの川崎が逃げ切ったようです。

順位表と次の相手ですが、
1位 大阪 91 +38 (H)愛媛
2位 仙台 89 +36 (A)鳥栖
3位 甲府 85 +29 (A)栃木
4位 湘南 84 +27 (A)富山
5位 鳥栖 79 +20 (H)仙台

上位5クラブはすべて勝ちました。東京ヴェルディが2010年のJ2参戦を決めましたが、JFL組と同様に湘南戦後の審査を通過すればというところですね。10月18日には一気に徳島・水戸・札幌・大分が2010年のJ2参戦を決める可能性があり、まさにシーズン終盤になってきました。湘南は次の菅野前監督の長男の将太選手のいる富山戦にまだ勝ち越していない(1勝1敗)ので、アウェイですが絶対に勝って対戦別勝ち越しを決めたいところです。

その前に天皇杯2回戦が今度の3連休中にあります。湘南は土曜日に明治大学サッカー部戦が平塚であり、NHK BS1で全国生中継されます。平塚競技場に来られない方もぜひテレビでご観戦いただければと思います。

シーズン中盤にJ2の11位から14位だった熊本・岐阜・富山・愛媛が、J2の18位から15位を裏返した横浜FC・栃木・岡山・福岡をホームで迎え撃たなければなりませんが、それ以外の当時のJ2の10位以上とJ1クラブが「プロとしてアマチュアに勝つ」のは、昇格・降格争いに関係なく義務だと思います

ましてや湘南は昨年松本山雅FCにPK戦で敗れておりますし、今年は天皇杯専用ユニフォームも用意しておりますA-LINEの記念ユニフォームは草津も含めて戦績が悪いので、それを払拭するためにも勝利が必要だと思います。数名レギュラーが抜けると思いますが、がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月5日 月曜日 ベイスターズファンとの間で「旭山動物園カプセルZoo」と「ベイスターズのヘルメットアイスの容器」の交換トレードが成立しました

先日札幌戦のついでに旭山動物園に行って、おみやげをガチャガチャで済ましたのですが、どうもそのガチャガチャ(海洋堂のフィギュア)旭山動物園に行かないと買えないのでこちらでは定価以上の値段で売られているらしく、想像以上に喜ばれて驚きました。急遽お返しにベイスターズグッズがもらえてしまいました。

順位表と次の相手ですが、
1位 大阪 88 +37 (A)札幌
2位 仙台 86 +35 (H)横浜
3位 甲府 82 +27 (H)水戸
4位 湘南 81 +26 (H)徳島
5位 鳥栖 76 +19 (A)草津

6位の札幌は前節熊本に勝てませんでしたので、もう厳しいので除外しました。札幌が甲府以下のクラブを抜く可能性は充分ありますが、そのためには例えば甲府を抜くならば鳥栖や湘南のアシストが必要になり、どこかに追いつけないと思います。「サガン鳥栖?」も3位以内に入る可能性は高いと思いますが「4強と一度もやっていない連勝」ですからねぇ・・・。ちなみに「?」がつけてみたのは鳥栖はあまりにも主力に期限付き移籍選手が多いからです。なお、前節で一気に岐阜・草津・富山の2010年J2参戦が決まりました。

残り試合も8試合。昨年の今頃は厚木・海老名出身のいきものがかりNHK紅白歌合戦に出られるかが話題に上がりだしたころですが、今年は昨年アンジェラ・アキさんが入ったNHK全国学校音楽コンクール課題曲枠なので、本人達が辞退しなければたぶん出られそうなので、特に気になりません(いきものがかりといえば幸せの丘が本厚木駅前に支店を出すのは驚いた)。NHKといえばここ数年最も視聴率の高いレギュラー歌番組は厚木市出身小田切千アナウンサーが司会を務めるNHK歌謡コンサートなんですよね。ちょっと驚きです。・・・って、そっちじゃないか!。

あらためて残り8試合、ホームは残り4試合なのですが、なんだがクラブから集客のお願いが・・・。ビールのセールもあるそうで・・・。平日ナイトゲームとなる今月の2試合(徳島戦・鳥栖戦)は、2人で1,000円と町田ゼルビア戦並みに値引きだそうです。前回の平日ナイトゲーム栃木戦が3,856人しか入らなかったので、手を打ってきたということですね。ただオイラの仕事帰りの観戦を考えると、東京勤務はどんなにがんばっても前半30分過ぎからの観戦になると思います。横浜勤務だとしてもキックオフには間に合わない可能性があります。夕方の時点で湘南ホームタウンにいる人たちでないと、「呼ばれなくても来る人」以外は厳しいと思われます

しかも台風のあおりで徳島戦は天気が悪いかもしれないと来たよ・・・。秋は「ヤクルト待ち」(毎年セ・リーグ各球団がヤクルト戦ばかり残してしまい、試合消化がヤクルトのスケジュール次第になる。あわせてヤクルト戦で胴上げという率も高くなる。)という俳句の季語が出来てもいいくらい、毎年9月・10月は南関東に雨が降りますしね。ベルマーレの営業さんには申し訳ないですけど、「あんまり期待しないでください」っと先に言い訳してみる

でもですね、10月は先週末の岡山戦と天皇杯2回戦明治大学サッカー部戦(天皇杯はベルマーレ主催試合ではない)以外は平塚のゲームがないのです。平日の徳島戦か鳥栖戦しか今月はもう選択肢はありません。出来るだけ観戦したいですね。湘南は土曜、徳島は日曜に試合をしており、さらに徳島にとってはアウェイ「連戦」です(徳島も土曜日に試合をしていたというご指摘を受け間違いを訂正しました、申し訳ございません)。湘南にとっては浦和より難敵な徳島に勝つチャンスはここだと思います。皆さん、ぜひ行きましょう。オイラも「富山」・「熊本」・明大戦に勝った場合の「天童」遠征は出来ませんので、出来るだけ行きます。<追記>同日のカシマの15分の戦いが10分ぐらいやってまた中断したら面白すぎるんですが・・・。

東京農業大学厚木キャンパスの収穫祭で検索すると当ブログがわりと早い段階で出るのですが、それに伴って当ブログでそれを調べられているかたが少しですが毎日いらっしゃいます。厚木の実行委員会が今年のホームページを立ち上げていないのが原因でしょう。本厚木でPRしているのは存じておりますが、もし関係者でこの記事を読んでいたら、情報をネットにも出してください。ちなみに去年のオイラの告知はこちらで、今年は10月31日(土)、11月1日(日) の開催となります。かなりおすすめのお祭りで、堆肥や野菜も無料でもらえます(野菜が安い祭りというわけではないです)。ちなみに元ベルマーレの町田ゼルビアの酒井良選手は世田谷キャンパス(規模の大きいこちらの収穫祭も同時進行で行われます)のほうの出身ですが、今は農学部のある別の大学を背負っているのでシーズン中を理由にノーコメントかな?。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

J2 2009 第43節 湘南vs岡山 戦

むかーしむかし、平塚というところにヒゲのおじいちゃんハゲのおっさんがおったそうな。ヒゲのおじいちゃんは競技場で芝刈りもせず上半身ハダカでウロウロしていたけど、ハゲのおっさんは若い衆の練習相手として見た目とのギャップが激しい鋭いクロスをあげて、おっさんがかつて日本代表だったことを知らない人を驚かしていたそうな。

ハゲのおっさんは練習相手に飽き足らず自分の組を持ちたいと思い、常陸や上野を旅して吉備にたどり着き、そこで自慢の桃太郎達を引き連れて平塚のヒゲのおじいちゃんのところに挑戦状をたたきつけたそうな。

自分の代わりに外回りもする子分を従えて今も相変わらず競技場で芝刈りもせず上半身ハダカでウロウロしていたヒゲのおじいちゃんは、あわててかつてハゲのおっさんの練習相手だったヒゲのおじちゃん厚木シロコロをおごることで呼び出し各学校の運動会や湘南高校卒の杉山愛さんの引退試合の裏という苛酷な環境下で対戦をすることになったとさ。

ハゲのおっさん率いる岡山軍はJ2には新参ということが如実に現れ、守備への対応が遅れがちだった・・・。これが今季を通して岡山軍が湘南軍に対して苦戦する原因であった。

この日も湘南軍の高校生菊池選手と、前半と後半で袖の主将印を着替えた(おしゃれさん?)田原選手の飛び出しの対応が遅れて湘南軍が2点を獲ったのであった。

しかし岡山軍の桃太郎達もJ1からの助っ人を補強したり、半年以上の経験でJ2にも慣れたのか、誰とは言わんが一定時間が経つと決まって寄せられなくなる湘南の守備に助けられ、後半はどんどん湘南軍のほうへ攻めあがってきおった。大学生の信者を抱える野澤選手も必死で防いだが、結局防ぎきれず1点獲られてしもおた。

やばいなあと思っていたところで途中から出ていた湘南軍の鈴木修人選手がフリーキックを蹴った。それが岡山軍の玉林選手に当たってゴールに入った。今季を通してフリーキックを蹴る選手を探していた湘南軍には朗報であった。これでヒゲのおじいちゃんも面目が保てて一安心。阿部選手の出家の効果もあったのか、湘南軍がハゲのおっさんを返り討ちにしたとさ。決戦後のあいさつにはバカ田大学の隣の学校で同級生だった、この日サイドバックだった島村選手と鈴木修人選手が呼ばれておった。

湘南 3-1 岡山

ヒゲのおじいちゃんはこれを教訓に、次の徳島軍対策として、ポカリスエットとオロナミンCを飲みまくり、板東英二さん(徳島商高で今も破られない奪三振記録をつくる)並みにゆでたまごを食べ、源純夏さん並みに中島コーチあたりに代わりに泳いでもらい、大杉漣さんが殺される役の映画のDVDを探して観ようと決心したとさ。

めでたし、めでたし。

(このお話はフィクションです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八雲(醤油ラーメン)

今日は半日ほど前に落選した途端に2016年東京オリンピック招致関連の旗などが除外されていた平塚競技場の岡山戦(試合の記事は後日)を観に行きましたが、大ちゃんなら本厚木できちんと店頭のものが食べられるのでキャンセルで、平塚の八雲(やくも)でラーメンを食べに行きました。

既に八雲は昨年記事化していますが、そのときは塩ラーメンでしたので、もうひとつの醤油ラーメンについては別記事にしておこうということでの再登場です。基本情報は昨年の記事を参考にしてください。「俺達ラーメン部!」の紹介記事は現在はこの記事が最新のようです。

駐車スペースは1台分だけですが店の隣に確保されたようです。平塚は本厚木・茅ヶ崎・藤沢と比べても田舎であるので、この3駅周辺と比べてこの店だけでなく路上駐車にルーズ気味ですが、良くないことですのでこれは改善です。14時前後に来ましたが、ちょうどオイラの着席で席が埋まるというナイスタイミングでした。

で、醤油ラーメンとチャーシュー丼をいただきました。塩ラーメンを濃くした色のスープで、味も似ていると思います。前回の記事のとおり、ここの塩ラーメンは魚・鰹節系のダシの関係で褐色なのですが、ようするに塩や醤油ラーメンという以前に「ブシ味ラーメン」であって、風味として塩か醤油なのだということがわかりました。だから似ているというわけなのでしょう。チャーシュー丼も味玉入りでまあまあでした。これでラーメン600円というのは確かに良いです。チャーシュー丼300円はまあ普通の価格設定でしょうか?。

平塚といえばラオシャンタンメンがご当地ラーメンだと思いますが、クセの強いラオシャンタンメン以外でというくくりであれば、オイラの知っている中ではここが平塚で一番おいしいと思います。ただアウェイサポーターを迎えるのであれば、サッカーファンに人気のラーメンというジャンルですので、せめて厚木並みの競争があればなあとは思いますが・・・。

屋内では気になりませんが一歩外へ出ると、隣の料理屋のカラオケは近所迷惑ではないのでしょうか?。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月3日(土)は16:00からホームのファジアーノ岡山戦、10月4日(日)は14:00からホームのエスポラーダ北海道戦です

今週は土曜がJ2、日曜がFリーグのほうの湘南戦となりますが、日曜日のほうは先約がありますので行けません。

フットサルのほうは年を重ねるごとに弱くなっているような感じがしますが、もう7戦目なので「0勝で最下位」というのでは集客活動も出来ません。Fリーグの「監督に愛称をつけよう!」キャンペーンはなんだかよく分かりませんが、この成績では発表日である第10節前後が心配になって来ました。小田原蒲鉾協同組合の協賛で、かまぼこ板に何か書いて持参した小学生は入場無料らしいです。

サッカーのほうは「呉工業スペシャルデー」で「ベルマーレ12DAY」で「厚木ホームタウンデー」です。今週初めの予報では天気はよくなさそうだったのですが、本日時点では「午前は雨だが午後は回復」ということですので、試合のある夕方はおそらく大丈夫かと思います。

厚木ホームタウンデーということで、厚木市在住・在勤・在学のかたは当日券が半額以下になりますので、ご観戦を検討いただければと思います。ベルマーレ12DAYでもありますので、有料・無料会員とも招待または優待がございます。厚木市にあるサンクトガーレンのビールの割引もこの試合まで続きます。

以前のコメントにも書いたのですが、平塚競輪場直行バスが試合の日だけ平塚競技場に立ち寄るようにして、「平塚競輪場無料バスの宣伝」名目で無料化かつノンストップ化できないかなあとも思うのですが・・・。平塚競輪サンクスデーだけでもいいので来季は検討いただきたいものです。

また厚木ホームタウンデーということで、大ちゃんがシロコロホルモンを500人前分でお昼から出店するとのことです。以前大ちゃん南口本店を記事にしましたとおり、たくさんのベルマーレ関係者のサインがあるお店ですから順当ですね。反町康治選手のものも以前からありました。ベルマーレサポーターはお店のほうにもお立ち寄りください

話は脱線しますが、厚木市民としては厚木シロコロ・ホルモン探検隊(検索し間違えるとベルマーレのスポンサーの株式会社サン・ライフ(証券番号が4656)になってしまうのが笑える)の皆さんはちょっと心配なんですね。注目度と組織の影響の大きさのわりには最近脇が甘いんで・・・。以前から実質千代乃一辺倒だったので予想通り厚木最古参の繁盛店である酔笑苑などを敵に回してしまいましたし(リンク先の店の数が異常に少ないのはそのため)、量を用意するためにイベント出店だと質が悪い場合がありますし、そこに来ている末端の人たちは「俺達ボランティアだし」って感じで仕事が雑ですし、街興しコンサルタントみたいな役回りでメディア出演が増えている隊長さんは「長」という立場を考えればいかがなものかという言動(特に問題なのはB-1グランプリってそんないい加減な大会なのかというのがバレそうなものと、B級ではやりたくなさそうな食材をB級的な発想で語ること)が最近ありますので、とりあえず来年のB-1グランプリ厚木大会まではいいですけど、オリンピックのあとに景気が悪くなるというように、この大会後のこの団体はちょっと心配です。ここまでPRできたことはとてもすごく、それに見合う利益があってもいいかなとはおもいますが、それと差し引きしてもなんかすごくもったいないなあという感じはします。一部の厚木市出身有名人が懐疑的な発言をしておりますしね。ちなみに客数で言えばどう考えても千代乃の数倍はラーメンの本丸亭のほうが多いと思われます。今年のB-1グランプリでは津山ホルモンうどんに負けているのですが、前回の岡山戦でいただいておりますが結構それに納得しております。今ならまだ間に合うと思いますので、組織の引き締めを期待いたします。

まあ相手のファジアーノ岡山云々の前に現在の湘南ベルマーレは完全に戦術が読まれて対策がたてられております馬入日記の選手らのコメントがそういう問題ではないだろうという精神論ばかりになっているのが外向けコメントであればと思うところ)。攻守の飛車角であるアジエル・田村雄三選手のうちアジエル選手が出ておらず、アジエル選手の代役の選手で穴も埋められておりません。現在の湘南はおよそ強いチームとはいえませんが、そこをなんとかしなければ昇格は出来ませんので、がんばっていただきたいものです

そしてその次の週の天皇杯明治大学戦はNHK BS1で生放送とのことです。テレビ中継のあるなし、昇格・降格に関わらず、JリーグクラブはプロなのでJFL以下や大学には勝たなければなりません。A-LINEの記念ユニフォームは草津も含めて勝率が悪いとかも払拭するよう、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »