« J2 2009 第44節 湘南vs徳島 戦 | トップページ | 10月11日 日曜日 ということは今年も「天皇杯に負けたのでこの日は東農大の収穫祭がなんたらかんたら」と書かなければいけないのだろうか? »

第89回天皇杯2回戦 湘南・スポンサーは産業能率大学・ベルマーレvs明治大学 戦

今日は平塚で天皇杯2回戦がありました。J2・10位以上ということで相手はアマチュアとなり、先月お亡くなりになられた当時町田の沖野等さんや、その直後に予定よりも早く重傷より復帰した現鳥取の梅田直哉選手9月27日に復帰)といったベルマーレにゆかりのある方も輩出された明治大学サッカー部との対戦となりました。大変心苦しく本意ではないのですが、このままではイカンのであえていつも以上に厳しく書きます

湘南 0-1 明治大学

キックオフ前にメンバーが発表され、某DFの名前が背番号を変えて出ており早くも負けを確信しました。そりゃリーグ戦であれだけ「八百長ですか?」というようなプレーをやらかしていれば客席からの信頼も失います(5分以上出場した3試合は0勝1分2敗)。それでスタメンですからね。他にもこの日のスタメンでレギュラー級は村松大輔選手だけであとは普段途中出場や故障者の代役で出るような選手が並びました。なるほど、アジエル選手の欠場と田村選手の頻繁な出場停止もあって最近ちょくちょくそのメンバーがスタメンに出ているので、この「馬入での練習試合ですか?」なメンバーでもOKということなのですね。サテライトリーグに出ていたユースの古林将太選手(来年トップに登録)が公式戦初のトップチーム出場となりました。これにより右サイドの2人は明治大学の学生より年下の高校生ということになります。

栃木SCがいたために3年前から年1~3試合JFLを観ましたが、年を重ねるごとにリーグのレベルが落ちています。それを踏まえて年1試合くらいなのですが馬入の練習試合を観ると、関東大学リーグ1部の学校は今はJFLよりレベルが高いように見えます。本日の平塚のアウェイ側観客動員も、青いユニフォームだった愛媛FCや、現カターレ富山であるアローズ北陸といったところを上回るオイラ推定の300人くらいの補欠・父兄・OB達が駆けつけており、「今日のサポーターは二十数名か、アウェイ鳥取のサポーターといい勝負だね」であったFC町田ゼルビアといったJリーグ準会員クラブより、サッカーの内容もサポートの内容もよっぽど上をいっておりました。まあ流通経済大学もJFLは二軍ですしね。

キックオフ早々から湘南はレギュラークラスとは大きく差があるところを見せ付けます。早々に明治大学に湘南の右サイド2人と右センターバックのあの人の守備が緩慢なところを見破られ、明治大学は左サイド中心の攻撃を展開します。湘南は「MFやFWといった高い位置でボールを奪って最短距離で攻撃をする」スタイルなのですが、今日のMF3人がレギュラー(寺川・坂本・田村選手)と比べて3人そろって守備に動かないため、ここでボールが奪えず全く機能しません。本日初出場の古林選手、昨年もJ2では守備の反応が遅くてウィークポイントになっていた菊池選手、本日スタメンだった猪狩選手のスタメン3人は湘南ユース出身の若手選手ですが、守備軽視が目立ちました。フッキ選手級に毎試合1点以上獲るくらいなら不問なのかもしれませんが、実はアジエル選手もそれなりに守っていたということを考えれば、現状では彼らをスタメンで使うのはバクチすぎます。特に猪狩選手は年齢的にもそろそろ試合に出なければいけない年齢なのですが、納得の真っ先の交代でした。リンコン選手も相変わらず競り合いを嫌ってセンターフォワードの役を果たせておりませんでした。

そうこうしているうちに前半に明治大学が左から攻めあがってセンタリングをし、これを明治大学の三田選手があわせて先制します。今日の前半の両チームを見れば当然の明治大学の先制でしょう。

後半は湘南が攻勢のサッカーになりますがミスで点が入りません。明治大学も当然のカウンター狙いのサッカーになります。最後は湘南はロングボールを前に出すだけの「馬入すら失格級」のアイデアのなさ。かえって明治大学は守りやすくなります。ここで田原・中村選手を投入しても遅いです。そのまま2年連続の初戦敗退となりました。NHKの担当者は格下が格上に勝った試合が生放送できてさぞやいい試合を選んだなあと思っているでしょう。A-LINE記念ユニフォームの凄まじいほどの敗戦力を改めて宣伝することになり関係者は怒り心頭だと思います(草津も含めてまだ1勝しかしていない)。

無理やりいいところをあげれば鈴木修人選手のフリーキックがわりと良かったというところですが、結局得点につながっていないのでほめられません。この試合は「田村雄三選手の代役を探せ!コンテスト」でもあったと思いますが、「3人そろって守備に動かない」でしたので、この試合では該当者なしですね。そんな試合なので、この試合が最後のJリーグの試合になってしまった選手が、この記事が出る頃には転職先を探し出しているかもしれません。今年の明治大学のメンバーは就職難の年には見えない就職先が決まっている(こういうのを見ると「Jクラブ」よりも「大学サッカー部」、「Jに入りやすいサッカー名門大学」よりも「Jは少ないけど偏差値の高いサッカーの強い大学」を高校の指導者は薦めるよなあと思います。本当に力があれば例えば千葉の巻選手のように大卒からワールドカップにも出られるわけですから。)ので、J1クラブでA契約を勝ち取れずに引退することになる選手なら、今日の明治大学の選手を生涯年収で追いつくのは難しくなるでしょう。勝負の世界ですから仕方がありません。その代わり勝てば長谷部・本田・森本選手のような彼らにはありえない世界につながるのですから。

試合後に逃げるように駐車場に足早に去っていった、スーツにマスク姿(インフルエンザ対策と思われる)の湘南のレギュラー選手は気を引き締めて来週の富山戦の準備をしていただきたいものです。9月に勝てなくなり、天皇杯に控え選手のダメっぷりを露呈しての初戦敗退と、去年と全く同じことをしていては、誰もついてこれません

|

« J2 2009 第44節 湘南vs徳島 戦 | トップページ | 10月11日 日曜日 ということは今年も「天皇杯に負けたのでこの日は東農大の収穫祭がなんたらかんたら」と書かなければいけないのだろうか? »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

ユ-スに行ってプロを目指すより大学で頑張った方がプロの道は開けるかもね。それくらい大学サッカーのレベルは高い。勝ち負けより控えの選手が情けないだけ。レギュラー選手を脅かすチャンスなのに。選手層が薄いとケガや出場停止でレギュラーが出られない時にキツい。リ-グだけに集中できると言うことは言い訳ができないと言うこと。また今年も昇格できなかった時にくだらない言い訳をするのかね。サポも暴れたりするのはマズいがおとなし過ぎないかね。

投稿: キングベル | 2009年10月11日 (日) 11時59分

酷い試合を全国放送して恥をかきました。

リンコンを使うなら4-3-3でなくて4-4-2の方が良いと思いますが?
FW:リンコン、竜太(阿部)
MF:菊池、猪狩(中村)、永田、鈴木修
DF:古林、島村、村松、鎌田(山口)

永田、鈴木のダブルボランチにしてサイドバックのどちらか上がって
菊池、猪狩と一緒に攻撃。よくよく考えるとリンコンでなくて阿部チャン
で行っても良いな? 使いづらい選手を補強したのが最悪か。
DFも先生が残って居てくれたら苦労も和らいだだろう。

投稿: ベルサポ1号 | 2009年10月11日 (日) 12時26分

キングベルさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね。今回はこの試合に出ていなかったレギュラーには全く無関係な批判で、控えの皆さんの格好のオーディションだったのでしっかりして欲しかったというところです。

確かに普段公式戦に出ていないと鈍ってくるのは湘南の選手に限った話ではないですが、この試合に出た選手が馬入に行っているかたのご意見を証明するような働きしか出来ておらず、がっかりでした。

古林選手だけは現時点ではユースの選手ですから責められません。監督の人選ミスです。ただ菊池選手は同学年ですがこちらは既にプロです。湘南だけでなくユース代表のポジション争いを考えても「DFではないから守備はこれから」と問題を後回しにしないで欲しいです。

投稿: チャリ通 | 2009年10月11日 (日) 17時04分

ベルサポ1号さん、コメントありがとうございます。

リンコン選手は見た目と違って中村祐也選手タイプの半列後ろの選手だと思います。センターフォワードは厳しいです。それを考えると今年田原選手を採らなかったら大変なことになっていたなあと思います。意外とポストプレーも出来ていた石原選手もいませんし、この位置の控えがいません。

FWよりも次の試合までに田村雄三選手の代役を探す必要があるのですが、一番しっくり来たのが村松選手が一時的に代役をしたときでしたので、山口・島村選手のどちらかをセンターバックで使ったほうが、鈴木修人・永田選手に田村選手の代役をさせるよりはいいかなあとは思います。それが無理なら寺川・坂本選手のどちらかに攻撃をあきらめてもらって田村選手の代役をさせて、鈴木修人・永田選手のどちらかを彼らの代わりに使うという方向で・・・。猪狩選手は前に行ってしまうのでバランスが崩れます。これではデビュー時の加藤大志選手枠でしか使えません。

投稿: チャリ通 | 2009年10月11日 (日) 17時24分

久しぶりの書き込みになります。いつのまにやら訪問回数は100回を超えておりますがcoldsweats01
この試合は平塚競技場で観戦しておりました。明治大のゴールをほぼ真横から目撃する羽目にcoldsweats02今期の出場時間を考えれば右側が弱いなあと思っていたらcrying
NHKの期待に応えるのは前半だけにしてもらいたかったのですが、後半もサポの期待ではなくNHKの期待に応えてしまって。今回出場した選手の中には、レギュラー奪取どころか来期の契約を結ぶか否かの査定試合になってしまった選手もいたのではcoldsweats02
しかし日曜の結果を見ると、浦和、C大阪等の敗戦で湘南の負けは多少目立たなくなりましたか。日曜深夜にNHK総合でダイジェストがありますが扱いは何秒間になるのやら。

投稿: だいしょうなん | 2009年10月12日 (月) 00時49分

だいしょうなんさん、コメントありがとうございます。

オイラが番組製作者だったとしても、天皇杯は格下が格上に勝つところを見せたいと思いますので、試合後の報道は2回戦では目立たないに越したことはないなあと思いますが、残念でしたね。

いやはやアマチュアと当たったJ2の上位10クラブの敗戦率が高いこと・・・。実はJ1は浦和だけが敗戦という可能性があるのも浦和にとっては痛いですね。だからといって試合後サポーターがウダウダ残っているのはいただけませんが。

投稿: チャリ通 | 2009年10月12日 (月) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/31734513

この記事へのトラックバック一覧です: 第89回天皇杯2回戦 湘南・スポンサーは産業能率大学・ベルマーレvs明治大学 戦:

« J2 2009 第44節 湘南vs徳島 戦 | トップページ | 10月11日 日曜日 ということは今年も「天皇杯に負けたのでこの日は東農大の収穫祭がなんたらかんたら」と書かなければいけないのだろうか? »