« 厚木ラオシャン | トップページ | 記事へのアクセス状況 2009 »

11月8日(日)は12:30からホームの東京ヴェルディ戦です

勝っても負けても第48節で終わるわけではございませんので、そのことには触れません。その点について確認したい場合はこちらをどうぞ。

11月8日(日)は12:30から平塚競技場で東京ヴェルディ戦です。とにかく12:30といういつもと違う時間であるというところは間違いのないようにお願いいたします。なぜか関西弁っぽいクラブからのホームゲーム情報はこちら。この日はホームタウン内最大の都市(40万人)である藤沢ホームタウンデーです。平塚に次ぐホームタウンデー効果があると良いですね。そう考えるとチラシ配りは本厚木駅ではなく、藤沢駅に加えて(ちょっと遠いけど)湘南台駅でやったほうが良かったのでは?と思う元善行駅ユーザーのオイラです。

来年のNHK大河ドラマの主役の福山雅治さん誕生(早生まれ)した、ちょうど40年前の1969年にはいろいろな出来事があったそうです。ウッドストック・フェスティバルが行われ、「ドラえもん」の連載が開始され、「8時だョ!全員集合」と「水戸黄門」と「サザエさん」のテレビ放送が開始されました。インターネットも1969年に誕生した技術です。最大の事件はアポロ11号の月面有人着陸でしょう。ベルマーレ的にはガロッチーニョコーチがこの年に誕生しております(そういや同じようなことガロッチーニョ選手がらみで去年書いたなあ)。

また「男はつらいよ」の第一作もこの年です。昭和生まれにとってはCMでも使われた「主題歌の第一音」を聴くだけで「ああ」と反応してしまう大定番の映画なのですが、なんといいますか今歌詞聴くと、あらら「兄=ヴェルディ」「妹=ベレーザ」に置き換えられそうな歌詞ですよ・・・。

ちなみに超マンネリでワンパターンな「男はつらいよ」ですが、ひとつひとつ作品を観てみると良く出来た人情ドラマで、年をとったほうが面白いと感じる作品だと思います。気が向いたらご覧になってください。最後のほうは闘病中の渥美清さんが主役とはいえない内容ですが・・・。

で、ついでに東京ヴェルディの前身の読売クラブも1969年に誕生していたらしいです。ベルマーレ(藤和不動産)に1年、横川武蔵野(横河電機)に30年、FC東京(東京ガス)に34年遅れてのサッカークラブ設立です。何でこんなネタにもならなそうな中途半端な数字を主張したいのかは、よくわかりません。

なんでも新会社がJリーグ理事会で「年間予算9億円くらいで」というプレゼンテーションをして、Jリーグ理事会が「ではこの計画の通り広告料5億4千万円集めてください」となったようなので、Jリーグ理事会が無理なことを頼んではいないらしいです。

集まるんじゃないですかね?。なんといっても「東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社」の所在地の「東京都稲城市矢野口4015-1」って「よみうりランド本社と未だに同居」なんですよね。ようするに出資金以外で今も読売グループからの支援を受けております。これで関連会社ではないというのはおかしいでしょう。日本テレビがベレーザのスポンサーを継続することもありますし・・・。てことは都内の金券ショップでシーズンチケットより安く買えるヴェルディ戦の招待券も存続するのでしょうか?。でもいきなり募金なんて始めたから、やっぱり足りないのでしょうか?。

ちなみによみうりランド本社っていうのは、地元の方でしたら知っていると思いますが、京王よみうりランド駅の前にある「ゴンドラ乗り場」のことなんですよ。実際の遊園地やヴェルディ・ジャイアンツ・ゴルフ打ちっぱなし関連の施設はすべて「川崎市多摩区菅仙谷」に存在しており、少なくともジャイアンツ・ゴルフ打ちっぱなし関連の施設はすべて川崎市の住所であることが公開されております(丘の湯とゴルフ場は稲城市)。ジャイアンツの施設より東南にあるヴェルディグラウンドが稲城市というのは説明ができません。原理主義的に「必ずこうしなきゃダメ」というのもおかしいですが、でもこれは東京都民に地元クラブとアピールするには弱いですよね。いや返す返すも何で川崎市を出たのかなあと思います。武蔵小杉駅のほうが飛田給駅より山手線の輪に近く、都会です。西が丘では選手に給料が払える入場料収入が得られず、駒沢は春秋制のJリーグでは夏が暑くて客が逃げます。

日本経済新聞の記事(サッカー誌はどの媒体も特定クラブに特化した一蓮托生の御用ライターの記事なので、場合によっては鵜呑みにしていいのかわからない)を読むと、ヴェルディの来年の選手やコーチの人件費は2億円未満になるとのこと。2008年のザスパ草津が近い数字らしく、頭数で割ればひとりにつき200万円~800万円といったところでしょうか?。これと比べると、すでに値切っている服部・土肥・船越選手を除けば、大黒・レアンドロ・高木義成・土屋・富沢選手とは一旦フリーにしてからの契約(売れ残ったら服部選手方式で再契約)でしょうね。その他の選手も全員減俸が前提でしょう。そういえばベルマーレ平塚もこんな感じでした。9億円の予算で人件費が2億円に満たないって、ベルマーレ以上の収入でベルマーレの半分の人件費なんですね。これが練習場や寮の差ということでしょうか?。あの設備はJ1級ですよね。高木監督の非公開主義ですっかり人がいなくなったらしいですけど。

まあ厚木市民的には永里3兄妹が路頭に迷わなければ別にどうなっても良いですが、湘南時代より試合に出ている源気選手もこれでは減俸なのかもしれませんね。

そもそもヴェルディといったらサッカーじゃなくて大作曲家だよなあ。

おっと、この選曲は煽りになっちゃいますか・・・。サッカーだとアイーダのほうが有名でしょうか?。

・・・という状態で平塚に乗り込むヴェルディですが、松田岳夫監督になってから、相手が水戸・岡山・福岡と微妙なところ揃いですが3連勝をしております。収入維持のための移籍へのアピールでしょうか?。どこがどうよくなったのかはオイラは観ていないのでよくわからないのですが、まあ湘南の監督やコーチがきっちりこの3試合を研究して対応するでしょう。現在対ヴェルディ戦は1勝1敗。勝って11クラブ目の対戦別年間勝ち越しを決めていただきたいものです。過去2戦に永里源気選手が出ていないので、出来れば出てきたところを倒したいですね。まあどっちにしても来年つぶれるということはないので、3連勝の雰囲気が似ていますがさすがにフリューゲルスみたいなことをヴェルディにさせる必要はないでしょう。

試合の勝利は湘南がもらいたいところですが、ヴェルディについては公式戦ではJ2残留を審議するJリーグ理事会前の最後の試合ですので、それについてのアピールは悔いのないよう行っていただきたいものです。1日で岐阜の1年の1/10以上を集めた東京ヴェルディ緑募金だって今回に限り平塚でしてもいいのではないでしょうか?。既にリーグ戦を終える今年も平塚競技場で2試合をした永里姉妹が受け付けていたら思わず出してしまうベルマーレサポーターもいるかもしれません、10年前の自分達ですし。また湘南ベルマーレの眞壁潔社長はJリーグ理事会の監事なので、理事会の際に「どうだった?」と絶対にメンバーに聞かれると思います。その人の前でのヴェルディがアピールすることは絶対に損ではないはずです。サイバーエージェントにすら呆れられた自業自得経営とはいえ、Jクラブの解散は避けてもらいたいところです。

あと、不祥事なしの方向でお願いします

今週末?、はてなんのことやら・・・。Fリーグベルマーレ戦ソフトボールのファン感謝祭ですか?。

|

« 厚木ラオシャン | トップページ | 記事へのアクセス状況 2009 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/31976312

この記事へのトラックバック一覧です: 11月8日(日)は12:30からホームの東京ヴェルディ戦です:

« 厚木ラオシャン | トップページ | 記事へのアクセス状況 2009 »