« J2 2009 第46節 湘南vs鳥栖 戦 | トップページ | 引き立て役は、ごめんね、ごめんねー。 »

10月25日は参議院神奈川県選出議員補欠選挙です

投票に行かない人に国内政治を語る資格はございませんので、明日は投票には行きましょう。Fリーグは代々木のセントラル開催で北海道戦が12:00からあります。

今日は午前中に用事を済ませたあと秋葉原に行きました。先日「風雲児たち」について「久しぶりに読みたいなあ」と書いたので、入手しようと思ったら、数日後に作者のみなもと太郎さんのサイン会有隣堂ヨドバシAKIBA店であるということで、そこで買うことにしておりましたので・・・。

三村ロンドさんが紹介していた古田敦也さんの本のサイン会と比べれば実にマニアックな世界なので、余裕でサインを書いてもらうことが出来ました(いつもオイラが手渡しているサイン用のペンではなかったですが)。50人ちょっとが描いてもらった人がいたでしょうか?。有隣堂ヨドバシAKIBA店ということでハルヒとか歴女とかの本が並ぶ横にオイラが最年少クラスといえるオジサマやオバサマが50人。関係ない人には「いったい何?」と思ったのではないでしょうか?。

みなもと太郎さんにも「でも初回(1979年)の時にはあなたは生まれてなかったでしょう?」と尋ねられましたが、ちょっと前に生まれております(当時字は読めませんでしたし、読み始めたのもリアルタイムではないですが・・・)。オイラの親より年上なので、絶対に話が完結するまで元気でいてくださいねとお願いさせていただきました。

ご本人によるとオイラの数列前がシーボルトの子孫のかただったそうです。この本は関ヶ原を起点に幕末を30年かけて描いて未だに未完のギャグマンガなのですが、保科正之買いたい新書(本作での呼称)関係の皆様、平田靫負田沼意次吉田松陰ジョン万次郎、そしてイネさんなどぜひNHK大河ドラマに取り上げていただきたい人を特に主人公を決めずに有機的に結びつけて物語を作っているのですが、ホント、シーボルトの娘ということで当時の日本としては超マイノリティだったイネさん(あっ、ジョン万次郎と同い年なのか。もし2人が明治時代に対談してたら面白かっただろうなあ。)と比べたら、オイラなんてよりいっそうヌルい人生だなあと思います。本の帯コメントを出している方々がそうそうたるビッグネーム(幕末編2巻の三谷幸喜さんとか同3巻の庵野秀明さんがリアルタイム世代でしょうか?)ばかりなので、オイラだけにウケているわけではないと思われます(朝日新聞手塚治虫文化賞を受賞したことがある)。歴史好きでしたらぜひお読みください

またクライマックスシリーズがセ・パともに決着がつき、ともにリーグを制した読売ジャイアンツと北海道日本ハムファイターズが順当に日本シリーズに出場することになりました。野村克也監督は残念でしたね。WBCの日本代表と台湾代表に選手を派遣しなかった中日ドラゴンズ(スタッフのみ派遣)が今回敗れたことは、出場した11球団とMLBの選手の多くが苦しいシーズンになってしまったことを考えれば球界にとって良かったことと思います

で、今日は湘南ベルマーレは水前寺競技場にて熊本戦があったわけですが、

熊本 1-0 湘南

「ここで負けては鳥栖に勝った意味がございません。」って書いたのに負けてしまいました。なにやっているんだよって感じです。今年はこの試合を除いた熊本戦が平日ナイトゲーム2試合ということで、実はJ2では唯一熊本を全く観ておりません(水戸にはこれから行く予定)。熊本は前回の湘南戦でも実施したゼロトップ(トップの藤田選手を後方のMFがどんどん追い越していく戦術らしい)という戦術だったらしいですが、それに敗れたかたちになるらしいです。湘南は2年続けてこの時期に熊本に負けるとは、学習能力がないなあ・・・。熊本とは今季1勝1分1敗と4クラブ目の年間引き分けということになりました(現在、年間勝ち越しが10クラブで、年間負け越しは0クラブ)。我々は鳥栖に勝った意味がなくなったことを神妙にうけなければなりません

このあとは天皇杯3回戦、J2ヴェルディ戦、天皇杯4回戦、J2甲府戦と湘南にとっては間の空く日程になりますが、きちんと準備をしなければなりません。川淵三郎氏などを迎えた「絶対J1!宣言」シンポジウムという講演が11月1日(日)にありますが、オイラは平塚市民ではないので日曜の夜はなぁ~・・・。湘南の試合ではないですし、東京農業大学の収穫祭ともかぶりますし、野球の日本シリーズもありますし・・・。日程が悪いなあ・・・。

菊池大介・古林将太選手がU-18日本代表に選出され、来月インドネシアで試合をするそうです。アジア選手権のさらに予選なので普通にやれば勝てそうですが、菊池選手はヴェルディ戦のベンチにおいて欲しかったなあとは思うものの、前回のU-20(村松・鎌田選手の世代)はアジア止まりだったことを考えれば、チーム作りのために今から全力を尽くすことはやむをえないと思います。

今年J1の大分が本日14番目の2010年J2リーグ参戦クラブに決定し、千葉と柏もかなり厳しくなりました。まあ大分はアレですが、元古川電工と日立である「サッカー丸の内御三家」のうちふたつが来年J2、もしも残留できたらその代わりも大宮(NTT)というのは2010年の昇格争いは相当厳しい。ヴェルディばかり目立っておりますが柏・千葉・大宮の親会社からの広告料収入もJ1でも多いほうでJ2と比べたら桁違いなので、2006年の柏のような選手の質が違いすぎるクラブが2つも落ちてくることになり、上位に割って入ることが難しくなります。だいたいヴェルディ(当時読売)に厳しく当たっていた川淵チェアマンの出身クラブの名称は元々「Jr East Furukawa UNITED」と堂々の企業名(ヴェルディもヤングフットボールクラブで「YFC川崎」とかしてからジェフの悪態をついたら面白かったんですけどね・・・)でしたし、最大で13,000人くらいしか入らないJ1規格でない日立台(臨場感があって当たり前)でほとんど試合をしている柏だけ今も黙認して、草津や栃木などのスタジアムには改修を強制したりなど、どうして千葉の2クラブだけひいきがあるのかと思っておりました。千葉のクラブには政治経済的に負けそうなのでわずか3枠を争うのには相手が悪いと思ってしまうのですよね。だから湘南には今年がんばっていただきたいと思います

|

« J2 2009 第46節 湘南vs鳥栖 戦 | トップページ | 引き立て役は、ごめんね、ごめんねー。 »

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

風雲児たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/31924045

この記事へのトラックバック一覧です: 10月25日は参議院神奈川県選出議員補欠選挙です:

« J2 2009 第46節 湘南vs鳥栖 戦 | トップページ | 引き立て役は、ごめんね、ごめんねー。 »