« 9月23日(水・祝)は19:00からホームの愛媛FC戦です | トップページ | 前泊される方は今日は小樽で寿司をおごったあと北一硝子で買い物をさせて、札幌に帰ってJRタワーの夜景でも見させれば札幌初心者の女子ならそこそこ満足してもらえますよ。 »

J2 2009 第41節 湘南vs愛媛 戦

お彼岸の中日でもある秋分の日は、ナイトゲームで愛媛戦が平塚競技場でありました。なんか最近ミズノのロゴをやたら見ているなあと思っていたのですが、福岡、栃木、岐阜、ひとつおいてセレッソ、愛媛と、横浜FC戦以外は1ヶ月間ミズノのクラブとばかり対戦していたのですね。もう2週間後の徳島戦しかミズノのクラブが残っていません。

昨年に続きピカチュウがやってきて先日の長良川にも駆けつけていた「頭と手が大きすぎて腕が短すぎでないかい?」な、人KENまもる君と人KENあゆみちゃんも来ていました。

そして昼間馬入で控え組と練習試合をしていたFC刈谷に所属しているOBの浮氣哲郎監督とアマラオ選手兼コーチも駆けつけて試合前に挨拶をしました(FC刈谷の選手とともに試合も観戦)。景気の影響か今年はJ1名古屋・マリノス・浦和、JFLホンダ・ホンダロック・刈谷・三菱水島と、広島以外の自動車会社と関係の深いクラブが苦戦をしておりますが、刈谷は既に天皇杯は柿本選手の得点で松本山雅FCに負けてしまいましたがぜひとも残留いただきたいものです。そのためにも北九州と鳥取には昇格していただいて降格クラブを減らしていただきたいものです。OBの外池大亮さんも競っている相手が甲府ということもあって難しい立場でありながら先日ベルマーレに対する激励の記事をブログに書いておりますし(北島義生さんについても書いておりますけど)、ぜひOBの期待にも応えていただきたいものです

あちらの広報さんもブログに記事を出しましたが、サンクトガーレンのベルマーレビールが表彰を受けました(しばらくキャンペーンもあるようです)。ビジネスをするにおいて「成功事例」があればセールストークの切り札に出来ます。「ベルマーレと組んで何らかの成果を挙げた」として使っていいということでしょうから、今後のベルマーレの別の法人営業先への商談に弾みがつきます柑橘を出すために苦味を抑えているのが特徴でしょうから、そういうビールをご希望の方にはオススメです。

愛媛は前の試合からバルバリッチ監督が就任したばかりということで、既に来季のJ2参戦が決まっているにもかかわらず降・昇格がかかっているかのような必死の人事です。やはり今季から16位がかかっているからなのでしょうか?。

いよはまだ、16位じゃないから~」なんて三十路になったオイラでもギリギリリアルタイムで「8時だョ!全員集合」で聴いたような気がする曲(オイラがものごころつく前にたのきんトリオや松田聖子さんは既にデビューしていた)ですから、パッと理解できる人はかなりのオジサマだと思う(当時の親衛隊の方々が若手選手の親と同世代くらいでしょう)のですが・・・。ちなみに2年位前に都内で松本伊代さんご本人をお見かけしたことがありますが、背が低い上にビックリするほど細いので台風のときに外に出たら飛ばされちゃうなあと思いました。あっ、添付した動画に厚木市出身の榊原郁恵さんも映っていますね。

なんと平成生まれの村松大輔選手が高卒2年目で入籍しました(おめでとうございます)が、連休中に同じくらいの大学生と話をする機会があり、オイラの話題が通じなくて笑っちゃいました。個人差はあると思いますが彼らに「光GENJI」「続編を含むアムロとシャアが出るガンダム」「聖闘士星矢」「スーパーファミコン」「仮面ノリダー」「宮沢りえさんのサンタフェ」といったあたりは当時5歳未満だったので通じません。「キン肉マン」と「北斗の拳」は彼らにとってパチンコのキャラクターです。Jリーグは彼らがものごころつく前から存在していたようです(そりゃ、もし野原しんのすけが連載に合わせて年をとれば彼らより年上の北京世代で反町監督だったわけですし・・・)。オイラも引用する場合は違う世代にも分かるように書かないとなあと思いました。なお男女ともビールを好まずなんとかハイなどジュースのようなお酒を好むひとが多いような気がします。そんでもってその子はPVのまんまな肉食な歌詞であるアヴリル・ラヴィーンさんの「Girlfriend」なんて歌詞の意味分かってんのかいな?という曲を聴いていたので、おじさんは心配です。

だいぶ脱線しましたが試合について。湘南はアジエル・田村雄三選手といった攻守の飛車角が抜け、復帰したとはいえ田原選手もベンチスタートという状態でこの試合をしなければならないというひどい駒不足で試合をしなければなりませんでした。そんななか菊池大介選手が今季初出場をスタメンで飾り、アジエル選手のポジションに入ります。入籍を発表した手前キャプテンマークを付けることになった村松選手にとってはインチキでもへなちょこでもとにかく勝ちたいところだったでしょう。

前半に寺川選手がミドルシュートを放ち、これが愛媛のGKなどディフェンス勢の死角に入っていたようで、なすすべなくゴールネットに到達して湘南が先制しました。このゴールがJ2通算556ゴールだったそうです。オイラはハズレました。

愛媛はバルバリッチ監督の戦術がまだ浸透していないのか、とりあえず4-3-3の位置でサッカーをしていただけのような感じでした。ただ選手も負けたくないという思いが強かったのか、徐々に気迫でボールに向かっていくことでゲームの主導権を湘南から奪います野澤選手と1対1になったり、ゴールをしたもののオフサイドだったりと、終わってみれば3点ぐらい獲れていたような攻撃を行っていましたが、結局ミスで点を獲ることが出来ませんでした。時間が進むごとにラフプレーが増えたのが気になりました(1人退場)が、戦術が固まれば愛媛が湘南に勝てたと思います。試合後に愛媛の選手はおそらく今季の平塚では初であろうスタンド前ではなく芝の上でサポーターに礼をしていたので、選手はサポーターに合わせる顔がないんだろうなあと痛々しかったです。でも愛媛の調子は上向いているように見えましたけどね。

湘南 1-0 愛媛

なんとか勝てましたが、J1経験のあるジャーン・野澤選手あたりなら分かっていると思われますが、寄せが早いJ1のクラブが相手だったら確実に3点差以上で負けたでしょう。アジエル・田村雄三選手がいなかったからとはいえ心配な内容でした。菊池選手は無難だったと思いますが、人を代えても攻撃には同じ欠点があるように見えますので戦術面が研究されているのでしょう。反町監督にはがんばっていただきたいものです。途中出場した田原選手はもうちょっと相手にとって脅威だったと思いますので、まだ本調子ではないのかもしれません。リンコン選手ヘディング争いに弱かったよなあと思っていたらそういうときだけ阿部吉朗選手がセンターフォワードをしておりましたので、ますますプレーエリアが広がって大変なことになっているように感じました。

天皇杯用ユニフォーム通常のホームユニフォームの青の部分を以前使用した縦じまにしたものでした。全部縦じまにしたほうがよかったかも。ちょっと中途半端かもしれません。

順位表と次の相手ですが、
1位 大阪 84 +36 (H)栃木
2位 仙台 80 +33 (H)熊本
3位 湘南 78 +26 (A)札幌
4位 甲府 76 +25 (A)岐阜
5位 鳥栖 70 +17 (H)東京
6位 水戸 67 +6.  (A)草津
1位から4位までちょっと差がつきました。鳥栖と絶不調の水戸は脱落寸前のところまで追い詰められた感じがします。また福岡も6番目の2010年J2参戦が決定しました。次の札幌戦も少なくとも田村選手は出られませんので、愛媛より順位が上ですし、アウェイですので愛媛戦以上の苦戦が予想されます。あまり日がないですが立て直していただきたいところです。

|

« 9月23日(水・祝)は19:00からホームの愛媛FC戦です | トップページ | 前泊される方は今日は小樽で寿司をおごったあと北一硝子で買い物をさせて、札幌に帰ってJRタワーの夜景でも見させれば札幌初心者の女子ならそこそこ満足してもらえますよ。 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/31472068

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2009 第41節 湘南vs愛媛 戦 :

« 9月23日(水・祝)は19:00からホームの愛媛FC戦です | トップページ | 前泊される方は今日は小樽で寿司をおごったあと北一硝子で買い物をさせて、札幌に帰ってJRタワーの夜景でも見させれば札幌初心者の女子ならそこそこ満足してもらえますよ。 »