« 負けたそうで・・・ | トップページ | 小林竜樹選手 ザスパ草津へ期限付き移籍 »

kohori-noan 埜庵

週末は県外の方にちょっとした接待をしなければならなかったのですが、「ベタな夏」を希望されてしまいましたので、鵠沼の有名店「kohori-noan 埜庵」(こおりのあん のあん)に行きました。ここまで行くのであればあとちょっと先でやっていた「あっち人が北京に行った白鳥勝浩選手で、そっちの人が有名な浅尾美和選手(コーチはベルマーレの渡辺聡さん)だよ」とか説明するためにビーチバレージャパンにまで行っても良かったなあと思いましたが、残念ながら都合がつきませんでした。

「kohori-noan 埜庵」 ホームページ

今年80周年を迎えた小田急江ノ島線の鵠沼海岸駅を降りて徒歩1分ちょっとのところにあります。同じ駅のモロボシダンの喫茶店と違って駅のそばの繁華街にあります。駐車・駐輪場はないので江ノ島線以外で来た場合は近くの駐車場に停めてください。

ドラゴンボールのカメハウスを黄色っぽくしたような一戸建て住宅を改装した、かき氷を中心とした喫茶店です。秩父・日光の天然氷にこだわりのシロップをかけたものを提供します。オイラもいくつかかき氷のお店を知っているのですが、やはりここの氷もなめらかでした。シロップはお祭りの露天に出るようなかき氷と違って甘さを抑えております(練乳を頼んで甘くすることも可)。季節ごとにオリジナルなシロップが投入され、今月は「すいか」だったのでオイラはそれを頼みました。ちゃんとスイカ味で、あっさりめでなかなかイケました。立地もよく、天然氷の調達に費用がかかるのか、全体的に価格は高めですね。

ただし鵠沼の繁忙期である8月ということで、土日の日中は30~60分待つ(店主と世間話タイム?)ことは覚悟してください。ホントは穴場とか紹介しなければなあとは思ったのですが、「ベタな夏」に対応して地理・日程にあうやつが思い浮かびませんでした・・・。このお店は1年中かき氷をやっているお店ですので、本当のオススメは夏ではなく収穫の季節の秋なのではないかなあと思っております。かき氷好きでしたら夏以外もぜひどうぞ。グループにも、デートにも、家族連れにもいいんじゃないでしょうか?。

しっかし本当にこの時期の鎌倉から茅ヶ崎にかけての海岸は、地元民とそれ以外の人が簡単に見分けられるなあ・・・。

★★

|

« 負けたそうで・・・ | トップページ | 小林竜樹選手 ザスパ草津へ期限付き移籍 »

旧相模国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: kohori-noan 埜庵:

« 負けたそうで・・・ | トップページ | 小林竜樹選手 ザスパ草津へ期限付き移籍 »