« 平日仕事帰り | トップページ | 富山観光(前編:富山市で食事編) »

J2 2009 第31節 富山vs湘南 戦

日曜朝に富山入りし、夜に富山戦を現地観戦し、名目上のメインの観光を月曜に行ってその日の夜に帰ってきました。このため記事化が火曜にずれ込んで今更感が出てしまいましたが、書いておきます。

16時過ぎにJR富山駅に到着しましたが、16時前くらいからシャレにならないくらい本格的に雨が降ってしまいました

富山県総合運動公園行きのバスは、夏休みになって初のホームゲームとなるこの日からカターレ富山の提供で無料になったとのことでした。20分ちょっとで富山県総合運動公園に到着しますので、中心部からの距離は栃木グリーンスタジアムや小瀬スポーツ公園くらいといったところでしょうか?。バスで会場入りすると富山地方鉄道バス協賛のカターレ富山の選手ブロマイド(トレーディングカードサイズ)2枚組がもらえます。ちなみにオイラはちょうどよくベルマーレユース出身の上園選手(厚木市出身の茂庭照幸選手と同期)と永冨選手でした。プレゼントは以前から行われていたようですが、さらに運賃無料化までとなるとかなり大盤振る舞いのような気がします。

この時点でもかなり雨が降っており、カードフェスタやライカくんふわふわ、キックターゲットなどかなり力を入れていた集客イベントも有効活用出来ておりませんでした。100km以上先から来るアウェイサポーターはただの物好きですので別にいいのですが、カターレ富山関係者にはこの雨はちょっと気の毒でした。この日に限れば観客2,835人もしょうがないのではないかと思います。立山も雲で見えませんでした。

でもこの日はめずらしくメインスタンド(S自由席)での観戦でした。富山県総合運動公園陸上競技場にはメインスタンドに屋根があって、メインスタンドは前方の席以外は雨の心配が全くありません。ちなみにサイド・バックスタンドは屋根なしで前方が芝生席で後方がベンチシートでした。スタンドは角度もあるので陸上競技場のわりには見やすいです。電光掲示板もあります。新潟からOBの応援に駆けつけたかたもいらっしゃったようです。

キックオフ前の両軍の練習の頃に雨は小降りになりましたが、結局降ったりやんだりしておりました。

で、試合のほうなのですが、

富山 1-0 湘南

フリーキック1本で富山に敗れたわけですが、この失点については姜鉉守選手が巧かったので防ぐのは難しかったでしょう。これを3試合に1回くらい決められていたら、姜鉉守選手は年末には欧州か中東からオファーが来ると思います。

問題は湘南が0点だったほうです。徳島戦から全く改善なく同じように敗れてしまいました。この日の湘南は「田原選手に放り込む」くらいしか攻め手がありません。田原選手もそう毎試合点を獲れるわけではないですし、なによりこの日も田原選手が下がらざるを得ないよう、富山もディフェンスラインを上げていたので、やりようがありません。第1クールでは田原選手が落とした球をFW両翼や坂本・寺川選手が拾ってシュートしたり、田原選手と見せかけて飛び出したFW両翼がシュートしたりという戦術で得点をしておりましたが、この日の中村祐也・アジエル・坂本・寺川選手は情けないほど走れておりませんでした。このためこの戦術が機能しません

富山が巧みに進路をカットしているのかもしれませんが、オイラの素人目から見れば、相手がどうこうではなくFW両翼や坂本・寺川選手の運動量が大幅に落ちているために見えました。引いていたわけでもありませんでしたので・・・。特に顕著なのが寺川選手で、前半と後半のアタマ15分くらいは存在感があるのですが、前半途中から消えてしまい(田村選手の背景にいるという感じになる)、後半は代えられます。5月下旬もこの兆候がありましたが、そのときはどこかで「研究されて位置の修正が必要だった」ということで、今回もそうならいいのですが、・・・、うーん、そうなのでしょうか?。中村選手も飛び出して少ないタッチでシュートをするという動きでなく、ボールを持ってしまいます。後半アタマから代えられてしまったことからして、それは求められていないプレーなのでしょう。だから最近スタメン落ちをしていたのでしょうか?。彼らの代わりの選手がいれば問題ないのですが、人選や交代の仕方から見れば反町監督は「いない」と見ているように見えます

運動量の問題なので相手がどこだとかは関係なく、このまま何もせず田原選手孤立状態が続けば、水戸戦も鳥栖戦も全く点が獲れないという同じことの繰り返しになると思います。かなり深刻な問題だと思います。もう走れないのであれば大幅に戦術を変えるしかありません。もう4試合も消費して昇格圏から落ちてしまいました。この日の結果を富山のなれないスタジアムや荒天のせいにしてはいけません(失点にはつながりませんでしたが野澤選手のファンブルは雨のせいでしょう)。この日は湘南が弱いから負けたのであって、運が悪く負けたのではありません

もう明日には水戸戦です。客には平塚競技場に行くことしか出来ません。なすすべなく負けるということだけはないようお願いしたいものです

最後に前湘南ベルマーレ監督の菅野将晃さんの息子さんである菅野将太選手。名実ともに親子JリーガーとなったJリーグ初出場おめでとうございます。勝ち試合に出られてよかったですね。

かなり満足度の高かった富山観光については、水戸戦の前後のどこかでまとめます。

|

« 平日仕事帰り | トップページ | 富山観光(前編:富山市で食事編) »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/30830677

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2009 第31節 富山vs湘南 戦:

« 平日仕事帰り | トップページ | 富山観光(前編:富山市で食事編) »