« たまに外人と話すと、分からない言葉があります。 | トップページ | J2 2009 第25節 エスポラーダ北海道 人間国宝保存事業部vs湘南 戦 »

JFL後期第1節 町田ゼルビアvs佐川印刷 戦

7月5日(土)はFC町田ゼルビアの視察に行きました。

町田のホームスタジアムは野津田にある町田市立陸上競技場なので、朝からひとりでチャリ通しました。国道129号経由で行ったのが大失敗で、アップダウンが多くて疲れました。上溝・下溝・麻溝台って本当に溝みたいなところなんですね。加えて淵野辺のあたりで道を間違えたために野津田で迷子になってしまいました。携帯GPSでも周囲に目印になる施設がなくてよくわからず、日大三高や町田ぼたん園のあたりをウロウロしてここでも体力を消費してしまいました。

ギリギリの時間に到着した野津田公園。法政大学多摩キャンパスなどと同様に、この周辺の自治体お得意の環境保護団体が怒りそうな山を切り崩して造った公園です。町田は厚木では考えられないくらい駅や国道からだいぶ離れた山間にも結構な住宅街が造成されていて、こういうところは「東京都ブランド」なんだなあという感じがします。

そして町田市立陸上競技場に入りましたが、以前指摘しましたが、多少の違いはあるものの、やはり造りは厚木荻野運動公園陸上競技場似ています。メインスタンドがベンチシートで、バック・サイドスタンドが芝生で、5,000人くらいは入ります。厚木にある照明灯がなく、その代わり単色電光掲示板があります。芝生席の後ろはタダ見ができる状態で、ホーム側には幕が貼られておりますが、165cm以上の人でしたら背伸びせずに見られる状態でした。アウェイ側は土手なので立ち入り禁止なのですが、子供が何人か入り込んで見てましたね・・・。このスタジアムでのJリーグの試合を開催する許可は出ないでしょう。ていうか、85分過ぎたあたりで突然お客さんが増えたのって、ひょっとしてタダ見の人達を入場させました?。チケット買うんじゃなかった・・・。

メインスタンド前にはたくさんの屋台が出ていて驚きました。いやいや笠松よりも少ない集客でこれだけの数の屋台を呼べるっていうのはすごいと思います。

この日は猪狩選手が昨年期限付き移籍をしていた佐川印刷戦でした。

町田ゼルビア 1-0 佐川印刷

内容についてはJ2と比較しても意味がないのでジェフリザーブズvs鳥取戦と比較すると、まあ市原の試合と比べるといかにも下位同士の試合というグダグダな内容でした。基本的にロングボール合戦で、ホームの町田が圧倒的に圧していました。しかしフィニッシュが悪いため1点しか獲れませんでした。勝又選手というストライカーがいないそうですが、ストライカーといっても関東リーグでのストライカーですし、彼1人さえいれば何とかなるとはとても思えません。JFLは仕事をしながらの選手達というのを考慮しなければなりませんのでサッカーとは関係ない要因も勝敗に影響を与えますが、まあ降格しないように戦うのが精一杯でしょうね。

町田市民41万人を前面に出す横断幕やポスターがありましたが、知っている人から見ればこれはネガティブキャンペーンでしかありません。41万人より少ないJホームタウンは準会員を含めて鹿島と磐田しかありません。鹿島と磐田はともに企業クラブで、さらに鹿島は茨城県からスタジアムなどで大きな支援を得ていて、磐田は浜松市も商圏としています。町田の周りにはヴェルディ・FC東京・川崎・マリノス・横浜FC・湘南とJクラブに囲まれて既に商圏を奪われており、町田より大きく経済的にもつながりのある相模原市には既にJリーグ入りを希望している2クラブと立派な陸上競技場があります。Fリーグのペスカドーラ町田もあります。おそらく町田のサッカー愛好家は既に他クラブのサッカーに触れているはずですので、ゼルビアについて大幅に割り引いて見てあげなければならないことはわかっていると思われますが、それでもその結果がJリーグ準会員としては異常に少ない1,000人台という集客です。ヤバイと思います。今問題になっているFC岐阜でさえ3,000人の条件はクリアしていました。たった1,000人くらいの集客では説得力がなさすぎで今のプロ興行が出来ないスタジアムを改築はしないと思います。よってこのままでは昇格は無理なのでは?と思います。小田急か玉川大学が巨額の投資をすれば別ですが・・・。

見切り発車の代名詞のようになってしまったFC岐阜をも上回る見切り発車っぷりを見せつけられたこの試合には、喜ばしき昇格元年にもかかわらず、そこはかとなく不安を覚えました

そんな中、元ベルマーレの酒井良選手は奮闘している模様です。この試合でMFとしてはまあ普通かなあというくらいしか目立ちませんでしたが、ブログでPRしたり、応援が欲しいところで客席にアピールしたりしていました。サッカースクールコーチもしているようです。外池大亮さんが甲府で尊敬されおりますが、甲府ではクラブ内外でのリーダーシップをとっていたらしいので、そのような役回りを年長者である酒井選手は引き受けていると思われます。そういうクラブですので、「急ぎすぎて何も残せなかった」ということがないよう、生き残れるクラブになっていただければと思います。

今月にはガイナーレ鳥取戦がここで行われ、集客作戦をとるらしいです。最近勝てない鳥取は市原での試合ではかなり無茶をしたシステムで戦っていたので、それを研究されて勝てなくなったのでしょうか?。観ていないのでわかりません。鳥取はベルマーレ関係者が多いので野津田の試合に観戦に行かれるかたもいらっしゃる(同日に平塚での福岡戦もあるのですが)と思いますが、オイラは道に迷ったことでここに行く自信をなくしてしまいましたので、今後はここにはチャリでは行きません。駐車場はかなり少ないのでバスを薦められるのですが、神奈川中央交通バス野津田車庫で乗換えというのがなあ・・・

|

« たまに外人と話すと、分からない言葉があります。 | トップページ | J2 2009 第25節 エスポラーダ北海道 人間国宝保存事業部vs湘南 戦 »

その他」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第1節 町田ゼルビアvs佐川印刷 戦:

« たまに外人と話すと、分からない言葉があります。 | トップページ | J2 2009 第25節 エスポラーダ北海道 人間国宝保存事業部vs湘南 戦 »