« JFL後期第1節 町田ゼルビアvs佐川印刷 戦 | トップページ | 半分なので順位表 »

J2 2009 第25節 エスポラーダ北海道 人間国宝保存事業部vs湘南 戦

横浜FC 0-2 湘南

この日は相手が弱いから勝てただけ(湘南の勝敗を入れ替えると横浜FCの勝敗になりますし・・・)で、湘南はあまり良くなかったです。プロクラブが社会人チームに勝ったくらいのうれしさしかありません。よってベルマーレ関係者が勘違いしないようタイトルでは相手の呼び方は変えて書きました。

前日は野津田でこの日は三ツ沢ということで足がつりそうでした。というか帰宅したらつりました。運動不足ですね。

ニッパ球の柵には各年の横浜FCの選手集合写真の幕が貼られております。これは素晴らしい試みと思います。野球の巨人と阪神の決定的な差が「OBを大事にしているかどうか」で、結局これがコーチやスカウト、解説者というようなスタッフの差になって跳ね返ってしまっております。OBは出来るだけ大事にしなければなりません。

ニッパ球では湘南側ゴール裏サポーターが横浜FC側ゴール裏サポーターのトリプルスコアぐらいの集客でした。といっても七夕祭りに人を獲られている湘南サポーターが多いというより横浜FC側サポーターがスカスカで少なすぎで、あちらは200人くらいしかいないのではないでしょうか?。この素晴らしいスタジアムに全体でも4,410人しか入っていません。まああちらは不義理サポーターですからね・・・。

その横浜FCのゴール裏なのですが、黒いTシャツの人たちが「青と白の・・・」とか歌うという言動不一致な状況でした。横浜FCサポーターについてよく知らないのですが、人手不足から川崎フロンターレサポーターが手伝っているのでしょうか?。そうすれば水色と黒とで納得できます。

大昔のレプリカユニフォーム脱いで食べ物を買いに行ったところ、厚木名物モツ串焼きというのが売られておりましたが、オイラ厚木市民ですけど醤油ダレのモツって厚木ではめったに見ないんですけど・・・。厚木は味噌ダレです。

ニッパ球は相変わらず素晴らしいスタジアムです。ハーフタイム中に七夕短冊を持った横浜FC普及コーチの「平塚じゃないんだけどねぇ」という声も丸聞こえでした(この企画に参加したサポーターにとっては「お前が言うなよ」って感じでしょうね)。生のフリ丸は初めて見たなあ。ボランティアの人のネコみたいな絵もまだ残留していました。三浦知良選手はまた白髪が増えましたね・・・。曇りのナイトゲームということで涼しく、最高の観戦環境になりました。最近恒例だった「寺川選手リタイア」がありませんでした。

試合はグダグダな試合なのでしょうが、前日がJFL下位の対戦だったのでオイラにはいつもよりレベルが高く見えました。横浜FCは相変わらずセンターライン6人が紙のような存在で攻守に脅威になっておりません。ディフェンスラインというよりディフェンダー数人という感じで、数的優位に立っていればアジエル選手でも抑えられますが、中央6人の運動量が乏しく組織的ではなかったです。そういうわけで湘南が簡単にゴール前までいけるのですが、シュートが枠の外に外れすぎで、5点ぐらい獲れていた試合でした。次節までに修正いただきたいものです。

得点は前半終了間際のアジエル選手と後半の中村祐也選手でした。中村祐也選手のやつはキャプテン翼級のスーパーボレーシュートですので、ビデオが見られる方はぜひご覧ください。

横浜FCは後半途中から両サイドを加藤大志・三浦知良選手に代え、DF八田選手をFW起用しましたが、人を代えても特に効果はありませんでした。

さあ、そして次は休むまもなく水曜日に甲府戦シーズンの折り返し地点です。7月の日程は好カードの目白押しですね。甲府はアウェイにも関わらず集客作戦を立てているようで、こちらも観客数で負けていられません。七夕ユニフォームでの試合なのですが、未だにこの企画は0勝。よってオイラは縁起悪すぎのため全く買う気ナシです。オイラを後悔させるような試合を期待します(菊池選手は古林選手とともにU-18日本代表で不在ですね・・・)。

|

« JFL後期第1節 町田ゼルビアvs佐川印刷 戦 | トップページ | 半分なので順位表 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

横浜サポが200人で、平塚サポはその3倍ってことはたった600人でしたか。県内なんだし、珍しく首位争いしているのに不義理ですなあ。

投稿: 馬入くん | 2009年7月 6日 (月) 20時39分

馬入くんさん(変な敬称ですみません)、コメントありがとうございます。

すみません、正直自分たちはよく見えていないです。いつも感想文として目測で何名かは書いておこうと思っているのですが、横浜側はよく見えるにしても自分たちは角度が足りなくて微妙なところがあり、いずれにしても「だいたい」です。

横浜FCはサイドスタンドホーム側の1/3(黒いからかもしれませんが間隔空き気味)、湘南はサイドスタンドアウェイ側の2/3びっちりくらいが声出しサポーターで、これがだいたい「トリプルスコア」で、これとは別に「声出さない湘南サポーター」、「バックスタンドで湘南を応援する人」(家族は格安で入場できる企画があった)がおりました。

投稿: チャリ通 | 2009年7月 6日 (月) 22時02分

お前ら雨も降ってねぇのに傘クルクルして楽しいか?それとも傘で有名なプロ野球チームの真似か…

ウルトラ自体が糞だからな。代表と他のチームとチャント一緒で楽しいすか?

プロ野球チームでさえ応援歌被ってないのにな。ウルトラの応援はプロ野球以下だな

投稿: 彦星 | 2009年7月 7日 (火) 19時24分

彦星さん、コメントありがとうございます。

オイラは傘をまわしてはいないのですが、別に好き好きでいいのではないでしょうか?。

プロ野球の応援の仕方自体が早慶戦のパクリの都市対抗野球のパクリですし、サッカーの応援の仕方も欧米のパクリですから、これについてはもはやどこが元祖とか言っても仕方がないのではないでしょうか?。

代表や他のクラブと一緒のチャントというのは、それらのチームに選手を派遣したり、対戦したから一緒になってしまったというところもあります。ベッチーニョ選手のチャントがベガルタ仙台の伝統チャントになっていますが、個人的には別に気になりません。彦星さんが気になるようでしたらオイラにコメントする前にベガルタ仙台サポーターに何か言ってきてください。

一緒じゃないことってそんなに重要なのでしょうか?。すごいことなのでしょうか?。話がすり替わっているような感じがして、そこが論点になる理由がよくわかりません。印税が獲れるのなら大事ですが・・・。ようは応援していることが伝われば何でもよく、意図が伝わればたとえ3・3・7拍子とかであってもいいのではないかと思います。

投稿: チャリ通 | 2009年7月 9日 (木) 18時05分

お前ウルトラだろ?

投稿: 彦星 | 2009年7月11日 (土) 21時11分

彦星さん、コメントありがとうございます。

あんまりまじめに応援していません。

今回のコメントですと、いったい何をおっしゃられたいのか、よくわかりません。

投稿: チャリ通 | 2009年7月12日 (日) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/30424163

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2009 第25節 エスポラーダ北海道 人間国宝保存事業部vs湘南 戦:

» 7/5 初のアウェイ生観戦~キングベル2-0キングカズ【画像・動画の追加&追記あり】 [阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ]
とは言っても、少なくともゴール裏はベルマーレサポーターの方が多いような気がするんですがw それに、キングベルまで来とるし。 それと、サッカー専用の競技場だけあって、陸上トラックがない分、スタンドからフィールドが近いですね。しかも、メインスタンド側のゴールラ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 22時03分

« JFL後期第1節 町田ゼルビアvs佐川印刷 戦 | トップページ | 半分なので順位表 »