« イ・スンヨプデー(セ・パ交流戦 ジャイアンツvsバファローズ 戦) | トップページ | SANNOスペシャルデー2009は日曜日の札幌戦 »

Jリーグ公認zeroコラボTシャツが当選したらしい

Jリーグ自体のスポンサーであるコカコーラもよくキャンペーンを行っておりますが、今春は「Jリーグ公認zeroコラボTシャツ」というのを行っております。Jリーグ各36クラブのTシャツが景品になっておりました。このため10日ほどかけてペットボトルコーラを3本買い、携帯電話から応募したところすぐに抽選結果が出て、ベルマーレモデルを1通目で当てることが出来ました。実際の発送は4週間後とのことなので本当に手元に来るのかわかりませんが、お待ちしております。

各クラブのユニフォームサプライヤー名義で、J1は2,000着・J2は1,000着づつ用意されているそうです。オイラは普段から文字のTシャツはあまり好きではない(「ジャージ」を韓国で、「千葉」を台湾で、「Kinki University」や「Kinki Kids」を英語圏で言うとすべて性的にアウトといったように、言葉は相手にどうとられるかわからないため)ので、このベルマーレモデルは悪くないと思います。オイラも昔Tシャツを作成しなければならないことがありましたが、内容にもよりますが単色で綿のTシャツに3色程度のプリントの場合は、薄手のもので1着あたり350円くらい、ヘビーウェイトで1着あたり500円くらいあれば業者が製作してくれた(枚数が多ければその分さらに単価は安く出来る)ので、企業側としても手ごろなノベルティグッズですね。そういう内情を知っていると若い子向けの1着5千円以上(ユニクロのUT 3着分くらい)のTシャツとか一体どこがすごい(あるいはどんだけプレミアがついている)のかなあと思いますが・・・。

なぜかナイキだけ参加しておらず、アシックスのみすべてのクラブがチームカラーではなく白ベース、複数クラブに提供しているところのうちカッパ・アンブロ・ミズノはパターンが用意できずに同じデザインのクラブが存在し、山形・栃木・鳥栖が漢字を使用で、一番不人気の水戸が一番かっこいい、と足並みの違いが如実に現れているのが面白いですね。仙台も水戸も同じ1,000着では競争率がだいぶ違うでしょう。

なお「湘南ベルマーレのドリンクサプライヤーはキリンビバレッジでございます」とフォローしておきます。

|

« イ・スンヨプデー(セ・パ交流戦 ジャイアンツvsバファローズ 戦) | トップページ | SANNOスペシャルデー2009は日曜日の札幌戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/29800964

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ公認zeroコラボTシャツが当選したらしい:

« イ・スンヨプデー(セ・パ交流戦 ジャイアンツvsバファローズ 戦) | トップページ | SANNOスペシャルデー2009は日曜日の札幌戦 »