« イースタンリーグ シーレックスvsマリーンズ 戦 | トップページ | 湘南のみどころ、草津のみどころ。 »

プレナスなでしこリーグ2009 日テレ・ベレーザvs浦和レッドダイヤモンズレディース 戦

この日はゴールデンウィーク最終日で母の日。オイラも定番すぎですが雅藤のカーネーションケーキ持参で実家に行ってきました。

さて、この日のベルマーレは馬入でサテライトのジェフ千葉戦があるのですが、サテライトの観戦は別に今日じゃなくてもいいでしょう。町田戦視察も今日でなくて良いです。今日はなでしこリーグディビジョン1のベレーザを観にいきました。

今までさんざんネタ元として厚木市出身の永里優季選手(元ベルマーレの永里源気選手の妹)のブログ勝手に利用しているのに、試合に行かないっていうのは失礼だと思っておりました。とはいえチャリ通出来るところでないと行く気も起きませんでしたので、平塚競技場での試合を昨年から待っておりました。昨年は都合がつかずに行けず、今年も数日前のニッパ球での菅野監督率いるマリーゼ戦も所用があって行けませんでした。ようやく都合がついた試合ですので、ベルマーレのサテライトより優先してこちらに行きました。

日テレ・ベレーザは東京ヴェルディの傘下のチームですが、毎年年に1~2試合を平塚で開催しております。女子の試合を観るのは数年前の平塚競技場でのやはり日テレ・ベレーザvs湯郷ベル戦以来2度目ですが、女子サッカーはがっかりするほどトップの数チームとそれ以外のチームの差が激しいため、同一リーグの試合なのに緊張感のないベレーザのほうが大勝してしまうという試合でした・・・。これは全体の強化上まずいでしょう・・・。

とりあえず朝食べていなかったので、昼食をかねて途中で平塚市内国道129号の平塚→相模原車線にある某24時間ラーメン店に入ってみましたが・・・、久々にひどいお店でした(当ブログは一定水準以上のお店のみ掲載することになっておりますので、店名はご容赦ください)。店名的にもメニュー的にも横浜家系ラーメンなのかと思わせますが、模倣に失敗した別物といった感じでした。えっ、この店は大規模なチェーン店なんですか?。うーん、間違った横浜家系ラーメンを北海道や北関東に広めているような感じですなあ(横浜に進出していないのもポイント)。同じく平塚市内国道129号の平塚→相模原車線にある宇都宮を名乗るラーメンチェーンが平塚でやっているようなことと変わりません・・・。女子の試合を観にいくのに女子ウケしないラーメンという食材をチョイスしたのが間違いでしたね。

この日のベレーザの相手は浦和レッドダイヤモンズレディース。優勝争いの常連同士の対戦のため、今回はレベルの高い戦いが観られそうです。しかしまるで平塚競技場を乗っ取られてヴェルディvsレッズをやっているみたいで、変な感じです。

メインのみの開放で入場してみるとメニーナの小中学生選手がガイドブックの販売や抽選券の配布を行っております。ベレーザグッズも文房具のみですが販売しておりました。サイン会の整理券はまだあるとのことでしたのでもらっておきました。スタンドに入ると目分量で、

午前中の女子サッカースクールに参加していた子とその父兄:250人くらい
ヴェルディサポーター兼任っぽいベレーザサポーター:200人くらい
レッズサポーター兼任っぽいレッズレディースサポーター:150人くらい
オイラのようなとりあえず来てみた人や選手の知人らしき人:200人くらい
スタッフ・記者など:50人くらい

といったところで、おそらく850人くらいの人が観戦しておりました。ちなみにこの日ヴェルディの試合はありませんがレッズの試合はホームで開催されておりました。サッカースクールに出た女子にはベレーザユニフォーム風のニチレイTシャツが参加賞で付きそれを着ておりますので実質ベレーザサポーターです。どうやら多くは現役ベレーザ選手が小学校時代に所属したチームの子のようで、オイラより詳しそうです。

試合前にベレーザの小林弥生選手がリーグ通算150試合出場ということで花束贈呈を受けておりました。プレゼンターのお母様が登場しましたが、花束を渡す写真を撮影したあと弥生選手が花束を受け取らずにそのままお母様が持ち帰るという「一体誰が表彰されているのかわからないほのぼのしたセレモニー」でしたが、今日は母の日ですからOKでしょう。

注目の永里姉妹は永里優季選手はFWで永里亜紗乃選手は右MFで先発フル出場しました。ベレーザもレッズも4-4-2でサイド攻撃をするプレースタイルでした。女子なので男子と比べると背が低く足が遅いですが、それ以外は男子に近いレベルだと思います。足のせいか過密日程のせいか長めのパスが多かったでしょうか?。

サポーターによるとベレーザは今季不振だとのこと。女子サッカーはテレビ放映権、そして一部を除いて入場料収入もなく、そのくせ遠方だとアウェイ1試合に100万円単位のオカネがとびそうな全国リーグということで、相当スポンサー頼みだと思います(1部リーグが関東から関西に集中して助かっていると思われます)。しかしベレーザの親会社の日本テレビはヴェルディにレッドカードを突きつけている状態なので、そのあおりは確実にベレーザにもいっていると思われ、そのせいか選手が若返って数もとても少ないです。アメリカに挑戦している人にも席を残しているのか沢選手の10番などが空いています。そういったことが不振の原因なのかもしれません。

そんな中で始まった試合で抜きん出て目立つのはベレーザの大野忍選手(座間市出身)でした。154cmで小さい選手なのですが、足は速いは、DFの裏をとるのはうまいは、ボールの受け方がうまいは、ドリブルも出来るは、パスも出せるはと、まるで「ヴェルディvsレッズの中にマンチェスターユナイテッドのルーニー選手が混じっている」ようなくらいズバ抜けておりました。両チームともうまい選手ばかりのはずなのに「大野選手がどう攻めるか」そして「相手は大野選手をどう抑えるか」という見方になってしまいます

試合は開始5分でその大野選手がゴールを挙げますが、10分ごろにレッズのフリーキックに対するベレーザの選手(おそらく永里亜紗乃選手)のヘディングが後ろにそれてしまい「やってもうた」なオウンゴールで同点になります。

膠着状態のまま後半になりますが、大野→永里優季→近賀選手という流れるようなパスとシュートでベレーザが勝ち越し、終了間際に大野選手がまた決めてホームのベレーザが勝ちました。

日テレ・ベレーザ 3-1 浦和レッドダイヤモンズレディース

この日は緊張感のあるいい試合でした。決まらなかったけど後半の永里優季選手のフリーキックからのシュートは兄貴より巧かったと思います。試合後永里姉妹(?)がベレーザサポーターに向かって何か言っておりましたが聞き取れませんでした。

最後に先ほどもらったサイン会の整理券で永里優季・宇津木瑠美選手にサインを書いてもらいました。ありがとうございます。

資料としてなでしこリーグの2009年オフィシャルガイドブックを買い、「あっ、菅野監督だ」とか言いながらパラパラめくってみましたが、特に新潟の口木選手千葉の安田選手って、本人は結構カワイイのでは?って思いました。サッカーの実力は知りませんが・・・。

永里優季選手を取り上げられて、ちょっとほっとしました。永里亜紗乃選手もロンドン目指してがんばってください。お兄さんはベルマーレ戦以外でがんばってください。お父様も・・・、ってここのウチは対象が多すぎです!!

帰りに週刊少年マガジン立ち読みしたら、サッカー漫画で「厚樹北高校」が主人公の高校にあっさり負けてた・・・。

|

« イースタンリーグ シーレックスvsマリーンズ 戦 | トップページ | 湘南のみどころ、草津のみどころ。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

投稿はひさしぶりです。この試合は前半だけ見て、馬入へチャリを飛ばしたのですが、後悔しました。サテライトは後半10分から観戦したのですが湘南は攻撃の形が作れず得点の気配が感じられなかったのです。
たしかにサテライトの観戦はこの日でなくてもよかった…。
しかしあのオウンゴールは見事なバックヘッドでした。誰かは私にはわからなかったのですが「やってもうた」選手はめげずに相手ゴールにあれを決めることを目指すべきかと。セットプレイで素晴らしい武器になると思うのです。

投稿: だいしょうなん | 2009年5月13日 (水) 01時03分

だいしょうなんさん、コメントありがとうございます。

この日のベレーザは合計4点獲っているわけですが、うーん、ベルマーレのサテライトはいまいちでしたか・・・。サテライトはまだ1度も観ていませんが、全く観られないということはないと思いますので、今度観に行って確認してみます。

投稿: チャリ通 | 2009年5月13日 (水) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレナスなでしこリーグ2009 日テレ・ベレーザvs浦和レッドダイヤモンズレディース 戦:

« イースタンリーグ シーレックスvsマリーンズ 戦 | トップページ | 湘南のみどころ、草津のみどころ。 »