« J2 2009 第17節 湘南vs元アローズ北陸+YKK AP 戦 | トップページ | イ・スンヨプデー(セ・パ交流戦 ジャイアンツvsバファローズ 戦) »

2009年 J2 第1クール終了

2009j2c1_2

昨日2009年のJ2第1クールが終わりました。17試合・・・。1999年のJ2だったらあと1試合で半分の18試合(当時は36試合でベルマーレはJ1)ですよ。このあとまだ34試合(1999年の全日程より2つ少ないだけ)もありますので、日程を消化するのも大変です。

どうしても水曜日に試合が増え、これから気温も暖かくなることもあって、今年も疲労困憊の中での試合というのが増えていくでしょうね。レギュラーが1人抜けるくらいだと意外と何とかカバーできるものなのですが、4人くらい抜けてしまうと全然連係がとれなくなってしまう場合がJ2では多いため、どのクラブもターンオーバーというやつがJ2では出来ないんですよね・・・。だからどのクラブもなるべく固定メンバーが出ずっぱりです。湘南も寺川・坂本・臼井・ジャーン・トゥット選手といったあたりがベテランレギュラーになると思われ心配(おおっ、そういえばジャーン選手なのにまだ故障欠場していない!!)ですが、いかに体力を温存するかが大事ですね。だからこのタイミングであんな記事が出たのでしょうか?。

第1クールの湘南は12勝3分2敗の勝ち点39で2位となりました。失点がリーグ最小というところから得失点差が1位でした。出来るだけ高い位置でボールを奪うことが今シーズンのキモと思われますが、この戦い方は田村・寺川・坂本選手の負担と累積警告が増えますので、ぜひ第2クールは彼らのバックアップ(筆頭候補は永田選手?)の活躍があればと思います。

他クラブを見ますと、セレッソ・仙台・甲府は予想通り勝ち点を積み上げていて今年も手ごわそうです。勝ち点差もそれほど離れておりませんので、湘南を加えた4クラブの並び順がガラッと変わっても全く不思議ではないですね。

第2グループは水戸・札幌・ヴェルディ・愛媛・徳島・富山といったところでしょう。まだ試合数がたくさん残っておりますが、そうはいっても5勝上回れば3位の仙台を抜けるこれらのクラブまでが昇格争いをしているクラブでしょうね。最下位のクラブでも3位のクラブを抜くことは出来なくはないと思いますが、そのためには自分たち以外の上位クラブが3位のクラブを倒さないといけないので、結局相手が変わるだけだと思います。なんといっても水戸の健闘が光りますね。それでもホームゲームの集客が2,000人前後というのは現場が本当にかわいそうです。何とかならないでしょうか?。この記事の「8,000万円」とはつまり「1/2タカ○ラ」ですよ。上位の中で唯一欧米人選手がいないのにこの順位なのもすごいです。札幌がだんだん調子を上げてきたので順位以上に注意が必要でしょう。ヴェルディもそれなりの位置を死守しており、まだやれるでしょう。愛媛と徳島は補強が成功して昨年の最下位争いから躍進して来ました。富山はこれからもこの位置を維持できれば本当に大したものだと思いますが、毎年新加入クラブが5月から苦戦しますので、どう戦うかが見所です。

その下については来季以降を見据えた戦い方になるのでしょうか?。草津は新監督による戦い方がまだ完成しておらず、鳥栖は何年にもわたる1トップ頼みのサッカーを抜け出せず、両クラブとも出遅れました。福岡は・・・、まあ横浜FCの都並前監督同様、リトバルスキー前監督が能力不足だったというわけではないことが証明されそうですね。中盤の選手がいなさそうですし・・・。以降は熊本・岐阜・栃木・岡山と、富山以外の2年生・1年生クラブが並びます。正直ここはチーム力相応で順当だと思います。富山・栃木・岡山は「とにかく1年をやりきる」という経験が必要でしょうから、彼らは今シーズン自体もどんな状況であったとしても消化試合ではないと思います。

さらに離されて横浜FCが最下位ですね。昔は市民クラブでしたが早々に経営が厳しくなり、ベルマーレのEFSの手助けをしてもらったことがありますね。すぐあとにLEOC企業クラブになってLEOCマネーの補強と「ドン引き+外人カウンター」で昇格するときに、例の「ありがとう湘南 また会う日まで」の横断幕を横浜FCサポーターが出してベルマーレを拒否しましたので、今更恥ずかしくてベルマーレの所属しているリーグに彼らが観戦するわけにはいかないので集客が減ったのでしょうか?。まあ今更その自業自得な横浜FCサポーターがベルマーレに手助けを求めるのは虫が良すぎますし、横浜Fマリノスはそもそも日産が厳しいところで「最後のダービー」の件がありますし、川崎には「ふくしまの米」の件がありますので、これらからの手助けもどうでしょうね?。ANAとJA全農福島に気を使うので出来ないでしょう。まさかのFリーグ エスポラーダ北海道(北海道が創業の地のLEOCの子会社フィートエンターテイメントが運営。来季は道民入場無料らしいのがいかにもこの会社っぽい。)との合併や「エスポラーダ北海道サッカークラブ」としての移転はなしにしてください。しかしマス広告よりも担当者への接待が基本と思われる法人相手の商売をしているLEOCのサッカー投資額は、よく株主から文句が出ないなあ・・・。

現在Jリーグは36クラブあります。11年前にJ2が出来た当時の全国36番目のクラブは地域リーグのクラブでした(1999年はJ1=16・J2=10・JFL=9チームだった)。最初J2でビリ争いをしているクラブのレベルはすごく低かったですが、アテネオリンピックの頃までには下位クラブもかなりレベルを上げて結構接戦でした。しかしここ数年クラブ数が増えた関係でまた下位と上位の差が出てきたと思います。弱いところに引き分けではなく確実に勝つというのが必要なのは、上位が1クールで10勝以上していることから明らかです。「分析のJ2」、「夏休みがないJ2」です。気を引き締めてまいりましょう。個人的には第2クールは個人的ダービーの札幌と栃木が平塚競技場にやってくるので楽しみです。

第2クールは平日ホームゲームが結構ありますが集客も増えるといいですね。オイラは平日はすべて遅刻になると思われますので、ご容赦ください。第18節は水・日のキリンカップテレビ中継との兼ね合いで木・土という変則開催(木曜組は前節と、土曜組は次節との間隔が気になるところ)ですが、湘南は土曜日の津山での岡山戦(第19節の相手の熊本も土曜組)です。勝ちたいですね。

|

« J2 2009 第17節 湘南vs元アローズ北陸+YKK AP 戦 | トップページ | イ・スンヨプデー(セ・パ交流戦 ジャイアンツvsバファローズ 戦) »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/29772349

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 J2 第1クール終了:

« J2 2009 第17節 湘南vs元アローズ北陸+YKK AP 戦 | トップページ | イ・スンヨプデー(セ・パ交流戦 ジャイアンツvsバファローズ 戦) »