« ラーメン 二郎 相模大野駅前店 | トップページ | J2 2009 第9節 湘南vs岐阜 戦 »

JFL前期第6節 ジェフリザーブズvs鳥取 戦

今年は湘南と関係の深いガイナーレ鳥取と小田急沿線史上初のプロクラブ(Fリーグの境川決戦な両クラブはアマチュア)になりそうな町田ゼルビアについて1試合はとりあえず見ておこうかなあと思いました。7月19日(日)の後期第3節町田vs鳥取(町田)を観戦出来れば1回で済むのですが、同日に平塚で湘南vs福岡があります。ナイトゲーム設備のない町田は昼で平塚は夜なのですが、町田-平塚間はチャリ通にとっては時間的にも相当厳しい間隔ですし、急な予定や天候の関係で断念する可能性も相当高いので、7月19日とは別に1試合を見に行くことにしました。行くなら春先(ひょっとしたら湘南の昇格があるかもしれない秋には行けません)などを検討すると、鳥取戦は本当にこの日しか行けないということで、市原まで行ってきました。

市原緑地運動公園臨海競技場は通算2度目。平塚のクラブもそう思われているので東京からの距離については言えません。距離については言えませんが、交通の便については悲惨なものがあります。夕方に東京に戻る必要があるため電車でしたが、フクアリのある蘇我までは問題ありません。が、蘇我から五井までの電車の本数が少ないですし、五井から市原緑地運動公園までが平塚駅から平塚市総合公園より遠いのでバスに乗る必要がありますし、そのバスが関東では当たり前のはずのPASMOもバス共通カードも使えないですし、着いたところで平塚競技場より小さい陸上競技場ですし、そりゃ千葉市にJ1のジェフを獲られるはなぁと思いました(平塚競技場もボヤっとしていたら同じ運命の可能性もゼロではないと思いますよ、平塚市の皆様)。臨海競技場は増設に増設を重ねていて複雑な構造なのですが、見るたびに間違い探しのようにマイナーチェンジしているように感じます。今回は知らないうちにゴール裏が芝生席になっておりました。キックオフ30分前に着いたら三村ロンドさんがいました。メインスタンドのみ開放で集客は500人以上はいましたでしょうか?。客席を見渡すには死角が多いスタジアムなのでよくわかりません。ジェフリザーブズはジェフユナイテッド千葉市原の3軍に相当するのですが、JFLなので有料の試合になります。さらにこの日は1軍がアウェイFC東京戦を夜に行うのですが、湘南の2軍であるサテライトや練習試合を有料にしたら一体何人の集客があるかを考えたら、そんな条件の中で500人を集めるのはジェフリザーブズはすごいと思います。鳥取の応援には50人以上のサポーターがいたように見えました。

鳥取には元湘南の選手として吉野(キャプテン)・冨山・梅田(長期離脱中)選手、湘南からの期限付き移籍選手として鶴見・林選手が在籍しております。吉野(セントラルMF)・冨山(右サイドバック・右足フリーキッカー)・鶴見(右MF)選手がスタメンで林選手がベンチ入りしていました。他にもほとんどの選手の前所属がJリーグクラブです。林選手の幕や、いかにもベガルタ色のシュナイダー潤之介選手の横断幕などがありました。ジェフリザーブズはジェフの1軍とプロ契約をしてこちらに出向している選手もいるので「ジェフアマチュア」ではありません。結構成績がいいのでJリーグ準会員の鳥取も勝てる保証はありません。

鳥取は4-4-2のサッカーなのですがそれは守備のときだけでした。自軍がボールを持つときは冨山選手が右MFに上がり鶴見選手がトップ下に入ります。さらに吉野選手の隣にいた実信選手が鶴見選手と並び「ダブルトップ下」状態になり、吉野選手だけがDFの前に立ちます。左サイドがサイドバック下がり目の4-4-2をしているのでかなり変則的な戦い方をしております。プレーを見る限り実信・鶴見選手の好きなプレースタイルをチームが認めているような戦い方に見えました。吉野選手は留守番のように低い位置にとどまったままパスを出すプレーをしておりました。なお林選手は途中から左MFで出場し、他の選手交代に伴い左サイドバックに移って試合終了まで出ました(先発の3人はフル出場)。

ジェフは普通の4-4-2なのですが、鳥取がああいう戦い方なので攻撃が途切れると吉野選手の横が一瞬ぽっかり穴になります。必然的にここを狙うようなカウンターになりました。

試合は前半に鳥取の阿部祐大朗選手がドリブルで抜け出して先制ゴールをあげましたが、後半にジェフの山中誠晃選手がカンフー映画のキックのようなアクロバティックなシュートを決めて同点になりました。あわてて鳥取も反撃しましたが同点のまま試合が終了しました。このリーグ内では強いチームにいるわけですから、引き分けではレンタル組はアピールになりませんねぇ・・・。特に鶴見選手は自分向きの戦い方をチームがしているわけですしね。

ジェフリザーブズ 1-1 鳥取

まあJ2と比べるとのんびりとした試合でしたが、昨年栃木の相手としてたまたま観たTDK SCよりはこの日のジェフも鳥取もレベルは高かったと思います。この2チームはそれなりに上位に行くのではないでしょうか?。

|

« ラーメン 二郎 相模大野駅前店 | トップページ | J2 2009 第9節 湘南vs岐阜 戦 »

その他」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第6節 ジェフリザーブズvs鳥取 戦:

« ラーメン 二郎 相模大野駅前店 | トップページ | J2 2009 第9節 湘南vs岐阜 戦 »