« JFL前期第6節 ジェフリザーブズvs鳥取 戦 | トップページ | アウェイ福岡戦・甲府戦 »

J2 2009 第9節 湘南vs岐阜 戦

昨日は「しまった、ひらっちさんに負けてしまうのか」と思いました。

湘南 2-2 岐阜

今季はホーム4連勝、昨季の水戸戦と岐阜戦にも勝っていたのであわせて6連勝中で、間の練習試合フィンランド戦も勝っていたので、トップチームが平塚競技場で勝てなかったのはかなり久しぶりでした。

この日の日直、いやキャプテンは村松選手。岐阜のキャプテンは個人的に注目していた秋田英義選手でした。2人とも昨年はJFLの選手でしたが15歳も年齢差がありますね。

昨季ホーム最終戦のときの岐阜は「人数をかけて守り、数人だけでカウンターをする」というチームでしたが、今季は第3節の岡山のような「全員攻撃・全員守備スタイル」の労力を惜しまない走るチームに変貌しておりました。これに対して湘南はどこかで疲れが残っているか、そうでなければ「連戦で疲れるから今日はラクして勝てないかなぁ?」という考えがあったのか、気温の高かったこの日はマッタリめにプレーをしており、普段より運動量が少なく見えました。目に見えて走り負ければ多少の技術や戦術アドバンテージは簡単に覆されるという例になってしまいましたね。岐阜は先週のアウェイ水戸戦でも土壇場で追いついて引き分ける試合をしており、こういうプレーが身上なのでしょうね。出来ればその間のホーム仙台戦でも同じような試合をして欲しかったですし、それが出来れば人気にもつながると思うのですが・・・。どこまで体力が持つかわかりませんが、体力が持てばもっと上にいけるクラブだと思います。

前半、サイドにいた岐阜の片桐淳至選手がクロスと見せかけてシュートを撃ち、これが決まって先制されます。前半終了間際にペナルティエリア手前で田原選手が倒されてフリーキックを得た湘南が、フリーキック後の混戦から臼井選手が決めて同点に追いつきます。

後半、早い段階で坂本選手のゴールで勝ち越しましたが、湘南の足が止まったところを岐阜の佐藤洸一選手に抜かれて同点になってしまいました。岐阜サポーターの前で決めたので盛り上がっていたなぁ。

この日の穴沢努主審は前半とても寛容なジャッジをしており、それを理解した岐阜が湘南のユニフォームを引っ張るプレーを連発して苦戦に輪をかけておりました。ところがハーフタイム中に自己反省をしたのか後半は一転して厳格なジャッジをしたため前半と同じレベルのプレーをしていた岐阜がファールを獲られまくり、後半は湘南のフリーキックが増えました。そのあとのセットプレーは決められませんでしたが、ジャッジの基準については状況理解も臨機応変にやらなければいけませんね。

まあ「負けなくてよかった」というのが正直なところです。この日は首位セレッソ(札幌が1年以上ぶりにホームで勝利)、3位水戸(横浜FCが今季初勝利)もそれぞれ負けてしまいましたので、どこのクラブも体力的に苦しい時期なのかもしれません。水戸に代わって甲府が3位に上がってきました。まだ順位は湘南も含めてどうでもいい(首位と同じ勝敗とはいえまだシーズンの1/5も消化していない)のですが、甲府が上り調子というのは対戦も近いこともあっていやなところではあります。ゴールデンウィークは「九州遠征・平塚で緑」の最終戦アウェイ福岡戦、そしてアウェイ連戦で甲府戦というところから始まりますが、代わりにゴールデンウィーク後半に平塚連戦と第2クールでは九州遠征に行かずに済むわけですから、ここは耐えるしかありません。

まずは今日からの村松・鎌田選手はU-20日本代表合宿がんばってください(村松選手のコンディションが心配ではある)。ゴールデンウィークは14日間で5試合ですので、途中出場している選手が早めに登場したり、ベンチ入りメンバーが入れ替わったりするチャンスでしょうから、選手の皆様がんばってください。

暴れん坊復カツ!サンドは到着が遅かったからか買えませんでした(16時~18時の試合に腹なんか減るのか?という考えは甘かった・・・)。新宿さぼてん製なのですね。オイラ、新宿駅を利用しますのでたまに利用しております。エビかつサンドはもともとデリカ部門の定番商品のひとつでおいしいですよね(ちょっと高いけど)。でも新宿さぼてんは本来とんかつレストラン(以前から場内でカツサンドが売られていたこともあって、バッティングしないようにエビかつサンドで参入したということでしょうか?)ですので、平塚ラスカ5階にも店舗がありますので、ぜひそちらではとんかつをどうぞ。

それにしてもオイラはやらないのですが、リリースからしばらく経ったのにガチャガチャの空カプセルの山がすごいことになっておりますね。おそらく他クラブバージョンとともにJリーグエンタープライズ担当商品だったと思いますが、元湘南のこの会社の社員さんの証明写真とかプリクラとかを野澤選手あたりのやつの上に貼り付けたバッチとか出てきたら、やだなぁ・・・。もしそれがあるのでしたらネタでメッチャ苦情をその社員さんに言ってやりたいのでお知らせください。そしたらガチャガチャします。

|

« JFL前期第6節 ジェフリザーブズvs鳥取 戦 | トップページ | アウェイ福岡戦・甲府戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
昨年は平塚でいいようにやられていたので、一矢報いることができてよかったです。
録画を見て冷静に振り返ると、「よく負けなかった」と痛感したのはコチラでしたが。
 
闘う34歳・秋田選手はいかがだったでしょうか。
最近チャリ通さんが岐阜のことを気にかけてくださっている(?)のをうれしく思っています。
ぜひまた岐阜にお越しください(^o^)/

投稿: ひらっち | 2009年4月21日 (火) 08時53分

ひらっちさん、コメントありがとうございます。

秋田選手については実は34歳というのはそんなに驚いてはいないんです。こちらにも同級生の寺川選手がいますし、昨シーズンまでは加藤望選手がいました。

多くの選手が5年も残れない世界で15年ぶりにアマチュアからJリーグに戻ってきたというのは今までに事例がないと思うのですよ。試合に出ないのであればどこのクラブでもマネは出来ますが、レギュラー選手なのですから評価できると思います。さらに彼が出た試合で勝ち星を積み重ねればいまやプロ野球選手より多い1,000人を越えるJリーガーでもオンリーワンな存在だと思いますよ。今回の試合では裏方に徹しておりましたが、活躍して全国メディアに出る日をお待ちしております。

第2クールに岐阜が笠松と平塚の間に行われたような試合をしてしまう長良川へ行く方向で調整中ですので、よろしくお願いいたします。

投稿: チャリ通 | 2009年4月22日 (水) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/29205548

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2009 第9節 湘南vs岐阜 戦 :

« JFL前期第6節 ジェフリザーブズvs鳥取 戦 | トップページ | アウェイ福岡戦・甲府戦 »