« 愛媛FC 2009 | トップページ | J2 2009 第1節 湘南vs横浜FC 戦 »

開幕など

こんばんは。まずは0時にこの記事が内容がない状態で公開されてしまい、大変申し訳ございませんでした

さて、今日は今季のJリーグが開幕いたしました。今日はどう考えても注目度で勝ち目がないWBC東京ラウンドがあることは前年からわかっていたわけなのですから、なんでJリーグの開幕を1週前か後にずらせなかったのかと思いました。Jリーグはシーズンチケットが多い上でせいぜい週に2試合しかないので、シーズンチケット率が低く平日の試合のほうが多い野球と同レベルの集客ではダメです。NFL並みの1試合最低5万人くらいを集客していなければプロ野球に対抗出来るとはいえません。それがワールドカップをやっているわけですから、鹿島対浦和でも勝てる相手ではありません。

そのWBC、厚木市出身の原辰徳監督が率いる日本が韓国にコールド勝ちしてサンディエゴ行きを決めました。日本にとってホームですし、なるべく早く決めることは大事なのですが、韓国とはあと数回あたる可能性が高いです。今日よりアウェイのサンディエゴ(沖縄を都会にしたようなメキシコ国境近くのいい街で、球場も大きいです)で勝つことのほうが何倍も大変ですので、気を引き締めて戦っていただければと思います。

でも、オイラの望みどおり土曜のうちに韓国に勝ったので、ベルマーレの開幕戦のある日曜日は日本戦がなくなってよかったです。やっぱりちょっとでもお客さんが欲しいですからね。でももうひとつの障害の天気が厳しいです(花粉がだめな人は緩和されますよとかいうフレコミではダメでしょうか?)。こればっかりはしょうがないなあ・・・。湯乃蔵ガーデン利用者が増えるのでしょうか?。

そして日曜日は平塚競技場で横浜FCとの開幕戦です。ここ2年の仙台戦ではJリーグで最初に開幕を迎えましたが、今年は一転して最終グループの16:00キックオフで開幕となります。反町監督の誕生日でもありますし、とにかく勝ちたいです

ただ「勝負は時の運」の要素もある結果より心配なのはアウェイ横浜FC側の集客ですね。三浦知良選手が途中加入したシーズンを頂点に、リーグが違う2007年を除いて年を重ねるごとに平塚への横浜サポーターの来場者が減っており、昨年は甲府どころか草津にも負けているように見えました。この落ち込み具合が反対側から観てガクンと減って見えるので、「今度は横浜FFマリノスか?」って心配になります。第三者からは「カズもいるし神奈川ダービーだから来客が多いんだよね?」と見られているところもあると思われますので、ライバルですけど奮起をお願いしたいですね。給食屋さんのビジネスモデルはマス広告の必要性がないから儲けられるところもあるのにプロスポーツというマス広告をおこなってしまっているわけですから、小野寺社長にはこの記事のとおりのプレッシャーが社内からかかっていると思われます。横浜FCは小野寺氏だけに押し付けない協力方法を考えなければいけませんね。

というわけで横浜サポーターに来てもらいそうな話題としては、平塚市総合公園には梅林(レストラン大原付近)があり、ちょうど開幕の時期が見ごろなので観に来ていただければというのと、湘南戦に出場すれば三浦知良選手がラモス選手(41歳9カ月5日)を抜いて歴代最年長Jリーガー(42歳0ヶ月10日)になりますので、それを見届けていただければと思います。

三浦知良選手が記録を作るからというわけではなくテレビ神奈川がベルマーレのスポンサーになったので、この湘南vs横浜FCの試合は地上波でテレビ中継(録画)されます。相手も県内クラブだからとはいえ、Jクラブが4クラブもあるのに首都圏でくくられる神奈川でJ2をテレビ中継するというのは大変なことだと思います。ぜひ観てください(WBCが裏に来なくてよかった・・・)。他にもスカパーこの日は無料放送)、NHK横浜放送局(FM)FM湘南ナパサと、ものすごく放送局の選択肢が多い状態になっております(普段もこうあって欲しいなあ・・・)。今年は前五輪代表監督の反町康治監督を迎えたからか、メディアの露出も増えました。直近ではスポナビの記事がまとまっていると思いました。

試合会場でのイベントはこちら。実は場内販売がアレなので一番気にしている人が多いのではと思われる、この試合でのフードパークのお店もさきほど公開されました(でも16時キックオフっていうのは出店者にとってはどうなんだろう・・・)。ワンタッチパスが用意できていないのは株式会社Jリーグエンタープライズ代表取締役社長の豊島吉博氏の失態です(理由はどうあれ、責任を取るということが上の人の仕事です)。当然違約金は出していただきたいものです。

鈴木伸貴選手に続き金永基選手も負傷離脱というのは残念ですが、代わりに出る選手が自分たちが代理ではないということを納得できるようなプレーをしていただければ文句はありません。がんばってください。そして直前になってFWの田原選手が加入しました。FWでこういうタイプの選手が湘南には少なかったので悪くないと思います。いろいろ書かれている件はベルマーレのフロントの判断を信じておきますので、オイラとしては特にないです。

フロントの判断を信じるといえば、藤枝MYFCに移籍した斉藤俊秀選手ですが、オイラ的にはこのクラブは他クラブが失敗した「聞こえはいいけどまず無理」な要素を多数抱えているクラブなので、ここのフロントにはかなり懐疑的なのですが、とりあえずベルマーレに貢献していただいた斉藤選手にはがんばっていただきたいと思います。

北京オリンピック前から公然の秘密状態でした、元インドア代表の菅山かおる選手のビーチバレー転向が3月になって発表されました。湘南ベルマーレSCではなくサニーサイドアップWINDS所属ですが・・・。でもまだまだマイナー競技であるビーチバレー全体にとってはプラスだと思います。どこに所属していても海外転戦組は湘南ひらつかビーチパークが練習の拠点のひとつになるわけなので、ビーチバレー全体の人気が出るのは平塚にとって街おこしにつながると思いますし、菅山選手はインドアでは(東京ですが)小田急の選手だったことがあるとのことで、沿線の厚木市民としてはがんばっていただきたいものですが、日焼け対策とかはどうするのでしょうか?。

なんだか西松建設問題がいろいろなところに飛び火しそうですね。ここでは政治については最小限にとどめたいのですが、今年は必ず衆議院議員選挙がシーズン中にありますので、シーズンへの影響を最小限にとどめる選挙の実施と国政運営をしていただければと思います。

|

« 愛媛FC 2009 | トップページ | J2 2009 第1節 湘南vs横浜FC 戦 »

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/28465033

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕など:

« 愛媛FC 2009 | トップページ | J2 2009 第1節 湘南vs横浜FC 戦 »