« そりゃ、プロ契約だもの・・・ | トップページ | 検索ワード »

三四郎

オイラのラーメンシーズン(10月-3月)がまもなく終わると書いたら、なんか今のうちに食べに行きたいなあと思うようになりました。今年は春夏期のラーメンが増えるかもしれません。

そこで月曜日の夜に近くにやってきたので、駿河台の三四郎(さんしろう)に行ってきました。神奈川県外のお店は基本的に書かないところを書くのは、ここが海老名の中村屋の支店だからです。JR御茶ノ水駅の聖橋口を出て井上眼科方面に歩いていき、駿河台交差点を右折してしばらく歩くとあります。

三四郎 ホームページ

中村屋同様レストランの店員のような店員さんに接客されますが、このお店もこのスタイルなのになぜか券売機制です。むらさき(醤油)・うしお(塩)・まさら(カレー)があるのですが、「まさら」が珍しいなあと思いこれにしてみました。いただいてみましたが、高級な日清カップヌードルカレー味に、具は薄切りチャーシューとねぎと漬物で、ラーメンの生麺を入れたような感じでした。うーん、おいしいのですがカップヌードルが思い浮かんでしまう分、評価に苦慮します

問題はこれで900円ということですね。さらに中村屋系ですので、高級店が腹いっぱいの量を出さないのと同様に量が少なめです(男性なら2杯食べられると思います)。なお「特○○」は具が増えるというもので大盛りではありません。一般的なラーメン屋の感覚で来てしまうと高すぎるなあというのが中村屋系ですから、そういう意味では忠実に東京進出をしているといえます。

ただいくつか大きな会社のあるところとはいえ、明治大学日本大学がある場所としてはこういう路線が受け入れられるのかはわかりません。そもそも3月に来ているので彼らが登校していないとはいえ、店内はガラガラでした。銀座などと違って休日にわざわざ出向く街ではありませんし・・・。恵比寿のAFURIと比べればさびしいですが、会社員のお昼時はまた違うのでしょうか?。

|

« そりゃ、プロ契約だもの・・・ | トップページ | 検索ワード »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三四郎:

« そりゃ、プロ契約だもの・・・ | トップページ | 検索ワード »