« セレッソ大阪 2009 | トップページ | 開幕など »

愛媛FC 2009

公式サイト:http://www.ehimefc.com/
昨年順位:J2 14位
本拠地:ニンジニアスタジアム
監督:望月一仁
サプライヤー:MIZUNO

今季の対戦予定
第13節 5月5日(火・祝) 17:00 湘南 - 愛媛 (平塚)
第20節 6月9日(火) 19:00 愛媛 - 湘南 (ニンスタ)
第41節 9月23日(水・祝) 時間未定 湘南 - 愛媛 (平塚)

敵地へのバスツアー・旅行会社特別キャンペーン以外での推奨移動手段(神奈川・東京発)
格安航空券(JAL or ANA)
※選手も飛行機移動。本数が多くないのでJALの場合は同便になる可能性が高いと思われます。

敵地の名物:タルト(あんこのロールケーキ)、じゃこ天、各種みかん関連商品
敵地付近の観光地:道後温泉松山城、坊ちゃんスタジアム(四国・九州アイランドリーグ

ニンジニアスタジアム(愛媛県総合運動公園陸上競技場)は市街地(松山市駅)から非常に遠いので、移動時間には注意してください(バスの便はいいです)。

今季のJ2で最も長期政権になった望月一仁監督ですが、今までは選手のほうは期限付き移籍の選手が多かったため、毎年チームの作り直しをしている(そして順位は前年を下回る)ように見受けられました。今年はそれを改め期限付き移籍選手を減らしましたホームページの選手一覧に期限付きかどうか出ているのはこのクラブくらいだと思われます)ので、今後は長期的にチームを構築できるかもしれません。今年はJ2ではひとつの指標になってしまっている外人選手も在籍しております。

所属選手は22人でギリギリ紅白戦が出来る人数になりました。今年から吸収した「愛媛FCしまなみ」をセカンドチームにするそうなので、必要に応じてそこから選手を補充したり、練習参加させたりするものと思われます。アマチュアカテゴリーでは毎年同じチームが全国大会に出てきて、さっさと負けてしまう四国では、神奈川や静岡と異なり強化のための練習試合相手や地元のプロ志望者の見極めの場にも事欠くと思われます(昨年はプロも最下位とひとつ上でしたが・・・)。毎回四国の外に出向くわけにも行かないためにこれらも自前で強化しようという徳島と同じ思惑があるもとの思われますが、そうなると当面求められる四国外のリーグ参加になるのですが、JFLでは遠征等でお金がかかります(栃木SCがJFLの加盟料などを払えずに解散しかけたことがある)ので、どこからそのお金を捻出するかが問題になるのではないでしょうか?。千葉と徳島には企業がついておりますが愛媛はわかりません。

元湘南では大山俊輔選手が愛媛に復帰しました。愛媛初年度と異なり今季はJ2では知れている存在ですので、湘南で問題になった致命的な弱点をどう補うかが問われます。

今年も平日なのでニンスタに行くのは無理です。平塚の試合も祝日とはいえ平日なのですね。愛媛の話題ではないのですが「第2回 神奈川フードバトル in あつぎ」が第13節のある5月5日と翌6日に行われますので、湘南-愛媛戦の前後にお立ち寄りいただくとうれしいです(マイカー参戦率の高い北関東3クラブか甲府戦が平塚で設定されていたら立ち寄る人が多かったでしょうね)。今年は厚木シロコロ・ホルモン探検隊がタイトルホルダーなので神奈川フードバトルは激しく混むんでしょうね・・・。

松山といえば道後温泉ですね。単純泉のためあまり温泉に入っている感じはしないのですが、有名な道後温泉本館は雰囲気があっていいです。道後温泉の各旅館にも温泉が引き込まれておりますが、市街地のテキトーなホテルに泊まって道後温泉本館に入る方法でも充分楽しめます。松山城は姫路城や松本城のように江戸時代以前に造られた天守(Jリーグ本拠地では唯一なのでは?)ですので、ぜひ行きましょう。市内も展望できます。坊ちゃんスタジアム(松山中央公園野球場)は、何でここにNPBのチームがないのか不思議なくらいのいい野球場です。四国・九州アイランドリーグの試合があれば行ってやって下さい。

てか、「坊ちゃん」って道後温泉以外の愛媛をバカにしていませんでしたっけ?。いいのか、愛媛?。

|

« セレッソ大阪 2009 | トップページ | 開幕など »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/28404643

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛FC 2009:

« セレッソ大阪 2009 | トップページ | 開幕など »