« 弦斎カレーパン | トップページ | 横浜FC 2009 »

菓子問屋 千石

テレビや雑誌で厚木の特集をすると驚異的な高確率で登場するお店があります。それは本厚木駅東口交差点にある「菓子問屋 千石」(かしどんや せんごく)です。昭和29年からこの規模でお菓子を販売し続けている老舗です。立地や雰囲気が絶妙で、テレビや雑誌が採用したくなるのも理解できます。

ホームページは特にございません。適当なものが見つかりませんでしたので、日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」の紹介を参考にしてください(店名が微妙に間違っている)。

ガラスの箱の中に、いもけんぴ・おかき・柿の種・かりんとう・鈴カステラ・落花生など、いかにもこのような雰囲気の駄菓子が入っており、これらが「量り売り」されております。

問屋となっておりますが、お客さんは全員普通の小売客です。お店にいると常に幅広い世代の数名のお客さんがおり、結構盛況です。

商品のお菓子は、「まあ予想通りのおいしさ」といったところです。本厚木にいらっしゃいましたらよろしかったらお立ち寄りください。

|

« 弦斎カレーパン | トップページ | 横浜FC 2009 »

厚木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菓子問屋 千石:

« 弦斎カレーパン | トップページ | 横浜FC 2009 »