« ロアッソ熊本 2009 | トップページ | 千代乃 »

FC岐阜 2009

公式サイト:http://www.fc-gifu.com/
昨年順位:J2 13位
本拠地:長良川陸上競技場
監督:松永英機
サプライヤー:MIZUNO

今季の対戦予定
第9節 4月19日(日) 16:00 湘南 - 岐阜 (平塚)
第21節 6月14日(日) 13:00 岐阜 - 湘南 (長良川)
第38節 9月6日(日) 時間未定 岐阜 - 湘南 (長良川)

敵地へのバスツアー・旅行会社特別キャンペーン以外での推奨移動手段(神奈川・東京発)
ひかり早特きっぷ(普通車)(JR東海)

敵地の名物:鮎、登り鮎
敵地付近の観光地:長良川鵜飼、金華山・岐阜城

ここでクラブ紹介は折り返しですね。岐阜も昨年行かせていただきました。オイラだけ岐阜駅で(元放置自転車と思しき)レンタサイクル、いやレンタルケッタマシーンに乗り換えて長良川陸上競技場に行き、ミニ太陽の塔(未来を拓く塔)と高橋尚子さん(の像)の出迎えを受けました。

ユニフォームにスポンサーが付いていなかったり、ホームゲームが微妙な集客だったりしたのでもしやと思いましたが、案の定経営は厳しいらしく、同じく急激に昇格した草津以来のJリーグからの融資(返却するまでJ1昇格はない)を受け、水戸とともに「選手の年俸はひとり500万円まで」という通達を受けているらしいです。選手もベテランは解雇されました。サラリーマンの年収はそれとは別に健保や厚生年金の掛け金を半額引き受けていたり、交通費や備品(パソコン・工具・営業車など)が支給されていたりなどで実際は数割増しのコストが使われておりますが、個人事業主である選手はきっちりこの金額ですのでサラリーマンの給料と同等ではないです。元水戸の小椋選手はプロ入り時はフリーター並みの180万円だったそうですので、おそらくそれを参考にされて新人選手は同等にされていると思われます。これでは若手芸人よりマシという状態で、妻帯者の場合は嫁が働いて貢いでもらうか、結婚のために引退するかの二者択一になってしまうと思われます。クラブ数が増える限りは1クラブあたりのリーグ分配金は基本的に減るので、まずはとにかく自前の収入源を確保しなければなりません(湘南にもいえますが・・・)。

そんななかでの今年の岐阜の補強ですが、オイラがGMだったとしてもこういう構成になったと思われます。まずは公的資金注入状態なので、家族がいる選手に満足がいく給与を払えないので能力に関わらず一律に辞めてもらい、新規にC契約が結べる若手選手に切り替えます。育成期間を短くするため大卒で固めます。関東や関西のトップクラスの大学はJFL上位に匹敵する能力がある選手が多いのでそのあたりの大学を中心に選手を呼ぶと、岐阜の補強のようになると思います。ぶっちゃけ今年はコケてもいいのです。数年後にJ2が22クラブになるとJFLとの入れ替えをしなければなりませんので、そこまでに確実に中位にいる力が必要です。それを狙っての今年の構成と理解できれば、同じ緑でリストラもしたヴェルディよりはるかに安心して成り行きをみていられますね。

岐阜は選手が入れ替わったので、今年もまたどう戦うのかよくわかりませんが、3連勝をしたいところです。なんでもアウェイのほうが強いとか。アウェイ(特に遠方アウェイ)激弱の湘南の逆ですね。

名古屋駅から20分程度で着いてしまうほど近い岐阜ですが、長良川陸上競技場の近くにある岐阜城の眺め(夜景も見られます)もよく、長良川鵜飼も「おおっ」って思うものですので、よろしかったらどうぞ。厚木も鮎をウリにしているのでオイラ的には「ああ、鮎ですね」という程度なのですが、「登り鮎」は上品なおやつとして結構お勧めでした(「全国オイラ推奨おみやげ」入りをしております)。あと日本最高気温タイ記録も岐阜県内で出しているので、真夏の訪問はそれなりの覚悟が必要です。女の子をお連れでしたら大人気のひこにゃんのいる彦根城も岐阜市からわりと近いので遠征理由にしてみてください。「ムーンライトながら」は今年から臨時列車になってしまいました。オイラはまだ決めていないのですが、行くとしたらこだま号自由席で名古屋経由で行きます。

あと、岐大通でイラストを描いているひらっちさんが厚木にいらっしゃるそうなので、それらしき人を春の湘南ホームタウンで見かけられたら温かく迎えてあげてください。

|

« ロアッソ熊本 2009 | トップページ | 千代乃 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰していたらチーム紹介されていました。どうもありがとうございますm(_ _)m
 
岐阜の状況はまさにおっしゃる通りで、今年は数年後を見越した地盤固めの年と捉えています。
4月の対戦時は、“アウェイに強いのが唯一の売りだったウチが手も足も出なかった”平塚で絶対勝ち点取ってやろうと燃え滾りながら厚木周辺をウロウロしますので、もし変な人を見つけても通報しないで下さい(^_^;)
 
溢れる自然と古い町並みが魅力の岐阜ですが、正直岐阜市だけでは物足りないので、時間のある方は隣県の彦根城や犬山城、あるいはちょっと足を伸ばして飛騨高山や白川郷まで行かれるプランがオススメです。最後の2つに行こうと思うともう1泊するハメになってしまいますが。

投稿: ひらっち | 2009年3月 5日 (木) 21時55分

ひらっちさん、ご訪問ありがとうございます。

FC岐阜関係では「個人がクラブにクルマを寄付」ってやつが衝撃的でしたよ。

http://www.fc-gifu.com/news/2009/02/post_356.php

いくらどれくらい乗っていたかで価値が変わるものとはいえ、他では聞いたことがないくらいインパクトがありました。他にも米、味噌、パソコン、選手へお誕生日ケーキ(!)など、世の中捨てたものではないなあと思いました。

まずは春はよろしくお願いいたします。

投稿: チャリ通 | 2009年3月 6日 (金) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/28388064

この記事へのトラックバック一覧です: FC岐阜 2009:

« ロアッソ熊本 2009 | トップページ | 千代乃 »