« なんつっ亭 秦野店 | トップページ | 平塚市総合公園 »

Fリーグ2008 第21節 湘南vs花巻 戦

Fリーグ2008/2009シーズンもいよいよ最終節。昨シーズンはセントラル開催だったのですが、今シーズンはホームでの試合になりました。対戦相手の花巻は平塚市と姉妹都市ということで、今年も(今後も?)小田原ではなく平塚での開催です。会場は平塚のバスケットボール・バレーボール・プロレスの殿堂とも言える平塚総合体育館です。30歳前後の方にとってはSLAM DANKの試合会場のひとつとしてのほうが有名ですね。平塚競技場と同様に平塚市総合公園の中にあるので、2週続けてホームでベルマーレ戦を見に行った感覚があります。

小田原アリーナと比べると小さい体育館という認識は以前からあったのですが、実際に試合をしてみると(ゴール裏を除けば)客席も少ないですし、何よりニアのライン際が見えません。平塚開催でこの日サッカーは試合がないということで、サッカーのほうの選手やコーチで顔を出した人はいたのでしょうか?。

さて、今季のフットサルクラブは悲惨な状態で開幕を迎えてこの試合まで2勝しかしておりません。しかし2試合ともセントラル開催の試合(対戦相手は花巻と町田)ということで、アウェイ0勝が既に確定しており、ホームもいまだに勝てておりません。ホーム0勝はいくらなんでもまずいです。そんななかでキックオフを迎えました。

湘南 3-2 花巻

基本的に湘南が押す展開で試合が始まりましたが、シュートハズしまくりでした。特に前半に(悪気はないのですが)久光選手が勢い余ってゴールにぶつかってゴールの位置を変えてしまい、その直後に普通なら入っているシュートを湘南が打ったにも関わらず、先ほどゴールの位置が変わっていたために「ハズレ」という珍プレーまで登場する始末・・・。最初の2点もオウンゴールだし・・・。

湘南が得点してもカウンターで花巻が追いつくという展開で、今シーズンダントツ最下位の花巻との差は、順位どおり(7位と8位)小さいなあと思いました。残り5分を切ったところでようやく勝ち越しましたが、ほとんどの試合でパワープレーをしているので慣れているのではないかと思われる、花巻の驚異的なパワープレーさらされて湘南のディフェンスは陥落寸前。何とかタイムアップまで粘り、最終節にしてようやくホーム初勝利を挙げることが出来ました。最低限の結果は残せてよかったです。

とはいえ、フットサルの場合は平塚ではなく小田原で勝たなければいけません。ホーム初勝利といってもそこは割り引いて評価しなければいけませんね。

最終節ということで試合終了後に関選手から挨拶がありました。まあ挨拶のとおり序盤はチームの体をなしていなかったわけですから、それと比べれば終盤はだいぶ改善をされておりました。来シーズンは今日以上の内容にしないといけないでしょうね。相手の花巻は直接の被害はないでしょうけど開幕前に岩手・宮城内陸地震を受けた影響があったと思われますので同情の余地がありますが、湘南にそれはありません。

リーグ戦は終わりましたが、カップ戦の全日本フットサル選手権(PUMA CUP)が「これから開幕」するわけですので、この大会では今シーズン改善できたことを発揮してひとつでも多く勝っていければというところです。昨年は4位ですし・・・。

ちなみにFリーグの優勝はこの日に確定し、今季も名古屋でした。おめでとうございます。

|

« なんつっ亭 秦野店 | トップページ | 平塚市総合公園 »

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

観戦感想文2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fリーグ2008 第21節 湘南vs花巻 戦:

« なんつっ亭 秦野店 | トップページ | 平塚市総合公園 »