« 酔蕎庵 楽食 | トップページ | 2009年J2リーグで戦う相手 »

インドカレー ボンベイ

年末に、確かにうなぎを食べたい時期である「土用の丑の日」と違って「おせちもいいけどカレーもね」の無粋さ(センスのなさ)が許せないという話をあるところでしていました。なぜなのかをよりうまく説明する方法を模索していたところ、GoogleもYahooも「おせちもいいけどカレーもね」の検索のほぼトップでうまくまとまっている記事があったので、これを正月にブログでも紹介したかったんです。読んどいてください。でも商売のしくみとしてハウス食品を見習ってもいいかなあとは思いました。今年、正月に「年明けうどん」というのを流行らそうとしているようですが、恵方巻き同様、PRに特定団体(さぬきうどん振興協議会)が前面に出すぎなので、「へ~、香川県はそうなんだ」で終わりなのではないかなあと思います(元旦にはたいてい蕎麦が残っているし・・・)。

しかしオイラも本来カレーは好きなので、カレーに対しての贖罪のために、実際に行ったのは12月だったのですがこの日はカナロコでフライングがあったので記事化出来なかった厚木のカレー店の紹介をここに持ってきます。

インドカレー ボンベイというのですが、厚木では知られたインドカレーのお店で、ホームページはこちらです。

国道129・246・412号線が集約される「厚木市立病院前」交差点から、相模ゴム工業本社(コンドームの会社です。女性創業者の松川サクさん(故人)は女性を多産から守る観点からこの会社を立ち上げており、厚木市名誉市民であり、市では松川サク工業賞に名を残す英雄扱いです。)方面に「曲がって、すぐ」のところにあります(駐車場あり)。本厚木駅から歩くと20分近くかかる(平塚駅-平塚総合公園間と同じくらいですが・・・)かもしれませんので、神奈川中央交通「市立病院前」バス停から向かったほうが良いかもしれません。

インド南部のケララ州から来られたインド人のみのお店です。しかし日本語に全く問題はないので安心して利用できます。インドカレー(あちらではカレーとは日本における醤油煮込みのようなものなのでバリエーションは豊富)とインドの飲み物(お酒を含む)がいただけます。

この日はチキンマサラとカレー、インド米ガーリックライスとナンをいただきました。カレーとライスやナンは別々に頼むのですが、「カレーひとつに対しライスやナンはひとつ」という容量なので、ライスやナンを複数頼む場合は同数のカレーを注文しましょう。辛さは1~5の5段階と「S」という辛さが用意されております。3が標準ですが日本人向けに手加減されております(ベルマーレ戦に出店されるGARA中海岸の出張販売と同程度)ので、オイラ的にはちょっと辛めの4ですね(「S」は頼んだことがない)。おいしかったし2皿なのでおなかいっぱいです。スタンプ制のメンバーカードやホームページからのクーポンもあります。

オイラが小学生(バブル期)のころは厚木でインドカレーが食べられるなんて考えもつかなかったなあ。それだけ日本も国際化をしているのでしょうね。海外に行くと砂糖入り緑茶など現地の人によるヘンテコ料理が出てきますが、このお店はインド人の方によるインド料理ですので、当たり前ですが本格的です。参加したことはないのですが、サリーの着付けや語学教室など食事以外での交流も受け付けておりますので、インドに興味のある方には注目でしょう。

|

« 酔蕎庵 楽食 | トップページ | 2009年J2リーグで戦う相手 »

厚木市」カテゴリの記事

コメント

当たり前ですが本格的です。参加したことはないのですが、サリーの着付けや語学教室など食事以外での交流も受け付けておりますので、インドに興味のある方には注目でしょう。
http://www.edhardytime.com/ed-hardy/mens/watches.html
http://www.panbeadssales.com/

投稿: pandora charms on sale | 2010年7月15日 (木) 11時47分

pandora charms on saleさん、コメントありがとうございます。

ただ、リンク先がコメントと無関係のような気がしますが・・・。

投稿: チャリ通 | 2010年7月15日 (木) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドカレー ボンベイ:

« 酔蕎庵 楽食 | トップページ | 2009年J2リーグで戦う相手 »