« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

明日の14:00はフィンランド戦

水曜日にようやくフィンランド戦が無料公開されることが発表されました。でも新人選手がJリーグの研修で参加できないのは残念です。

あれ、2月になるからユニフォームはどうなるのかなあと思っておりましたところ、今日が馬入グラウンドの隣の、いつものホテルサンライフガーデンにて新体制と新ユニフォームの発表だったのですね。

2009年はユニフォームはまた変わって、ホームのユニフォームはラグランシャツに肩にポイントが入るというデザインのようですね。2008年のユニフォームはダサかったですが、それよりはいいかなあと思います。まあ2007年が一番良かったと思うのですが・・・。

まあ応援費用に使われているのであろうEFS関連Tシャツと違って、一部はクラブの強化費になるんでしょうけど、きっと高いんでしょうね・・・。個人的にはそんなにユニフォームとか買いませんので、今回も買うかどうかはわかりません。

この不況の中、産業能率大学第一三共A-LINE(カレッジリーグ)からの継続支援はありがたい限りです。アディダスに行ったOBミズノに行ったOBに頼んで、ウェア現物のみを社割で購入とかになっちゃうと残念でしたし・・・。

明日の試合は反町監督になって最初の試合ですし、無料ですし、代表との対戦ですので、出来るだけ参加の方向で考えております天気も大丈夫のようです。オイラも平塚の記事も増やしたいですしね。今週末は記事ネタ収集が出来たので、しばらくそれをちょっとづつ公開していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ZUND-BAR

昨日は仕事を休みました。ひとりで休んだのでぽっかり午後が空いたのですが、ベルマーレはまだ沖縄から帰っていないですし、巨人は「合同自主トレ」と称して既にほとんどの選手がキャンプ地入りしているのでジャイアンツ球場に行っても意味がないですし、ベイスターズ球場は微妙に交通の便が悪い(横須賀)ので、スポーツ以外で何かしようと思い、ZUND-BAR(ずんど・ばー)にチャリ通することにしました。本厚木から約9kmなので平塚総合公園(約12km)より近いのですが、七沢の手前あたりから緩やかな登りになるので感覚的にはほぼ同じです。とはいえこの程度の坂でしたら全く問題はございません(その先の清川村役場方面へは坂が急になってきますので厳しいですが・・・)。

数日前に行ったAFURIの本店にあたるお店です。ホームページは特にございませんので、今回もグルメGyaoの紹介を参考にしてください。厚木市七沢にあるので、本厚木と異なり周りは里山的雰囲気はあります。駐車場は充分あると思いますが、公共交通機関ですと神奈川中央交通「七沢病院入口」バス停から300mくらいです。七沢荘の裏手にある黒く塗られた日本家屋がそうなのですが、中はバー風になっております。おひやはハートランドビールの空き瓶で提供されます。

この日はあえて数日前にもAFURIで食べた「ゆずらーめん(塩味)」にしました(値段はAFURIと同じで少し高い)。このお店というと上記のグルメGyaoにも載っている「金属の器」だったのですが、なんとAFURIと同じ陶器の器と金属の受け皿になっておりました。これはよかったです。カッコつけて金属の器だったのですが、やっぱりラーメンには良くなかったので・・・。

味は・・・、ほぼAFURIと同じでした。チャーシューが少し厚かったように感じたくらいですね。細麺に柚子が利いた中村屋系スープでおいしかったです。

内装にしてもラーメンのスタイルにしても若い女性ウケするお店だと思いますが、それにあわせてかAFURIと異なりデザートとお酒に力を入れております。ブランマンジェやテイクアウト専門のソフトクリームが有名です。お酒はカクテルとビールです(クルマで行く人が多い場所なのにお酒が自慢というのはどうなんだろうとは思いますが)。

七沢以外から行くと時間をとられてしまいますので大変だと思いますが、隣の七沢荘では日帰り温泉に1,000円で入れますし(行ったことはないですが・・・)、1km先に以前紹介した蔵体験が出来る黄金井酒造があります。七沢荘以外の宿や七沢森林公園も含めて七沢だけでも結構楽しめそうですし、近隣にはゴルフ場や宮ヶ瀬湖もありますので、うまく組み合わせてぜひご訪問いただければと思います。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去り行くあなたへ送る言葉2008(2)

昨日の続きで、退団選手へのコメントです。

加藤望(引退・湘南ベルマーレのコーチに就任)
今季はコーチに着任をされますが、合同トライアウトにも参加されていたので、本当は現役を続けたかったのだと思われます。柏レイソル退団後も合同トライアウトに参加してからベルマーレにこられましたが、この時点で30代半ばで前年はほとんど試合に出ておりませんでしたので、正直準レギュラーくらいかなあと思っておりました。ところが開幕してみるとフリーキックの精度もよく、それ以上にチームトップクラスの運動量で、完全に主力選手として活躍されました。J2降格前後に若手の見本となる選手を放出してしまったベルマーレにとって貴重な存在であったのではと思います。しかし2008年は特に秋以降にマッチアップする選手と比べて出遅れが見受けられるようになってしまい、来シーズンは試合数が増えるのでヤバいかもと思いました。それでも短時間の起用で残ってくれればと思いましたが、残念ながら湘南にその余裕はございませんでした。場所が柏でも構いませんので、練習試合でいいから引退試合を行って欲しい選手だと思います。引退後いきなりトップチームのコーチというのは破格の待遇だと思います。まずはS級などコーチライセンスを獲らないといけませんので、がんばってください。

川股要佑(契約満了・未定)
数少ないサテライト観戦で拝見したことがございます。ジャーン・斉藤選手と同じポディションということで若手育成も絞る必要があり、チャンスが少なかったのが残念でした。年齢的にはまだチャンスはあると思いますので、がんばってください。

濱崎陽平(契約満了・未定)
濱崎選手も数少ないサテライト観戦で拝見したことがございます。一人しか立てないポディションということもあってどうしてもレギュラーの金永基選手や伊藤友彦選手と比較してしまうのですが、正直公式戦に出るには彼らとの差があまりにも大きかったと思います。もちろんいい気分ではないとは思いますが、長い目で見れば現時点で放出されて試合に出られるチームに移籍できるほうがよかったと思います。佐川印刷という噂がありますが、がんばってください。

北島義生(契約満了・未定)
Jリーガーとしてもトップクラスの変わった経歴の持ち主で、ムードメイカーとしても戦力になっておりました。守備的なMFの選手でしたが、このポディションを坂本・田村選手が担うようになり、かつ坂本選手も昨年中に30歳になった関係上、年齢的に控えの北島選手が整理対象になってしまったものと思われます(代わりに寺川選手が入ったので若返りにはなっておりませんが・・・)。現時点で去就が不明ですが、個人的には午前中はベルマーレの営業、午後はベルマーレフットサルクラブの選手というのを1シーズンくらいやってくれると面白い(ただしFリーグレベルの足技があるかは不明)のですが・・・。まあ、本人・クラブとも都合があるでしょうから難しいでしょうか?。

斉藤俊秀(契約満了・未定)
ジャーン選手が休みがちだったこともあり、間違いなく2007・2008年シーズンのベルマーレのディフェンスに最も貢献した選手です。またクラブからの各種コメントによると、田村選手などは弟子みたいなようですし、チームの精神的支柱でもあったようですので、本当に感謝といったところなのですが、そのわりにはこういうかたちでベルマーレとの契約が終わってしまったのは非常に残念でした。確かにアンデルソン・香川選手といったあたりのドリブルにやられたイメージがありますが、それ以上にうまく守ってくれたというイメージが昨シーズンもございます。斉藤選手についても、もしこのまま引退ということでしたら練習試合でもいいので引退試合を行って欲しい選手だと思います。場所が三保グラウンドでもあっても構わないどころか、90分間清水の選手として出ていただいても構わないと思いますので、セッティングしていただければなあとは思います。

あと、湘南ベルマーレ所属で北京オリンピックに出ていただきましたビーチバレーの楠原千秋選手もありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去り行くあなたへ送る言葉2008(1)

今年も「去る人」が確定したと思われますので、ここで2回に分けてまとめます。「来る人」はまだわからない人も多いので、試合で活躍してから書きます。

ちなみに「贈る言葉」ではなく「送る言葉」なのは、わざとです。送迎会の送の字です。送り出すんです。

梅田直哉(契約満了・ガイナーレ鳥取へ移籍)
平塚市南部での生活に溶け込んでおり、人気はトップクラスの選手でした。オイラも本人と話したことがございますが、彼をキャラクターを悪く言う人を聞いたことがございません。浦和から移籍直後もがんばっておりました。ところが膝を壊してしまい長期のリハビリを余儀なくされました。2008年に本格的に復帰して菅野監督も序盤はそれなりに起用しておりましたが、公式戦で結果を残せませんでしたので、年齢的にも移籍はやむを得ないと思います。鳥取はベルマーレ関係者の多いクラブですので、ぜひ鳥取の昇格に貢献いただければと思います。鳥取への申し伝え事項としては、お好み焼きを作るのが得意(白鳥選手のブログ参照)であることと、広島カープファンのようですので、そこからコミュニケーションをとってみることと、ビーチバレー北京オリンピック日本代表の白鳥選手や西堀・浅尾組の渡辺コーチといったベルマーレのビーチバレーの方々と年齢が近いこともあって仲がいいので、鳥取砂丘を生かした交流が出来ないものかなあとか思います。
 
三田光(契約満了・徳島ヴォルティスへ移籍)
1月に新潟から寺川・野澤選手が移籍をしてきましたが、湘南サポーターの反応は微妙でした。その原因が彼らというよりも2008年の三田選手にあったと思われます。前年に新潟から移籍した三田選手は尾亦選手の移籍もあって手薄だったサイドバックの即戦力として期待されて入団いたしましたが、いざプレーを見てみると、そこそこの競り合いの強さ、そこそこのクロス精度、そこそこの突破といった、悪くはないもののどういったことが得意なのかわからない感じの特徴のない選手でした。臼井選手の復帰と攻撃力という特徴のある鈴木伸貴選手の台頭でポディションを失うわけなのですが、レギュラーが決まったあとでたまに出てくると、周りとの連携が全く合わないどころかピンチメイカーになってしまっており、少ないチャンスがかえって起用できない理由付けになって控えにもなりませんでした。正直よく小笠原コーチも受け入れる徳島が獲得したと思いましたが、辛抱強く使えば違うのかもしれません。将来湘南を解雇された選手の就職先の維持としても、徳島では湘南のときのような失敗をしないようにしていただきたいと思います。

大山俊輔(契約満了・浦和から愛媛FCへ完全移籍)
浦和から期限付き移籍で湘南にやってきました。菅野監督が浦和ユースにいたときの選手でした。おそらく2008年加入選手の中で最も期待がかけられていたはずです。なぜなら加藤望選手の年齢を考えれば、大山選手並みのキック精度を持つ選手はぜひともレギュラーになって欲しかったからです。このため開幕からスタメンで、キック精度はなかなかのレベルでした。しかし2007年は愛媛でプレーしていた関係上、対戦相手は大山選手をよく知っておりました。ものすごく競り合いに弱いという欠点があったので、ガツガツぶつかってきたわけです。あまりにも簡単にボールを奪われるので菅野監督も起用し続けるわけにもいかなくなり、ポディションを失いました。おそらく浦和側もそれを克服して欲しかったのでしょうが、克服できずに愛媛へ移籍ということになりました。今年も湘南も含めて大山選手の弱点はJ2では知れ渡っており、2007年の愛媛のときより厳しくなると思われます。弱点克服かそれを補う対策を期待いたします。

林慧(ガイナーレ鳥取へ期限付き移籍)
ごめんなさい。あまり観る機会がないのでわかりません。このための今回の期限付き移籍だと思われます。鳥取にはMFに鶴見選手もいるので、2人ともレギュラーになれた場合「同時にMFがふたり抜けるってどうなの?」ってことが来オフに起こる可能性もあるのですが、大卒よりも若いわけですし、公式戦出場経験を身に着けて帰ってきていただければと思います。

ナザ(契約満了・不明)
まあチームに合わなかったのであろうナザ選手については一点のみ。いくらC契約だからとはいえ一言ですむ「契約満了しました」というプレスリリースをベルマーレが正式に出さないのはどうなんでしょうか?。

永里源気(契約満了・東京ヴェルディへ移籍)
何度か記事にしたとおりです。厚木市民として応援いたしますので、高木監督(今年のヴェルディには何人高木姓がいるんだ?)が起用する理由を出しやすい選手になって、一度はプレーしたかったであろうヴェルディで試合に出てください。

石原直樹(大宮アルディージャに完全移籍)
今月はじめに記事にしたとおりです。選手寿命は短いわけですから2009年をJ1で迎えることを止めることは難しいです。大宮はJ1トップクラスの資金を持っているクラブですので、既に外人がいるところをさらに代わりを補強されないようFWでがんばってください(MF起用といってもMFで実績のある選手もいるわけなので、現実的ではないと思うのですが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日の出製麺所

かつてベルマーレ平塚時代に平塚市追分に「味噌一」というみそラーメン屋がありました。現在味噌一は東海大学の近くに移転しているのですが、厚木にあるこのお店の姉妹店が日の出製麺所(ひのでせいめんじょ)となります。

「日の出製麺所」ホームページ

国道129号線を南下してマルカワのある戸田交差点を右折して、伊勢原市境の看板が見えたところにこのお店があります(このお店がちょうど市境になります)。電車だと愛甲石田駅からウネウネ行くより、JR門沢橋駅(海老名市)から真っ直ぐ歩いて30分くらい(テキトー)としたほうがいいでしょうか?(自転車移動だったのでバス停はわかりませんでした)。

味噌ラーメンと東京ラーメン(醤油)が主力なのですが、それは味噌一でも食べられるので今回は回避して、味噌一になくて日の出製麺所にある「そば焼き(並)」を注文しました(あと餃子も注文しました)。

どんな感じなのかは日の出製麺所のホームページにあるとおりなのですが、濃い目の焼きそばの上にキャベツのせん切りをがっつり盛り付け、マヨネーズをかけた上に卵を載せたものです。これが意外とイケます

なんだかまかない料理でウケたんじゃないかという料理ですが、ただこれどっかで食べた味に似ています・・・。そうです、「皮を敷いていない広島風お好み焼」っぽいのです。ハイこれが一番簡潔な説明だと思います。見た目的には大した量には見えないのですが、ソース・マヨネーズ・卵など濃い材料を使っているからか、一皿食べ終わる頃には本当におなかいっぱいになります(まさに広島風お好み焼っぽい)。よほど自信がなければ一人に対して「大」は頼まないほうがいいかもしれません。

餃子も頼んだのですが、ひとつひとつが大きいここ(味噌一も同じ餃子)の餃子は結構おいしく、こちらを目的に来店してもいいかなあとも思います。

うーん、そば焼きの調理方法は家でも充分マネ出来そうで、何も知らなそうな人に作って出してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFURI

昨日自身の冠大会に参加した湘南ホームタウン出身のプロラジコンドライバーの山本昌広選手についての新聞記事を本日読んだのですが、山本昌選手も通っている「ワールドウィング」ってイチロー選手などそうそうたる顧客をお持ちですね。ここがガイナーレ鳥取の大口スポンサー兼トレーニングアドバイザーみたいになったら怖そうだなあ・・・。

話は変わり、今日は東京の恵比寿駅に行く用事がありました。東京勤務ですけど一部の例外を除き東京はこのブログの管轄外なのですが、今日はAFURI(あふり)に行ったので記事化しました。

はい、厚木市・伊勢原市に在住歴のある方でしたらもうこの時点反応してしまっていると思いますが、「AFURI」とは「阿夫利」のことで、要するに大山です。こんな店名が付いているのは、ここがZUND-BARの姉妹店だからです。機会があれば記事化したい厚木市七沢のラーメン屋のZUND-BARは、海老名の中村屋のお兄さんが経営しているお店です。

ホームページは特にございませんので、グルメGyaoの紹介を参考にしてください。ちなみにこのお店のすぐ近くに、今シーズンはオーナーの小野寺氏が横浜FCの社長として直接経営を見ることになり、ユニフォームの胸・背中・袖もグループ企業で固めたLEOCグループの本社があります(看板は表に出していません)。

ZUND-BARは和風の建物の内装がバー風という変わった店舗ですが、AFURIは洗練された内装とはいえ驚きのない店舗になっております。ZUND-BARにもある「ゆず塩麺」(やや高い850円)をいただきましたが、ZUND-BARのもの同様、スープに柚子が効いていて細麺がおいしかったです。ZUND-BARは本厚木や厚木ICからも遠いので、市外にお住まいの方はAFURIをトライして、イケてると思ってからZUND-BARに出向かれてもよいと思います。

歌舞伎座の脇に「本丸亭」、恵比寿にZUND-BARの姉妹店の「AFURI」、御茶ノ水に中村屋の姉妹店の「三四郎」と、厚木近辺のラーメン屋の拡大路線も大したものです。食べてみていいなと思いましたら、ぜひ本店のほうも訪れてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fリーグ2008 第19節 湘南vs大阪 戦

今年初のスポーツ観戦は、今シーズン3試合目のFリーグ湘南ベルマーレフットサルクラブの試合です。前に観戦した試合があんまりな内容だったからというのもありましたが、物理的に日程もあいませんでしたので・・・。

その後監督も小野直樹監督に代わり、心機一転を図りましたが、結局J2最終節の後まで今シーズン初勝利にかかりました。まあとりあえずJリーグが終わったからFリーグでも観にいくかと思ったら、11月9日の次が今日1月25日って「どんだけホームゲームがないんだよ!」って感じです。来シーズンはもっとJリーグとFリーグの両方を観にいけるよう改善いただきたいですね。

今シーズン初勝利以降、なんとかリーグに参加してもいいくらいの戦績になって迎えたのが今日のシュライカー大阪戦です。

先約があったため終わった後小田原アリーナに向かったのですが、小田急小田原線が富水駅・蛍田駅の停まる本数が少ないため駅で足止めをくらい、数分遅刻でした。阿久津選手が市長のPKを止めたやり取りは観られませんでした。

着いた時点で0対0だったのですが、前半にマークミスで相手選手と湘南ゴレイロが2度1対1となり、2点を先制されました。アウェイを除き会場全体がヘコんでいた後半に今度は相手がマークミスで2点を獲り同点。そのまま引き分けになりました(全ゴールがホーム側での得点だったわけですね)。

湘南 2-2 大阪

うーん、負けていたところを追いついたこの日の内容や、フットサルワールドカップ中断の前と比べればベルマーレもチームになっていたので、今の現場はよくやっていると思いますが、今シーズンまだホームで勝っておりませんよ。小田原では最終戦でしたので、今シーズンは小田原で勝てませんでした。猛省が必要です。

内容も湘南・大阪とも決めるべきところでハズし、抑えられるところをミスして失点。フットサルのほうがミスから得点という要素が強いとはいえ、いかにも下位同士の対戦という感じの内容のだらしない試合でした。もうこの試合の前に7位が確定しているベルマーレですが、まだ平塚での試合が残っております。ホーム全試合で0勝はまずいので、もっとがんばって欲しいですね。

シュライカー大阪のユニフォームはオレンジなのですが、あの色だと体育館の木の床の上では同化しちゃいますね。サポーターが着ていた清水エスパルスっぽい濃いオレンジにしていただけませんでしょうか?(それともサポーターと選手が同じ色を着ていたのが照明のせいで違うように見えたのかもしれませんが・・・)。

この試合から(?)大型モニターが設置されましたが、あまり効果的に使われていなかったように見えます。

湘南ベルマーレフットサルクラブ携帯電話というものがあることは知りませんでした。ソフトバンクなので、auがスポンサーについているサッカーのほうでは出せませんが、せめてフットサルのホームページのトップページに載せたほうがいいのではないかなあと思います。オイラはソフトバンクの携帯電話にする予定はないので、申し訳ないですが協力できませんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルマーレ関係告知と個人的な今日の観劇

本日誕生日の金永基選手後援会掲示板を初めて見たのですが、髪型がアレなので誰だかわかりませんでした(でもそういえばキャンプインの馬入日記もあの髪型でした)。坂本・柿本選手間並みに仲のよい原竜太選手のブログでは金永基選手の髪型についてはときどき指摘(彼女じゃあるまいし・・・)があったと思うのですが、金永基選手はオシャレさんなのでしょうか?。

おおっ、公式ホームページ「俺たち放送部」の三村ロンドさん(しかも一度帰ってまた行っている!!!。堂々と旅費を経費で落とせるんでしょうね。)がおっしゃっていたとおり、ベルマーレブロガーの何人かが恩納村に行っているのですね。カナロコJ's GOALでもキャンプが取り上げられております。オイラも昨年9月に沖縄に行きましたが、さすがに冬は泳げないので行く気になりませんでした。えらいなぁ、皆さん。那覇にある全国の男子中学生に大ウケな例の公園当ブログの記事を見たから行ったとか言わないようお願いいたします。

オイラ(そしておそらく加藤望コーチも)が楽しみしている「湘南バイシクルフェス」が、今年用にホームページをリニューアルしました(昨年のオイラの記事はこちら)。今年は競輪バンクでの試乗会のほかにも藤沢-茅ヶ崎間の湘南海岸サイクリングロードでのサイクリングイベントがあるそうですね。オイラは年に数回このコースを走っているのでわざわざイベントに乗っかって行かないと思いますが、初心者の方にはみんなでやるほうが安心なのでいいことだと思います。このコースはロサンゼルスなどにある海岸のパクリだと思うのですが、相模湾の砂浜を楽しみながら行きは江ノ島、帰りは富士山を眺めることが出来て、全国の自転車愛好家にもオススメできるコースです(ちなみに茅ヶ崎駅-サイクリングロード間の「雄三通り」は田村雄三選手ではなく加山雄三さん(ここに自宅があった)を由来としております)。

明日のフットサルは、小田原の先に行く用事があるので、ついでに行けるかどうか調整中です。小田原市長は阿久津選手に因縁があるの?

スカパーでベルマーレの特番があるそうです。オイラはスカパー未加入(観る暇がない)で、ベルマーレ携帯サイト非会員(メールは受けたくない)、神奈川新聞未購読(読みきれない)なので、ブロガーのどなたかが代わりに観て感想を書いていただければと思います。

中田英寿さんのTake Action Foundationについてですが、現時点ではよくわかりませんね。全国でJリーグOBが普及活動をするということのようですが、ベルマーレや出身地の甲府などJ2クラブは日程的に年末くらいしか関われないと思うのですが、加藤望コーチが名を連ねております。

オイラといえば、さっきまで歌舞伎座壽初春大歌舞伎を観ておりました。あのときにチケットを引き換えた年1回の観劇会を今年度は歌舞伎にしたためです(この原稿も今回一部はロマンスカー内で書いています)。オイラはそれほど詳しくないので素人の感想として列挙します。

オイラは英語のミュージカルを観る時は事前に台詞や歌詞を予習してから観にいっておりますが、今回も予習をしていきました。特に「壽曽我対面」は古典なので台詞が古く理解しづらいので、筋書きを知ってから行くほうが疲れないと思います。筋書きや薀蓄は今はインターネット上に多数出ているので、それで充分でしょう

「壽曽我対面」は曽我兄弟が敵の工藤祐経と対面するも対決は回避するという話で、正月恒例なのだそうです。前回も思ったのですが、工藤祐経役の松本幸四郎さんは66歳というのが原因と思われますが声が通らなくなってきていると思います。残念です。歌舞伎なので鎌倉時代を江戸時代の扮装で行います。

「春興鏡獅子」は娘が獅子の精に祟られる舞踊モノです。中村勘三郎さんの女形に始まり、中継ぎの子役(とてもかわいい)の踊りの間に獅子に衣装換えをして、長い髪を振り回す(毛振り)というもの。有名な毛振りが観られるので満足度が高いです。

「鰯賣戀曳網」は三島由紀夫さん原作の鰯売りが大名のフリをするコメディ。中村勘三郎さんの芸達者ぶりもさるものながら、坂東玉三郎さんがフツーに大女優にみえる女形っぷりにビックリです。58歳なのに・・・。なかなかこんな歌舞伎役者はいません。

すばらしい建物の歌舞伎座ですが、座席や天井は改装があってもいいかなというくらいボロくなっております。外観も夜のライトアップはきれいですが、東銀座の交通量のせいでススが染み付いているところがあります。でも来年の取り壊しが決まっているので今後もそのままでしょう。1階席6列目で観ておりましたが、1階席と2階席は観劇上どの席でも問題ないと思いますが、3階席やその後方の一幕見席はちょっと遠いのと、花道での演技が見えないと思います。脇にある本丸亭は地元が本店なので今回はパスです。海老蔵・勘太郎・七之助さんクラスがテレビで褒めてくれれば地元的にうれしいのですが・・・。

宝塚大劇場同様、グッズや食事は価格帯もかなり幅広いラインナップで、Jリーグから見ればうらやましい限りです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2月1日(日)の「湘南ベルマーレvsフィンランド代表」は無料公開?

またもカナロコ(神奈川新聞)の報道です先日も話題に上げましたキリンカップの日本代表戦のために来日するフィンランド代表と湘南ベルマーレとの練習試合(平塚・14時キックオフ)が「無料公開」となるそうです

「来日したてのフィンランド」と「結成直後のベルマーレ」ですので、パフォーマンス的にはあまり期待できませんが、この時期にこんな対戦が平塚競技場で観られるというだけでもありがたいです(両軍とも怪我には注意ですね)。ぜひとも観にいきたいと思います(偵察もきそうですけど・・・)。ちなみにフィンランド代表の監督はサンフレッチェ広島にタイトルをもたらした元ヴィッセル神戸監督のバクスター監督です。

さらに「第2回 ベルマーレフットボールアカデミーカンファレンス」として、サッカー指導者を対象とした交流会にバクスター監督も参加するとのことです。こちらは既に公式ホームページにも告知されていたのですが、ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕は神奈川ダービー?

神奈川新聞の記事がカナロコに掲載されておりました3月8日(日)に平塚競技場で「湘南vs横浜FC」で開幕とのことです。今までの神奈川新聞の情報精度を考えれば、ほぼ決まりと思われます。

試合をやるのはオイラではなく選手たちなのですが、正直いきなり「失うものがない昇格組」(栃木・富山・岡山)ととは避けたいなあと思っていたので、それよりはよかったと思います。ただ仙台や横浜FCはなぜか例年3月に頻繁に対戦しているイメージがあるので、開幕カードとしては新鮮味はないですが・・・。あと久しく最終節をホームでやっていないので、本当はアウェイスタートがよかったなあ・・・。

両チームとも新監督ですし、あちらにはLEOCマネーもついておりますため戦力的にも申し分ないです。ホームですが確実に勝てるかわからない、好ゲームが期待できそうです。

ただ心配なのはアウェイ側の客入り。2007年は横浜FCがJ1でしたのでわからないのですが、明らかに2005(キングカズ選手加入)、2006(横浜FC優勝)、2008年と、年を追うごとに平塚でも横浜FC側の観客が大きく減っているように見えます。同県対決ということを考えれば寂しい限りです。ああいうこと言った手前、頼みますよ加藤大志選手(今日のブログ見にいったら中町選手がいるし・・・)!。フリ丸のデビューがアウェイ平塚ってわけにはいかないかな?。

あとは集客に影響がありそうなWorld Baseball Classic 2009で日本戦がこの日行われないことを祈ります日本は2試合に負けなければこの日は試合がなくアメリカ行き(2位以上)が既に決まっているということになるわけですし・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄で始動したらしいですけど、何も書けない。

1月19日(月)に沖縄の赤間運動公園でスタートしたようですね。馬入とかですと誰か(オイラが思っているより平日が休みな人が結構いるんだねとも思う)が見に行ってブログなどにまとめてくれるのですが、さすがに沖縄本島中央部の恩納村にまで基礎練習を観に平日に行く人は、神奈川新聞も含めていないようですね。公式ホームページの馬入日記(馬入じゃないけど)だけが頼りです。よくわからないので感想は書けないなあ。

さて同じ頃、東京ヴェルディの経営権について衝撃的な報道がありました。

報道の内容しか知らないのですが、現在名前の挙がっているリソー教育グループは東京と神奈川県東部(本厚木や藤沢にはありますが平塚にはないので、平塚の方にはピンとこないかもしれません)を中心にTOMASなどを展開する学習塾等の事業を行っている会社ですが、東京ヴェルディ以外にもFC東京と横浜FCのスポンサーをして、1試合をTOMAS DAYと称して万単位の招待券を配布し、アンケートなどと称して名簿を作成していることで有名ですね。なぜかオイラにも「FC多摩と多摩ヴェルディは東京のクラブじゃない」とおっしゃる23区民の知り合いから勝手に譲られますが、行けません(湘南戦があるし・・・)。この会社が東京ヴェルディに出資してしまうと、立場上FC東京と横浜FCは撤退となって名簿が作成できなくなるので、この会社のほうが困るのではないのかなあと思うのですが、いかがなのでしょうか?。

ヴェルディの経営難は水戸や岐阜と異なり放漫経営としかいえませんので、同情の余地はありません。でも学習塾って儲かるんですね。オイラ、当時の家庭の事情で幼稚園中退で高校まで公立でしたので、よくわからない世界です。

横浜FCにも日総工産が現在の雇用環境で業界が厳しそうななかで、リソー教育グループがヴェルディに獲られますととばっちりが大きそうです。昨年は国立でTOMAS DAYを行って2万人、それとは別に日産スタジアムでも何万枚もの招待券を出して3万6千人。横浜FCはこの2試合を除けば平日梅雨時の何百km離れているクラブ相手にSANNOサンクスデーを行うだけの湘南を大きく下回る、「三ツ沢なのに平均3,000人台、年間10万人未満の集客のクラブ」ですので、動員的に大打撃です。

FC東京系サイトを中心にここぞとばかりにたたいておりますけど、日本初のプロクラブを目指した読売クラブを結成し、全日本少年サッカー大会をよみうりランドで行い、高校サッカー選手権をテコ入れし、トヨタカップを中継し続けてという1970~80年代頃の奮闘を考えると、その結果がFC東京系サイトでの扱いって、どうなの?って思いますけどね(AFCの放映権を持っている放送局の「さまざまなスポーツをやるけど、どの競技もまんべんなく経験不足(自分で煽り、自分で酔ってしまい、自分を見失う、Jリーグの審判みたいな実況)でNHKアナとの差が歴然な古舘伊知郎さん風実況のアナウンサー(本人には足元にも及ばないが)」をみさせられると余計そう思う)。移転騒動の対応はまずかったですけど、1970~80年代頃の奮闘にリスペクトがなさすぎで、ただ叩いているだけですと「おいしいところだけしゃしゃり出ている」なような気がしますけどね。ああいう時代もあっての日本サッカーだと思うのですが、これでは困っているときに手を貸しても報われないというイメージがサッカー界につくなあ・・・。やりすぎるとまた「FC東京V」(背中スポンサーが「日テレ」)にさせられるので、ほどほどにしたほうがいいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年メンバー確定。

昨日は江ノ島行きだったわけですが、行ってません。どんな感じだったかは、意外にも田子千尋さんのブログがわかりやすかったですね画像があるとわかりやすいんですね。でもオイラは正体不明なので、誰だかわかってしまう「撮影」はしません。

ついに1月17日付けで2009年の湘南ベルマーレのメンバーと背番号が発表されました。

登録メンバーは以下のとおりです。

1 伊藤 友彦 (いとう ともひこ)
2 田村 雄三 (たむら ゆうぞう)
3 ジャーン (じゃーん)
4 山口 貴弘 (やまぐち たかひろ)
5 臼井 幸平 (うすい こうへい)
6 鈴木 伸貴 (すずき のぶたか)
7 寺川 能人 (てらかわ よしと)
8 坂本 紘司 (さかもと こうじ)
9 トゥット (とぅっと)
10 アジエル (あじえる)
11 阿部 吉朗 (あべ よしろう)
12 サポーター
13 鈴木 将太 (すずき しょうた)
14 阪田 章裕 (さかた あきひろ)
15 丁 正賢 (ちょん ちょんひょん)
16 植村 慶 (うえむら けい)
17 菊池 大介 (きくち だいすけ)
18 鎌田 翔雅 (かまた しょうま)
19 村松 大輔 (むらまつ たいすけ)
20 原 竜太 (はら りゅうた)
21 永田 亮太 (ながた りょうた)
22 中村 祐也 (なかむら ゆうや)
23 小林 竜樹 (こばやし たつき)
24 菅野 哲也 (かんの てつや)
25 金 永基 (きむ よんぎ)
26 山本 孝平 (やまもと こうへい)
27 滝川 敬祐 (たきがわ けいすけ)
28 猪狩 佑貴 (いがり ゆうき)
29 福田 健人 (ふくだ けんと)
30 島村 毅 (しまむら つよし)
31 前田 陽平 (まえだ ようへい)
32 野澤 洋輔 (のざわ ようすけ)
33 原田 開 (はらだ かい)

監督 反町 康治 (そりまち やすはる)
アシスタントコーチ チョウ キジェ (ちょう きじぇ)
コーチ 加藤 望(かとう のぞむ)
テクニカルコーチ 甲本 偉嗣(こうもと たけし)
GKコーチ 齋藤 誠一 (さいとう せいいち)
フィジカルコーチ カルロス (かるろす)
理学療法士 小川 岳史 (おがわ たけふみ)
トレーナー 小嶋 久義 (こじま ひさよし)
トレーナー 中尾 友亮 (なかお ゆうすけ)
トレーナー 飯盛 誠 (いいもり まこと)
通訳 西村 律郎(にしむら のりお)
主務 米谷 崇 (よねたに たかし)

背番号まであるので、ここに名前がある人は契約が完了し、開幕は湘南ベルマーレで迎えることが決定したということでしょう。まだ増える可能性はあるとは思いますが、夏前までは基本的に他チームを戦力外の人で合格した場合だけでしょう。選手の皆さんよろしくお願いいたします。

難読氏名選手は韓国籍の2人を除けば「むらまつ たいすけ」選手くらいですね(「こうもと たけし」・「にしむら のりお」も難しいか・・・)。

ポディション登録としては田村選手がMF、島村選手がDFに登録変更。サテライトでFWだった小林選手とサイドバックだった原田選手はMFのままでした。

田村選手はMF登録なのに「2」。5年間で4つ目の背番号となりますが、斉藤俊秀選手を尊敬してのということでしょうか?。

期待の菊池・鎌田・村松選手はそれぞれ「17」「18」「19」。セットで売り出すためにまず3連続で空く番号を探した上で、菊池選手が3月の開幕時に17歳、村松選手が19歳、チームでは村松選手より先輩の鎌田選手が間に入って、こうなったという理解でよろしいでしょうか?。あと菊池選手は今年からプロ選手ということでよろしいのでしょうか?。

なかなか発表されなかったトゥット選手の残留も決まりました。昇格を争うのであれば最低限彼か同等の選手がFWに必要でしたので一安心ですね。どれだけ出られるかが問題ですが・・・

とはいえ戦力は・・・、ダウンですね。石原・加藤・斉藤選手が抜けておりますので・・・。石原選手がJ1クラブに移籍するのは当然ですし、昨秋の加藤望選手には体力的問題を感じましたし、斉藤選手は俊足の選手が苦手なのではと思われましたので、そういう意味では仕方がないと思われますが、出来れば加藤・斉藤選手からポディションを奪取するということを今年の湘南の若手にさせたかったのですが、財力的にそんな余裕がないのでしょう。

監督が変わりましたので何とも言えませんが、MFは昨年並みの水準は維持出来そうかな?。GKは同格と思われる人が多くて「他に予算をまわせよ」って感じです。背番号的には斉藤選手の後任は山口選手が有力ってことですね。順当だと思います。新人選手については学生の試合をちゃんと観ていないのでわかりません。

試合数が増えたのに登録は32人と減りました。菅野監督は昨シーズンは特定の選手を使い続けたからか、秋以降は主力選手がバテておりましたし、アジエル・トゥット・ジャーン選手の離脱もそれと無縁ではないでしょう。選手層の薄さに不安があります。その対策からかテクニカルコーチ(2008年は不在)と理学療法士(2008年はこの役職がありましたっけ?)を採用したのかもしれません。甲本コーチは戦術分析のスペシャリストのようですね。理学療法士っていうと障害者のリハビリってイメージがあるのですが、小川氏もそういう役回りということでよろしいのでしょうか?。

前所属でもプロだった選手は寺川・野澤・阪田選手のみということで平均年齢が下がっております。最年少の菊池選手は夏以降レギュラーでした。今こそ20代前半以下の選手の奮起に期待します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50,000 Hits

いつもご訪問ありがとうございます。パソコン版のこのブログについているカウンターが5万ヒットを達成いたしました。

この数値、最初のページは人目に触れるので書きませんでしたが、実は1年で達成するつもりだった目標でした。もうひとつのサッカーや神奈川が全く無関係のブログでは1年を待たずに簡単に達成した数値ですが、こちらでは目標を下げたのに16日ほどオーバーです。悔しいです

ハイ、元祖のほう(オイラもリアルタイムでは観ていない)です。ザブングルの加藤歩さんではありません。

でも特にがんばりません、プロではないので、今までどおりにやります。今年はネタ切れの可能性もあるので2年合計10万ヒット出来るかどうかわかりません。

ちなみにもうひとつのブログはアメブロなのですが、

アメブロ > ココログ

でしたね。機能・運営面であちらのほうが優れていると思います。ココログの奮起を期待します。

さっきのスクール☆ウォーズの動画で思い出しました。あらすじを知らなくても大丈夫(ドラマをこれから楽しむ方は観ないでください)ですが、つまり「イソップ=不本意ながら引退する選手」「太陽=青波」と思って以下の動画(踊る大捜査線の署長がとても若いのは置いておいて)を観ると、なんだか今のベルマーレっぽいなと思いました。

ちょっと熱くなっちゃいましたね。今日は土曜日なのでこの動画でお口直しをしてください。

ところでJ1・J2よりあとに開幕するJFLが最初の2節のみカードを発表しておりますね。J1・J2もこの方式をとっていただければ予定も立てやすいのですが、なぜやってくれないのでしょうか?。

そして「湘南バイシクル・フェス09」が3月22日(日)開催と告知されました。ハイ、オイラはJ2第3節よりこちらを優先しますので、この節が行けそうなアウェイになる場合は土曜日にしてください。昨年客として来場していたらしい自転車好きの加藤望コーチも行くのでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小笠原 唯志氏 ヘッドコーチ就任のお知らせ

行きつけのお店からのリークのとおり、徳島ヴォルティスより正式に発表がありました。

まあなんといいますか、菅野組は最後まで酒が付きまとうなあ・・・

ホテルや飲食店は「○○さん来ました」は本人了承の元でOKですが、その人が公表されていないことを先に出してしまうのはいかがなものかと思います(もし浅野ユース監督が「来年トップに上がるのは・・・」って夏ごろにポロリされたのが、先にここに載ってしまったら落ちた子が悲しいし・・・)。あちらのお店にコメント欄がないのでここに書くことになりました。先日このブログでも引用させていただいている某ブログの別の記事がプチ炎上して、その記事が削除されておりましたが、インターネットへの掲載って難しいですね。

徳島は最下位ですが、湘南にとっては広島並みの難敵です。ただし湘南の監督が変わるので戦術が変わり、その関係も変わる可能性はあります。もともと徳島の美濃部監督と菅野前監督と小笠原コーチは京都で接点があるので、そのツテでしょうね。今年の徳島はベテランを中心に戦力補強がされているので、同じ配色の海っぽい名前のクラブとの対戦以外はがんばってください。

あとは菅野前監督ですが、Jクラブの監督36人は埋まってしまいましたが、どうするのでしょうかね?。

外池さん、こんな記事を載せるとはおちゃめだな・・・。外池さんといえば俳句の季語に出来そうなくらいこの時期はJリーグキャリアサポートセンターだった(現在は選手に講演もするらしい)のですが、思い出して訪問すると島村選手が挑戦していたようですね(外池さんの早実→早大→ベルマーレの後輩ですね)。しまむらストアーではなかったですが・・・。

今週からさっかりんに栃木・富山・岡山が追加されたのですが、横山聡選手のブログのこの記事とテンプレートを見る限り、あのブログの方向性はどうなっているのでしょうかと心配になります・・・(巨人ファンなのは湘南時代から知ってましたが・・・)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロスポーツ選手の仕事は競技を魅せること

昨日は昼前から久しぶりに両国の江戸東京博物館に行って「珠玉の輿~江戸と乗物~」を観にいきました。NHK大河ドラマ「篤姫」の影響か、異常に混んでおりました。チケット販売も混むので買うのであれば事前に金券ショップで買ったほうがいいですね。大名の籠は実用性重視でほとんど装飾がないのに、姫の籠は実家の江戸屋敷から嫁ぎ先の江戸屋敷への移動の「婚礼時1回きりの利用」なので、とんでもなく金ピカで豪華な籠が造られておりました。目玉はスミソニアン博物館から借りた篤姫の籠なのですが、非常に保存状態もよくふんだんに金を使っており、大河ドラマに登場する籠(これが最初に展示されている)の出来が失礼に見えました。

2時間観て外で昼食をとり、常設展を2時間半くらいで観ると5時ごろになりました。場所が両国なので両国国技館に行き関取の「出待ち」をしていました(あとでわかったのですが朝青龍関復帰戦ということもあって石井慧さん、中田英寿さんも国技館に来ていたそうです)。両国は基本的に関取もいったん外に出てクルマに乗る必要があるので、間近で関取を見てサインや記念撮影を求めることができます(鬢つけ油のにおいがすごいする)。

このときテレビCMにも出演する有名力士がわかりやすくがっかりした状態で歩いていたところを定年世代と思われるオジサマがサインと写真を求め近づきましたが、全く相手にされておりませんでした。その直後このオジサマが「天狗だ。オマエはファンサービスがなっていない。また相撲協会に抗議するぞ。電話受けの人しか対応しないけど・・・。」などを周囲に聴こえるようにまくしたてました。

オイラとしてはサインはもらえればうれしく各界の何人かのサインも持っているのですが、本人に迷惑をかけてまでもらいたくないなあと思います。そもそもプロスポーツ選手の仕事は競技を魅せることであって、ファンサービスをすること自体がプロスポーツ選手の仕事ではありません。この力士は有名なのでひとりにサインをすればあっという間にオイラも含めて百人単位が集まると思います。サインをするほうにとっては大変な作業だと思われ、今日の敗戦のショックの後で明日も取り組みの準備もあるわけですから、自分としてはいくら相撲人気低迷への対応と言われても、サインどころではないだろうと同情します。ちなみに野球のジャイアンツ球場(巨人)やタイガースデン(阪神)でも超有名選手はこの力士と同じ状況です。なんなんだろうこのオジサマと思いましたが、思い返すとプロスポーツの場だと必ずこういう勘違いをした人がいますね。配慮をいただきたいものです。どうしても欲しいのであれば後援会に参加すればどの競技でも本人がオフシーズンにきちんと対応しますよ。

湘南ベルマーレの場合は2月22日(日)のベルマーレワンダーランドに行けば、サインと写真程度はその場でしてもらえます。時間があるので全選手そろえるのは難しいでしょうが、新加入選手だけとか中心選手だけでしたら誰でも出来ると思われます。サインや写真が欲しい方はぜひそちらに参加しましょう。

両国をあとにして、新宿で京王百貨店に立ち寄り、全国的にも有名な元祖有名駅弁大会で夕食の弁当を調達しました。あいかわらずものすごい人で、入口でもらったチラシをもとにあらかじめ戦術を立てて回る必要があります。高いなあと思いつつも食べると満足なものが多いので毎回なるべく行っております。夕方だと輸送される弁当は少なくなっているのですが、その場で作るものは結構残っているので充分楽しめます。定期券に新宿が含まれている方にはおすすめです。

あのオジサマが不快だった以外は満足な1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日「何処へ行っても永遠に男!!菅野、古島、小笠原、浅野を応援します。」と書いてあるよ

里帰りですっかり平塚市のブログになってしまっている菅野将太選手のブログをみると、「笑酎茶屋 天鳥」に行ったそうです。そのお店のブログをみていると、毎日「何処へ行っても永遠に男!!菅野、古島、小笠原、浅野を応援します。」と書いてあるのですが・・・。

小笠原コーチが今季は美濃部監督のいる徳島ヴォルティスのヘッドコーチらしいです。

まだ両クラブとも発表していないのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月のカレンダーを見る

さて、ベルマーレに関する予定はどうなるのかと思っていろいろチェックをしてみたところ、2月1日に平塚競技場でベルマーレとフィンランド代表と練習試合を行うとのこと。おおっ、日曜日なので公開するのなら見てみたいですが、そもそも公開するのでしょうか?。公式発表はありません。発行されていないのでワンタッチパスのシミュレーションも出来なさそうですし・・・。

フィンランドの意向が最優先でしょうし、ベルマーレに至っては2009年チーム結成直後ということもあってあまり多くは望めないでしょう(横浜FCやヴェルディあたりなら偵察も来そうですし・・・)。そもそも両軍ともにどのような能力のメンバーが出るのかわかりません。観戦出来ても出来なくても、一理あると思いますが、マスコミの取材が申し訳程度入るのはいいかもしれません。

江ノ島に行くのが1月17日(土)ワンダーランドが2月22日(日)ですか。江ノ島のほうは予定があるので無理ですがワンダーランドは調整できればとは思います。まあ寒川神社大山阿夫利神社だとなんとなく湘南っぽくないですしね・・・。

今日・明日も広島でやっているのですが、月末にFリーグのベルマーレ戦がようやく南関東で行われます。

1月25日(日)14:00 大阪戦 (小田原アリーナ)
1月30日(金)19:00 浦安戦 (浦安市総合体育館)
2月8日(日)14:00 花巻戦 (平塚総合体育館)

今シーズンはとてもリーグ水準に満たないチームでスタートしていたので今季は2試合しか観にいっていないです。Jリーグがないときが一番観にいきやすいのですが、この時期はアウェイとセントラル開催で試合がないっていうのはどうなんでしょうか?。今月の小田原とSLAM DUNKのほうで有名な平塚総合体育館の試合には行ければなあと思います。あと正体をバラすくらいなら最初からミスターXって名乗らなくてもいいじゃん、準レギュラー出演者なんだし・・・。

J's GOALの企画「2009Jリーグ Pick Up!ニュージェネレーション」の1回目に菊池選手2回目に鎌田選手と、2回続けて湘南の選手が採用されました。3回目が現在U-20代表に参加している村松選手だったら湘南にとってはかなりいい企画ですね。高校野球では毎年スターが取り上げられますし、既に年5億円以上は得ていると思われるゴルフの石川遼選手(菊池大介選手と同学年)を筆頭に、フィギュアスケートの浅田真央選手、テニスの錦織圭選手と、10代に有力選手がいる競技は活気がありますが、サッカーはこの世代がU-20ワールドカップの出場を逃すなどで間逆な立場。現在全国高校サッカー選手権が行われておりますが、最近はこの大会で目立った選手が上のカテゴリで成功していないことも拍車をかけております(トーナメントだからということもありどこのチームも高木監督時代の横浜FCと似たようなサッカーをしているし・・・)。ちょっとでもそれを打破できればというための宣伝企画でしょう。

湘南は上記の3選手のほかに昨年JFL佐川印刷で主力だった今年3年目の猪狩選手も復帰しており、実は有名なユースを持つヴェルディ以上に期待の出来る若手はいるクラブです。4月から高3の菊池選手が昨年並みの急成長をすれば今年はアジエル選手並みの選手ということになります(!)ので、それに期待したいところです(あのときの写真パネルの価値をあげていただきたいものです)。今年のDF補強の少なさは鎌田・村松選手も戦力と見込んでのものでもあるでしょうから、1試合でも多く出場できるよう成長いただければと思います。加藤・斉藤選手がいないのはもう若手は成果を出すころだろうという判断もあるはずで、オイラも縁のある佐野市出身の小林竜樹選手、センターバック暦半年の島村選手あたりも戦力になると厚みが出てきます(というかトゥット選手が未定のままの場合、戦力になってもらわないと困る・・・)。大学や高校サッカーはよくわからないので、水戸の荒田智之選手(反町監督の高校の後輩なんですね)のようにいい意味で期待を裏切る新人が出ればなあ・・・。

補強面では基本的にJリーグのクラブは始動前に完了しますのでこれから入る人はいないのかもしれません・・・。うーん、試合数も多いですし、既に若手がいると述べつつも有名なベテランが多数無所属になっているので、もう少し補強があればなあとは思うのですが・・・。さらにこの時期になっても何も発表がない斉藤・北島選手はJリーガーとしては厳しいです。

ガイナーレ鳥取は経営が厳しいと伝えられていたのですが、結構補強しておりますね。2010年はJ2にいることを期待いたします。ますますベルマーレに縁のある選手が増えましたが、ベルマーレからレンタルの鶴見・林の両選手レギュラーになった場合、1年後に同時に抜ければ結構厳しいのではとも思うのですが・・・。ビーチバレーをするときは広島カープのユニフォームの梅田直哉選手は、今後も鳥取砂丘に白鳥勝浩選手を呼びつけてビーチバレーとかするのでしょうか?。日本海だからオフは演歌の世界なので無理だとは思うのですが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

永里源気選手、東京ヴェルディへ移籍。

今日は更新しない予定だったのですが、ニュースが入ったので更新します。

昨シーズンをもってベルマーレを契約満了になっていた厚木市出身の永里源気選手が、今季は東京ヴェルディに所属することになりました。

東京ヴェルディのプレスリリース
湘南ベルマーレのプレスリリース

妹達はのちにベレーザに昇格できたのに本人はヴェルディジュニアユースからユースに上がれなかったという、マリノスユースに上がれずベルマーレユースに来た高田保則選手(草津)のような経歴があるので、永里源気選手にとって一度はヴェルディでプレイしてみたかったのではないかと思われます。おめでとうございます。例によってお父さん妹さんがブログにコメントしております。

去年までのヴェルディの戦力で考えれば、ディエゴ・大野・廣山選手といったあたりが同じようなポディションの選手なので正直無謀な移籍になるのですが、ディエゴ選手がこの時期でも未定で大野・廣山選手は契約満了ということで、今シーズンは3人ともいない可能性が高いです。今季のヴェルディは抜ける選手が多く補強の発表はまだなのですが、現時点ならベンチ入りなら出来そうですね(でもさすがに補強なしというのも考えにくいで、もっと出場しやすいクラブ入りでもよかったのではとも思うのですが・・・)。以前記事にしたような選手ですがよろしくお願いいたします。ちなみにこの記事は今日は10位のようですが、投稿後今日まで一度も週間アクセスベスト10から落ちていないようなので、湘南サポーターの皆様が気にされていたのでしょう。湘南戦以外ではご活躍を期待しております。厚木市出身選手として茂庭照幸選手(FC東京)並に今後もひっそり応援します。

まあご本人が一番よくわかっているでしょうが、期待通りの働きをしなかったら「妹達のコネで入れてもらえたんだろう!」と罵声を浴びることになってしまうでしょうから、今まで以上に奮起する必要があると思います。またヴェルディ戦で「永里が小さくなったと思ったら妹と入れ替わっていた」とか、ベレーザ戦で「永里が大きくなったと思ったら兄と入れ替わっていた」とかネタにされそう(心配になって、別視点からみるためにいつもこっそり拝見させていただいているベガサポ兄弟さんのブログをさっき見たら、書いてなかった。)です。そんなことのないよう結果を出していただければと厚木市民として思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このブログも今日から通常営業

あぁ、1月1日から2日にかけて作りおきしておいた6日分の記事を使い切ってしまいました。アップのついでににほんブログ村に登録してみたり、ブログパーツとかを追加していたので全く何もしていないわけではないのですが、記事を書くのは久しぶりです。にほんブログ村、登録は簡単で素早かったでしたが、未だにいまいちよくわからないです。

箱根駅伝、何年かに1回くらいの割合で観にいくのですが、今年は行けませんでした。オイラの学校は関東学連選抜だったのですが、大神を買収した厚木の松蔭大学からの選手もこのチームから出ていたんですね(サッカーと駅伝(この大学だけではないですが陸上部や中長距離走部ではなく「駅伝部」というのが・・・)だけ特別扱いのようです)。9位に入って予選枠が増えたのはよかったですね。厚木にもキャンパスがある東京農業大学は残念でしたが・・・。

こちらのブログによりますと1月6日がベルマーレの仕事始めとのことで、なんだかいろいろ発表がありました(他クラブもですが)。野澤・寺川選手も加入で新潟色が強くなりますね・・・(キーパー多くないかい?)。去年は次の週末にはトップチームが始動していたのですが、今年は試合数も多いし昨年の最後はバテていたため少し始動遅れるうえに沖縄キャンプからなので、チームを見に行けるのは2月からですね。せっかくのFリーグがJリーグのない年末年始がセントラル開催というのは見直してほしいなあとも思うのですが・・・。ぜんぜん行けません。

なお、息子さんお父さん妹さんのブログによると、とりあえず菅野さんと永里さん(現時点で今季の所属先が発表されていないので「さん」づけ)は元気のようです。

最近グルメブログっぽいなぁ。平塚の食事はあと数件記事候補はあるのですが、平塚競技場・球場内を取り仕切る平塚市食堂連合株式会社には一度アウェイに視察にいったらどうだというレベルの低さ(寒いときの豚汁、ガラポン賞品のクッキー(製造元は)くらいか?)ですし、フードパークの屋台も多くは市外から来ており、なにより現時点でこの成績ですので、今年の冬に複数の★を付けられるお店が平塚にありましたらご紹介いただきたいものです(紹介したからということで甘い採点はしませんが・・・)

今年はWorld Baseball Classicが厚木市出身の原辰徳監督なので、2・3月はそれもここで触れることになると思います。うーん、前回優勝のあとの監督というのは厳しいなあ。それにイチロー選手は中田英寿選手以上に発言力がありすぎっぽいので、うまく扱わないと今のマリナーズみたいになってしまい危険そうですし・・・。決勝はドジャースタジアムですか、「完全にクルマ社会なので嫌がらせのように駐車場が広い」「阪神甲子園球場よりデカい」「試合そっちのけでビーチボールが飛んでくる(ロサンゼルスの海岸には昨年突然ベルマーレカラーのブログがオープンした湘南ひらつかビーチパークの何倍ものビーチバレーコートがある)」「ドジャードッグは有名だがオイラの基準では味は無星(ネタとして星ひとつくらい)」って印象ですね。同じ厚木市出身の多村仁選手がブログで地味にアピールしておりましたが、結果的には前回のWorld Baseball Classic以降ベイスターズ・ホークスで成績を残していないので、代表以前にホークスでの立場が崖っぷちのように思われます。選ばれなかったのは当然でしょう。

今年もよろしくお願いいたします。いきなり数日休みそうですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タダシ ヤナギ マルイファミリー海老名店

急遽ケーキを買わなければならなくなりましたので、海老名駅前のビナウォークでケーキを買いに行きました。寒いのに路上ライブしている人がいますね。ここと本厚木駅北口がいきものがかりの出身地(ジャイアン的には「空き地」。いや、ビナウォークってもともと「空き地の中に五重塔」という公園だったし・・・。五重塔がそのままなのでよりシュールになりましたけど・・・。)ということを元旦のNHK総合テレビでも放送されましたし、また増えるのかな?。

そりゃ、このブログで記事にもするのですから、銀座コージーコーナーパステルではないです(どちらも悪くはないのですが、チェーン店なので当ブログで取り扱えない)。

ビナウォークの一角、マルイファミリー海老名店の1階にある「タダシ ヤナギ」で調達しました。ここがホームページでよいのでしょうか?。

群馬県出身の柳正司さんのケーキなどのお店です。非常に華麗な経歴をお持ちですね。海老名市内で出店しましたが、この経歴ですので都内でもお店を持っております(AllAboutに記事があります)。現在は海老名市内のお店は製造専門にしてこのビナウォーク内に出店しております。

お土産などで年に1回くらい他の「洋菓子で海外で表彰される人」のケーキをいただくのですが、うまく説明できないんですけど、いかにも「そういう作り方」をしたものが多い(そこがヨーロッパと日本の嗜好の違い?)のですが、こちらのお店のケーキはそういう要素が弱く、上品なケーキという感じに仕上がっていたと思います。ただ、完全に大人向けで、いきものがかりつながりのこちらのお店とは路線が違います(そりゃ、ファミリー向けって感じではない)。今回の贈答ターゲット的にはOKでした。マルイの中の店で仕切られてもおりませんのでざわざわしており、独立したお店と比べるとちょっと接客はしづらいのですが、しょうがないでしょう。

海老名駅東口って有名店が多いのですが、それは銀座コージーコーナーなり、スターバックスなり、ユニクロなり、サティなり、ふたつのシネコンなり、どれもここ以外にもあるお店なので、生活には便利なのですけどこのブログ的に厳しいのですよね。このお店と中村屋そこを突いての「個性あるお店」というのであれば、美味いではなく巧いなあと思います。

厚木・海老名地区なのに東京的なケーキということでおいしかったです。ただし文章としてちょっとそれを説明しづらいお店でもあって残念です。個人的に代表商品があると書きやすいのですが・・・(なんじゃ、そのリクエスト・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年J2リーグで戦う相手

湘南は2009年もJリーグディビジョン2(J2)に10度目の参戦をします。ファンの皆さんなら今更説明するまでもないでしょうが、一応まとめておきます。

<参加クラブ>
コンサドーレ札幌(北海道)
昨年度18位(J1)
J2初年度参加クラブ・元J1クラブ

ベガルタ仙台(宮城県)
昨年度3位・入れ替え戦敗退(J2)
J2初年度参加クラブ・元J1クラブ

水戸ホーリーホック(茨城県)
昨年度11位(J2)

栃木SC(栃木県)
昨年度2位(JFL)

ザスパ草津(群馬県)
昨年度9位(J2)

東京ヴェルディ(東京都)
昨年度17位(J1)
Jリーグ初年度参加クラブ・元J1クラブ

横浜FC(神奈川県)
昨年度10位(J2)
元J1クラブ

湘南ベルマーレ(神奈川県)
昨年度5位(J2)
元J1クラブ

ヴァンフォーレ甲府(山梨県)
昨年度7位(J2)
J2初年度参加クラブ・元J1クラブ

カターレ富山(富山県)
昨年度3位(JFL)

FC岐阜(岐阜県)
昨年度13位(J2)

セレッソ大阪(大阪府)
昨年度4位(J2)
元J1クラブ

ファジアーノ岡山(岡山県)
昨年度4位(JFL)

徳島ヴォルティス(徳島県)
昨年度15位(J2)

愛媛FC(愛媛県)
昨年度14位(J2)

アビスパ福岡(福岡県)
昨年度8位(J2)
元J1クラブ

サガン鳥栖(佐賀県)
昨年度6位(J2)
J2初年度参加クラブ

ロアッソ熊本(熊本県)
昨年度12位(J2)

<リーグ戦>
3回戦総当り。18チームが参戦しているため全51節51戦。勝利で勝ち点3、引き分けで両チームに勝ち点1、負けで勝ち点0を得て、勝ち点の合計で順位が決まる。

<降格・昇格ルール>
1位・2位・3位は2009年はJリーグディビジョン1(J1)に昇格(J1・J2入れ替え戦は廃止)。J2からJFLへの降格はなし。

広島・山形がJ1へ昇格し、札幌・東京ヴェルディがたった1年でJ1から降格してきました。まあ札幌は三浦俊也監督が大宮のときと同じサッカーをしておりましたし、ヴェルディは人を集めただけのサッカーでしたので、ある程度予想されたとおりの結果ですけどね。また栃木SC(栃木サッカークラブ)・カターレ富山・ファジアーノ岡山がJFLより昇格参入しました。以前にも書きましたが、全国の主要地域の大小の都市を押さえており、アウェイ観戦に魅力的な構成になっております。札幌(豊平区)と栃木(佐野市)は在住歴があるので個人的にはダービーです。

ついにJ2初年度参加クラブでJ1未経験のクラブはサガン鳥栖だけになりました。リーグとしてはいろいろなクラブがJ1を経験することはいいことだと思います。ただ、今平塚の小学生は中田英寿選手がJリーグでプレーしたことに「ウッソだー」と言う子もいるくらい昔の話になってしまっております(10歳未満は彼をサッカー選手だと思っていない子もいる)。もう10年も経っておりますので、何とかしませんといけません。

うーん、18クラブですか。Jリーグもこれ以上クラブが増えたら共倒れなのではないでしょうか?今年の予算頂点と思われるセレッソと、C契約の選手が多い水戸や岐阜では過去最大級のリーグ内格差があるのではないかと思われます(外人選手を雇えるクラブと雇えないクラブで線引きがされそうです)。2007年の数値を見ても、水戸の予算の少なさ、徳島の異常な入場料収入の低さ、ヴェルディの「その他(補填金額)」、鳥栖の持ち出しの多さは、湘南の財政難以上に問題と思われます。ヨーロッパではプロリーグはせいぜい2部(小さな国では1部だってプロかどうか怪しい)までですし、もっと現実を見ないといけないと思います(なんといっても地方交付税交付金を40年以上受け取っていない厚木市に住んでおりますので、夕張市や大阪市のアホ財政っぷりは許せないのですよ。昨年末の湘南戦を招待券で埋めていた長居とかは分不相応で取り壊してもいいと思うくらいです。)。その結果湘南が3部(JFL)に落ちたとしてもそれはそれで仕方ないと思います。経営不振から城南一和みたいなバックに「どうなんだろう・・・」という組織がついてしまったらまずいです。

それにしても51試合とは多いですね・・・。疲労でコンディションを落とす選手が出たり、2度目の累積警告4枚目で2試合出場停止になったりなどで、準レギュラークラスの充実も勝つためには必要になってくるでしょう。また、ここでも書きました今年は17×3÷2でホームゲームが25.5試合(今年は21.0試合)です。ホームゲームが26試合のところと25試合のところが出るのでしょうか?。それとも中立地で1試合やるのでしょうか?。湘南は極端にアウェイに弱いので26試合やりたいところです。またシーズンチケットがICカード方式(ワンタッチパス)になってどのように活用されるかも注目すべきところです。

まあ始まってしまえば、以下の動画のようにハラハラドキドキしつつもあっという間に最後を迎えているのでしょうけどね。

外人はクリアするスピードを競うの好きですからね(動画の真贋も指摘されますが・・・)。ファミコンは30代向けでしょうか?。40代はインベーダーゲームなど、20代は最初からスーパーファミコン、10代は最初からプレステ等でしょうし・・・。今のドラクエとか動画がすごいそうですけど、海外でこれ見たとき、音楽・グラフィックともナイスなリメイクっぷりにオイラかなりツボに入りましたね・・・。

クラブについての寸評は、まだ選手補強中のチームもある(今年は大幅に変わるクラブもあり特にわかりません)ので、2月に行いたいと思います。とりあえずJ'sGOALのJ2移籍情報でもどうぞ。正月休みも終わりましたし、湘南も移籍加入者が増えてほしいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドカレー ボンベイ

年末に、確かにうなぎを食べたい時期である「土用の丑の日」と違って「おせちもいいけどカレーもね」の無粋さ(センスのなさ)が許せないという話をあるところでしていました。なぜなのかをよりうまく説明する方法を模索していたところ、GoogleもYahooも「おせちもいいけどカレーもね」の検索のほぼトップでうまくまとまっている記事があったので、これを正月にブログでも紹介したかったんです。読んどいてください。でも商売のしくみとしてハウス食品を見習ってもいいかなあとは思いました。今年、正月に「年明けうどん」というのを流行らそうとしているようですが、恵方巻き同様、PRに特定団体(さぬきうどん振興協議会)が前面に出すぎなので、「へ~、香川県はそうなんだ」で終わりなのではないかなあと思います(元旦にはたいてい蕎麦が残っているし・・・)。

しかしオイラも本来カレーは好きなので、カレーに対しての贖罪のために、実際に行ったのは12月だったのですがこの日はカナロコでフライングがあったので記事化出来なかった厚木のカレー店の紹介をここに持ってきます。

インドカレー ボンベイというのですが、厚木では知られたインドカレーのお店で、ホームページはこちらです。

国道129・246・412号線が集約される「厚木市立病院前」交差点から、相模ゴム工業本社(コンドームの会社です。女性創業者の松川サクさん(故人)は女性を多産から守る観点からこの会社を立ち上げており、厚木市名誉市民であり、市では松川サク工業賞に名を残す英雄扱いです。)方面に「曲がって、すぐ」のところにあります(駐車場あり)。本厚木駅から歩くと20分近くかかる(平塚駅-平塚総合公園間と同じくらいですが・・・)かもしれませんので、神奈川中央交通「市立病院前」バス停から向かったほうが良いかもしれません。

インド南部のケララ州から来られたインド人のみのお店です。しかし日本語に全く問題はないので安心して利用できます。インドカレー(あちらではカレーとは日本における醤油煮込みのようなものなのでバリエーションは豊富)とインドの飲み物(お酒を含む)がいただけます。

この日はチキンマサラとカレー、インド米ガーリックライスとナンをいただきました。カレーとライスやナンは別々に頼むのですが、「カレーひとつに対しライスやナンはひとつ」という容量なので、ライスやナンを複数頼む場合は同数のカレーを注文しましょう。辛さは1~5の5段階と「S」という辛さが用意されております。3が標準ですが日本人向けに手加減されております(ベルマーレ戦に出店されるGARA中海岸の出張販売と同程度)ので、オイラ的にはちょっと辛めの4ですね(「S」は頼んだことがない)。おいしかったし2皿なのでおなかいっぱいです。スタンプ制のメンバーカードやホームページからのクーポンもあります。

オイラが小学生(バブル期)のころは厚木でインドカレーが食べられるなんて考えもつかなかったなあ。それだけ日本も国際化をしているのでしょうね。海外に行くと砂糖入り緑茶など現地の人によるヘンテコ料理が出てきますが、このお店はインド人の方によるインド料理ですので、当たり前ですが本格的です。参加したことはないのですが、サリーの着付けや語学教室など食事以外での交流も受け付けておりますので、インドに興味のある方には注目でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酔蕎庵 楽食

<追記>2013年に毛利台から長谷に移転しました

年末には蕎麦を食べるのですが、昨年末は以前より知人に薦められていた酔蕎庵 楽食(すいきょうあん らくた)に行きました。ホームページはこちらです。インターネット上では結構有名なお店でもあるようです。

なかなか行けなかった理由はちょっと遠いのです。昭和の時代に造成された毛利台の中心にある毛利台ショッピングセンター内にあり、駐車もここで出来ます。バスの場合は神奈川中央交通「毛利台団地」行きバスで終点の毛利台団地で下車してください。ただ、厚木市南部のオイラから見て「遠い」と判断される場所ということもあって、東急ストアによるショッピングセンターそのものは閉店してしまいました。今回紹介のおそば屋さんと、花屋、酒屋くらいしかお店がありません。毛利台は高台の上に住宅・団地・小学校のみが密集しているところなので、クルマがないと生活物資調達は相当厳しいのではないのでしょうか。毛利台、大丈夫なのかなあ?。

ここは十割蕎麦を売りにする18席の小さなお店です。基本的に店主の秋林さんがひとりで調理し、おばさま数名らが接客をしております。昼食としていただいたのですが、大晦日ということもあって結構混んでおりました。

「かき揚げせいろ」をいただきました。十割蕎麦はつなぎがないので巧く打たないとポロポロ崩れてしまうのですが、それが全くない麺でした。でものどごしは十割蕎麦そのもの。無理のない甘口なつゆも100%天然だしということでよかったです。かき揚げも小海老や帆立貝柱が入ったなかなかのものでした。量は女性・オジサマ向けでちょっと少ないかな・・・。詳しくはホームページの表紙に書かれておりますので読んでいただければと思いますが、なるほど、家の近所にこのレベルのお店があれば通いますね。

夜も蕎麦居酒屋形式で遅くまで営業しているようです。また蕎麦アイスも提供したり、蕎麦打ち教室を開催したりといろいろな顔を見せているお店です。幸せの丘もそうでしたが、本厚木駅や厚木ICのような便利な場所でもなく、七沢や飯山のような環境のいいところでもない、こんなところにも面白そうなお店があるのですね。でもホームページや名刺にもあった「愛甲石田駅より車で5分、本厚木駅より車で12分」はちょっとサバを読んでいるような・・・。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原直樹選手、大宮アルディージャに完全移籍。

はい、新年の挨拶が先になってしまいましたが、その前日の大晦日湘南ベルマーレの石原直樹選手が大宮アルディージャに完全移籍することが発表されました。

結論から申し上げると、オイラもチラチラ見解を述べておりましたとおり、昨シーズンの成績では仕方がないでしょう。

ルール上、相手クラブに移籍金満額を積まれれば選手のみの判断で移籍することが出来、クラブにはどうしようもありません。

大宮はJ1クラブで湘南はJ2クラブ、群馬県出身の石原選手にとって大宮のほうが両親の観戦に都合がいいです。

また毎年数億円をスポンサー料とは別に補填してあげている横浜Fマリノスを、とうとう日産自動車が養いきれなくなった(確かに地上波テレビに映らないのにマリノスタウンや広告料などを含めトータルで年に数十億円を払うということは、オイラなら株主に説明できません)中で、NTTグループは逆にアルディージャに投資をしようとしております

また2010年ワールドカップを目指すなら最終予選かそれと同等の試合に出る必要があるので、今年はJ1にいることが最低条件でしょう。プロ選手の寿命を考えれば、移籍を選択するのもありでしょう。

能力を認められた結果なのですから、がんばってください・・・

・・・、と言いたいところでしたが、移籍先が「大宮」というのは、失敗しそうなのでイヤだったなあ・・・。

まず、一部の報道では「ドリブラー」とあったり、「MFとしての起用」が考えられているとか。走るのは速いですけど、ドリブラーですか?。また上田監督のときにMF起用は試されておりますが、結局FWのほうが使えるということで却下された起用法ですが・・・。それ以上に既に外人2トップがレギュラーとして確定しているので石原選手はスタメン落ちが確約されております。さらに鳥栖のFWの藤田選手も獲るらしいそうで、これがテキトー報道ではなく大宮の見解そのものならば、早くも加藤大志選手化(「湘南でユース代表になれたレギュラー→京都で残り20分の人→1年で飽きられて代わりを補強される→3年間飼い殺し→戦力外の時には湘南に同等選手が多数→横浜FCに移籍金なしで加入」)しそうな大暴落要素ばっかりで、がっかりです。元湘南の村山祐介選手も「いい守備をするのに、1試合に1度水戸黄門の印籠並みのお約束で、防げる凡ミスをする」という仕様が大宮首脳陣にもバレたようなので今年は正念場のようですし・・・。

あんまり言いたくないですけど、浦和やFC東京、新潟などからのアウェイサポーターが大挙するのに、大宮は入場料収入(Jリーグは異常に招待券を出しているクラブがあるので、収入で見ないと本当の集客力がわからない)が毎年J1最下位(一部のJ2クラブにも負けている)で、人数も2007年の17位を除いて最下位。それを鹿島アントラーズ以上の広告費をもらって補っているのに、毎年残留争いですからね(2007年は鹿島:16億円・大宮:19億円)。クラブ自体もJ1なのに肩身は狭いと思われますので、「自分が人気クラブにしてやるという意気込み」があってちょうどいいくらいだと思います。石原選手にとってかなり茨の道ですが、がんばってください移籍するからには、社長長岡さんもおっしゃるとおり、大宮でレギュラーとなって日本代表入りは両クラブにとって最低限のノルマです

さて、出すほうの湘南ですが、移籍金係数の「×8」満額をもらっても、昨年の背中スポンサー不祥事撤退と袖スポンサー倒産未払いで2億円以上の損失を出しているそうなので、それの代わりにも足りないくらいでしょう。原竜太選手が過去の成績から跳びぬけて活躍するとは思えませんし、阿部選手は正直「そりゃ、これじゃあFC東京はいらないよなあ」というパフォーマンスでしたので、新人選手の成長に期待したいですね。残念ながら・・・。あぁ、仙台とセレッソは主力残留なのになあ・・・。

鹿島以上のスポンサー料をもらって、現場・営業ともに目標未達でもお咎めなしという「お役所以上にお役所仕事が出来るクラブ」が、正直「一社会人としてうらやましい」です(もっとも、だから「がんばってもがんばらなくても待遇は同じ」な大宮の人気はあがらないのでしょうけど・・・)。普通の仕事は予算を獲ったらその額の責任が生じるのは当たり前なんですけどね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年はヴィッセル神戸とオリックスバファローズの年ですか?。ヴィッセル神戸はリーグが違うのでどうでもいいです。

更新していない間は年末年始な生活をしておりました。あ、ベルマーレをお褒めいただいたファジアーノ岡山ファンのブログにコメントをつけさせていただきました。ここに限らず、ベルマーレは地方の下部リーグクラブにとってはロールモデルとして期待をされていることが多いですね。期待を裏切らないようにがんばりましょう。

年末は毛利台で蕎麦(後日記事化)を食べ、実家でも蕎麦を食べ・・・、まあいいんです。蕎麦は好きなので。せっかく毛利台の蕎麦がおいしかったのに、帰ってきたら石原直樹選手が・・・。これは今日からブログパーツをつけた秘密のケンミンSHOW(平日のこの時間は帰宅できていないのでなかなか観ることができないのですが、好きな番組です)を観た後、明日の記事にします。

オフにキングベルⅠ世との写真からブログをはじめた田子千尋さんには悪いのですが、K-1に興味がないのでNHK紅白歌合戦を観ておりました。平日はあまりテレビが観られないので、1年間でどんな歌があったかを再確認するのに役立っております。ジェロさんの歌の歌詞に出る「出雲崎」って新潟県出雲崎町なのですね。日本海というのでてっきり島根県の歌だと思っておりました、すみません。この告知効果、歌のチカラはすごいですね。毎年正嗣の餃子を提供してくれる宇都宮の親戚のオジサマが熱狂している水森かおりさんにオファーが殺到していることがわかるような気がします。

厚木としては今回はいきものがかりが出ていたので、歌詞(こちらを参照してください)に出てくる小田急線と、舞台のオイラの格納庫から徒歩圏内の相模大橋(厚木駅-本厚木駅間を小田急線と併走する相模川の橋)に、ファンが集まるのでしょうか?。そういえば吉岡聖恵さんは「ポニョ」の前座で、久石譲(指揮)・平原綾香青山テルマさんとの夢の競演で、まるでオイラのリクエストのように平塚で応援歌に使われている曲であるラピュタの曲を歌ったのでビックリしました。検索ワードによると、このブログに「吉岡聖恵さんの実家を探すこと」を目的とした検索で来た人をたまに見受けるのですが、それは載ってません。ご家族も迷惑でしょうから勘弁してやってください。

しかし、氷川きよし天童よしみさんがハリのある歌声で演歌を歌っていたのに対し、50代以上の歌手のうち数名は衰えが著しいですね(これは元旦の漫才コンビにもいえた)。前者2人が出ているのでそれが際立ってしまっております。まるでキングカズ選手とゴン中山選手を観ているようで観ていられません・・・。この日限りの新宿コマ劇場とともに勇退をすべきだったのでは?と思いました。オイラが子供の頃の紅白には70代の歌手は出ていなかったし・・・。

紅白の後は毎年親戚に東急ジルベスターコンサートに変えられてしまうのですが、オイラも好きなのでそのまま観ています。今年は明らかにカウントダウンにあわせるのに失敗(ラプソティ・イン・ブルーの最後の数拍が年明け後だった)だったのを指揮者たちが言い訳をしておりました。言い訳の見苦しさを示す今年最初のいい教訓に、いきなりなりました

その後、出かけたり、寝たりして、今日は天皇杯決勝のガンバ大阪対柏レイソルをテレビで観ました。圧倒的に柏が有利な条件で試合が行われましたが、ガンバが大人のサッカーを展開して延長で柏を下しました。ガンバ大阪は自力のあるいいクラブですね。アジアでもがんばってください。

いつかまた天皇杯決勝に出たいなあと思いながら、今年も正体不明でよろしくお願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »