« 彦根城 | トップページ | 石井琢朗から「ありがとう」の会 »

コンディトライ バッハマンのバウムクーヘン

月曜日にある方から手土産をいただきました。それはConditorei Bachmann(コンディトライ バッハマン)の「ドレスデン風バウムクーヘン」です。

以前から気にはなっていたのですが、オイラは平塚へは通常片道10kmくらいをチャリ通しておりますので、とてもその道中に洋菓子を持って移動する気にはなれないのですね。そもそもケーキは年に数回しか買わないし・・・。

なぜ気になっていたかというと、雑誌BRUTUSの「日本一の『手みやげ』はどれだ!?」にバウムクーヘン部門1位として載っていたらしいのです(他にテレビ等にも出ているらしい)。平塚の土産事情は全く疎いのですが、ああブログのためにどっかで「確認」しないとなと思いつつも、チャリ通なので後回しにしておりました。それが「向こうから勝手にやってきたよ」ということで、ラッキーでした。ありがとうございました。

見た感じは普通のバウムクーヘンですね。ただ外周に薄く砂糖でコーティング(フォンダン)されております。食べてみるとシナモンの風味がしますね。おいしかったと思います。ドレスデン(ドイツ東部のザクセン州)のバウムクーヘンはこういう味なのでしょうか?。検索エンジンで検索すると結構他の方の感想がヒットしますので、そちらも参考にしてください(冷やしたほうがいいのでしょうか?)。

バッハマンの本店(喫茶室もある)はJR平塚駅から南西の方向にある花水台にございますが、平塚駅南口(湘南ひらつかビーチパーク・平塚競輪場方面の出口)に八重咲町店という支店があるので、観戦ついででしたらこちらのほうが便利だと思います。ホームページは特にない(花水台本店の食べログの記事はこちら)ようですが、楽天市場にてドレスデン風バウムクーヘンのみお取り寄せが出来るようです(えらい配送料と手数料がかかるなぁ)。バウムクーヘン以外にも「丹波黒豆ぱうんどケーキ」や「ふわふわオムレット」といったあたりも人気商品とのことで、また本来はケーキ屋さんなのでケーキもいろいろある模様です。まぁまだバウムクーヘンをもらっただけでよくわからないので、偉そうなことはいえないのですが・・・。いつか店舗のほうに行ってみたいと思います(シーズンオフが近づいているので来シーズンになると思われます)。

以前書いた「お土産の基準」を再掲載しますと、

*************
(1)主要駅またはサービスエリアで買える(忙しくてもわざわざ出向かずに買える)
(2)食べ物である(消えもののほうがもらいやすい)
(3)配りやすい「個包装」(赤福のようなものだと分けられない)
(4)1個50~300円で100円前後が望ましい(あまり高くてももらうほうが気を使う)
(5)賞味期限が常温数日で形崩れの心配もない(保有に気を使わないで済む)
(6)通販や物産展以外では現地に行かないと買えない(これ大事)
(7)女子ウケするもの(男にあげても「それを彼女に・・・」で済むが、逆は無理)

なのですが(これくらいは土産業界もマーケティングしているでしょう)、この基準でJクラブのあるところだと、
北海道:石屋製菓「白い恋人チョコレートドリンク」
北海道:六花亭「マルセイバターサンド」
宮城:菓匠 三全「萩の月」
岐阜:玉井屋本舗「登り鮎」
京都:満月「阿闍梨餅」
大阪:大阪の味本舗「お好み焼き」
福岡:明月堂「博多通りもん」
*************

個包装されていないのでオイラ基準では漏れてしまうのですが、平塚に限ると今までお土産について何も紹介できませんでした(だって、厚木市民だし・・・)ので、とりあえずひとつ紹介できてホッとしたというのが本音です。よろしかったらぜひどうぞ。

ベルマーレを含んだJリーグホームタウンで、「MUST BUY」なお土産がありましたら、コメントでご紹介いただけるとうれしいです。

|

« 彦根城 | トップページ | 石井琢朗から「ありがとう」の会 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

本店は通称、西海岸に在ります。最近はマリンロードと言っている様ですが。
アメリカディゴの並木道になっていてマリンロードを示す旗がJ1の
横浜某チームに似ていて超不満、ベルマーレカラーにしてほしいものです。
この道にはドラ焼き「湘南ボーイ」(駅ビル1F菊毬)の本店やスポンサーの
「しまむらストア」も在ります。

海岸側のプラザロードのスイス菓子シルスマリアには昔「ベルマーレ」と
言うサッカーボールの形をしたケーキが有りましたが今も売っているかは
不明です。

投稿: ベルサポ1号 | 2008年11月26日 (水) 18時32分

補足、ありがとうございます。

本文にありますとおり、今回は頂き物だったので実際には店舗に行ったことがありませんので、参考になりました。

今後、店舗のほうに確認に行ければと思っております。

投稿: チャリ通 | 2008年11月27日 (木) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンディトライ バッハマンのバウムクーヘン:

« 彦根城 | トップページ | 石井琢朗から「ありがとう」の会 »