« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

今日は岐阜戦

まず最初に、このたびのムンバイでのテロでベルマーレのスポンサーであるレモンガスの社長がテロに巻き込まれて閉じ込められていたのですが、無事帰国することが出来ました。ベルマーレに関係しているから、日本人が無事だったから良かった(日本人はひとり亡くなられている)というわけではございませんが、でも本当に無事で良かったです

そして今日は岐阜戦です。今節と次節で各クラブが最終戦を行う(徳島だけJ2のクラブ数の関係で例外になってしまいました)わけですが、湘南は今節が最終戦です。前の記事でも書きましたが、毎年最終戦はゲームボランティアの皆さんに感謝をする日ですので、ゴミを残さないなど迷惑をかけないようにしたいところです。

とりあえずベルマーレ12会員はピンバッチの引き換えが最終日ですので、忘れずに交換しましょう。引き換えのためのカードも忘れないように注意しましょう。この会員も1万人を突破したのは朗報です。「どのような属性を持った人がどれくらい来るのか?」というのは営業先で必ず必要になるわけですから、ある程度は経費がかかっても必要なシステムだと思われ、登録人数が多いことはいいことです。

当日のイベントが発表されているのですが、まあサンタクロースはベルマーレのマスコット的には昔からやりたいパフォーマンスですよね。あとオイラにもきた緑紙でグッズの抽選があるので、持っていればお忘れなく。

現場組については、とにかく最近オカネを獲れるレベルではないくらい走れていないのをいいかげん何とかしていただきたいです。おかげで成績を落とすかたちで結局今年も去年と同じような状況でホーム最終戦を迎えてしまいました。ちなみに昨年はこのあと下位の福岡と愛媛に連敗。息切れまで昨年をマネするようでは恥ずかしいですよ、菊池選手を除いてプロなんですからね。岐阜戦はここまで1勝1分0敗でまだ勝ち越せていないので、勝って岐阜にも勝ち越しましょう。昇格云々はそのうえでの話です。まずは目の前です。

もう選手へ戦力外の通達は行っているのかな?。試合終了後は全員で挨拶があるはずですので、雄姿を観にいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石井琢朗から「ありがとう」の会

ご先祖様が佐野市なので、立場上行かないわけにはいきません。本日午後は横浜スタジアムの『石井琢朗から「ありがとう」の会』に行きました。

14時開始のところを13時15分ごろに到着しましたが、なんだか既に行列になっております。最終的には数千人はいたような気がします。この日のイベントはグラウンド内で行われましたので、横浜スタジアムの人工芝の上に立ちました(ベース上は人工芝で覆う)。今まで東京ドーム(現在と先代の芝)や西武ドームの上に立ちましたが、横浜は先代の東京ドームの人工芝に似ていました。開会前ですが既に私服の琢朗選手がいます。待たせているお客さんに対して琢郎選手は機転を利かせてキャッチボールをしてあげます。こういう気配りも人気につながっているんでしょうね。首都圏以外で知られているか知りませんが、琢朗選手は非常に女性にモテる人としても有名でした。今の奥様はフジテレビの女子アナでしたしね(突っ込まれる前に出しておきますと、前の人(元アイドル)はオイラと同じ厚木市出身なのですが、いやオイラが中学入学前後の彼女の地元の評判が(以下自粛)・・・)。

頻繁に更新される琢朗選手のブログ(今日からアドレス変更、いままではこちら)等を見ている方はご存知と思いますが、同じ佐野出身の戸叶選手と小関選手を子分として面倒を見ており引退した戸叶尚選手を佐野市で自身が設立した少年スポーツクラブ、琢朗 アスレティック アカデミーのコーチにさせ、この日のイベントでもアシスタント司会者をしておりました。このクラブの子達はボランティアでこの日参加しており、あとでこの子達から花をもらうとき、この子達に負担がかからないようにゴミはなるべく持ち帰ってくださいという趣旨のコメントを言っておりました。ボランティアさんはがんばってくれているわけですから、琢朗選手の発言はいい発言だと思います。明日のベルマーレのホーム最終戦は例年通りボランティアに感謝をする日でもありますので、明日のお客様は見習っていただきたいものです。

本番になって深山計さん(同じマネジメント会社)が出てきたので司会をするのかと思ったら、実際の司会者は琢朗選手本人。足跡をたどる映像を観た後、櫻井幸雄さん(画家)、小野瀬雅生さん(クレイジーケンバンド)の激励を受け、まず佐野市(琢朗選手は2,000本安打のときに佐野市の名誉市民になっております)の岡部市長から横浜スタジアムで販売した「いもフライ」の売り上げより100万円を寄付したということで感謝状をもらいました。また横浜市からも「ヒット1本1万円」と「シーズンシートの寄付」の福祉活動に対して感謝状をもらいました。

伊豆の国市の「パワフルキッズチアリーディングチーム」と内川聖一選手(セ・リーグ首位打者で琢朗選手と同市で自主トレをしている。よく来た、えらい。)によるパフォーマンス(小学生の割には出来がよかった)のあと、ダンス大会。しかしダンス大会のほうはベイスターズファンのノリが悪く、スベっていたなぁ・・・。

直筆サインボールがもらえるくじ引きは外れてしまいました・・・。残念。

オークションを行い、ホエールズグッズまでも含む入札制オークション(上位10人から抽選)は3~6万円で落札されたのですが、他球団のオークションの基準でこれじゃ無理だろうなと思ってオイラが入札した金額は落札者より高かった。惜しい!。自らをトラキチと名乗る阪神でこのクラスの選手のオークションをしたら、確実にマルがもう1個つくと思うのですが、横浜の物価水準にはビックリしたなあ。まあ金額は2の次なんですけどね。バット・グラブ・今日着ていたユニフォームのスペシャルオークションは20万円くらいでした。シューズのときは貯金をもってきたと名乗る子供のために低い提示金を出した子に落札されましたし、子供用オークション(実質抽選)や学生用オークションなど、ファンの要望に応えた様々な対応がされました

最後に映像を見て、挨拶をし、カメラマンを電光掲示板上に配置して参加者全員と記念撮影をして終わりました。もみくちゃになりながらファンによる花道を下がっていきました。会の前後には応援団を中心に琢朗選手の応援歌が何度も歌われました。野球やサッカー選手はこれがあるからいいよなあ。

すごいです。巨人でも、阪神でもないのにこれだけの規模の会を引退じゃないのに個人で行うことが出来るのは、本人の積み重ねの賜物だと思います。試合に出られるか出られないかは本人次第ですが、このような選手ですから広島カープの皆さんも大事に取り扱っていただければと思います。さっそくカープの格好の人を20人くらい見ましたし、既に「Carp 石井琢朗 25」とサインされている赤い横断幕も飾られておりました。来年は広島は新球場ですし、ぜひ観にいきたいと思いました

なぜこんなベイスターズを象徴する選手をクビにしたと言われるベイスターズの意図もなんとなくわかり、経営側としては出番が減らされている名球会選手をベンチやシーレックスにまわすわけにもいかないですし、出番を減らした監督の立場ですとここ数年琢朗選手の特徴であった盗塁と内野安打が激減しているので「じゃあ、若手を」と思うのもわかります。優勝経験と人柄をカープで生かして欲しいですね。

さて元佐野市民としては、当日会場配布された琢朗選手の写真やプロフィール、メッセージの入った紙を佐野市観光物産会館に持っていくと「いもフライ5本」がもらえるので、ぜひ佐野プレミアムアウトレット(神奈川発の日光や鬼怒川温泉、いちご狩りの1泊バスツアーって、かなりの確率で帰りにここに立ち寄るんだよなぁ)や、佐野ラーメン、厄除け大師のついでにお越しいただければと思います。まあここに来た人はシーズン中に横浜スタジアムで食べているのでしょうが・・・、ぜひ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンディトライ バッハマンのバウムクーヘン

月曜日にある方から手土産をいただきました。それはConditorei Bachmann(コンディトライ バッハマン)の「ドレスデン風バウムクーヘン」です。

以前から気にはなっていたのですが、オイラは平塚へは通常片道10kmくらいをチャリ通しておりますので、とてもその道中に洋菓子を持って移動する気にはなれないのですね。そもそもケーキは年に数回しか買わないし・・・。

なぜ気になっていたかというと、雑誌BRUTUSの「日本一の『手みやげ』はどれだ!?」にバウムクーヘン部門1位として載っていたらしいのです(他にテレビ等にも出ているらしい)。平塚の土産事情は全く疎いのですが、ああブログのためにどっかで「確認」しないとなと思いつつも、チャリ通なので後回しにしておりました。それが「向こうから勝手にやってきたよ」ということで、ラッキーでした。ありがとうございました。

見た感じは普通のバウムクーヘンですね。ただ外周に薄く砂糖でコーティング(フォンダン)されております。食べてみるとシナモンの風味がしますね。おいしかったと思います。ドレスデン(ドイツ東部のザクセン州)のバウムクーヘンはこういう味なのでしょうか?。検索エンジンで検索すると結構他の方の感想がヒットしますので、そちらも参考にしてください(冷やしたほうがいいのでしょうか?)。

バッハマンの本店(喫茶室もある)はJR平塚駅から南西の方向にある花水台にございますが、平塚駅南口(湘南ひらつかビーチパーク・平塚競輪場方面の出口)に八重咲町店という支店があるので、観戦ついででしたらこちらのほうが便利だと思います。ホームページは特にない(花水台本店の食べログの記事はこちら)ようですが、楽天市場にてドレスデン風バウムクーヘンのみお取り寄せが出来るようです(えらい配送料と手数料がかかるなぁ)。バウムクーヘン以外にも「丹波黒豆ぱうんどケーキ」や「ふわふわオムレット」といったあたりも人気商品とのことで、また本来はケーキ屋さんなのでケーキもいろいろある模様です。まぁまだバウムクーヘンをもらっただけでよくわからないので、偉そうなことはいえないのですが・・・。いつか店舗のほうに行ってみたいと思います(シーズンオフが近づいているので来シーズンになると思われます)。

以前書いた「お土産の基準」を再掲載しますと、

*************
(1)主要駅またはサービスエリアで買える(忙しくてもわざわざ出向かずに買える)
(2)食べ物である(消えもののほうがもらいやすい)
(3)配りやすい「個包装」(赤福のようなものだと分けられない)
(4)1個50~300円で100円前後が望ましい(あまり高くてももらうほうが気を使う)
(5)賞味期限が常温数日で形崩れの心配もない(保有に気を使わないで済む)
(6)通販や物産展以外では現地に行かないと買えない(これ大事)
(7)女子ウケするもの(男にあげても「それを彼女に・・・」で済むが、逆は無理)

なのですが(これくらいは土産業界もマーケティングしているでしょう)、この基準でJクラブのあるところだと、
北海道:石屋製菓「白い恋人チョコレートドリンク」
北海道:六花亭「マルセイバターサンド」
宮城:菓匠 三全「萩の月」
岐阜:玉井屋本舗「登り鮎」
京都:満月「阿闍梨餅」
大阪:大阪の味本舗「お好み焼き」
福岡:明月堂「博多通りもん」
*************

個包装されていないのでオイラ基準では漏れてしまうのですが、平塚に限ると今までお土産について何も紹介できませんでした(だって、厚木市民だし・・・)ので、とりあえずひとつ紹介できてホッとしたというのが本音です。よろしかったらぜひどうぞ。

ベルマーレを含んだJリーグホームタウンで、「MUST BUY」なお土産がありましたら、コメントでご紹介いただけるとうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

彦根城

関東の外に遠征に行くにはサッカー以外の名目も必要なオイラなのですが、本当は京都に行きたかったのですが、滞在時間が足りません。セレッソ戦のキックオフ15時間前にあわてて立てた名目が、このブログにどなたか存じませんが滋賀県民の固定ウォッチャーがいるように見受けられるので、そこから選んだ「彦根城」(国宝)でした。Jリーグのない県からのアクセスはオイラ的には目がいっちゃうんです。

朝一番のひかり号で米原まで行き、そこから東海道本線でひとつ先が彦根駅です。途中で彦根に城を建てる前に拠点になっていた佐和山(「佐和山城跡」という看板が立っている)を車窓から見ることができます。江戸時代になり平和になったから平地の彦根に移動したのでしょう。

この彦根城は江戸時代からの天守閣を維持しており、さらにオイラの先祖は栃木県佐野市なのですが、江戸初期までこの地の大名だった佐野氏に代わって領主になったのが彦根の井伊家(飛び地として管理)だったので、一度は行きたいと思っておりました。

彦根駅から歩いて10分くらいなのですが、いたるところに「ひこにゃん」が登場します。さらにお土産屋さんにはぬいぐるみなど数多くのひこにゃんグッズであふれており、大きなスペースを割いております。全国各地に存在するご当地キティのほうが、ここでは「ひこにゃんのバッタもの」のように見えてしまうのには驚きました。江戸時代の櫓のひとつが展示スペースになっているのですが、ひこにゃんと鉄道模型とレゴによる彦根城が展示されるという、ものすごいチャレンジャーな部屋になっていたことも驚きました(世界遺産に立候補中なのに・・・)。井伊直政も自分のかぶとをこんな弱そうなキャラクターにかぶられ、しかもそれが人気になるとは思わなかったことでしょう。ひこにゃん本人(?)も城内数箇所に登場しますよ。

彦根は彦根城のところだけ丘になっており、天守まで上ると少し汗をかきます。櫓の類も多く残っており、お城好きにはかなり見ごたえがあると思います。3層の天守閣の中は防御の土壁のために窓が小さいので暗く、スペースの都合で階段というよりもはしごでしたね。これはここだけでなく現存のお城すべてがそうなので仕方ありません。3層天守といえど丘の上にあるのでかなり眺めがよく、特に城内のもみじ越しに琵琶湖を望む眺望はかなりよいです。ただし天守閣自体は小さいのでちょっと人数が多いと身動きが取れなくなり、入場制限が行われますのでご注意ください。この日は連休中ということもあってオイラの帰り際に60分待ちと掲示されておりました。

今年はNHK大河ドラマで「篤姫」が放映されておりますが、これに登場する井伊直弼が日米修好通商条約を結んだのが1858年でちょうど150年前になり、この条約によって開港された港が来年2009年以降順次150周年を迎えます。関東では横浜開港150周年関連イベントが宣伝されておりますが、彦根城では井伊直弼を介して、これらのイベントを神奈川新聞(ベルマーレスポンサー)も使って紹介しておりました。

天守閣だけでなく櫓なども残っており、さらに関連施設もちゃんと見に行っていれば3~4時間は欲しい充実したお城でしたね。姫路・松本・松山城といったあたりも天守閣が残っておりますが、愛媛FCのある松山城は山城なので松山市の展望台的な使い方も可能で、こちらもお勧めです。彦根城は電車の時間が合えば京都か岐阜に新幹線を使わずに45分くらいで行けます(ただし大垣-米原間は極端に便が悪いので注意)ので、「遠征には行くけど、今回は京都市や岐阜市はいいや」と思った場合は候補に入れてやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2第43節 セレッソ大阪vs湘南 戦

結局当日0時になって、大阪に行けました。しかし結果は・・・。

大阪 2-1 湘南

この試合でよくわかったことは、「練習でできないことは、本番でもできない」ということでした。最近の練習試合のとおりの結果が本番でも再現されてことになります。

会場入りして10秒後にキックオフというタイミングでスタンド入りしました。前半ですが湘南がサポーターに向かって攻撃をします。試合開始から数分後、早くも湘南はPKを獲得し、決めて先制します。しかし冷静だったのはセレッソ側で、湘南側は勘違いをしてしまいました。

このPKでこの日の吉田寿光主審が「カードは出さないけど過敏にファールをとる」ということにいち早く気づいたセレッソイレブンは積極的にファールをもらいに行きます。セレッソの小松選手にいたっては負傷退場してしまうほど必死でした。それに対して湘南のディフェンス陣は何人か熱くなってしまってこれに乗ってしまい、セレッソになんどもフリーキックが与えられます。そしてついに酒本選手に豪快にフリーキックを決められてしまいました。しかし、なぜそんなに熱くなっているのでしょう?。60分くらい時間が残っていてまだ同点なのにいったい何に対してあせっているのか?。そんな疑問がこのころありました。

答えはすぐわかりました。このあとから明らかにフィールドプレーヤーほぼ全員がエネルギー切れを起こし、大幅にパフォーマンスが低下しております。とりあえず前半は同点で終わりました。後半開始前にお手洗いに行っていたところ、「ゴォール」のアナウンスが・・・。混んでいて後半開始に間に合わなかったところに、すぐゴールが決まってしまいました・・・。あとでダイジェスト映像を確認したところ、香川選手がドリブルからシュートを決めたようですね。湘南のセンターバック2人はクロスやロングボールでの攻めにはJ2トップクラスの守備ですが、代表級の選手に走られてしまうと厳しいです。いろいろな意味で痛恨のゴールでした。当然エネルギー切れの状態なので、このあとまともな試合展開ができず、試合終了。完敗でした

思えば先日の水戸戦では加藤望選手がよくなかったと指摘しました。この日はベンチスタートでした。その前の山形戦では選手の一歩出遅れを指摘しております。現在の湘南のサッカーは相手より速く攻めてナンボのものなのに、10月以降はっきりいって全く走れておりません熊本戦松本山雅戦も走れていないために攻撃を組み立てられておりませんでした。同点前後にあせっているようにみえたのは選手も自覚があるからなのでしょうか?。明らかにシーズンを通した調整の失敗であり、フィジカルやマッサージ、選手の年齢構成等も含めた監督・コーチ・GM等の見込み違いが、秋の戦績に直結しているように感じます。特にこの試合の後半の選手の動きは「頭ではわかっているけど体がついてこない」というのが見えてきてしまっており、とてもお金を払えるレベルではなく、この試合のパブリックビューイングが次の岐阜戦は観戦しないほうがいいという逆宣伝になってしまったのではないか?、と心配してしまいます。相当厳しいですが岐阜戦もまだ3位の可能性がありますので、よろしくお願いいたします

また、選手にアジエル選手を探す癖があるように見えましたが、正直この日のアジエル選手はベストコンディションにまでは戻っていないので機能していません。鎌田選手がサイドバックで出ておりましたが、彼も菊池選手状態でセレッソ戦には荷が重過ぎました。よく考えれば、今年の湘南は平均年齢は普通なのですが、レギュラー級の平均年齢は他クラブより高いと思います。その代わりの選手が菊池選手や鎌田選手ということですと、せっかくこの順位にいるのに高すぎる授業料だなと感じてしまうのですが、それほど石原・金・鈴木伸貴選手を除いた24歳前後の選手はダメなのでしょうか?。

試合前に山形が引き分けたため、山形の3位以上が確定しました。おめでとうございます。広島もそうですが、同じ外池選手出身クラブなのになあ・・・。臼井選手が移籍すると昇格ってジンクスができつつあるのが気になります。ちなみに前回臼井選手がベルマーレを放出されたときは無所属(その後横浜FCの練習生に)でしたので、どこか紹介していればあのときベルマーレが昇格だったのでしょうか?って考えられないようがんばっていただきたいものです。

しかし日韓ワールドカップの日本戦・世界陸上・大阪国際女子マラソンに使われるだけあって、長居はJ2の試合をやるべきところではない充実ぶりですね。セレッソの殿堂みたいなコーナーもありましたし・・・。空席になると緑と青の湘南カラーの席になるので、もっと空席があればよかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休は大阪戦

さて、明日は大阪戦です。この期に及んでまだ行けるか決まっていないのですが・・・。

セレッソの公式ホームページやいくつかのブログを観たのですが、一応公式ホームページには、

J1への望みをつなぐためには、勝利あるのみ!
“大一番”に皆さんの熱い声援をお願いします

とは書いてあったのですが、全体を見渡して、他の情報を見る限り、仙台・湘南・鳥栖と比べて覇気がないように感じられました。なんだか森島選手感謝祭前夜祭みたいな感じで、昨年の成績が今のセレッソと同じ6位で、無理やり「昇格争い中」としていた湘南と比べるとずいぶん違和感を感じます。確かに森島選手はいい選手でしたが、この雰囲気のクラブには正直負けたくないですね。まだ年間対戦成績が1勝1敗のクラブなので、勝ってセレッソにも勝ち越して、昇格の望みをつなぎましょう。

それにしても当日はえらいたくさんイベントがあるんですね。森島選手のポディションはベンチどころかラジオなんですね。えぇっ?、6,000人も動員するの?。いやさぁ、ベルマーレが梅雨の平日に行っているSANNOサンクスデーどころではない大動員を、連休中のこんなリーグ戦佳境におこなっちゃうってどうなの?っていうのが正直な感想で、長居はセレッソにとってオーバースペックということを象徴しちゃってますね・・・。さすが全国有数の財政難自治体にあるクラブです。

そういえば、白井博幸選手が、間にブランクを挟んでセレッソから湘南に来たんでしたね。その白井選手も引退をされるそうです。オイラ的にはプレースタイルに賛否があるのですが、湘南でも人気がありましたし、本人も一番長くいたクラブになりました。お疲れ様でした。

さあ、3連休ですよ。どこでもいければどこに行く?と質問されれば、オイラ的には「京都か奈良か宮島で紅葉を観る」って、思わず言っちゃいますね。そんな中での関西遠征とあって、交通機関や宿泊も混む可能性がありますね。0系新幹線も今月限りということで、運行されている新大阪駅以西も鉄ちゃんが多そうです。オイラは去年サッカー以外の用事で博多で0系新幹線に乗りましたがカラーリングが違いました。今は復刻のカラーリングで運用されているらしいですが、もしセレッソ戦に行けて、新大阪で0系新幹線が観られれば、オイラは熱心な鉄ちゃんではないですが、やっぱりラッキーと思いますね

もし行けなくても平塚ではパブリックビューイングがあるんですね。大阪にいけなかったらそっちに行きます。

あとは、やるだけ。でも最近の練習試合の成績が悪いのが気になりますね。セレッソ戦が得意の加藤望選手が働けるのかも心配(本人も自覚しているからブログの更新がないのでしょう)。

ホーム最終戦の岐阜戦を楽しく迎えるためにがんばりましょう(そうか、岐阜は今節おやすみだから、早くも先週から岐阜系ブログが湘南戦を取り上げているんですね)。その前に、本日横浜FCが仙台を倒すことを期待します、三ツ沢だし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう 栃木サッカークラブ

昨日の記事の石井琢朗選手関係の記述に続けて書きたかったのですが、焦点がぼやけすぎてしまうので、主にベルマーレについて書いた記事を昨日出して、こちらの記事は今日というかたちになりました。

日曜日にJFLの栃木サッカークラブ(栃木SC)がホームでアルテ高崎を下し、J2昇格条件の年間4位以上を確保しました。オイラが栃木県佐野市に1年住んでいたことがあり、先祖も佐野市でしたので、宇都宮市のこのクラブも忘れたころに登場(本日の記事には今までの記事と重複があります)しておりましたが、とにかくノルマクリアで良かったです。

もっとも、全員プロ契約で監督も含めJリーグ経験者が多数いたわけですから、もっと楽に勝っていなければダメでしょう・・・。JFL後期だけの成績ではちょっと今後が心配ですね。クラブの財務状況が非常に良くないうえ、栃木グリーンスタジアム(フットボール専用)は少なくとも照明とバックスタンドを改修をしなければJリーグ基準を満たせないので、4位以上だからいいというわけにはこのクラブについては言えないのですが、現時点でJ2湘南ベルマーレよりやや上の集客力があるので、来年はそこそこの成績を上げれば1試合1万人以上の集客も見込めそうですし、なんとかJリーグには入れると思っております。高崎戦の日はよりによって栃木県知事選挙と宇都宮市長選挙もあったわけで、(特に下野新聞(しもつけしんぶん)が)もうたいへんな1日であったことは想像できますが、勢いに乗ってスタジアム等の支援を自治体から得られればいいですね。

元湘南の選手としては佐藤悠介選手、横山選手、照井選手がいるのですが、まあ佐藤悠介選手はいろいろな面で湘南時代と変わらない選手でした。横山選手は試合に出ていましたが、照井選手はどうなるのかな?。ちなみにベルマーレの前身のクラブは栃木県(那須ハイランドパーク)で結成されており、その当時の選手がセルジオ越後さんになります。JFLとJ2の差は大きいのですが、栃木がどんな戦いをするかは楽しみです。

栃木SCといえばキックオフ前の「栃木県民の歌」ですね。明らかにサッカーじゃなくてこの歌を歌うことを目的にしているオッサンがいましたしね。あれの合唱はすごいですね。来年の関東各地のJ2スタジアムでブームになると思います。また北関東3県にJ2クラブが出揃うことになりますので、とちぎテレビで応援番組をやっているU字工事の漫才(那須は県南と比べてもっと訛っていると思うのですが・・・)のような楽しい論戦がリアルに起こるかもしれませんね。でも湘南ベルマーレはJ1に上がりたいので、今は栃木には関わりたくないです

ただ、栃木SCの4位以上が決まったのはガイナーレ鳥取の結果からなんですよね。ベルマーレ的には鳥取の塚野社長がベルマーレユースの指導者をしており、選手やスタッフにもベルマーレOBがいて、三村ロンドさんをはじめ鳥取に思い入れのある人が多いと思うのですが、よりによって塚野社長がベルマーレユースで一緒にやっていた佐川印刷の猪狩選手にやられてしまうというのは悲劇すぎですね。鳥取に貸し出されている鶴見選手同様、佐川印刷の猪狩選手も、おそらく時期的にこの試合がベルマーレに戻るための最後の査定試合だったでしょうから、いたしかたありません。ベルマーレ以上に昇格が厳しくなりましたが、最後までがんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末もJ2の試合はなかった

まあ、30日近く間が空いてしまうアビスパ福岡よりはマシですが、今週はアウェイ戦もないので間隔が空き過ぎてやりづらいですね。

金曜日に「百年旅行~明日へ紡ぐメッセージ」の湘南ベルマーレ真壁社長の回を観ました。まあ予想通りというか、ベルマーレ平塚から湘南ベルマーレになった際に取り組んだビーチバレーなどのスポーツクラブの取り組みが、今、実を結んだということで、ソフトボールやフットサル、トライアスロンといったところをもれなく押さえた広報番組でした。精力的な社長には頭が下がります。内容はオイラ的には既に知っていることばかりでしたが、まあ番組製作、およびBSなので放映予算もJリーグから出ているわけでしょうからいいでしょう。番組の効果があるといいですね。

サッカークラブとしては、横浜ウォーカー坂本紘司選手の記事()()()の記事が、平塚から湘南になったあとの歴史とも重なり、読み応えがありますね。必読です。J1目前インタビューっていうのが、山形に負けた後だとちょっと恥ずかしいのですが、坂本選手にはベルマーレの選手としてJ1でプレーしていただきたいですね。まだ可能性はゼロではなく、さらに坂本選手は当事者ですから、がんばっていただきたいものです。

広島と鳥栖が12月の天皇杯準々決勝に勝ち上がりましたね。おめでとうございます。特に鳥栖にはこのあとの仙台戦を期待しております。湘南とセレッソだけでなく、鳥栖にとっても仙台戦勝利が昇格の条件ですので、がんばっていただきたいものです。

来週はアウェイセレッソ戦。現時点ではまだ行けるか決まっていないのですが、なるべく行きたいです。平塚で負傷した尾亦弘友希選手(ケガのあと毛が生えてる)が出られないのが残念ですが、負けたほうが今シーズン終了ともいえるので、絶対勝ちましょう

阿部選手入籍おめでとうございます。ホームゲームはあとひらっちさんも気合が入っている岐阜戦しかないのですが、不景気の中での営業アピールのために、この試合でベルマーレ12会員も1万人超えるといいなあ。プロ野球も、集客力のない(西武線沿線住民は埼玉都民ばかりなのに、西武ドームが西武線沿線以外の人は埼玉県民でも来るなと言わんばかりの交通の便の悪さで造ってしまったからしょうがないよな・・・)埼玉西武ライオンズがアジア制覇で終わりましたし、みんな観に来てくれるといいですね。

脱線してしまいますが、プロ野球といえば、オイラのご先祖様の出身地である佐野市の名誉市民である石井琢朗選手(名球会会員)が、戦力外になるのはチームの方針として仕方がないですが、カープに再就職出来てよかったです。オイラ横浜市が嫌いなので横浜ベイスターズも応援していないのですが、実は石井選手が彼が得た名声・人脈を佐野市にたくさん還元していることを伝え聞いている(たまにそれを本人のブログにも載せている)ので、さすが名誉市民として感心している好きな選手のひとりなんです。ぜひ納得いくまでプレーしていただければと思います。月末のイベントに行ければと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルバジーナ(黄金井酒造「酒蔵体験ときき酒」)

今日は事情があって両親を接待する必要がありました。そこで前から候補に挙げていた「SELVAGGINA」に行ってきました。

SELVAGGINA(セルバジーナ) ホームページ

もちろんセルバジーナのイタリアンも目的だったのですが、このお店を経営する黄金井酒造の「酒蔵体験ときき酒」がオイラが小学校以来の工場見学好きであったこともあって、いつかは使おうを思っていたのです。

黄金井酒造は江戸時代から厚木市七沢で日本酒「盛升」を造り続け、今年で190周年の神奈川では有名な酒蔵です。七沢は本厚木駅(厚木バスセンター)からバスで30分近くかかるだけあって遠いのですが、宮ヶ瀬ダムと違って割と平らなので、オイラも自転車で行くことがあります。今回は全員でバスで行ったのですが、30分ごとの七沢行きバスはかつて読売ジャイアンツの吉村禎章選手(現コーチ)なども通った神奈川県総合リハビリテーションセンターがあるためか、割と混んでました。七沢は森の中なのですが、七沢森林公園や、中村屋店主のお兄さんが経営されているZUNDO-BAR(中村屋と味が似ているバーのようなラーメン屋)、そして厚木周辺でゴルフに行かれる方にとってアフターゴルフのシシ鍋と日帰り温泉でおなじみな七沢温泉の各旅館(平日午前の柳生博さんが出ていた番組中村江里子さんが出ていた番組でプレゼントされる旅館だ!って思った人はオジサマ・オバサマです)があり、これらとセルバジーナを組み合わせれば、実は1日楽しめる場所でもありますよ

時間に合わせてセルバジーナに行くと、蔵元である黄金井社長が登場し、10名ほどの参加者(40・50代が多かったかな?)とともに、黄金井クリニックの先にある黄金井酒造の中に入りました。蔵元は50代に見えるのですが、日本酒造りに大変造詣が深く、この蔵元のお話が聞けるだけでも参加費用全額を払う価値のある大変有意義なものでした。

昭和初期の建物の杉玉を見て、古いほうの蔵を見て、ビン詰め・ラベル貼りの設備を見学、新しいほうの蔵で酒造りのビデオを見て予習をした後、実際の酒造りの設備を見学します。酒粕やお米、発酵中の日本酒(発酵のためにやや炭酸のようで酸味がある)を味見することが出来ます。タンクの中でボコボコ発酵しているところも直接見ることができます。

黄金井酒造は数年前より新潟からの杜氏の招集をやめて、自社社員による酒造りをはじめたとのことで、酒造りの見学を好まない杜氏がいなくなったためにこのような見学が可能になったとのことです。そして現在の醸造責任者は、なんとベルマーレの斉藤俊秀選手と同い年の35歳!。オイラより数年年上くらいで酒造りを任されるなんてすごいなあ。若いので今後が楽しみです。今は日本酒を造っておりますが、シーズンが終わるとこの社員たちは地ビールや酒粕から造った米焼酎などを造っており、1年中何らかのお酒を造っているとのことです。

ひととおり見学後、セルバジーナに戻ると、「しぼりたて盛升」「吟醸辛口」「純米酒」「本醸造酒」「米焼酎」「地ビール」が、利き酒の名目で飲み放題になります。このお酒を飲みながら、セルバジーナのイタリアンを楽しむことが出来ます。この日のメニューは、

前菜の2品の盛り合わせ
茄子とトマトのトマトソースピッツァ
アンチョビとキャベツのスパゲティ
鶏もも肉とジャガイモのソテーローズマリー風味
自家製酒粕のジェラート

という内容でした。ディナーコースと質・量とも同じというわけではないのですが、お酒飲み放題の上にパスタ・ピザ・メインが揃った内容なので、仮に酒蔵体験がなかったとしても満足の内容です。酒蔵体験とこれがセットで3,500円。自社の宣伝の意味もあるとはいえ、オトクすぎです!。料理としては釜で焼いたピッツァと甘酒味のようになっているジェラートが印象深かったです。正直、日本酒蔵元がドイツ・イギリス系のビールのために造ったイタリアンレストランということで心配もあったのですが、本厚木でこの水準のレストランがあれば今以上に人気が出ると思いました。盛升は安い酒はそれなりなんですけど、一定より高いお酒はかなりおいしいですよ。地ビールは日本的にアレンジされた味になっているような気がしました。

よく缶やパックに入ったコーヒーを飲むと、淹れたてと比べて風味が落ちるなあと思うことがあると思うのですが、ここで飲むお酒はまさにこれを実感できます!。蔵出しのお酒は香りやキレが抜群で大変おいしい。これらのお酒はセルバジーナの店頭で購入可能です。現在のベルマーレの菅野将晃監督はお酒好きで有名ですが、そんな人にも自信を持っておすすめ出来るすばらしい会で、両親も大満足でした。終了後本厚木駅南口まで送迎してもらえます。

上記の通り1年中何らかのお酒を造っているので、時期に合わせて毎週末に焼酎や地ビールとかの蔵体験ときき酒を開催しており、また行きたいと思いました。遠いけどおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋食 ゾロ

そういえば漢祭りは前田監督退陣とともに無くなったのかなあ?と思った先日の水戸戦のあと、湯乃倉ガーデンに寄って平塚駅へ向かうと17:30を過ぎていたので、かなり久しぶりに「洋食 ゾロ」に行くことにしました。

ホームページは用意されていないようなので、とりあえずYahoo!グルメの紹介をリンクさせておきます。

平塚では今更説明するまでもなくかなり有名なお店です。インターネット上にたくさんの記事があります。一応、平塚駅と平塚総合公園の間にあるのですが、大磯方面に少しそれた路地にあります。駐車場はなかったと思います。

ここは、価格に対して量がかなりあり、運動部の男子高校生や肉体労働者にも対応していると言え、ギャル曽根さんでなければ量に不満はないと思われます。

席に着くとポタージュが出されますが、これはお水同様飲み放題(飲み放題にしてはウマイ)です。グリルドミックスを注文しましたが、ポークソテー・チキンソテー・ハンバーグ・ハム・マッシュポテト・コーン・キャベツが皿に載っておりました。ライスのほかにこの内容で税込1,050円は、味はファミレスに遜色ないですし、安いと思います。同じ家庭的老舗レストランでも、この数日前に行ったトラットリア ベルマーレとは真逆のコンセプトです。

ちなみにお持ち帰りも可能です。

おばちゃん達が接客する小さなお店ですが、18:00の時点でほぼ満席でした。有名店ですので平塚に行ったついでにいかがでしょうか?、アウェイの皆様。ただし日曜日が休日ですので、サッカー観戦ついでの訪問にはご注意ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

湘南天然温泉 湯乃蔵ガーデン

オイラ、普段はチャリ通なので行っても意味がないのですが、先日の水戸戦はチャリ通ではなかったので、試合終了後に湯乃蔵ガーデン(ゆのくらがーでん)に行きました。

湘南天然温泉 湯乃蔵ガーデン ホームページ

平塚競技場のある平塚総合公園北側に隣接しております。駐車場完備で、利用者は4時間駐車無料です。湘南ベルマーレのスポンサーでもあり、原竜太田村雄三選手のブログにも登場しております。

入り口にはリンコン選手がいるので今季開幕前と思われる選手達の写真とサインが飾られており、原竜太(ここでも金永基選手が登場)田村雄三選手のブログに登場している選手以外にも、外人選手を含めて多くの選手が行っているようです(入れ墨禁止なのでトゥット選手は行けないと思われます)。ベルマーレ以外だと高砂親方山下泰裕さん、間寛平さんなどのサインがありました。

中に入ると屋内と露天(中庭が露天風呂になっている)のいろいろなタイプのお風呂が用意されております。天然温泉で口にお湯が入るとしょっぱいです。熱めの湯と温めの湯があります。四季乃湯は日替わりになっているようで、この日はワインの湯でした。サウナにはテレビが放映されており、この日はちょうど放送していた東日本実業団対抗駅伝をやっておりました。

入浴後は食堂で食事をしたり、床屋でカットをしてもらったりすることが可能です。エステやマッサージのサービスもあるようです。子供用のジャングルジムや仮眠スペース(宿泊は出来ません)もあります。まあいわゆる最近日本各地に出来ている典型的なスーパー銭湯なのですが、あればやはり便利です。会員になると割引などの特典があります。

明らかにさっきまで平塚競技場でサッカーを観ていた人たちばかりで大変混雑をしておりました。湘南サポーターが多いのは当然ですが、アウェイサポーターでもたぶん問題ないと思います(お互いケンカをふっかけたりしないでくださいね)。ちょうど今の時期や春先の寒い時期や雨の試合の後には利用価値があると思われます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J2第42節 湘南vs水戸 戦

土曜日は久々に昼間に平塚で水戸戦がありました。でも曇りで寒かったです。10月の湘南は天皇杯を含めて0勝0分4敗。しかもリーグ戦0得点。異常に攻撃力が低いのが気になります。11月になったので何とかしてもらいたいところです。ちなみにこの日はチャリ通ではありませんでした。

ベンチにはトゥット選手と再来日したばかりのアジエル選手が入りましたが、山形戦で負傷退場した臼井選手がおりません。なかなかメンバーが揃いませんね。

で、試合は・・・、

湘南 1-0 水戸

試合には勝ちましたが、内容は負けでした

臼井選手に代わり守備的な山口選手が入ったのですが、10月に引き続いて全く点が獲れそうにありません。いつもどおり前の4人がグダグダで、もう水戸の思い通りの試合展開という感じでした。特に、ここ数試合ずっとなのですが、加藤望選手の出来が悪すぎです。競り負け、一歩出遅れ、単調な攻めと、らしさが全く見られません。オイラが監督ならこの日は前半20分ぐらいで交代させていましたね。これならどうしてMFやフリーキックも出来るトゥット選手をスタメンで使えないのでしょうか?。

と思っていたのが菅野監督に通じたのか、後半、原竜太・加藤望選手に変えて、トゥット・永里選手が入りました。このあと明らかにボールが回るようになり、パス回しからトゥット選手がゴールを決めました。トゥット選手はスピードはなかったのですが、テクニックで効率よくボールを周りの選手にまわし、これぞ「助っ人」という働きで得点につなげました。永里選手はいい動きでしたが、コーナーキックがダメだったのが残念でしたね。

もっともその前に水戸に完全フリー(キーパーも間に合わない)の状態からシュートを打たれており、危なかったです。やっぱり試合には勝ちましたが、内容は負けでした。

まあ、内容は不満ですが、42日ぶりの公式戦勝利で水戸にも年間で勝ち越せましたし、アジエル選手が途中出場で試運転出来ましたし、最低限の結果は得られたのでよかったです。

今節は山形・鳥栖・セレッソも勝ち、仙台も広島に引き分けたで堪えたので苦しいのですが、湘南は連勝するしかないので、湘南との対戦を終え仙台と対戦する鳥栖については調子を上げていることを喜ばなければなりません。湘南は次はセレッソとの対戦ですが、また1週間空くんですよね・・・。緊張感維持のためにもやはり先週の天皇杯4回戦には出ておくべきでしたね・・・。入れ替え戦を考えてもこの日の水戸戦のようなサッカーのままではダメです。加藤望選手はセレッソ戦が得意なのですが、2週間で改善するのでしょうか?。

それよりU-19アジアカップが準々決勝の韓国戦で完敗してしまい、鎌田選手の育成面だけでなく日本サッカー界全体のためにも痛い、Jリーグ発足以降初のU-20ワールドカップ出場権獲得失敗・・・。非常に残念です。行けなかったFリーグも負けか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は水戸戦

先週末はFリーグが藤沢であったので、元藤沢市民としては行きたかったのですが、今回も所用で行けませんでした。唯一のプロクラブの名古屋が相手だから、負けも仕方がないのでしょうか?。事情が事情なのでしょうがないのですが改善が必要です。

今日は水戸戦です。仙台戦が夕方の開催でしたが、昼間のうちに終わる試合は5月25日の横浜戦以来で久しぶりです。

水戸は春先こそ不振でしたが、だんだんチームが成熟してきて、現時点の力量としては下位クラブではなく甲府や草津に匹敵する中堅クラブと思っております

かたや湘南はまるで攻撃方法が組み立てられない状態で、復帰したばかりのアジエル・トゥット選手による打開に頼らざるを得ません。何人かの選手は千載一遇のレギュラー獲りのチャンスを逃してしまったことにはたして気づいているのかどうか心配です。

この日はポケモンセンターヨコハマよりポケモン達がやってくるそうです。今年はどーもくん、生茶パンダ、ケロロ軍曹と、子供に人気のキャラクターがよく駆けつけてくれますね。ありがたいことです。

なんと、この試合から神奈川新聞テレビ神奈川(へーっ、住所も同じなんだ・・・。)が練習着スポンサーになってくださいます。しかも今年の残り2ヶ月ではない来シーズン終了までの複数年契約。NECトーキンが経営不振(というより、毎年赤字なのによく自前チームとベガルタ仙台を支援できましたね・・・。)で自前のチームが廃部になって、全国地域リーグ決勝大会出場権を辞退して松本山雅FCに譲渡されるくらいの景気でよくスポンサーを確保できましたね。昨日申し込んで今日から付けるということではなく、数週間の交渉と準備期間があったのでしょうから、交渉開始時は松本山雅FCに負ける前だったかもしれません。であれば、今の成績は両社にとっては不満でしょうから、もっとがんばらなければなりません。

新人選手獲得が発表されましたが、プロ野球にもいえますが、入団時が最も目立っているようではダメなので、あえて触れません(このカテゴリー観てないから知らないし・・・)。入る分だけ辞めるわけですし・・・。オイラ的には公式戦デビューが入団です。そういう意味ではオイラが唯一入団時に取り上げた小林竜樹選手(佐野市出身)にはがんばっていただきたいのですが、湘南には同じタイプの選手が多いのでなかなか難しいようですね。

昇格云々の前に、水戸には今年1勝1敗ですので、まずはこの試合に勝って対水戸戦勝ち越しを決めましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百年旅行~明日へ紡ぐメッセージ

今年、普段どんなテレビやラジオを観ているのかを書き出す調査に参加しました。オイラ、1日平均3時間ぐらいテレビを観ているようなのですが、一番見ている放送局はNHKの各チャンネルでしたこのままでは景気後退とともに破綻しそうな民放(と電通)は最近は需要と供給がマッチしない某大型小売業店舗のように超くだらない番組ばかりですから、自覚はありましたけどね。大河ドラマとかウインブルドン・プレミア・メジャーリーグなどのスポーツ中継、NHKスペシャルとかを見ます。

ああ、でも大沢啓二親分(藤沢市出身)と読売テレビの辛坊治郎さんは個人的に好きなので、「サンデーモーニング」や「ズームイン!!SUPER」、「ウェークアップ!ぷらす」は、民放でもこのふたりが出ている時間は見ちゃいます

そんな放送局がやっているBSはもっと悲惨。地上波に視聴率をとらせる必要があり、有料放送である地上波が運営しているCS放送への契約モチベーション維持のためにも、BSはイマイチな番組ばかりやっております。オイラにとってBSは日米野球中継+大河ドラマチャンネル(日曜18時NHK BS-Hiにてどこよりも早く大河ドラマを放送し、同日22時にもNHK BS2にて再放送もする)です。

それでもBSが維持できる理由は、通販会社などが番組制作費以上のお金を払って事実上CMのような本編の番組を流しているからです。

この方式にJリーグも参入して、BS日テレにて「百年旅行~明日へ紡ぐメッセージ」という宣伝番組を立ち上げました。初回は横浜FCのキングカズ選手でしたが、今回湘南ベルマーレの真壁社長が登場します。

お題が「スポーツ振興」ということで、テーマ的に北京オリンピックにも参加したビーチバレーやFリーグのフットサルなどスポーツクラブに多くの時間が割かれるのでしょうか?(Jリーグからの支援金もスポーツクラブは受け取っているようですし・・・)。今日の放送を来週再放送するそうですし、どちらかで見ておこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラットリア ベルマーレ

検索エンジンで「ベルマーレ」と検索すると、「湘南ベルマーレ」関連のWebサイトがヒットするのですが、5・6番手あたりに「トラットリア ベルマーレ」という渋谷のイタリアンレストランがヒットするので、東京勤務としてはいつも気にしておりました。

で、昨日の昼過ぎに渋谷に用事があったので、ついでに一人で昼食をここですることにしました。JR渋谷駅からセルリアンタワー方面に向かい、国道246号線の歩道橋を越えたファミリーマートのそば(駅から2分程度)にあります。1974年創業なのでオイラよりやや年上のフジタがベルマーレ平塚を名乗る20年近く前から渋谷で営業をしている老舗です。こっちのほうがあとなので立場が悪いですね。トラットリアのほうも海を意識したと思われる青をロゴに使ってますし・・・。湘南ベルマーレは「Bellmare」ですが、トラットリアのほうは「bel mare」(ベル・マーレ)と表記されているから問題ないのでしょうか?。

13時過ぎに入店しましたが、ガキではない渋谷で長く仕事や生活をしてそうな人たち数組がおりました。メニューは本格的なイタリアンですが、スローフードを標榜する静かで小規模な家庭的なレストランです。初老のオーナーとその娘さん(30代くらい?)と思われるスタッフが接客をしておりました。Aランチをいただきましたが、味はスローフードということで「やさしい味」、具体的には「濃くない味付け」になっておりました。おいしかったです。以前、知り合いの別の高いレストラン関係者に調理方法を特別に聞いたことがあるのですが、家庭料理では考えられない量の油や調味料を使っており笑ってしまったことがありました。何十年も通うためにはこのお店のような味付けがいいのかもしれません

本当はランチではなくディナーで評価をしなければならないのでしょうね、ワインもたくさん飾られてましたし。都合がつかず申し訳ありません。湘南ベルマーレも創業35周年近いレストランに負けないくらい愛される存在になれればと思います。

都内在住の対戦相手サポーターとかが「ベルマーレ喰ったる」とか言って来るのでしょうか?。そういう雰囲気のお店ではないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このブログが脱線している事柄がいい収穫を挙げています!!。

11月2日の午前中、東京農業大学収穫祭に行ってきました。個人的に忙しかったので今回は2時間くらいしか居ることができませんでした(大根踊りも観られず)が、今年も赤ちゃんからお年寄りまで学園祭とは思えない幅広い年齢層のお客さんでごった返しておりました。そして今年ももらったのは大根でした。教室の研究成果を見に行くとスタンプがもらえて、これを集めてガラポンをまわすと賞品が得られるのですが、2時間しかいられないのでパスしました。でもぼうさいの丘公園周辺、路上駐車多すぎ・・・(あれは検挙されないのでしょうか?)。

模擬店にV・ファーレン長崎のユニフォームを着ている学生がいたのはビックリしました。関東じゃまず見ない九州の4部リーグのレプリカ。オイラも昨年天皇杯で平塚に来ていなかったらまず判別できなかった親和銀行と書かれた青いユニフォームです。長崎も全国地域リーグ決勝大会もいい結果が得られるといいですね。

そうそう、思い出した。この日はB-1グランプリが福岡県であるのでオイラも厚木シロコロを食べましたよ・・・、農大でですが。帰って結果を観たところ、見事優勝しました!。ありがとう、九州の皆様!。前回の静岡は地元にばっかり投票というありえない大会でしたが、九州では実力を発揮できました(八戸の成績については、彼らが主催者なので触れないでください)。これを生かした街おこしに期待したいですね。

今年は東海大学野球部の秋季リーグ読売ジャイアンツのクライマックスシリーズの胴上げに立ち会いました。脱線したB-1グランプリも優勝し、収穫祭もあの盛況。これでメインのベルマーレがダメってことは許されません!!(星野ジャパンとホークスには触れないでください。栃木SCは天皇杯は負けましたがJFLはまだ結果が出てません。)。もう引き分けもできませんが、がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事へのアクセス状況

いつもアクセスいただきありがとうございます。たまにはこのブログのアクセス状況について考えます。

今年の1月1日にスタートしてから10ヶ月を過ぎましたが、累計約35,000アクセス、1日平均約114アクセスがあるそうです。オイラがやっているもうひとつのブログ(こちらも個人情報非公表)と比べると1日のアクセスが半分くらいなのですが、これはこのテーマ(ベルマーレ・J2・厚木)としては多いのでしょうか?、少ないのでしょうか?。よくわかりません。

基本的に試合の前後にその試合について書くとババッとアクセスがあがります。これがアクセス数の大きな割合を占めております。神奈川からのアクセスが全体の3割以上を占めており、ついで東京が2割前後を占めております。この2都県で半分を占めておりますので、ベルマーレサポーターが多く閲覧されているわけでしょう。もっとも東京在住の出身県クラブサポーターも多いと思われますけどね。

そしてその試合の対戦相手の県からも一時的にアクセスが増える傾向にありますが、仙台・甲府戦はそれより多めなのですが、基本的に対戦相手の県からは1割程度で3位止まりです(残念ながら横浜FC戦の後はいつもよりアクセスが減る)。例外として前節の山形からのアクセスは東京に迫るものでした。勝ったのがうれしかったんでしょうね。他は「J2各クラブ本拠地の県+なぜか静岡県と埼玉県」からのアクセスが上位を占めます。静岡は斉藤選手、埼玉は大山選手関係でしょうかね?。少数派では高知県や奈良県などJクラブがないところからもアクセスがあり、4ヶ月単位で見れば確実に47都道府県が揃っております。

基本的に過去の記事はあまり読んでもらえていないようなのですが、過去に審判の批判した記事に突然猛烈にアクセスがあることがあり、調べてみるとその審判がその日にまたやらかしてしまっているのが原因のようです。また「厚木市」「ベルマーレホームタウン・旧相模国」カテゴリに入っている記事は1位にはなれないのですが息が長く読まれている記事が多いです。この2カテゴリについてはこれから平塚や厚木に訪れる人向けの観光案内になればとも思って書いておりますので、見込みどおりです。こっちが目的でベルマーレにも興味を持った人もいればいいですね。

しかし「有名な病院廃墟」と「ケーキハウス 幸せの丘」は息が長いですね。病院廃墟については一切画像はない上に取り壊しを求めているのですが・・・。幸せの丘がアクセスされている理由はわかりやすく、検索キーワード上位に時々顔を出す「吉岡聖恵」さんと「オリジナルケーキ」が登場しているためです。「平塚 オリジナルケーキ」での検索もよく見るのですが、すみません、平塚でオリジナルケーキ(特注のケーキ)作ってくれるところはわかりません。オイラそもそも年に数回しか自分でケーキを買いませんので、平塚のケーキ屋さんは平塚総合公園近くの「ショートケーキ発祥のケーキ屋」不二家平塚工場(平塚では主にチョコレートを製造しているとのこと)と平塚駅前の不二家店舗しかわかりません・・・。

吉岡聖恵さん(厚木市出身)の所属するいきものがかりはワールドベースボールクラシック(WBC)のテレビ中継の際に散々流れたCMソングで全国にブレイクしたそうですが、次回のWBC日本代表に原辰徳監督(中学途中まで厚木市在住)が決まりました。準備期間が短いので心配なのですが、もともと厚木市出身者として応援しておりましたし、がんばっていただければと思います。多村仁選手(厚木市出身)も出られるのでしょうか?。自身のブログでは猛アピールしてますけど・・・。それより永里源気選手もアピールできるプレーをしてほしいです。お父様は日々ありがたいお言葉をブログでつづっております

最近、検索ワードで多いのは「松本山雅」。天皇杯で戦いましたからね。普段はさっかりんJ.B.Antennaから来られるかたが多いのですが、勝利に喜ぶ松本山雅ファンは検索で来られたかたが多かったようです。来年も北信越リーグとのことですが、今度の神戸戦はがんばってください。検索ワードはあとは「ベルマーレ」(そりゃそうだ)、「アジエル」(故障期間を通してそこそこあった)、「中田英寿」(順当)、「病院廃墟」(上記のとおり)、「JOLI CHAPEAU」(すごいな、モロボシダン)といったあたりが多いですね。

あっ、幸せの丘の地図が直っていたり、見られなくなっているYouTubeの動画があったり(著作権をクリアしていなかったのでしょうか?)しますね。リリースしてすぐの記事の誤字などは特に注釈もなく頻繁に直しておりますが、ちょっとこれらを直してしまいますと最初の文とは変わってしまいますので、申し訳ございませんが直しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »