« J2第40節 湘南vs熊本 戦 | トップページ | ラーメン 松壱家 平塚店 »

首都大学野球 秋季リーグ戦最終週 東海大学vs帝京大学 戦

熊本戦の前に平塚競技場の隣の平塚球場首都大学野球を観てみました。東海大学と帝京大学の対戦でした。ちなみにどちらもオイラは縁がありません。このブログのための社会科見学です。

内野席のみで入場料は1,000円(学生は500円)。東京六大学東都一部とほぼ同じなのですが、正直高いなあ。巨人二軍より高く、湘南シーレックスや鎌ヶ谷の日本ハムと同額です(ヤクルト・ロッテ・西武の二軍はただのグラウンドで行うので無料。特にヤクルトの戸田グラウンドはベルマーレの馬入より粗末な施設のため、ここで石井琢朗・二岡選手あたりがイースタンリーグの試合に出ていると泣けてきます。)。ちなみに売店は営業しておらず、自販機のジュースのみです。チケット売り場でリーグのパンフレットを買うこともできます。

現巨人監督の原辰徳選手が東海大学にいたころはものすごい集客だったらしいですが、この日は2,000人くらい。それもこの試合のあとに閉会式があるために首都大学野球一部二部各校の関係者が来ていたためですので、両校の応援団や父兄を含めると8割以上が関係者のようでした。いつもの外野タダ見ポイントはかなりの人だかりなのですがね・・・。

東海大学は応援団とブラスバンドが来ていていましたが、帝京大学はどちらもおらず部員の集団のみでした。

まあ実はブラスバンドは野球以上にお金がかかるので、応援に参加することが楽団維持のために必要なのでしょうね。応援団のバスドラムのリズム感が非常に悪く、ブラスバンドが彼をまったく無視して演奏するのを必死で彼がついていっているのが笑えました。本当はバスドラムが一番大事なのに・・・。へぇ、ドラゴンクエストⅢの戦闘シーンBGMもヒッティングマーチにしているのか(でも調べてみたらyoutubeに某高校応援で使われていた)。野球もサッカーも知らないチームの応援方法は新鮮です

対する帝京大学の応援は・・・、自由すぎです。「焼肉焼いても家焼くな」(某CMのキャッチコピーをそのまま応援コールにしている)とか、ソロで紅(X Japan)のモノマネで応援するのは笑いに走りすぎでしょう(しかし割と似ていた)。よく監督が怒らないなあ

試合は東海大学が力の差を見せつけ、東海大学4-0帝京大学で東海大学が勝ちました。この試合の結果により東海大学のリーグ優勝が確定しました。もっとも頻繁に東海大学が優勝しているリーグだそうですけど・・・。でも優勝はいいですね。うらやましいですね。大学の試合なので両校をたたえるエール交換もあり、ブーイングの多いプロの試合からこっちを観ると、そりゃ同じ木製バットのプロよりレベルが低いですが、清々しいです。最後のベンチ入り選手による女子マネージャー胴上げは、外から見るとなんかエロかったけど・・・。

一部1位の東海大学と2位の筑波大学が神宮行きを懸けて他リーグとの決定戦に参加し、一部6位の大東文化大学と二部1位の明治学院大学が入れ替え戦を行うそうです。表彰式まで観て平塚競技場のほうに行きました

|

« J2第40節 湘南vs熊本 戦 | トップページ | ラーメン 松壱家 平塚店 »

観戦感想文2008」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都大学野球 秋季リーグ戦最終週 東海大学vs帝京大学 戦:

« J2第40節 湘南vs熊本 戦 | トップページ | ラーメン 松壱家 平塚店 »