« 湘南平 | トップページ | サテライトリーグ 横浜Fマリノスvs湘南 戦 »

J2第38節 湘南vs甲府 戦

火曜日はそんなに強い感じがしなかった仙台に、湘南に混ざっていた控え選手が活躍できずに前後半ともに終了間際に失点して負けましたが、土曜日にまた平塚で試合がありました。この日対戦する甲府からも結構なお客様がお越しいただいたので、2戦続けて両ゴール裏が開きました。

半袖は寒くなってきたこの日はクラブ創立40周年を記念する試合とされ、なんか場内にかかっていた音楽もいかにも90年代前半という感じのベルマーレ平塚時代のものが多かったです。OBの小島・岩本両氏も駆けつけました。シモン選手のユニフォーム(当時は背番号が固定ではないのですが・・・)が懸かった歴代ベストイレブン投票が発表され、

GK 小島 伸幸
DF 名良橋 晃
DF 岩本 輝雄
DF 洪 明甫
DF パラシオス
MF 中田 英寿
MF ベッチーニョ
MF アジエル
MF 田坂 和昭
FW 石原 直樹
FW 呂比須 ワグナー

と、なりました。うーん、確かに特に95年くらいまでは平塚に限らず各クラブが代表候補クラスとベンチクラスの実力が違いすぎていたのでリーグのレベルは低かったのですが、それでも石原・アジエル選手はJ1やA代表でプレーしていないので、ここに入っていていいのかなぁと思います(他は全員J1とA代表を経験している)。この試合でアピールが必要ですね

で、試合のほうですが、

湘南 1-0 甲府

勝ちました。対甲府戦3勝0分0敗で終了しました。というより3試合合計6-0です。メジャーリーグでいうところのSweepってやつです。

甲府はJ2にしてはクセのある戦い方をするクラブで、短いパスでワーっと攻めてきますが、よく観ると後ろの選手はそれほど攻撃力がありません。そりゃ元湘南のFC東京茂庭選手がかつてオールスターで誰もいないところでまたぎフェイントが出来たように、後ろの選手だったら攻撃の難易度は低いです。このクラブは前の3人に異常に依存しており、春の対戦では前が攻めきれないために来なくていい人たちまで湘南ゴールに近づいたために負けたようなものです。今回は前3人が別の人たちでしたため、春より前3人が機能して、後ろは引いて長めのパスを出していましたので、春よりは難しい試合になりました。でも長めのパスは湘南DF陣は得意なんですけどね。

これに対し湘南はジャーン・斉藤選手が復帰し、臼井選手を1列上げて山口選手がサイドバックにまわりました。これは仙台戦でダメだった菊池選手を落とすというより甲府の3人目のFWに対応する役割を山口選手にさせるための策だと思います。

実際の試合はやはり甲府がボールを持っている状態が長い試合になりましたが、これは甲府のいつものことですのであわてる必要はありません。しかしこの日の小川直仁主審が「ボールを持っている人が倒れたらファール」というまともなジャッジが出来ない人でしたので、ボールを持っていない湘南に異常にカードが出ます。これはヒドイ。特に甲府の外人2人なんてこれを観て無駄にバタバタ倒れましたし、毎回「湘南ボール=近くのボールを持っていない湘南の選手の服をつかむ」、さらには両チームの選手が倒れているのでボールを出そうと依頼しているのに攻め続けたりという状態でしたので、前半だけで2人ともイエロー2枚ずつで退場でもおかしくないのに何もなしですよ。これでは「甲府からいくらもらったの?」っていわれても仕方がありません。もっと審判技術を磨いてください。おかげで中盤の底の坂本・田村選手が2人同時に広島・熊本戦に出られません

そんななか湘南のほうの石原選手が甲府のキーパーのパンチング(自軍のDFが邪魔をしたため遠くにパンチング出来なかった)をヘッドでループシュートしてゴールを決め、ベストイレブンの正当性をアピールしました。これをジャーン・斉藤・山口・金永基選手を中心に守って勝ちました。ああ、仙台戦にジャーン・斉藤選手がいれば・・・

終わってみれば第1クールと内容が似ていましたね。ということは今頃また以下の文章のような状態なのでしょうか?。他はともかく甲府についてはカウンターすれば勝てるのですから仕方ありません。まあ来年も再来年もやっててください。

記事を書く前に甲府系のウェブサイトを見ましたが、「カウンターが・・・」ってのが多かったですね。カウンターをしてこないチームに勝てなくてJ2に落ちたくせに、J2でカウンターをしてくるチームに勝てないことを文句言っているのは、去年の今頃のセレッソ系のウェブサイトみたいな支離滅裂ぶりで、甲府の心理が見えて面白かったです。対戦相手のためにサッカーしているチームは1チームもないと思いますよ。

しかし困るのは先ほどの坂本・田村選手の件。湘南の立場では広島にも勝たなければならないのです。誰をいれるのでしょうか?。2人は柿本選手との対戦にまわってください。

余談ですが、帰ったらTBSのオールスター感謝祭をやっていて、ビーチバレー浦田聖子選手(ベルマーレ所属ではない)が優勝してた・・・。さらにスーパーサッカーではこの試合の映像のあと、どうみても湘南ベルマーレフットサルクラブの阿久津貴志選手(本業は吉本興業)がミスターXとして小倉隆史さんとともに神戸の大久保選手とボレー対決してた・・・。さらにさらにCDTVでは奇しくもJリーグと同い年の15周年ということでB'zや松任谷由美さんの1993年の曲も流れており、なんだかずっと観てしまいました・・・

|

« 湘南平 | トップページ | サテライトリーグ 横浜Fマリノスvs湘南 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/24080499

この記事へのトラックバック一覧です: J2第38節 湘南vs甲府 戦:

« 湘南平 | トップページ | サテライトリーグ 横浜Fマリノスvs湘南 戦 »