« サテライトリーグ 湘南vs千葉 戦 | トップページ | SANNO SPORTS STREAM 8.30など »

J2第33節 湘南vs草津 戦

ようやく第3クールのホーム開幕戦です。平塚での試合はオリンピックの開幕直後の第2クール最終戦セレッソ戦以来で、3週間の間、オリンピックをテレビで見つつ野球を4試合、Fリーグを2試合も観ているので、本当にこの試合まで長かったように感じます

成績がいいからか、看板スポンサーが2社増えました。株式会社湘南リビング新聞社と、オイラが佐野市出身のためこのブログに忘れたころに登場する栃木SCのスポンサーとして有名な株式会社アイラインこの会社が来年も契約できるよう、来年は栃木とは別のカテゴリでやる必要がありますね。ちなみに前の派遣会社枠のスポンサーだったグッドウィルは「ラディアホールディングス株式会社」という名前に変わりますよ。今もベルマーレ株持ちっぱなしなのでしょうから、少しは動向を確認しないといけませんね。

この日(というか最近)は天候が不順で雨が降ったりやんだりでした。試合前は土砂降り。小雨くらいならいいのですが、これだけ降ると集客に大きく影響するんですよね・・・。おかげで各種イベントは中止で、寂しくなりました。この日はスタジアムナビゲーター田子千尋さん(他に柳原可奈子さん・堤幸彦さん)の出身校の東放学園のサンクスデー。業界に近い学校だから、業界に近いJリーガー都倉賢選手のいる草津をサンクスデーに設定したのでしょうか?。大きい選手の多い川崎の外に出ると、都倉選手の大きさは非常に目立ちます。

これはオイラが指摘するまでもないのですが、斉藤・ジャーン選手2枚揃った湘南のセンターバックは、J2でもっとも「ポスト役に放り込んだボールのディフェンス」がうまいコンビです。斉藤・ジャーン選手のコンビは快速FWのカウンターのほうが苦手なので、草津の高田保則選手も湘南戦ではいつもそうして点を獲っております。でも網膜剥離による長期離脱のため今日はいないんですよね。植木監督はいつもそれを観ているはずなのですが、どうなることやら・・・。おお、今日はポーランドから派遣された審判チームがジャッジか。J1がない今週に平塚を選んでいただいたのは光栄です。この日は目立たないジャッジ(審判にとっては褒め言葉)をしていただけました。

そしてキックオフ。なぜか天気は回復。湘南の代名詞ともいえるミルククラウンのような円陣からのダッシュ今日は草津もしてきます。最近ホームでは下位クラブと守らないセレッソしか来ていないので、草津が守備に戻るのがものすごく速く感じます!。おや、草津が長身の都倉選手へロングボールを入れるという攻め方をしてきます(芝がぬれているのでわからなくもなく、湘南もジャーン選手を頻繁に前線に上げていた)。やはりヤス選手がいない影響からか、なかなかチャレンジャーな攻撃をしてきます。これは楽な展開になりそうです。今日はセンターバック2人以外も島田・熊林選手といった有力MFをゴール前に入れないよううまくディフェンスをすることができ、徐々にペースをつかんでいきます。

とはいえ草津の退却が速いので攻めあぐねていたのですが、そんな今日の状況を把握できた直後に、ゴール前の混乱の中で原竜太選手(金永基選手のお宝画像とは何でしょうか?)が先制ゴールを決めました。実にタイミングがよかったと思います。さらに「これぞ草津戦マジック!!」といえる「草津GK本田選手が湘南の石原選手にパスをしてしまい、石原選手に決められる」という前回の金永基選手とヤス選手のお礼のようなゴールが決まります。本当に草津戦は他との対戦ではありえないくらいネタが豊富です!!

ハーフタイムに厚木ホームタウンデーということで厚木市長が登場。ちなみに今年は市長が来た開幕戦とホームタウンデーは全勝です。厚木市出身の永里兄妹(兄は今日もベンチ外)の件にふれたうえで、後半も2点とって倍々ゲームで行きましょうという趣旨のコメントをしてハーフタイムが終了します。

後半途中、加藤望選手に代えてトゥット選手が投入され、そのまま左サイドに入ります。てっきりFWで行くのかと思ったら問題なくMFをこなします。コーナーキックで石原選手にいい球を供給もしたりしました(石原選手が外した)。ちょっと意外でしたがうれしい誤算です(MF経験もあるとのこと)。

そうこうしているうちに原竜太選手が相手のミスにつけこんで本日2点目を獲り楽勝ムード。ここでナザ選手(この加入により三村ロンドさんの背番号が松本選手の22番に変更)が投入されます。18歳のナザ選手は時間が短かったですが、足が速く、足元もテクニックがありそうです。この時間だけではなんとも言えませんが、アジエル選手タイプのいい選手かもしれません。これはいい買い物かも。ただ代わったユースの菊池選手(応援が以前鈴木良和選手に使っていたものになった)同様、来年のA契約はどうしようといううれしくもあり難しい問題があります。

ナザ選手が入ったと思った矢先、また湘南が点を獲ります。なんとさっき入ったトゥット選手じゃないですか、今年はジャーン・カレカ・トゥット選手が今季初出場で得点という外人が大当たりの年になりました。よし、「今日こそは5点獲れ。原竜太選手のハットトリックだ!!」と思ったのですが、今日もこれ以上点が獲れず、今季7度目の4得点(すべて対戦相手が違う)で止まり、2000年以来のハットトリックも出来ませんでした。うーん、厚木市長のコメントを上方修正させても良かったのに・・・。ただ今日は少ない相手のミスを高確率で突いており、よくやったとは思います。

湘南 4-0 草津

この日草津は負けたため、3位になるには是が非でも次は勝たなければならなくなり、しかもその試合がホームで2位山形戦ということになりました。湘南にとっては実にいい展開ですので、ぜひ山形を倒してください

湘南は1試合少ないうえで3位に浮上。もう相手は知りません。自分たちが勝てば3位から落ちることはありません。その上で2位を狙いましょう。

試合終盤からまた雨がひどくなり、選手は短めのコメントで退場します。これは選手のコンディションを考えれば仕方が無いでしょう。最後に湘南側からヤスコール。本人は自分の持ち味を出せていればと無念だったのではと思われますが、がんばっていただければと思います。

|

« サテライトリーグ 湘南vs千葉 戦 | トップページ | SANNO SPORTS STREAM 8.30など »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/23393078

この記事へのトラックバック一覧です: J2第33節 湘南vs草津 戦 :

« サテライトリーグ 湘南vs千葉 戦 | トップページ | SANNO SPORTS STREAM 8.30など »