« セントラルリーグ ジャイアンツvsベイスターズ 戦 | トップページ | J2第33節 湘南vs草津 戦 »

サテライトリーグ 湘南vs千葉 戦

今日もサテライトの試合を観に平塚競技場にやってきました。昨日のSANNO SPORTS STREAM(順番が逆になりますが後日記事化します)はお天気が残念でしたが、今日はいい天気でした。サテライトの試合はようやく今季初参戦です。

別の用件があったので5分ほど遅刻して入場しました。700人くらいいたでしょうか?。規模は小さいですが両チームのサポーターも声を出しております。

サテライトの試合はクラブの方針によってバラツキがあり、控え選手の調整のクラブもあれば、公式戦に出たことがない若い選手に経験を積ませるクラブもあり、湘南もU-23のようなメンバーで挑むときもあるのですが、今日の湘南は昨日試合に出場したメンバー以外で現在考えられる最強の布陣で挑みました。伊藤友彦選手が試合でゴールを守るところを久しぶりに観ました。

対戦相手のJ1のジェフユナイテッド千葉・市原なのですが、現在降格の危機に喘いでいます。さて、どうなるかと思って観戦しましたところ・・・。

湘南 4-0 千葉

うーん、こう言っては申し訳ないとは思うのですが、対戦相手の千葉サテライトより、昨日の草津や先月のJ2下位クラブのレギュラーのほうが強かったですね。今季平塚で観た対戦相手の中で最も弱いチームのように見えました。千葉が自前で持っているJFLのクラブとどっちが優先されているチームなのかな?、と思っていたところ、櫛野選手や、馬場選手を山形に押し出して入ってきた深井選手といった聞いたことのある選手も出ており、決して育成目的の試合ではなかったのではないか?と、思われます。でも、J2の二軍相手にあれだけ走り負け、競り負け、意表を突かれるようでは、J1どころかJ2クラブにも勝てないのではないでしょうか?。今日の千葉のメンバーに降格阻止の救世主はいないのでは?、と思われます・・・。

とはいえ、今日の湘南は最近J2で観ていなかった選手の活躍しているところを観ることができ、湘南側の観客は大満足の試合でした。実績のある選手に混じってユースの古林選手とこの夏にセンターバックにコンバートされた島村選手も出ておりましたが、島村選手が本当にDF歴数ヶ月とは思えないほど体の入れ方やDFのポディショニングをこなしており、驚きました。もともと競り合いに強いので、今年は難しいですが来年は出場の期待が持てそうです

人気のある梅田選手の先制ゴールは大変盛り上がりました。オイラは大怪我をしてから初めてウメダゴールを観ることができましたね。さらにセットプレーから島村選手が元FWの得点感覚を活かして2点獲りました。最後に157cmの原田選手も得点し、圧勝でした。得点だけでなく伊藤友彦選手もいいプレーが多かったですし、北島選手はきちんとバランス役をこなしておりましたし、鈴木将太選手の足は速いですし、阿部選手も攻撃のポイントになっておりましたし、永里・大山選手もいいところに蹴っておりましたし、相手が弱かったとはいえ、今日出た選手は全員いつでもJ2の試合に出られるコンディションにあると思われます。それでも出られないというところに、今年の選手層はJ2としては厚いなあと感心しました。J2下位クラブなら、このメンバーでも勝てるのではないでしょうか?。もったいないなあ。

9月からは来年の契約への評価も本格化すると思います。11月上旬あたりでJ1が視野に入っていれば、惜しい選手も放出しなければならなくなるでしょう。期限付き移籍中の選手だっていますし・・・。でも、毎年10月・11月になると、天皇杯3回戦や、レギュラーの出場停止の関係で絶対彼らは必要になります。最後までよろしくお願いいたします

|

« セントラルリーグ ジャイアンツvsベイスターズ 戦 | トップページ | J2第33節 湘南vs草津 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/23387563

この記事へのトラックバック一覧です: サテライトリーグ 湘南vs千葉 戦:

« セントラルリーグ ジャイアンツvsベイスターズ 戦 | トップページ | J2第33節 湘南vs草津 戦 »