« 北島選手のコーチを見て思う | トップページ | カレカ選手 移籍のお知らせ »

Fリーグ2008 第5節 湘南vs大分 戦

第5節にしてようやくFリーグに今季初参戦です。今季はFIFAフットサルワールドカップが秋にブラジルであるため、昨年より早い7月に開幕するもののいったん8月末で中断し、10月に再開されるとのことです。

昨シーズンのベルマーレフットサルクラブのシーズン後半はチーム戦術が崩壊してとても観れたものではなかったため、実質監督だった岡田サントスジオゴ選手(ジオゴという登録名で町田に移籍)が指揮権を取り上げられ(あおりで名目上の監督も辞任)、今年は前川義信専任監督が指揮を執ります。

しかし、昨年もいた選手のほうが少なく、正直初参戦のオイラには誰が誰だかよくわかりません。難波田選手は何年か前にフットサル場においてあった雑誌に載っていた人だなあというくらいですね。

そんな中で始まった試合は、「うわー、まだチームが出来ていないのに、シーズン始まっちゃったよ」という監督・選手の声が聞こえてきそうな連携不足が散見されました。運動量の多い相手選手がサイドに行くとつられて味方選手が行ってしまい、ゴール前にぽっかりスペースが出来てしまうなど、チームの約束事が決まっていなさそうなところが何回かございました。うーん、確かにメンバーがだいぶ代わっているので、ワールドカップ中断明けまではチームの完成度について大目に見なければならなさそうです。厳しいなあ。

湘南 2-2 大分

なんとしても勝ちたい湘南はゴレイロも含めて上がって攻めましたが、大分がカウンターでロングキックでゴールに蹴りこむだけというのが試合終了間際に2回もありましたが、2回とも外しました。これにより大分は勝てる試合を勝てなかったわけですが、ホームでこれをやったらかなりのブーイングだったと思います。

しかし、北京オリンピックと夏の高校野球の真っ只中で、プロ野球やJリーグもシーズン中で、お盆休みの最終日で、天気も良かったわけではなかった、という悪材料だらけとはいえ、休日ホームゲームの室内競技が観客889人(今節リーグ最下位)は少ないです。昨シーズンは初年度だったから物珍しさに来たという人もいたでしょうが、これは危機感が必要ですね。昨シーズンの問題山積みな終わり方がまずかったのが最大の要因ですが、早いうちに営業的なものも含めて手を打つ必要があると思います(とはいえサッカークラブよりも予算がないだろうけど・・・)。

小田原アリーナ自体はいい施設なのですが、クルマだと小田原市民以外にはカーナビが必須の場所にあり、公共交通機関だと小田急線でワーストクラスの乗客の少ない駅(本数も下北沢駅の1/4の、日中1時間4本しかない)から、徒歩でわかりづらい道を10分くらいというのも、首都圏の人間には厳しいです(ごめんなさい地方の皆さん。でもこれが神奈川では普通の意見だと思います。)。マーケティング的に気になるのは、平塚駅や本厚木駅からだと、小田原アリーナに行くのは時間的には横浜スタジアムに行くのと大して変わらないことです。オイラはいいんだけど、一般ウケを考えると、シーズンがかぶる以上これも無視できないと思います。でも年に数回、最大で1回2,000人くらいしか集客がない興行だから、このあたりの改善にお金をかけられないよなあ・・・。

もっと小田原市民に来てもらえるよう努力するか、藤沢・平塚など小田原以外のホームタウン各地での試合を増やすかはっきりしたほうがいいと思います。前者のほうが楽だとは思いますが・・・。

|

« 北島選手のコーチを見て思う | トップページ | カレカ選手 移籍のお知らせ »

観戦感想文2008」カテゴリの記事

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fリーグ2008 第5節 湘南vs大分 戦:

« 北島選手のコーチを見て思う | トップページ | カレカ選手 移籍のお知らせ »