« マンガでは湘南は盛り上がっている | トップページ | 後半いってみよう!(いかりや長介風で) »

のこった、のこった。

昇格争いに残れるのかの土俵際だったアウェイ甲府戦に、オイラは所用で行ってませんが、クラブは勝ってくれました。今季初の対戦別年間勝ち越しを決めることが出来ました。雨、かつ帰宅が深夜になるにもかかわらず応援に行かれた皆様はお疲れ様でした。

甲府 0-4 湘南

いやぁ、インチキでもへなちょこでも勝たなければならない試合でしたので、とりあえずホッとしました。次節は七夕ユニフォームじゃなくて、これ着なきゃいけないのかなあ?って心配しておりましたよ(オイラが生まれる前のマンガだけど、意味が通じるかな?)。

リンコン選手の2点は甲府が前に出ざるを得なかったのかもしれませんが、こんなに差がつくとは思いませんでした。現時点で甲府はJ2で最も得点が少なく、順位のわりには失点が少ないなど実はすぐ下の愛媛FCと成績が似ているので、前回と違って今は愛媛みたいに引きこもっているのかなあ?と思っていたのですが、どうだったのでしょうか?。現地で観ていないので分かりません。引きこもっていないのであれば、2年かけて大木監督、バレー・須藤選手や○イプ犯など、J1に残留させたメンバーが抜けているのに、同じサッカーを求めるのは酷というものなのでしょうか?。湘南もアジエル・石原選手が抜けたらこうなっちゃう可能性があると思うと、ひとごとではないですね。えっ?、去年アジエル選手抜きでも11月に勝っている?。よく見て!、確かに昇格争いに残っていましたが、実は期間中は2勝2敗(草津の本田選手がいなければ1勝1分2敗)で大した成績ではないですので、アジエル選手抜きでも勝つとは証明できているとはいえません。

これで湘南は昇格争いに残ることが出来ましたが、徳俵上にいるだけだと思います。まだまだ厳しいことには変わりません。7月の湘南は水戸、徳島、愛媛、岐阜、熊本と下位のクラブとの対戦が続きますので、ナベアツ日程も終了しましたので全勝がノルマだと思います。特に四国の2クラブには勝たないとこのクラブとの対戦別年間勝ち越しが出来なくなります。1試合くらいでは「まぐれ」です。サッカーだけじゃなく、お笑い芸人も、料理人も、電気工事技師にも言えますが、いつも結果を出すのがプロです。「テキトーにやったら1回出来た」はプロでなくても出来ます。ベルマーレの選手もプロであり続けていただければと思います。

あっ、オイラは文章はプロではないので、「オマエこそ、面白いことを書き続けろ!」とのご意見にはお答えできません。

この甲府戦がちょうど折り返しとなって、今週末の湘南ひらつか七夕まつりとともに行われる水戸戦からは後半戦になります。納涼漢祭りは来ないようですね(今回のオリンピックは中国なので時差が少なく、この時期だと本当に裏イベントになってしまうのですが、かなり残暑な9月にでもやるのでしょうか・・・)。昨年あんなに必死に追い上げてダメだったわけですから、そうならないためにも今年は今からエンジンをかけましょう。

|

« マンガでは湘南は盛り上がっている | トップページ | 後半いってみよう!(いかりや長介風で) »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/21991091

この記事へのトラックバック一覧です: のこった、のこった。:

« マンガでは湘南は盛り上がっている | トップページ | 後半いってみよう!(いかりや長介風で) »