« J1中断中 | トップページ | TAKE ACTION! 2008 +1 »

セ・パ交流戦 ジャイアンツvsマリーンズ 戦

空気読まずに今日は野球ネタ。明日はサッカーネタですのでお許しください。野球ネタもそこそこ増えたのでカテゴリも分けました。

6月6日(金)は個人的には恒例の巨人vs千葉ロッテ戦の観戦に行きました。サッカーを観ないで野球を2試合続けてみるのは、アメリカに行ったとき以来で久しぶりですね。すべて日程が悪いです。千葉方面に知人がいて、観にいく機会があるのです。もっとも平日なのでプレイボールに間に合わず、3回表から観戦です。

先発は巨人が押切、じゃなかった、野間口投手、ロッテが昨年闘病の末奥様を亡くされた清水直投手。なんだかロッテが圧しているようです。レフトスタンドの応援団も盛り上がっております。ご存知の通りロッテの応援はサッカー風です。まあ平塚に行くほうが多いオイラとしてはトランペットが多いくらいで別に珍しくもなんともありません。ロッテが3点獲りました。野間口選手はひとり相撲なピッチングで酷かった。なんだかノックアウトされた直後が先日のヤス高田保則選手)っぽかった。上原・高橋尚投手がいないので仕方なく起用されている感がするのにこの内容では、今後がかなり厳しいと思います。

しかし、その後走り方が門田選手っぽい小笠原選手のホームラン、巨人清水選手がロッテ清水投手から犠牲フライ(紛らわしい)、ラミレス選手の内野ゴロで、巨人が同点に追いつきました。ロッテのコマ不足は深刻なようで、清水投手は代えたほうがよさそうでしたのに代えられません。メジャーにリリーフの薮田・小林雅投手を獲られた穴が埋まっていないらしく、続投の清水投手が打たれてしまいました。打線も長打を打つ可能性が高い選手が少なく、怖さがありません。

そんな中、5回の巨人球団歌「闘魂こめて」のときにレフトスタンドから激しいブーイング。いや、日本のプロ野球って交互に応援する文化があるのですから、阪神ファンですらそこまでしないなかでそんなにブーイングしちゃうのは、いまだに未練がましく袖に「05年アジアチャンピオン」のパッチをつけていることも含め、なんかTPO無視の空気が読めていない感いっぱいで、笑っちゃいましたね。今日のロッテの戦いぶりが戦いぶりでしたし・・・。ブーイングの相手が違うでしょう?。そんなオイラに隣も苦笑です。あっ、ちなみに彼らにとって浦和はレッズではなくて武蔵浦和の二軍のことです。

試合は延長戦になり、10分前に守備固めで出場した加治前選手がプロ初打席でサヨナラホームランを放ち、一瞬にしてスター選手になりました。サッカーで言うところの89分に3人目の交代選手として出たDFのロスタイムゴールで勝利したようなものです。

ラミレス選手は連続安打記録がかかっていたのですが、最終打席に一塁塁審の誤審で途切れました。でも、誤審はサッカーで見慣れてしまったため、なんとも思わなくなっちゃいましたね・・・。

読売ジャイアンツ 4-3 千葉ロッテマリーンズ

マリーンズの批判ばかりしてしまいましたが、実はオイラは以前別の知人と千葉マリンスタジアムの人工芝の上で試合前のバレンタイン監督と談笑して、サインを書いてもらい、記念撮影をして、最後にがっちり握手したことがあるので、彼とは親近感があるのですよ。だからこの状況は非常に残念ですね。あっ、メジャーの監督経験がある人に失礼なくしゃべれるのか、英語を心配していたら、彼は簡単な日本語で会話が出来て拍子抜けしたので、ヤジは注意してくださいね。ちなみにベルマーレではジャーン選手やカルロスフィジカルコーチも同様ですよ。

試合後は打撃王で巨人のピッチャー(映像)を相手に打ちます。試合のチケットを持っていると百円引きです。しかし設備ショボすぎです。巨人ファンも対戦相手ファンもたくさんいてにぎわっているのですが、ビルの1フロアなので大きなあたりが天井にぶつかりますし、なにより今時こんな光度の低いプロジェクタなんて他で見ません。もうかっているはずなので設備投資して欲しいものです。

|

« J1中断中 | トップページ | TAKE ACTION! 2008 +1 »

観戦感想文2008」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
まあそのブーイングは、巨人のパクリ応援に対するものでしょうね。
他の球団のファンもこれは酷いと思ってますから、ブーイングがいいかどうかは別としてそれくらいされるだけのことしてますからね…。わかってる巨人ファンは、きっと仕方ないと思ってるでしょう。

念のため説明すると、巨人の応援団がロッテみたいな応援がしたいと思って、
ロッテ応援団に教わりに行った、
しかしタオル回しをはじめ、いろいろ取り入れておいて、電波を使って「あれはうちのオリジナルです」と言いふらしたそうです。
そのうち、今度はロッテの方が「巨人のパクリ」などといわれるようになったため、タオル回しも封印し、他にもいろいろ変更を余儀なくされたようですよ。そうして新しくした応援までもどんどん巨人が…という連鎖は未だに続いているみたいで。
ちょっと詳しいプロ野球ファンならみんな知っているのに、なぜあんなことを続けるのか…と疑問には思いますね。ひと昔前には、ロッテの応援を巨人が真似っこする、なんて考えられませんでしたが、時代も変わったってことでしょうか。取り入れるのはいいですけど、やり方は間違えちゃいけませんよね。

投稿: サマー | 2008年6月 8日 (日) 18時12分

うーん、あえて「そんなオイラに隣も苦笑です。」の経緯は避けていたのですが、これじゃ経緯を説明しなければなりませんね。

まず最初に断っておきますと、確かに野球の記事が多いのですが、ここは湘南ベルマーレについてのブログです。つまりサッカーのブログなんですよね。巨人応援ブログではありません。あなたの投稿を借りて書き換えますと、

念のため説明すると、ロッテの応援団がJリーグみたいな応援がしたいと思って、ジェフ市原または日本代表応援団に教わりに行った、しかしタオル回しをはじめ、旗を振り出して、いろいろ取り入れておいて、ネットを使って「あれはうちのオリジナルです」と言いふらしたそうです。

ってことは、多くのクラブのJリーグサポーターは怒っておりますよ。

どうしてマリーンズサポーターってこういう人が多いのでしょうか?。これではロッテと関係の深い韓国(従軍慰安婦のことを主張しながら、ベトナム戦争時の韓国軍人とベトナム人とのハーフの存在は無視)と変わりませんね。

ちなみにサッカー的なものを除いても、日本式の野球応援スタイルのオリジナルは早慶戦、プロに持ち込んだのは広島カープであって、ロッテではありません。実に見苦しいので、この主張はやめたほうがいいと思いますよ。

投稿: チャリ通 | 2008年6月 8日 (日) 22時47分

う~ん、こんな喧嘩腰に返されると思ってなかったので、単なるプロ野球ファンとして経緯を説明した自分としてはちょっと戸惑ってます…(笑)
なんか思い入れがあるんでしょうか…。
失礼なこと言ってるんだったらすみませんでした。

要は、ロッテファンのみならず、他のファンも「あれはひどい」と言ってるのは、
まああまりにも丸写しってのもありますけど、
それよりも、マスコミの力を使ってオリジナル発言をしたことです。
巨人と言えば、マスコミに取り上げられる頻度では、ロッテを含め、他球団の100倍くらいでしょうから。
それにものを言わせてというのが、今より不遇の時代だったパ・リーグファンとしては我慢できないものがあったでしょう。
いや、察するに余りあります。

ロッテファンは、2軍が浦和にあることもあり、
レッズサポーターとの交流もあることから、いろいろ取り入れた、という経緯をどのファンに聞いても堂々と言います。「レッズが真似した」なんて言いませんし、「オリジナルだ」とも聞いたことないです。
ちなみに、ロッテの応援を逆輸入してるところもあるそうですよ。

野球もサッカーも、双方どこかで参考にしてるだろうし、野球同士でも、応援やイベントはどこかが元祖のはずです。いいものは取り入れる、それは私は賛成ですよ。野球が、サッカーがと争うのはあんまり好きじゃないです。どっちも同じスポーツですからね

投稿: サマー | 2008年6月 9日 (月) 00時38分

追加です。
重ねて言いますが、
このブログに喧嘩売りに来たとか
そういうわけではないし、
自分がロッテの応援を擁護して
どうにかしようと思ってるわけでもないんで、
その辺だけご理解くださいネ。
言い争いしたかったわけでもないので。

あ、ちなみに、Jリーグファンの友人もたくさんいるけど、
ちゃんと言ってるのも知ってるみたいで、
そんな怒ってる話なんて聞いたことありませんでしたよ。
野球の応援のああいうのもいいなと、
逆に言ったりしてますよ。

では、失礼しました!

投稿: サマー | 2008年6月 9日 (月) 00時49分

通りすがりですが、
野球&サッカーファンです。

応援の件はさておき、
マナーの件では、どの球団にもいろんなファンがいるんですよね。
ただ、ロッテのファンというのは、去年のクライマックスシリーズ最終戦で、
日ハムに敗れた際も、みんなが残って相手を讃えたり(結果、両選手同士が讃え合う珍しいシーンを生みました)、相手のファンも感動するようなことができる奴らだと思ってます。
ちなみに、マリンスタジアムで日ハムが優勝を決めた際も、外野は誰も帰らず拍手で讃えていたそうですね。
西武が優勝した時も、エールを送り、それに感動した西武側がロッテファンの前まで挨拶に行ったという話も聞きました。
普段から相手のファインプレーにも拍手を送るシーンもあり、ひどい罵声も少ないですね。ゴミもしっかり集めて帰るし…。

サッカーの方では、先日もサポーター同士でひと悶着ありましたが、それだけでなく、マナー面でどうかと思うこともけっこうありますよね。
応援の面でも、所詮日本のサッカーファンも欧州の真似ごとが大前提みたいになってますから、野球ファンがどうこうと言える立場じゃないんですが、マナーの変な面も真似してしまってるようで…。
野球ファンもいろいろいますが、やはりまだまだ大人しいし、どの球団のファンもサッカーのノリに比べたら礼儀正しいかなと思います。阪神ファンなんてかわいいもんですよ(笑)。応援を真似した、真似しないの前に、サッカーファンが学ぶべきマナーがたくさんあるかなと。

くどくど書きましたけど、最初のチャリ通さんのロッテファンへの書き方にちょっと棘があるのと(あそこまで書いてしまったら、ブーイングよりもひどいような)、返信でもそこまで攻撃的に書くほどのことじゃないんじゃないかな~とか思ってました。
お互い、いい面を真似していくってのはいいんじゃないでしょうかね。

投稿: くろ | 2008年6月10日 (火) 00時45分

ほう、そうですか。それは大変失礼をいたしました。オイラに誤った認識があったようですね。

基本的にブログでコメントをうけるほうは、「守り」に入ります。なぜなら今後もここに投稿をし続けるからです。それに対してコメントを書く方は、良くも悪くも気分次第で来たり来なかったりですからです。だからコメントの書き手にそんな意図がなくても守るほうは厳しいめの対応をすることがよくあります。

何で上の段落のことを書いたかというと、オイラも逆の立場(ちなみにスポーツとは全く関係ないビジネスのブログでです)で似たような経験があるからなんですね。今日はその人の気持ちがおふたりを通して分かりました。

ご迷惑をおかけいたしました。

明日はロッテ出身の伊良部選手と同い年の「湘南の最年長の選手(しかもレギュラー)」についても取り上げます。

投稿: チャリ通 | 2008年6月10日 (火) 20時59分

このたびは飛び込みで失礼しました。
ブログをやってるといろんな人が
くると思いますが、
それだけにちょっとした書き方で誤解を招くこともありまよね。
つまらないことでファン同士がいがみ合う、悪いイメージを持つのはもったいないので、少し安心しました。

あ、ちなみに念のため、私も勝手に解説させてもらうと、ロッテファンが巨人ファンの応援歌の際にブーイングしたのは、きっとビッグフラッグに対してです。ロッテには以前から、ホーム外野側全てを覆う大きさのビッグフラッグがあるんですよね。それはロッテファンのいろんな姿勢がどっかの新聞社から評価されて、ファンが賞を受賞したらしいんです。その賞金をどうしようかということでビッグフラッグを作ったと。他のこともありながら、そういう象徴のようなものまで…ってとこじゃないでしょうかね。
まあセ・リーグの某チームファンによると、自分たちの応援歌の時に、巨人ファンが大声で替え唄を歌うと怒ってましたから、どっちもどっちってとこでしょうか(笑)
まあどちらにしてもかわいいもんだと思います。

投稿: くろ | 2008年6月11日 (水) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セ・パ交流戦 ジャイアンツvsマリーンズ 戦:

« J1中断中 | トップページ | TAKE ACTION! 2008 +1 »