« 仙台と広島と | トップページ | セ・パ交流戦 ジャイアンツvsマリーンズ 戦 »

J1中断中

各国の代表に選ばれれば代表戦、クラブに残ってもヤマザキナビスコカップがあるのですが、とりあえずJリーグディビジョン1(J1)が今年も中断しています。

湘南はJリーグディビジョン2に参加しているので直接関係はないとはいえ、J1に昇格すれば来年対戦するわけですし、湘南が3位に入ればJ1の16位と対戦しますし、4位以下の場合はJ1の17・18位とJ1の16位が参加する入れ替え戦で負けたほうが同一リーグになるわけですから、きりのいいところで感想文を書いてみます。

J1rank

ACLの日程との兼ね合いで鹿島・ガンバとその対戦相手は1試合残しております。全体の6割強の日程を残しておりますので8位のガンバ大阪あたりまではJ1を優勝する可能性が高いのではないでしょうか?。プロ野球同様、8月の北京オリンピックで主力選手を抜かれてしまいますと立場が一変する可能性がございます。今年は新監督の名古屋やFC東京、大宮ががんばっていますね。川崎から関塚監督とフッキ選手が消えた(レンタル元の川崎に復帰していたフッキ選手がJ1復帰のヴェルディに復帰)のは予想外でしたが、それでもこの位置にいるのは地力が備わっていたことの裏づけなのでしょうね。例年通りACL予選リーグ参加組の苦戦は想定しておかなければならない現象のようです(ACLに出られるようなチームは代表も多いですしね)。まあ、立場上どこが優勝してもいいです

こちらとしては降格争いのほうが気になります。現時点では千葉と札幌が降格圏、磐田が入れ替え戦の位置につけています。

最下位の千葉がやや離れているのですが、クゼ監督解任後リバプールからアレックスミラー新監督を招聘し、今まで0勝のチームがコーチの代理指揮で2連勝するなどV字回復をする可能性も出てきたので、残り試合数を考えれば降格圏を抜け出す可能性は意外とあると思われます。この数試合とナビスコカップで監督もどこに補強が必要か判断しやすいでしょうし、他クラブで出番のない選手を借りやすいと思います。

17位が札幌なのですが、三浦俊也監督のサッカー(DFラインとMFラインで挟んで守ることが中心の守備的チーム)がJ1ではこのあたりというのが大宮時代に証明されているので、まあ予想通りといえば予想通りなのかもしれません。札幌は累積債務の処理の関係で大きな補強がしづらいので、なんちゃって札幌市民だったオイラは残念なのですが、しんどいですね。

なんと15位と16位にあの静岡県勢がいます。磐田は熊林選手を湘南に貸し出されていた頃から既に指摘されていた「福西選手などより年下の若手が育っていない」ことが、今、モロに出ているように見受けられます。前田選手もカレン(苗字)・ロバート(名前)選手もケガしますし・・・。清水については何か軸になる選手や戦術がないなあという感じがします。清水は最近まで割と強かったのにどうしてしまったのでしょうか?。さすがにシーズン途中に「斉藤選手返して」っていうのはないでしょうけど

思いっきり憶測なのですが、来年開港の富士山静岡空港が大方の予想通り大失敗しそう(羽田・中部・伊丹・関西は近すぎて新幹線に勝てない。成田は成田側の枠がない。)なので、数少ない就航地の福岡と新千歳便の宣伝のために、チームやサポーターに札幌・福岡・鳥栖に行ってもらう(来てもらう)ために、静岡県からの「来年はこれらのクラブと同じリーグで」という命令で不調のフリをしている(?)のかもしれません。清水の親会社の鈴与が地域航空事業に参入するらしいですし・・・。来年韓国人助っ人を呼んで、再来年の両クラブのキャンプ地が沖縄なら全路線制覇ですね(また空港ネタになっちゃった。しばらく水戸の袖のところのこととか書けないなあ。)。

磐田も勝ち点3を出し抜きさえすれば大分の位置まで来ることが出来ますので、6位の鹿島くらいまでは降格の可能性が無くはないと思います。個人的には今までJ2をやったことがないクラブに落ちてもらいたいと思うので、下から拾うと「千葉、磐田、清水」になりますね。

磐田や清水が湘南と入れ替え戦とかなったら、今までの経緯から考えて大変なことになりそうです・・・。パルちゃんとはケンカしたくありません。

千葉も古河電工が横浜のクラブでしたし、菅野監督の出身クラブですし、平塚にはJR東日本の駅と古河電工の事業所がある(古河電工が平塚で試合をしたこともあるそうです)ので、やっぱりこれも大変なことになりそうです

札幌なら三浦監督に関係なく石原・アジエル選手が得意としているので、なんか勝てそうな気がしますが、16位まで上がってくるかどうか・・・。

じゃあ、新潟とか神戸ならいいでしょうか?。・・・、やっぱり湘南が2位以上を目指して入れ替え戦に出ないようにしましょう、心臓に悪そうなので。

最後に川崎の我那覇選手募金はちょっとしか出来ませんでしたが(7月まで受け付けています)、無罪おめでとうございます(ナビスコカップでのゴールもおめでとうございます)。ドーピングについては高度な医療知識がないと状況判断が難しそうなので何ともいえないところがあるのですが、運が悪かったですね。

|

« 仙台と広島と | トップページ | セ・パ交流戦 ジャイアンツvsマリーンズ 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/21014349

この記事へのトラックバック一覧です: J1中断中:

« 仙台と広島と | トップページ | セ・パ交流戦 ジャイアンツvsマリーンズ 戦 »