« 世界のナベアツかよ! | トップページ | J2第16節 湘南vs横浜 戦 »

第1クール終了

大阪と愛媛では勝ち点が1しか獲れませんでしたね。

大阪 2-1 湘南
愛媛 1-1 湘南

あえて言いましょう。昇格を考えれば、へなちょこでもインチキでも獲れるところで1点でも多く勝ち点を獲らなければなりません。大阪では引き分けに、愛媛では勝ちに行くような試合をすべきでしたね。

そういえば「(A)」が袖になかったようですね。こうなるとますますユニフォームが大学サッカー部みたいになっちゃうんだよなあ~。

さて、第1クールが終了しました

J2_1

湘南は8勝1分5敗で第4位でした。湘南の力量からすれば、第1クールは昇格争いに参加していればOKと思っておりましたので、悪くはないと思います。第3クール開始時点で「自分たちが負けなければ昇格圏から落ちることはない」という展開が理想かなあと思っておりますので、第2クールは「昇格争い」から「1位から3位」にハードルをあげましょう。

ただ、良くもないと思います。第1クールは引き分けに出来た試合を負けすぎていると思いますJ2の2位から4位の間は例年僅差の勝ち点差になっております。勝ち点は1点も無駄にしてはいけないのです。第1クールはどのチームもチームの内にも外にも試行錯誤になることは理解できるのですが、今年は1クール少ないのですから去年より早くチームを確立する必要があります。

湘南への感想としては、
1.北京に行く人はいない可能性が極めて高い(夏に戦力減はない)。
2.両サイドバックの攻撃力は期待できそう。
3.アンデルソン選手、ドゥンビア選手のような速いカウンターができるFWへの対策が急務。
4.本人に過失がなくても、2年続けて年間で一番試合が多い時期にジャーン選手(外人枠も使うキャプテン)は休みすぎ。
5.クラブに過失はなくても、背中と袖のスポンサーが同じ年にあちら側の不祥事で中途解約というのは、後任候補つきまとう先入観も悪く、厳しい。
6.ホームゲームで荒天の試合が多すぎ(ニッパ球、敷島、笠松では晴天なので、オイラが雨を呼んでいるわけではありません)。
7.なんだかんだいっても中田英寿さんはクラブの財産。
8.石原選手の成長が著しい。キック精度の高い大山選手には欠点を克服してもらわないと加藤望選手に何かあったときが不安。アジエル選手にマークが集まることに対応する戦術に、もっとアイデアが欲しい。
9.どんなものにも選ぶのには何か理由がある。サッカーもそう。でも厚木市出身の永里選手が今年のチームの選手層にあっては、その理由に乏しすぎる。

といったところでしょうか?。しかしJ2は皆様良くご存知の通り、修正してナンボの世界なので、昨年第1クール1位・2位の福岡・山形(昨年はともに湘南より最終順位が下だった)のようにならないよう順位を上げていきましょう

他チームを見ると、とりあえず広島が少し出ていて、セレッソから山形までが昇格争い、岐阜・甲府・草津が中位争い、徳島以下が下位といったところでしょうか?。調子の悪いチームはむしろ確実に勝つ必要がありますので、岐阜より下のチームにこそ手を抜いてはいけません。愛媛戦のようなことをしてはダメなのです。福岡のリトバルスキー監督は解任されませんでしたね(地元の報道のされ方が辛辣のようですね)。第2第3クールはそれぞれのアウェイ最終戦に福岡とあたるので、さっさと福岡戦を済ませるチームより不利だなあ・・・。

まずは横浜戦です。2敗で早くもこの対戦の負け越しを決めてはいけません。勝ち以外ありえません!。ホームですし。

|

« 世界のナベアツかよ! | トップページ | J2第16節 湘南vs横浜 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/21147772

この記事へのトラックバック一覧です: 第1クール終了:

« 世界のナベアツかよ! | トップページ | J2第16節 湘南vs横浜 戦 »