« 酔笑苑 | トップページ | 矢口家 »

J2第7節 湘南vs甲府 戦

昨日の記事を投稿したときに甲府の出場停止選手が変更になったことを知りました。まあ第2節の裁きっぷりを観ていれば想定範囲内のことなので、驚くべきことではないです。甲府も「池端選手抜き・桜井選手在り」で練習を行っていたから急に逆になって困ったでしょうけど。

けどね、審判のミスを別の試合で償うのは本当にやめて欲しいです。今日の3審判は露骨に甲府びいきに感じました。甲府だけでなくウチも被害者なんですけどねえ・・・。前半の幻のゴールや、後半のPKは?っていうのももちろんアレなのですが、それ以上にあのタックルは、湘南の選手が怪我したら審判が責任とってくれるのかなあって本当に思いました。

湘南 1-0 甲府

そんな試合にも関わらず、勝つことが出来ました。今季初の連勝で、久しぶりに勝ち星先行、ホームでの勝ち負けも五分としました。まだ順位は意味がないのでどうでもいいです。次節の休みが終わってから見ましょう。

今日は雨が降らなくて良かったですが、寒かったですね。先日予告した日焼け止めも不要でしたよ。先週の敷島ほど試合に影響は与えてませんでしたが、風がポイントでしたね。前半は湘南が風上、後半は甲府が風上でした。

去年、原竜太選手と金永基選手はデキているのではないか?と思われるほど、キーパーの金永基選手から原竜太選手にアシストというのが試みられ、成功したこともありました。本日もスタメンだった原竜太選手に、風を利用してドンドン金永基選手がパスを送っておりました。甲府はセンターバックを残して前ががりになることがあるので、他クラブよりこれが決まりやすかったと思います。実際には点を獲れませんでしたが、リズムはつかめましたね。前半終了前に石原選手が泥臭くゴールを挙げました

後半になると風向きが逆転し、甲府が怒涛の攻撃をしてきました。特に後半30分前後の加藤望選手投入前後の攻撃はヤバかったですね。このときがんばっていたのが田村雄三選手!。やっぱり彼はセンターバックの選手です。1列前でのプレーは心もとないのですが、熊本戦に続き今日はとても頼もしいプレーぶりでした。岐阜戦以降、週2試合5戦になるので、ジャーン・斉藤・田村選手の併用もアリなのではないでしょうか?。

終盤の怒涛の攻撃を観ると、甲府は決して弱いチームではないと思います。戦術も大きく変わってはなく、人数をかけてロングボールをあまり使用せずに攻めてきました(ワーッとみんなで気持ちよく攻めあがって、「カウンターしてくださいっ」っていうくらいガラ空きになるのも変わらず)。ただまだ括弧たるものがないのかもしれません。そのチームに対して湘南は内容良く勝てたと思います

記事を書く前に甲府系のウェブサイトを見ましたが、「カウンターが・・・」ってのが多かったですね。カウンターをしてこないチームに勝てなくてJ2に落ちたくせに、J2でカウンターをしてくるチームに勝てないことを文句言っているのは、去年の今頃のセレッソ系のウェブサイトみたいな支離滅裂ぶりで、甲府の心理が見えて面白かったです。対戦相手のためにサッカーしているチームは1チームもないと思いますよ。

スポンサーバナーをこの試合に限り設置っていうから何事かと思ったら、以前からベルマーレのスポンサーをしているこの日の冠スポンサー平塚競輪場チャリLOTOの広告でした(CMに出ているトロの握り寿司も自転車に乗って登場しました)。思わせぶりで大げさです。今週末から首都大学野球リーグが開幕し、東海大学あたりが試合をしていると平塚競技場と平塚球場でJリーグと大学応援団との応援対決的な感じにもなりますので、賑々しくなります。

三村ロンドさんは鳥取に行っていたそうですが、あちらも勝ててよかったですね。この試合に負けていたら鳥取はヤバかったですからね。

|

« 酔笑苑 | トップページ | 矢口家 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/20165660

この記事へのトラックバック一覧です: J2第7節 湘南vs甲府 戦 :

« 酔笑苑 | トップページ | 矢口家 »