« 徳島ヴォルティス | トップページ | ヴァンフォーレ甲府 »

ザスパ草津

公式サイト:http://www.thespa.co.jp/
昨年順位:J2 11位
本拠地:敷島公園陸上競技場
監督:植木繁晴
サプライヤー:Phiten

今季の対戦予定
第6節 4月5日(土) 13:00 草津 - 湘南 (群馬陸)
第19節 6月11日(水) 19:00 湘南 - 草津 (平塚)
第33節 8月30日(土)/31日(日) 未定 湘南 - 草津 (平塚)

敵地へのバスツアー・旅行会社特別キャンペーン以外での推奨移動手段(神奈川・東京発)
JRの普通の切符(JR東日本)
※自家用車も選択肢。

敵地(前橋・高崎)の名物:ソースカツ丼、登利平 鶏めし(駅や敷島で購入可能)
敵地付近(前橋・高崎)の観光地:敷島公園

敵地コーナーを書くときに思いました。草津を名乗っており、確かに発祥は草津町で、出資もされており、育成チームもここで活動しておりますが、トップチームは前橋市で練習・試合をしております。前橋市から草津町まで数時間かかるので、前橋市で「ザスパ草津」というのは違和感があります。神奈川に置き換えると「湯河原FCの練習場が麻生グラウンドで本拠地が等々力競技場のようなもの」です。試合会場の前橋市の人にとっては「草津」というのは地元意識として微妙なチーム名なのではないでしょうか?(そもそも草津が一番有名とはいえ、草津以外にも有名な温泉が群馬には多く、そこでスキーやゴルフ場も含めて仕事をしている人も多く、このチーム名では彼らに支援を求めるのが無理になります)。草津町の人口でJリーク公式戦ができる会場を用意するのは無理だと思いますので、今後も県庁所在地で試合をすることになると思います。前橋市民にアピールするために「ジェフユナイテッド千葉・市原」方式で名前に前橋か群馬もいれたほうがいいのではないのかなあとは思いました(滋賀県にも草津があって、ここにもサッカークラブがありますし・・・)。

元佐野市民としては、群馬というと大泉にいる日系ブラジル人というイメージもあるのですが、彼らの子供たちがユースに入ったら結構うまいのではとは思ってしまうのですが、いかがなんでしょう?。

なんといってもここは植木監督、高田保則、熊林親吾、本田征治選手、古くは小島伸幸さんなど、ベルマーレにゆかりのある選手が多いです(そしてベルマーレには石原、田村選手など、代々群馬ゆかりの選手がいます)。選手の移籍とかも、結局最後は「本人と担当者との話しで決める」ことなので、「アイツはよく知っているから」という交友関係で人が選ばれるのは野球もサッカーも、ひいては普通の仕事でも変わりありません。だから平塚での草津戦はいつも盛り上がるのです。熱い試合を観たい人にとっては結構お勧めのカードなので、ホーム2試合を獲れて良かったと思います。

特に「ヤス」こと高田選手はイケメンでユースからの生え抜きだったので、出番を考えれば放出はやむなしでしたが、思い入れのあるファンは今も多いと思います。そしてベルマーレ戦で結構働きます。草津のためにも他クラブとの試合でも湘南戦と同じくらいがんばってください。チームメイトの秋葉忠宏選手と並んで歴代1位のJ2公式戦出場記録(昨年までで304試合)を持っていることを褒めるのは、本人が望んでいるのか、いないのか・・・。

今年は熊林、島田、崔成勇選手など補強もされているので、中位以上に来そうな要注意のクラブです。このあたりのクラブにきっちり勝っておかないと昇格はできないので、本当に重要なカードだと思います。

試合を観るだけでしたら駅からバス移動でも問題ないと思いますが、北関東はクルマがあることが前提なので、観光にもいく場合はクルマで行きましょう。

第6節は敷島公園のお花見とバッティングするのかな?。

|

« 徳島ヴォルティス | トップページ | ヴァンフォーレ甲府 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/9972059

この記事へのトラックバック一覧です: ザスパ草津:

« 徳島ヴォルティス | トップページ | ヴァンフォーレ甲府 »