« ヴァンフォーレ甲府 | トップページ | サテライトリーグ日程発表 »

パルコ閉店

ワンダーランド、用事で行けませんでした。

最近、「いきものがかり」をマスコミで見かけますね。彼らも厚木市・海老名市出身なので、売れていてなによりなのですが、「いきものがかり=3月」というイメージが付きつつありますね。全国的には2006年のWorld Baseball Classicのテレビ中継でのCMで認識された方も多かったと思います。やはり厚木市出身の前田亘輝さんのいるTUBEが夏ばっかり活動していたので「TUBE=夏」という図式になりましたが、いきものがかりもそういう戦略でいくのでしょうか?。オイラも彼らの海老名駅周辺や本厚木駅周辺の路上ライブ時代に観たのかなあ?。働いていたので覚えていません。

さて、2月24日で厚木パルコが閉店しました。閉店セールは忙しくていけませんでしたけどね。もともとは2店舗だったのが1店舗になった上での閉店でしたので、パルコ側にとっては厚木進出は大失敗なのでしょうね。厚木くらいだと買い物に東京や横浜に行くのは苦ではないので、嗜好品的なものの商売は厳しかったと思います。ここ10年で、いきものがかりの吉岡聖恵さんの母校である昭和音楽大学・短期大学(→新百合ヶ丘)、青山学院大学(→淵野辺)が撤退し、ロイヤルパークホテルも売却されてロワジールホテルとなるなど、厚木から出て行くところが後を絶ちません。明治時代までのメインストリートであった中央通り周辺も再開発がされませんし、全国的な問題である公立病院(県立厚木病院改め厚木市立病院)から去る人たちといい、20万人都市の厚木市はまちづくりを見直す必要があると思われます。前市長が選挙で落選したのもこの件が一番の要因だったようですし・・・。

といっても、実はそう考えている人は厚木中学校学区の人々が中心なんですよね。オイラは隣の依知中学校出身なのですが、実は依知中学校学区のひとはもう本厚木を見限っています。海老名駅西口行きのバスがあるので、クルマ組も含めてそっちに行く人が多いんですよ。なぜなら厚木中学校学区に入る道路の朝夕の混雑はハンパではなく、とても付き合ってられないのです。愛甲、船子、戸室、林、妻田方面も似たようなものらしいです。

今は「バスで何十分もかけて駅へ行き、そこから何十分も電車に乗って東京や横浜に行く」ことは皆したがらないんですね。オイラも歩けるからいいけどバスはちょっとという感じです。だから本厚木を嫌がるんです。本厚木を支えてきた本厚木の外の厚木市民が本厚木へのアクセスにあいそを付かせた結果が「撤退ブーム」につながっていると思われます。

まあ、そのあたりは市役所も分かっているとは思うのですが、方向性は見えてこないですね。現市長は「厚木の中の宮崎県」的な僻地である上依知出身の人ですし、人口減社会の中でシャトルバスの用意またはインフラ投資をして本厚木の外の人のアクセスを良くすることは無理だと思いますので、本厚木にマンション建設を促進させまくってコンパクトシティにするというのがもっとも駅周辺の発展には現実的だとは思うのですが、どうなんでしょうか?。

|

« ヴァンフォーレ甲府 | トップページ | サテライトリーグ日程発表 »

厚木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パルコ閉店:

« ヴァンフォーレ甲府 | トップページ | サテライトリーグ日程発表 »