« アーバンフィットネスクラブザムロッドやソフトボール | トップページ | 厚木家 »

大丈夫か?Jリーグ。

1月3日の記事でコンサドーレ札幌の経営に不安がというようなことにも触れましたので、それについて記事にします。

コンサドーレ札幌を槍玉に挙げましたが、札幌が不安な理由はアビスパ福岡の前例があるからであって、さらに札幌のようなことは、湘南を含めたほとんどのJ2チーム、およびJリーグ昇格を目指すチームにも今後考えられるからです。

コンサドーレ札幌は昇格にあわせて減資を行って債務の解消をするそうです。これはJリーグが昇格に際して求めているようで、以前アビスパ福岡もJ1昇格時に行っております。

新聞記事にすると「増資によって債務超過を解消するという苦肉の策」という活字だけですが、社会人をやっていたり株式投資をしているひとなら、これはどういうことだかわかりますよね?。

商法上は問題ない行為とはいえ、人様の出資金を減資で消して自分は生き残ることは、想像以上に経営面での信頼を失う、最後の最後の手段なのです。マスコミは今後の付き合いを考え、やんわり書いているようですけど・・・。

先にそれを行った福岡はどうなっておりますでしょうか。結果的に胸スポンサーを失いましたね(背中スポンサーは悪法の改正に伴う自滅でしょう)。減資のあとに増資をして、商取引上の裏づけを用意しないといけないのですが、信頼のない会社にオカネは使いたくないですよね。以前より確実にオカネは集まらなくなり、結果「リトバルスキー監督が欲しい選手が2007年シーズン中に補強できなかった」などにつながります。

福岡も札幌も自治体を頼みにするのですが、減資をするような組織にオカネは使えません。企業に株主がいるように、自治体には市民がおりますので・・・。特に北海道は開拓使の時代から今も多額の援助を本州から受けており、夕張のようにそれを国やマスコミなどからせっつかれている(オイラがいたときも、それがマスコミのネタでした)ので、オカネは使えない可能性が高いと思います。

だから今年の札幌。すべての面で今季を超える必要があり、ひとつも失敗できません。心配です。

聞けば札幌級の債務を抱えるベガルタ仙台も同じようなことを考えており(宮城スタジアム問題も抱えているのに・・・)、さらには湘南を含めた他のJ2チームも似たり寄ったりだとか。クラブの財務情報をある程度公開されるようになり、見てビックリし、どっかでそれが指摘されていないかを探し、去年から観るようになったのが税リーグニュースです。「そんな言い方はないだろう!」という記事もありますが、おおむね「そう言われても仕方がないなぁ」という記事ですね、残念ながら。本当はJリーグ百年構想パートナーが「税金がこんなに使われている!」と本業でこれを指摘すべきなのでしょうが、北○鮮問題やアサヒるなど同様、自己否定になるため、弱いです・・・。

アブラモビッチ(Jなら三木谷かLEOC?)抜きで解決するには、結局のところ赤字が出ないようにするしかなく、客単価を上げ、人件費は抑える必要があるのですが、客単価を上げるほうが達成しやすいでしょうか?。オイラもシーズンチケットと、年に1個程度のグッズ代、ごくたまに豚汁とで、1試合2000円くらいですし・・・。ソフトのコピーを流すだけのシネコンではなく、ライブのディズニーランドや宝塚歌劇と比べられるようになれれば最高なのですが・・・。タダ券になれている人も多いので大変だと思います。人件費に手をつけるとなると、下位チームはFリーガーのようなアマチュア選手やボランティアの営業スタッフで構成することになってしまいます・・・。必要以上に格差が出来てしまうとリーグになりません。

オイラ、以前大きな公共施設を借りることに関わったことがありますが、使用料がものすごくかかることにびっくりしたことと、稼働率と投資回収を考えればそれくらい必要なことに納得できたことがあります。そのあと某Jリーグチームが有料興行(公式戦)なのに激安でスタジアムを使用していることにまたビックリしたことがあります。ファンのオイラがビックリするのですから、無関心の人が知ったら・・・、ってホント思いました。そういう意味でも自治体に無理は強いれません。

まあベルマーレも一度清算をしているわけですが、あれはフジタが負担したものなので、平塚市の被害は少ないはずです。平塚市に大きな負担を強いてしまうと・・・、怖いです。

数クラブの問題というレベルではないので、リーグや選手会ももっと考えるべきです。チームが増えれば分配金をもらう分母は増えるのに、地方交付金を多くもらっている自治体(そういう地域は法人税収も少ない場合が多いので、地元企業からの支援も少ない)に頼る市民クラブが多く立候補しているのですから・・・。

|

« アーバンフィットネスクラブザムロッドやソフトボール | トップページ | 厚木家 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ブログタイトルに惹かれて来ました(笑)
私も距離は違えど、平塚競技場にはチャリで通える者です。

まず最初に、平塚出身ながら、平塚がJ1昇格する前から某他チームのファンで、湘南はJ2降格してから真剣に応援するようになった、という事情をご理解ください(なので、2チーム応援している形になります。どちらも裏切れません)
純粋にサッカーファンであり、昔馴染みの観戦仲間と共に、J1・J2以外にも、サテライト、A代表、五輪代表、なでしこジャパン、なでしこリーグ、ユース代表、大学、高校、Fリーグ、海外(特にスペイン)などカテゴリー関係なく、行ける時はできる限り観戦に行っています。
参考までに、日程が被った場合は、湘南を優先しています(笑)


各チームそれぞれの事情があるにせよ、昇格を狙うチームは、昇格が現実になった際の債務解消問題は、減資以外での解決策を予め計画しておかないと、昇格後の経営面などで立ち行かなくなるところも出てしまうかもしれませんね。
フリエ、清水、平塚の様な事になる前に、情報公開も含めて、最善の策を執れるようにしたいものです。

ただ、昇格の際の債務解消は、J1での運営面ではJ2と比べ物にならない事から必要としているのでしょうが、例えば甲府のように予算が少なくてもJ1で戦っていけた(2年目で降格はしましたが)前例を、現在のJ2チームは、いい手本とすべきかと思います。
また、昇格することで、新規スポンサーの獲得や観客動員増により債務解消に繋がる場合もあるかと思います(例えばフリエは、最後の浦和戦だけで約1億の収益になるなど、J1でひと稼ぎしてきた印象が強い)

そういう意味では、必ずしも昇格時に債務解消を行う事を条件とするでなく、時限条件付での特例があってもいいのではないかと、個人的には思います(どこだったかは忘れましたが、欧州のチームで赤字を理由に降格したチームがあったはず。ドイツ・ブンデスリーガでは、1部リーグの名門チームですら赤字を理由に降格の危機に直面したってのがありましたね。しかし、Jリーグはドイツを手本にし過ぎ?)

時限条件付を推奨する一番の理由は、管理人さんが指摘している「信用面の失墜」です。
これでは、J2チームにとっては、昇格する事が経営・チーム運営や存続する事にマイナスの影響を生む可能性があるということになってしまいます(FC岐阜は、債務超過を「改善した」ではなく、改善見込みの計画だったような・・・もちろんJ1とJ2では違うと言われればそれまでですが)。

そうなっては、(言い方は乱暴ですが)例えば山形、鳥栖の様に万年J2中位状態を維持するのが一番、運良く(チームや運営の努力も含めて)仙台、新潟、甲府の様に観客数も伸びて、成績も上がり、スポンサーも付き、経営が安定しないと、昇格は淡き夢となってしまいかねません。

また、中長期的にチームのビジョンを持つことは大事なのですが、経営面を理由に、「昇格を目指さない」チームは、当然観客動員は伸びず、成績も向上しないでしょう。

あくまで例え話ですが、

J1昇格決定

債務超過発覚

減資でしか債務解消できず、減資決定

昇格したが、スポンサー離れ・減資の件がネックとなり、新規スポンサーが付かず。

資金不足から満足な補強・育成もできず、成績も下降・観客動員減少

J2降格

再び赤字・なかなか昇格できず・スポンサーも付かず・更に観客動員減少

チーム存続危機

なんて例が出てこないとも限りません。

今は、Jリーグも16年目に突入し、昇格チームを増やすなどしてリーグ環境を整えている時期でしょうが、そういった部分にもテコ入れしないと、リーグの成長も止まってしまうし、またチームの存続危機・消滅なんて話題も出てきてしまいかねません。
当然、こういったエントリーの様な内容にも目を向けなければいけませんし、湘南ベルマーレが身近にある以上、当分は避けて通れない話題なのだから、チームだけでなく、サポーターも含めて、カンファレンス等で話し合っていく必要もあるんだと思います。

あと、私も「税リーグニュース」は読んだことがありますが、あそこの記事は誇大解釈による捏造も含まれていたりしますので、全てを鵜呑みにするのは危険だと思いました。
ましてや、オフィシャルではないどころか、記事は自ら取材して作成したものではなく、他サイトの引用が中心で、裏付けもない、言わばスクラップブックみたいなものです。
しかし、ブログなどという「人間」が見えない場で、あの程度の事しか発信できないのは、勿体無くも感じました。

ただの批判には、何の生産性もありません。
ブログの様な場でなく、リーグや各チーム、サッカージャーナリストなどが、こういった問題も、ただネガティブに叫ぶのでなく、問題を提起し、正面から受け止め、意見し、議論して、前向きにそれぞれの地域性やチーム・地域事情に合った改善策を打ち出す必要があるとも感じました。
こういった内容が、ただの批判人ではなく、関係者の中から出て来る事を願います。

だらだらと長文になってしまい、失礼しました。

投稿: KP-2 | 2008年1月 9日 (水) 11時21分

コメントありがとうございます。

この記事、オイラの記事を要約すると、

「多額の公金を消してしまうのは、各方面に跳ね返って風当たりが強いので、極力避けるべき。」

「その原因となる「赤字」を抱えているクラブが多い。」

といったところでしょうか。税リーグニュースは引き合いに出したまでです。ただオイラの記事では事実と思われるところのみ参考にしております。

結果的にいただいたコメントが補足のコメントになっているようですので、オッケーです。よろしくお願いいたします。

投稿: チャリ通 | 2008年1月 9日 (水) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/9695653

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫か?Jリーグ。:

« アーバンフィットネスクラブザムロッドやソフトボール | トップページ | 厚木家 »