トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

三村ロンド、期限付き移籍か?

えーっと、まずはフットサルクラブに協力。

オイラも平塚に行けたらこちらは「100%チャリ通」。その前の小田原に行けたらそちらは「チャリ通かもしれない」というところです。しかし年末年始のセントラル・アウェイ期間の間、長期にわたって勝っておりませんねぇ。全日本フットサル選手権大会のためにも、ここで立て直す必要があります。来季は監督をどうするか(現監督は前年までサッカークラブのほうの主務なので、ちょっとかわいそう。)などチーム体制も見直しが必要ですね。

サッカークラブのほうは2月2日(土)に「2008新ユニフォーム発表会」があるそうです。ベルマーレ12会員は抽選で招待されるのですが、オイラは用事があるので応募しません。

そう、話は脱線しますが、この日は鶴見選手に続き三村ロンドさんも期限付き移籍ですか?。ブログのプロフィールに「ガイナーレ鳥取スタジアムDJ(不定期)」ってあるし・・・。塚野社長、戸田選手、冨山選手、吉野選手、中村コーチ、それから日系ベルマーレから来た選手と、関係者も多いチームなのですが、何度も鳥取に行っているとはいえ、ちょっとびっくり。

話は戻って、株式会社カレッジリーグの方が来るそうなので、今年も2年契約2年目の「A-LINE」ということのようです。ベルマーレはサプライを受けるほうなのでデザインを変えようが変えまいが負担は少ないと思われますが、サプライをするほうにとっては開発費や在庫処分などが発生するわけですから、相応の負担があるはずです。カレッジリーグも産業能率大学同様ベルマーレに相当力を入れております。

今年は40周年を前面に出していく方向ということは、流行っている「復刻ユニフォーム」とかなのでしょうか?。復刻するなら1994年のJリーグ初年度デザイン(シャツ:黄緑(菱形柄)/パンツ:青)とかなのでしょうが、それなら2007年モデルのほうがかっこいいと思うのですが・・・。2007年のユニフォームは結構いいデザインと色使いだったと思うので変更はもったいないです(オイラはレプリカ買ってませんが・・・)。1994年・2007年以上にかっこいいデザインを希望します。

そういえば日本代表のアディダスのユニフォームも新しくなりましたね。デザインが前モデルよりダサくなったと思ったのはオイラだけでしょうか?。

まあ、どんなにデザインが変でも、いいパフォーマンスが出来るユニフォームが一番かっこよく、センスが良くても勝てなかったらかっこわるいんですけどね。日本代表もベルマーレも、発表のときの岡田武史日本代表監督のような説得力のないコメントではなく、勝ってサプライヤーに恩返ししなければなりません。

オイラが小学生だった1980年代はスポーツウェアといえば「綿」だったのですが、1990年代にどの競技もユニフォームに「合成繊維」を用いて飛躍的にパフォーマンスが良くなりました。ただここ数年は頭打ちのような気がするんですけど、まだ良くなるのでしょうか?。

そういえば湘南はサッカー(A-LINE)とフットサル(UMBRO)でサプライヤーが違うのですが、契約の細部で問題(Jリーグからも言われているエンブレム使用許諾など)はないのでしょうか?。フツーに考えれば、あらかじめ双方のサプライヤーとの契約前に解決しておかないと絶対もめると思うのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日程発表

1月24日付けで今季のJ2リーグの日程が発表されました。

<第1クール>
第1節 3月8日(土) 13:00 湘南 - 仙台 (平塚)
第2節 3月16日(日) 16:00 横浜FC - 湘南 (ニッパ球)
第3節 3月20日(木・祝) 16:00 湘南 - 広島 (平塚)
第4節 3月23日(日) 13:00 熊本 - 湘南 (熊本)
第5節 3月29日(土) 16:00 湘南 - 徳島 (平塚)
第6節 4月5日(土) 13:00 草津 - 湘南 (群馬陸)
第7節 4月13日(日) 16:00 湘南 - 甲府 (平塚)
第8節 4月19日(土) - 試合なし -
第9節 4月26日(土) 16:00 湘南 - 岐阜 (平塚)
第10節 4月29日(火・祝) 13:00 山形 - 湘南 (NDスタ)
第11節 5月3日(土・祝) 13:00 湘南 - 福岡 (平塚)
第12節 5月6日(火・祝) 13:00 水戸 - 湘南 (笠松)
第13節 5月11日(日) 16:00 湘南 - 鳥栖 (平塚)
第14節 5月17日(土) 16:00 C大阪 - 湘南 (長居)
第15節 5月21日(水) 19:00 愛媛 - 湘南 (ニンスタ)

第3節が広島戦というところまでラジオのとおりでした。しかしネーミングライツ導入のスタジアムが増えましたね。どこのことだかさっぱりわかりませんので、契約した会社は10年単位で契約を続行していただきたいものです。まあ稼動しているところでもスタジアムは年間の1/4程度の日にちしか使われない施設なので、名前が売られることは仕方がないでしょうか。

昨年と同じ平塚での仙台戦からスタートです。昨年は単独でJリーグ全体のオープニングゲームでしたが、今年はJ1の「G大阪 - 千葉」が同時刻にあるので、「単独でJ2リーグのオープニングゲーム」となります。

開幕3試合が強豪チームとの対戦になりますが、そこを越えると勝ち点を取りこぼしたくないチームとの対戦が多くなります。気を引き締めていきましょう。祝日を活用した週2試合が多いです。

アウェイでは今季唯一の熊本での試合が第4節に入ります。まだ決めておりませんが、ぜひ行きたいです。唯一のアウェイのチャリ通範囲内(昨年はゼロ)である「ニッパ球」での試合も今季は第2節しかありませんので、ぜひ行きたいです。

<第2クール>
第16節 5月25日(日) 13:00 湘南 - 横浜FC (平塚)
第17節 5月31日(土) 14:00 仙台 - 湘南 (ユアスタ)
第18節 6月8日(日) 16:00 広島 - 湘南 (広島ビ)
第19節 6月11日(水) 19:00 湘南 - 草津 (平塚)
第20節 6月15日(日) 13:00 鳥栖 - 湘南 (ベアスタ)
第21節 6月21日(土) - 試合なし -
第22節 6月25日(水) 19:00 湘南 - 山形 (平塚)
第23節 6月29日(日) 18:30 甲府 - 湘南 (小瀬)
第24節 7月5日(土) 19:00 湘南 - 水戸 (平塚)
第25節 7月9日(水) 19:00 徳島 - 湘南 (鳴門大塚)
第26節 7月13日(日) 19:00 湘南 - 愛媛 (平塚)
第27節 7月19日(土) 19:00 岐阜 - 湘南 (長良川)
第28節 7月27日(日) 19:00 湘南 - 熊本 (平塚)
第29節 8月3日(日) 19:00 福岡 - 湘南 (レベスタ)
第30節 8月9日(土)/10日(日) 未定 湘南 - C大阪 (平塚)

第1クールのホームとアウェイが入れ替わった対戦になります。セレッソから北京オリンピックに選手が派遣されれば、第30節は相手は戦力減で平塚に行かざるを得ません(ベルマーレからは・・・、無理でしょう)。

6月は1試合も観戦できないかもしれません。平日夜が空けばいいんですが・・・。

第24節の平塚での水戸戦、湘南ひらつか七夕まつり期間中なので、対抗して納涼漢祭りをやってくるのでしょうか・・・。8月はオリンピックがあるので避ける可能性がありますし・・・。うーん。

アウェイでは今季唯一の岐阜での試合が第27節に入ります。まだ決めておりませんが、ここもぜひ行きたいです。ナイトゲームですが・・・。帰りの「大垣発ムーンライトながら(平塚のナイトゲームの帰りに藤沢方面に運用され、折り返し「東京発ムーンライトながら」になる車両で有名)」に湘南サポーターが異常に多く乗っていそうですね・・・。オイラ、もう社会人を何年もやっているので出来れば乗りたくないんですが、かといって泊まるのもなぁ・・・。

ところで番外なのですが、
第28節 7月30日(水) 19:00 愛媛 - 徳島 (ニンスタ)
第29節 8月1日(金) 19:00 熊本 - 徳島 (熊本)
いやがらせですか?。遅らせた愛媛と早めた熊本の日程・・・。

<第3クール>
第31節 8月16日(土)/17日(日) - 試合なし -
第32節 8月23日(土)/24日(日) 未定 鳥栖 - 湘南 (ベアスタ)
第33節 8月30日(土)/31日(日) 未定 湘南 - 草津 (平塚)
第34節 9月5日(金) 未定 愛媛 - 湘南 (ニンスタ)
第35節 9月14日(日) 未定 湘南 - 横浜FC (平塚)
第36節 9月20日(土) 未定 徳島 - 湘南 (鳴門大塚)
第37節 9月23日(火・祝) 未定 湘南 - 仙台 (平塚)
第38節 9月27日(土) 未定 湘南 - 甲府 (平塚)
第39節 10月4日(土) 未定 広島 - 湘南 (広島ビ)
第40節 10月18日(土) 未定 湘南 - 熊本 (平塚)
第41節 10月26日(日) 未定 山形 - 湘南 (NDスタ)
第42節 11月8日(土) 未定 湘南 - 水戸 (平塚)
第43節 11月23日(日) 未定 C大阪 - 湘南 (長居)
第44節 11月30日(日) 未定 湘南 - 岐阜 (平塚)
第45節 12月6日(土) 未定 福岡 - 湘南 (レベスタ)

第3クールはいきなり「おやすみ」からスタート。確かに真夏で一番しんどい時期ではありますが、ちょっと後々の疲労が心配ですね。北京五輪を見据えてこの節でおやすみではなく広島戦があれば最高だったのですが・・・。ホーム最終戦は岐阜戦、リーグ最終戦は福岡戦です。

鳥栖・愛媛・徳島・広島・山形・C大阪・福岡が「平塚1試合・アウェイ2試合」。
草津・横浜C・仙台・甲府・熊本・水戸・岐阜が「平塚2試合・アウェイ1試合」。
会社の営業的には集客しやすい「草津・横浜C・仙台・甲府」を2試合とれたのは希望がかなり通ったように見え、大きいのではないでしょうか?(選手やアウェイ全戦観戦希望者にとっては横浜や甲府に換えて四国あたりのチームがホームの試合になればと思われているかもしれませんが・・・)。後は営業度外視に雷雨を活用するチームも平塚2試合にして欲しかったです。

もし昇格が現実になれば、11月ごろのアウェイも出席したいところですが、山形・大阪・福岡ですか・・・。検討します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記者会見

もう皆さんご存知と思われますが、1月19日にオイラが練習を見学したあとに、新体制発表会見がありました。オイラは入れなかったのでニュースソースのみを参考に書きます。

【2008シーズン始動!】湘南ベルマーレ:2008湘南ベルマーレ 新体制発表会見 眞壁潔 代表取締役会見コメント [ J's GOAL ]
【2008シーズン始動!】湘南ベルマーレ:2008湘南ベルマーレ 新体制発表会見 菅野将晃監督、大倉智 強化部長コメント [ J's GOAL ]
【2008シーズン始動!】湘南ベルマーレ:2008湘南ベルマーレ 新体制発表会見 新加入選手会見コメント [ J's GOAL ]
(その他にもJ's GOALに会見の画像がいくつかあります)

まあ、そのうち湘南ベルマーレ公式サイトにも会見内容について書かれると思われます。

J1チームはホールなどで一般客も招いて会見を行っているところもありましたが、ベルマーレは同じ河川敷練習場のJ1大宮同様、会議室での小規模開催になりました。オイラが経営者なら昔からあるベルマーレワンダーランド新体制を一般客にお披露目する要素を与えることで、商店街やイベント運営(東放学園関係?)に対し意義を残しておかないとまずいよなと思いましたので、会議室開催で人数を絞るのはやむをえないかな?と思います。

2008年スローガンが「志闘(しとう)HEART&HARD」に決定し、公式サイトのデザインもマイナーチェンジされました。まあこれは説明文の通りのことなので、「はい、わかりました」としか言いようがないです。要するに昨年を継承したうえでそれを高めたいということでしょう。

おお、今年は40周年なんですか。丸の内御三家(現浦和・千葉・柏)よりは新しいですが、1969なチームよりは古いんですね。

大倉強化部長が、わざわざ産能大学サッカー部について言及しておりますが、そんなに有力な選手が集まっているのでしょうか?。大学サッカーは全くわからないので何ともいえませんが、本当だったらベルマーレにとっては良いことかと思われます。そんなにいいなら特別強化指定選手として練習やサテライトに参加させてやれば、産能大学の選手もやる気がでると思うのですが・・・。

とりあえず監督・強化部長とも、きちんとした方針を持って、それをいまのところ履行出来ているようなのでよかったです。トレーニングマッチも、全員が全部出るわけではなく戦術や起用のテストの場であるのでしょうが、たくさんあるようですね。1試合くらいは観たいものですが、相手にとっても偵察の場になるわけですから、観づらい日程や場所になるのでしょうか?。

臼井幸平選手は、復帰といっても当時の拠点は「大神」でしたし、コーチ陣も違いますし、選手もちょっとだけ坂本選手とかぶったくらいで他は違います(山形のチームメイトは別)し、平塚競技場に立たないと帰ってきた感が薄いかもしれませんね。練習場では「カンノ」と呼ばれていた「苗字は監督・名前はコーチ」の菅野哲也選手は、さっそく自分のPRに活用しているようです。本人にとってラッキーだと思います。リップサービスもあるでしょうが、リンコン選手は湘南を気に入ってくれたのはありがたいです。

この記事になかったことで気になることは、「グッドウィル」との関係でしょうか?。株主の一角で背中スポンサーなのですが、コムスン問題だけでなく本業でも行政から業務停止処分を受けました。オイラの知人の話を総合すると結構あの会社の現場も混乱しているらしいので、他社にまねできない特許や技術、または資産を持っているわけではない人材会社では厳しいと思います。またこの会社の埼玉西武ライオンズの球場と2軍のネーミングライツ契約が破棄されました。今の問題は行政が絡んでおりますので、湘南ベルマーレは今後グッドウィルとの関係を続けるのか、やめるのかの説明するのにはこの場が最適かなと思いましたが、何も記載がないので意外でした。本当はあったのをあえて差し控えたのかもしれませんが、後日あるのでしょうか?。

さて、ブログ開設キャンペーン(?)で「1日1記事」体制をとってきましたが、明日以降は「ネタがあったら記事にする」体制に移行します。とりあえず1月中も数本書いた後、2月は「開幕前展望」みたいなものを書く(というよりそれしか書けない)でしょう。素人の感想文程度の内容ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ鈴木

カフェ鈴木(かふぇすずき)。喫茶店です。オイラのアジトからチャリで数分です。彼がこのブログの記事で入った店はここだと思われます。

ホームページはありません。基本情報は相模中央交通の地元紹介のページでもどうぞ。それでも今ならGoogleで「カフェ鈴木」と地名も入れずに検索すればいろいろな方の評価が出るくらい、本厚木では有名です。はとぽっぽ公園の前にあります。

茶室を思わせる躙口(にじりぐち)を入ると、そこは暗闇。しかしテーブルには充分な明かりが照らされ、エスプレッソマシーンが稼動しております。

メニューに変わったものはありません。エスプレッソを中心に一般的なコーヒー(アルコール入りのコーヒーもあったと思います)といくつかのケーキ、コーヒーゼリーがあります。どれもおいしいです。

コーヒー自体もおいしいのですが、店の雰囲気がそれを際立たせています。映画館でコーラやポップコーンを食べてもほとんど印象がなく、喉や腹が満たされるだけです。これは注意が映画を向いているからです。カフェ鈴木の雰囲気は注意をコーヒーだけに向かせるために逆算した結果、このようなお店になったものと思われます。

こんなお店だから、マスター(鈴木さん)は「こだわりまくり」の気難しい方なのかな?と思われてしまうのでしょうが、腰の低い方ですので、安心してください。

近所に住んでいる会社の女子に紹介して高評価を得ましたが、それでもここには一人で行きたいですね。考え事の出来る隠れ家には最適です。読書している人もいました。グループでワイワイやるところではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習見学

昨年の夏があんなに暑かったのに、冬はしっかり寒くなるんですね。もっとも北海道などの北国と比べれば「大したことない、雪が降らず、芝が凍るわけでもないんだからキャンプなんて贅沢!」と叱られそうですけど・・・(そういえば神奈川の平地で、最近霜柱を見ないなあ)。

年末年始はいろいろあって10km以上自転車に乗れませんでした。そこで1月19日はトップチーム同様、シーズンに向けて「厚木-平塚」の片道15kmを往復(30km)する「トレーニング」として、馬入のトップチームの練習を観にいきました。

出発は10時。本日の練習開始時間じゃん・・・。いや、これでいいんですよ。どうせ1月中は、

走って、

柔軟体操をして、

パス交換して、

基礎練習をして、

おわり、

なんでしょうし・・・。

こういうところを「チームでやる」か「個人でやる」かで始動日がチームごとに違うんでしょうね。天皇杯を勝ち上がっていたJ1チームなどはまだ始動しませんが、湘南は今年も前者を選んで、チーム全体でお互いの状態を把握しつつフィジカル作りをしているのでしょう。きっとまだ始動していない他チームの選手も、同じようにそれなりにフィジカルを作っていると思います。

中町、戸田、田村(ベルマーレの選手でなく厚木市・平塚市の地名。「中町」は「なかちょう」と読む)を経由して、10時50分に「馬入ふれあい公園サッカー場」に到着しました。平塚競技場よりちょっと遠いですし、オイラも「オフ明け」なので、まあまあでしょう。サテライトや練習試合もないのに馬入に行くのは年に1回くらいなので、久しぶりです。試合前の練習はベンチ登録の16名で練習をして、それを見慣れているせいか、30名以上の選手とコーチの密集は、壮観です。

着いたらフィールドプレーヤーは5対2ぐらいのボール回しを4組でやっておりました(キーパーは専用メニュー)。

あれ、「柿本は小さくなったな」と思ったら阿部吉朗選手でした(そもそも柿本選手は居るわけがないが、なんか似てた)。

原田開選手は想像以上に小さかったので目立ちました。かつての鈴木良和選手(現水戸)や加藤大志選手(現京都)と比べても小さいでした。ジャーン選手とかと並ぶと「小学5年生と親」並みの体格差です。それでもオイラよりサッカーに精通したフロントからプロ選手に選ばれたわけですから、きっとものすごいのでしょう。

2種登録の菊池大介選手も参加していましたが、アジエル選手など何人かが見当たりませんでした。まあ問題があったわけではないでしょうけどね。新加入の選手も、ベルマーレの練習着を着ていると意外と違和感ゼロなのが不思議です。2007年式Jリーグ公式球で練習していましたが、えらい緑の色素がボールについておりました。それだけ天然芝の上で日々練習しているのでしょう。

結局フルコートでシュートの手前まで試合をするという練習をして、ボールを使ったフィジカルトレーニングっぽいシメをしてました。オイラが来る前も前述のような土台作りの練習だったのでしょう。午後に用事があったので、45分くらいいてここで帰りました。この日はこのあと会見があって、抽選で参加できたのですが、既に落選してしまいました。練習見ているうちに「空きがあるけど、どう?」って言われるかなと思っていたのですが、やっぱり言われませんでした

しかし寒かった。自転車でやってきて、30分以上も馬入に立っていると、汗が冷えてコートを着てても寒かったです。10時から来ていたら大変なことになっておりました。サッカーの場合は練習後にサインをもらいやすいのですが、選手も20分以上サインを書いていたら風邪ひいちゃうのではと思いました。我々も配慮が必要だなと身をもって知りました。

今日から沖縄キャンプですね。がんばってください。馬入でFリーグがある日(2月9日)に予定があえば、また行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超、早すぎる話題。

昨日、今年のJ2は3回戦制と書いていて、ふと思った。

3回戦になった理由はJ2が15クラブだから、

J2が15クラブということは、J1とあわせてJリーグは33クラブ。

トーナメントをやると、2、4、8、16、32・・・。

天皇杯でJ2クラブがあぶれるじゃん!

変更はリーグ戦だけじゃないんですね。どうするのでしょうか?。

(1)J2が2回戦から登場して、県代表と2試合やる。

(2)昨年の通り3回戦から登場し、第1クールビリのチームだけ2回戦から登場。

(3)ACL出場チームあたりを5回戦か準々決勝あたりからのシードにして、今までどおりJ2対県代表は1試合で済むよう調整する(J2との対戦なしでJ1と対戦する県代表も増える)。

(4)県代表シード減らして3回戦にあがるチームを減らし、そのぶん3回戦でJ2同士の対戦をさせる。

(2)だったらビリにはつらい罰ゲームだなぁ・・・。変なスケジュールになってJ2リーグ戦に影響が出なければいいけど・・・。結局(4)が一番無難ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年J2リーグで戦う相手

湘南は2008年もJリーグディビジョン2(J2)に参戦します。ファンの皆さんなら今更説明するまでもないでしょうが、一応まとめておきます。

<参加クラブ>
ベガルタ仙台(宮城県)
昨年度4位(J2)
J2初年度参加クラブ・元J1クラブ

モンテディオ山形(山形県)
昨年度9位(J2)
J2初年度参加クラブ

水戸ホーリーホック(茨城県)
昨年度12位(J2)

ザスパ草津(群馬県)
昨年度11位(J2)

横浜FC(神奈川県)
昨年度18位(J1)
元J1クラブ

湘南ベルマーレ(神奈川県)
昨年度6位(J2)
元J1クラブ

ヴァンフォーレ甲府(山梨県)
昨年度17位(J1)
J2初年度参加クラブ・元J1クラブ

FC岐阜(岐阜県)
昨年度3位(JFL)

セレッソ大阪(大阪府)
昨年度5位(J2)
元J1クラブ

サンフレッチェ広島(広島県)
昨年度16位(J1)
元J1クラブ・開幕前のゼロックススーパーカップに出場予定

徳島ヴォルティス(徳島県)
昨年度13位(J2)

愛媛FC(愛媛県)
昨年度10位(J2)

アビスパ福岡(福岡県)
昨年度7位(J2)
元J1クラブ

サガン鳥栖(佐賀県)
昨年度8位(J2)
J2初年度参加クラブ

ロアッソ熊本(熊本県)
昨年度2位(JFL)

<リーグ戦>
3回戦総当り。15チーム参戦しているため全45節42戦(1クールごとに「試合なし」の節がひとつ出る)。勝利で勝ち点3、引き分けで両チームに勝ち点1、負けで勝ち点0を得て、勝ち点の合計で順位が決まる。

<降格・昇格ルール>
1位と2位は2009年はJリーグディビジョン1(J1)に昇格。3位はJ1の16位のチームと入れ替え戦を行い、勝者が2009年にJ1に参戦する。J2からJFLへの降格はなし。

札幌・東京ヴェルディ・京都がJ1へ昇格し、広島・甲府・横浜FCがJ1から降格してきました。またロアッソ熊本・FC岐阜がJFLより昇格参入しました。今年は表向きはアウェイ応援遠征で、真の目的はマルセイバターサンド(北海道)や阿闍梨餅(京都)を購入するということが出来なくなってしまいました。誰かオイラにプレゼントしてください。

おお、J2初年度参加クラブは4チームしかないんですね(残りの札幌・大宮・FC東京・川崎・新潟・大分はJ1)。ベルマーレ・セレッソ・広島は2部制導入前からのチームで、仙台と甲府もJ1経験チームですし、初年度にいなかった横浜FCもJ1を経験しているので、さすがに結構入れ替わりました。ベルマーレは浦和より前に天皇杯もアジアタイトルも獲っているのですが、同時に降格した後、ずいぶん差がついてしまいました・・・。今年は少しでも追いつきましょう。

3回戦はどのようにあたるのでしょう?。近日中に日程発表があるので、それ待ちですね。「試合なし」の節の入り方同様、「3試合目をどこで行うか?」も有利不利がでそうです。

飛行機で行かざるを得ないところは、JAL先得(確かベルマーレの選手は遠方は極力JAL移動だったと思います)やANA早割などを考慮して、3月分を1月第2週くらいまでに発表してくれればと思っていたら、1月16日にホーム開幕戦について先行して発表されました。湘南は第1節が昨年同様ホームで仙台戦、第2戦がアウェイで横浜FC戦(ラジオのとおりじゃん・・・)でしたので、飛行機は考える必要がございません。ベルマーレは開幕3戦を神奈川県内で戦います。

各クラブについての寸評は、まだ選手補強中のチームもある(特に熊本と岐阜はわかりません)ので、2月に行いたいと思います。とりあえずJ'sGOALのJ2移籍情報でもどうぞ。何気に他チームも結構人事をがんばっている!。やめてくれぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去り行くあなたへ送る言葉(2)

ちなみに「贈る言葉」ではなく「送る言葉」なのは、わざとです。送迎会の送の字です。送り出すんです。

柿本倫明(契約満了・未定)
長身でヘディングが強く、足もそれなりに速いので、2004年・2005年のエースストライカーでした。大学やシンガポールでの実績もあるのですが、Jリーグではチームを転々としていました。湘南に来たときその理由がなんとなくわかりました。なぜかチームにフィットするのに時間がかかるのです。2003年途中に湘南にやってきたときはチーム自体が攻撃構築力がなかったためそれを問われることがなく、それが2004年・2005年の結果につながりました。この2年が評価され2006年にJ1のセレッソに移籍しましたが、FWが多い中でやっぱりフィットに時間をかけてしまい、2007年に湘南に帰ったら監督などが変わっていてまたもフィットに時間をかけてしまい、このたび戦力外になったと思われます。できるだけ早くチームにフィットするようにすればまだ出来る選手だと思うのですが・・・。早くクラブを決めてがんばってください。

中里宏司(契約満了・未定)
ベルマーレユース生え抜きで、元高校生Jリーガー。世代別日本代表にも選ばれました。このため人気選手だったのですが、ケガが多すぎました。2006年にJ1の広島に移籍して、2007年に帰ってきて開幕スタメンだったのですが、2006年に何があったのでしょうか?というパフォーマンスでした。えらいプレーが消極的で攻守に精彩を欠いており、人気選手にもかかわらず、彼のスタメンそしてベンチメンバー落ちに関して7ゲートなどから批判はあまりありませんでした。過去のケガの影響もあるかもしれませんが、大変申し訳ありませんが、2007年のようなプレーでは他チームでもJ2で公式戦に出るのは厳しいと思われます。でもファンは今でも多いと思いますので、復活してください。

村山祐介(2007年シーズン途中に大宮アルディージャに期限付き移籍・2008年シーズンから大宮アルディージャに完全移籍)
2007年シーズン前、田村、松本選手などと年代やポディションがかぶっているので、そろそろシーズン終了後に誰かが間引かれるんだろうなと思っておりました。3人ともプレーが心もとなく、これが2006年のJ2年間11位や、その後のジャーンや斉藤の補強につながりましたので・・・。そんな中、2007年の湘南が得意としていた札幌戦で村山選手がやらかしてしまって負けてしまい、以後試合に出られなくなってしまいました。しかしその後大宮からオファーを受け移籍した後は、反省したのか別人のように活躍し、J1残留に貢献しました。ディフェンシブな大宮の戦術があっていたのでしょうか?。湘南での経験生かす場が大宮でというのが残念ですが、「立つ鳥跡を濁さず」でしたので、札幌戦以外でもやっていた「全体の95%でいいプレーをしていたのに突然防げた凡ミスで失点」を極力しないよう、がんばってください。

尾亦弘友希(セレッソ大阪に完全移籍)
来たときは今まで公式戦にほとんど出ておらず、過去に世代別代表になれたのは大熊監督だったからなのでは?というところがあったので、微妙な存在だったのですが、きちんと攻守にサイドバックのプレーをしてほぼレギュラーになり、本厚木に住んでいたことがわかったので、2007年シーズン終盤はかなり応援しておりました。しかし同一リーグのクラブに移籍。移籍金による商売にはなりましたが、非常に残念でした(ブログに登場するヨメだけ(?)でも残って欲しかった)。湘南の昇格は邪魔しないでください。

外池大亮(引退)
確かに鈍足でしたが、早実から早稲田大学に入ってプロ入りをして30代を迎えたから(そろそろ学校同期は社会人として責任のある立場にいるため)か、社会人としてお手本になるような言動が多く、そんな選手が最初と最後にクラブにベルマーレを選んでくれたことは大変うれしく、この記事のトリに持ってきました。その姿勢はホントに見習いたいです。引退後どうするのか今のところ不明ですが、いつかベルマーレの何らかの役職(コーチ系でも、運営スタッフ系でも良さそうです)についていただきたいですね。本当に期待しておりますので今後も出来るだけホームページも見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去り行くあなたへ送る言葉(1)

中町選手や猪狩選手の件が発表され、「去る人」が確定したと思われますので、ここで2回に分けてまとめます。「来る人」はまだわからない人も多いので、試合で活躍してから書きます。

鶴見聡貴(2007年シーズン途中よりガイナーレ鳥取へ期限付き移籍・期限付き移籍延長)
鳥取では結構試合に出て結果も出していたらしいようですが、湘南ではポジション争いが厳しいので去就が心配されておりました。浦和の坪井や清水の藤本など、今は大卒でも日本代表になれます(=高卒4年間がJリーガーでなくても世間が認めてくれる)ので、自分がJ2に昇格させる意気込みで経験を積んできてください。鳥取は今まで一度もJFLで半分より上にいったことがないチームですが、補強もしましたし、塚野社長をはじめ元湘南が多いのでがんばって欲しいです。
 
猪狩佑貴(佐川印刷・期限付き移籍)
実業団チームでもある「佐川印刷SC」というチームのコンセプトはよくわからないのですが、佐川印刷株式会社の仕事もするのでしょうか?。ここ数年湘南と対戦するサテライトリーグを観ると、2種登録の選手や故障明けの選手、公式戦に1試合も出たことがないキーパーなどが出ている場合が多いので、こちらに出るよりJFLで公式戦に出たほうがいいのかもしれません。鶴見選手同様、経験を積んできてください。

中町公祐(退団・慶應義塾体育会ソッカー部入部)
11月末日でベルマーレからは戦力外にならなかったそうですが、出場機会がなさそうなのでベルマーレとの契約を拒否し、藤沢に通えるクラブからもオファーがなかったようですので、大学のソッカー部に3年生として入部されるのではと思われます。知人に大学でサッカーをやっていた人がいるのですが、野球と違って「能力があってもプロサッカー選手にならずに進学・就職する人は多い」と聞きますので、「元Jリーガー=即レギュラー」であるとは限らないと思われますが、サテライトリーグよりは価値がありそうな公式戦の出場機会は湘南よりあると思われますので、がんばってください。そして外池選手を間近で見ていたら本人も感じていると思うのですが、社会経験のために大学は絶対に卒業してサッカー外からも経験と知人を得ましょう。それは後日Jリーグに復帰しても役に立つと思います。ぜひ湘南を含めたどこかのJクラブに帰ってきてください。

冨山達行(契約満了・ガイナーレ鳥取へ移籍)
1月12日のスーパーサッカーで、U20代表だった安田・内田選手が出てサイドバック特集をやっておりましたが、確かに過酷で目立ちづらいポジションのサイドバックは、重要であるにもかかわらずどのチームも(日本代表も!)人材難です。言い換えればチャンスの宝庫です。だから冨山選手もすぐにオファーがあって、トライアウトに出ずに済んだのでしょう。三田光選手は逆に湘南に入るほうですし、なんか普通の仕事の就職にも通じるものがあります。そのコンバートをいやがって移籍して、湘南の人気レギュラー選手から移籍先のサブ、昨年は同じJ2なのにベンチ外になった選手は、今頃何を思っていますかね?。冨山選手も鶴見選手同様、自分がJ2に昇格させる意気込みでがんばってください。

エドワルド・マルケス(契約満了・不明)
シーズン途中で加入されました。いい選手だったと思います。なにより湘南には他にいないタイプの「技術と経験で勝負の攻撃的MFっぽいFW」だったので、よかったと思います。しかしシーズン中ということでどうしてもフィットするまで時間が必要だったことと、やや年齢が上のほうだったことが体力面でも給与面でもネックになってしまったのではないでしょうか?。残念。今後もがんばってください。

森谷佳祐(契約満了・未定)
湘南単独開催のトライアウトに合格し、デビュー戦で2得点という華々しいスタートだったのですが・・・。実はオイラはその試合をたまたま観れておりません。ごめんなさい。まだ若いので今よりいい立場にいける可能性もあると思います。がんばってください。2得点がまずかったのでしょうか?。

財津俊一郎(契約満了・未定)
2007年の開幕スタメン選手でした。しかしその後出場機会が減少し、レンタル元の清水とレンタル先の湘南の両方から戦力外になってしまいました。ドイツ挑戦とのはなしもあります。森谷選手同様、まだ若いので今よりいい立場にいける可能性もあると思います。がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さっかりん に登録してみた

サッカーリンク集「さっかりん」にに登録してみました・・・、先週。

使いやすいので好きなサイトなのですが、J.B.Antennaの登録完了があまりにも早かったのに対し、さっかりんからは何も返事がなかったので、実は料亭並みに敷居が高いのかなと諦めていたところ、いきなり登録されました。

で、最初に表示された記事が、この日の記事だった「我那覇選手に寄付」でした。この日は2008年の湘南ベルマーレ始動日(オイラは3連休中に用事があり行けず)の直後だったにもかかわらずフロンターレの選手の記事だったため、さっかりんで初めてこのブログを見た方は「なんだ、コイツは?」と思ったに違いありません。

いや、でもとにかくさっかりんにも参加出来てよかった。いつまで続くかわかりませんがよろしくお願いいたします。

日本において野球はほっといてもさまざまな情報が流通しているので、特に手を貸す必要はないのですが、カップ戦の決勝以外は地上波とBSによるテレビの扱いが少数(日本においてCSはサッカーに限らずマニア用ですね)である国内サッカーは、大相撲や男女プロゴルフより下回って女子バレーボールや女子フィギュアスケート並み(代表関連だけメジャーメディア対応)ですので、「枯れ木も山の賑わい」程度ですが、ゲームボランティアの代わりに恩返しが出来ればと思います。(以上、以前の記事のコピー&ペースト)

そうそう、「我那覇選手に寄付」にリンクしていた「Jリーグ選手協会」の特集は、早くも「ザスパ草津」所属の熊林親吾選手(元湘南)でした(変更するの、早っ!。クラブ数増えたからね。)。磐田に入団するまでの経緯なのですが、いかにも熊林選手らしいインタビューですね。

この件で今事件になっていないということは、浦和ユースの時のようなことは起こらなかったということでいいですよね?。もう心配で心配で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我那覇選手に寄付

Jリーグ選手協会が、川崎フロンターレの我那覇和樹選手のドーピング問題仲裁を支援するための募金を求めております。

我那覇選手 ドーピング問題 仲裁手続募金 特設ページ

オイラも募金しました。我那覇選手については、フロンターレの選手なので特別応援しているわけではないのですが、この問題の経緯が報道どおりなら、「弱いほうに責任なすりつけ」に見えるリーグのやり方が腑に落ちないので、所属クラブに関係なく我那覇選手に「機会」を与えたいと思ったからです。

と、エラソーなこと言っておいておりますが、寄付したのはたった数百円(かかった振込料も実質0円)ですけどね・・・。

あっ、でももし湘南を気に入って入団したいのでしたら、応援しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 チャリ通 2008シーズンベルマーレ12ゴールド会員契約更新のお知らせ

斉藤俊秀選手のコメントに触発され、オイラもチームの始動日にあわせて記事にしてみました。

【プロフィール】
◆氏名
チャリ通(ちゃりつう)

◆出身地
栃木県

◆ポジション
観客席

◆経歴
厚木市立エッチ中依知中→厚木高を通過した先にある高校→山手線の輪の中の大学→厚木自動車学校(期限付き移籍)→山手線の輪の中の大学→会社員

◆主な観戦実績
1998年頂き物チケット
1999年ローソンからもらったチケット
2000年仕事の都合で観戦不可能・一時期ロンドンにいたのでHighburyに行く。
2001年nakata.netがらみのキャンペーン・前売り券購入(初チャリ通)
2002年前売り券購入・平塚でのナイジェリア戦を観る。宮城で日本がトルコに負けた試合を観る。
2003年サポーターズクラブ+回数券
2004年サポーターズクラブ+回数券
2005年サポーターズクラブ+回数券
2006年サポーターズクラブ+回数券
2007年ベルマーレ12ゴールド会員
2008年ベルマーレ12ゴールド会員

◆代表歴
国際Aマッチ 7試合観戦

【コメント】
・・・、書いてみましたが意外と面白くなかった記事のような気がします。今年はベルマーレとそのホームタウンにブログで恩返しが出来ればと思っています。

あとベルマーレ云々以前に、「がんばれよー」といった相手に、「おまえがなー」と言われる余地のないオトナでいたいです(成人の日も近いので)。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年メンバー確定。

ついに1月10日付けで2008年の湘南ベルマーレのメンバーと背番号が発表されました。

登録メンバーは以下のとおりです。

1 伊藤 友彦 (いとう ともひこ)
2 斉藤 俊秀 (さいとう としひで)
3 ジャーン (じゃーん)
4 三田 光 (みた ひかる)
5 臼井 幸平 (うすい こうへい)
6 田村 雄三 (たむら ゆうぞう)
7 リンコン (りんこん)
8 坂本 紘司 (さかもと こうじ)
9 梅田 直哉 (うめだ なおや)
10 アジエル (あじえる)
11 石原 直樹 (いしはら なおき)
12 サポーター
13 鈴木 将太 (すずき しょうた)
14 永里 源気 (ながさと げんき)
15 北島 義生 (きたじま よしお)
16 植村 慶 (うえむら けい)
17 大山 俊輔 (おおやま しゅんすけ)
18 阿部 吉朗 (あべ よしろう)
19 山口 貴弘 (やまぐち たかひろ)
20 原 竜太 (はら りゅうた)
21 鈴木 伸貴 (すずき のぶたか)
22 松本 昂聡 (まつもと たかとし)
23 小林 竜樹 (こばやし たつき)
24 加藤 望 (かとう のぞむ)
25 金 永基 (きむ よんぎ)
26 永田 亮太 (ながた りょうた)
27 濱崎 陽平 (はまさき ようへい)
28 中村 祐也 (なかむら ゆうや)
29 林 慧 (はやし さとる)
30 島村 毅 (しまむら つよし)
31 川股 要佑 (かわまた ようすけ)
32 鎌田 翔雅 (かまた しょうま)
33 原田 開 (はらだ かい)
34 菅野 哲也 (かんの てつや)
35 菊池 大介 (きくち だいすけ)

背番号まであるので、ここに名前がある人は契約が完了し、開幕は湘南ベルマーレで迎えることが決定したということでしょう。まだ増える可能性はあるとは思いますが、夏前までは基本的に他チームを戦力外の人で合格した場合だけでしょう。選手の皆さんよろしくお願いいたします。

今の湘南の力を考えれば、今年の強化部の働きはよくできたといえるのではないでしょうか?(湘南にしては高かったと思われる2006年レンタル移籍組2人へ給料を払わずに済んだことと、村山・尾亦選手の移籍金は結構よかったのでしょうか?)。何人かヘッドハンティングされることも考えられたのですが、昨年の主力の中では移籍は尾亦選手とエドワルド・マルケス選手のみで済みました。その穴も臼井・三田・リンコン選手を獲得したことでふさがると思われます。大卒と元レッズのふたりの加入によって急に22歳前後の選手が増えましたね。とりあえず元レッズの2人は梅田選手に場所を聞いて「モトロッソ」に、小林選手は原竜太選手に場所を聞いて「らー麺本丸亭」(麺が佐野ラーメン)に行っておきましょう。島村選手はしまむらストアでお買い物しましょう(いつか馬入日記のネタになるのでは?)。

試合数も減ったので、はっきりいって「33人(ラジオの人数のとおりだ・・・)+2種登録の菊池選手」も試合に出られないと思います。ただケガやコンディション不良のバックアップを各ポジションごとに用意しておくとこの人数になるのでしょう。レギュラーを獲った人が1年それを死守したらバックアップ要員に出番はありません。いい競争があるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーチバレー佐伯が今季限りで現役引退へ

湘南ベルマーレ所属のビーチバレー選手である楠原千秋選手の相方、佐伯美香選手が北京オリンピックのある今年を区切りに引退されるそうです。

ビーチバレー佐伯が今季限りで現役引退へ(日刊スポーツ)

他の多くの競技同様、ビーチバレーもオリンピックは最大の目標であるようで、佐伯選手より年上のFCの選手も加藤望選手のみ(!)ですし、そこで燃え尽きるのも仕方がないでしょう。ベルマーレが一番北京オリンピックに選手を出せそうな競技がビーチバレーなので、がんばってください。

しかし、浅尾美和効果でビーチバレーも一気に人気が出ましたね。数年前、春や秋の平日に湘南ひらつかビーチパークに行くとビーチバレーの選手が練習していましたが、実は湘南ベルマーレの選手はおろか、浅尾選手やその他男女国内有力選手がそのとき入れ替わり立ち代りに練習をしていたそうなんですよね。ここは(今も)日本のビーチバレーの一大拠点になっているようです。だから湘南ベルマーレの選手以外が日本代表になっても、彼らも半地元のような感覚なので、オイラ的にはうらみっこなしです。平塚市、いい地域振興ネタをゲットしました。

そうはいっても、白鳥勝浩選手渡辺聡選手など、ベルマーレ所属選手には特にがんばっていただきたいです。

それより何よりケイブロスなどによってこれをプロデュースしていると思われる川合俊一さんも大したものだと思います。

そして湘南ベルマーレのスポンサーである産業能率大学学内にビーチを造って女子ビーチバレー部を立ち上げたとのことです発表にはベルマーレ関係者も名を連ねております。FCのトップとユースだけでも多大な支援をしているのに、こっちにも進出するとは、まさに学校の命運をベルマーレにかけてます!。大山の登山口にビーチとは・・・。すごいです。

カリフォルニアの海岸には湘南ひらつかビーチパークの何倍もの面数のビーチバレーコートがありましたので、そこまで拡張する需要があればたいしたものです。ちなみに鵠沼海岸の街並みもロサンゼルスのビーチの雰囲気をパクりたいんだろうなあという意図が、知ってる人が見ればミエミエです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日はFリーグ

1月12日は代々木でFリーグ第15節 湘南 対 浦安戦です。

今まで4試合観戦しておりますが、今回オイラは用事があって行けません。選手の皆さんも応援の皆さんもがんばってください。

年末の北九州で負けて何週間も試合がなかったため、フットサルの公式ホームページは負けたことを長期間表示することになり、普通の敗戦より残念でした。いまだにJ's Goalに11月の月間MIP(スゲー!)になった加藤望選手が表示されている件とは逆になってしまいました。

フットサル、たまに(人数あわせ要員で)やります。やったり観たりして、意外とサッカーと違うところがいくつも発見できて、オイラ的には今はそれが面白いですね。観戦は勉強になります。

実はFリーグはペスカドーラ町田を応援することも考えました。だって厚木から町田は、厚木から小田原の距離の半分だし・・・。しかし、日程を見てすぐやめました。駒沢での試合のほうが町田より多いからです。前身はもともとは町田ではなかったですし、普及活動は「町田を中心に」「都内各地で」しているそうなのですが、オイラみたいな「それでもホームは町田と言える?」という発想をしている町田市民もいるのでは?。

あと、(これ指摘してもいいのかな・・・)ベルマーレフットサルチームは、観戦すると明らかに「5番」が相当仕切っていますよね。そして監督が遠慮してますよね。さらにその監督の名前を探すのがフットサルの公式ホームページで探すのが困難なんですけど・・・。内部組織的にもリーグのルール的にもいろんな意味で「いいのかなあ?」と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚木家

ラーメンを食べに「厚木家」(あつぎや)に行きました。

「厚木家」公式ホームページ(「家系総本山吉村家」内)

神奈川中央交通の「妻田」バス停(本厚木駅方面)のそばにあります。「松蓮寺」バス停付近に神奈川中央交通の車庫があるため、厚木バスセンター(本厚木駅)からたくさん本数のある「松蓮寺」行きに乗ればいいかと思います。本厚木駅から歩くには遠いですね。駐車場も無料で10台くらい留められますのでクルマで行くことになるのでしょう。でもオイラはチャリ通です(数分で行けます)。

神奈川では有名な、いわゆる「家系ラーメン」です。といってもオイラは他の家系ラーメンを食べたことがないので、正統なものなのかよくわかりませんが、直系店は格式が高いらしいので、きっといい店なのでしょう。

ラーメンとしてはクリーミーなとんこつ脂で濃い醤油スープを割ったようなラーメンでした。おいしかったです。麺は一般的なもので、個人的には「固め」がいいかも。油が気になる人もいるのではということと、チャーシューがイマイチなのでは?というところが懸念点ですが、概ね気に入っております。

オイラは厚木でラーメンの場合、普通はここか「らー麺本丸亭」に行っております。本丸亭については今度行ったときに記事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫か?Jリーグ。

1月3日の記事でコンサドーレ札幌の経営に不安がというようなことにも触れましたので、それについて記事にします。

コンサドーレ札幌を槍玉に挙げましたが、札幌が不安な理由はアビスパ福岡の前例があるからであって、さらに札幌のようなことは、湘南を含めたほとんどのJ2チーム、およびJリーグ昇格を目指すチームにも今後考えられるからです。

コンサドーレ札幌は昇格にあわせて減資を行って債務の解消をするそうです。これはJリーグが昇格に際して求めているようで、以前アビスパ福岡もJ1昇格時に行っております。

新聞記事にすると「増資によって債務超過を解消するという苦肉の策」という活字だけですが、社会人をやっていたり株式投資をしているひとなら、これはどういうことだかわかりますよね?。

商法上は問題ない行為とはいえ、人様の出資金を減資で消して自分は生き残ることは、想像以上に経営面での信頼を失う、最後の最後の手段なのです。マスコミは今後の付き合いを考え、やんわり書いているようですけど・・・。

先にそれを行った福岡はどうなっておりますでしょうか。結果的に胸スポンサーを失いましたね(背中スポンサーは悪法の改正に伴う自滅でしょう)。減資のあとに増資をして、商取引上の裏づけを用意しないといけないのですが、信頼のない会社にオカネは使いたくないですよね。以前より確実にオカネは集まらなくなり、結果「リトバルスキー監督が欲しい選手が2007年シーズン中に補強できなかった」などにつながります。

福岡も札幌も自治体を頼みにするのですが、減資をするような組織にオカネは使えません。企業に株主がいるように、自治体には市民がおりますので・・・。特に北海道は開拓使の時代から今も多額の援助を本州から受けており、夕張のようにそれを国やマスコミなどからせっつかれている(オイラがいたときも、それがマスコミのネタでした)ので、オカネは使えない可能性が高いと思います。

だから今年の札幌。すべての面で今季を超える必要があり、ひとつも失敗できません。心配です。

聞けば札幌級の債務を抱えるベガルタ仙台も同じようなことを考えており(宮城スタジアム問題も抱えているのに・・・)、さらには湘南を含めた他のJ2チームも似たり寄ったりだとか。クラブの財務情報をある程度公開されるようになり、見てビックリし、どっかでそれが指摘されていないかを探し、去年から観るようになったのが税リーグニュースです。「そんな言い方はないだろう!」という記事もありますが、おおむね「そう言われても仕方がないなぁ」という記事ですね、残念ながら。本当はJリーグ百年構想パートナーが「税金がこんなに使われている!」と本業でこれを指摘すべきなのでしょうが、北○鮮問題やアサヒるなど同様、自己否定になるため、弱いです・・・。

アブラモビッチ(Jなら三木谷かLEOC?)抜きで解決するには、結局のところ赤字が出ないようにするしかなく、客単価を上げ、人件費は抑える必要があるのですが、客単価を上げるほうが達成しやすいでしょうか?。オイラもシーズンチケットと、年に1個程度のグッズ代、ごくたまに豚汁とで、1試合2000円くらいですし・・・。ソフトのコピーを流すだけのシネコンではなく、ライブのディズニーランドや宝塚歌劇と比べられるようになれれば最高なのですが・・・。タダ券になれている人も多いので大変だと思います。人件費に手をつけるとなると、下位チームはFリーガーのようなアマチュア選手やボランティアの営業スタッフで構成することになってしまいます・・・。必要以上に格差が出来てしまうとリーグになりません。

オイラ、以前大きな公共施設を借りることに関わったことがありますが、使用料がものすごくかかることにびっくりしたことと、稼働率と投資回収を考えればそれくらい必要なことに納得できたことがあります。そのあと某Jリーグチームが有料興行(公式戦)なのに激安でスタジアムを使用していることにまたビックリしたことがあります。ファンのオイラがビックリするのですから、無関心の人が知ったら・・・、ってホント思いました。そういう意味でも自治体に無理は強いれません。

まあベルマーレも一度清算をしているわけですが、あれはフジタが負担したものなので、平塚市の被害は少ないはずです。平塚市に大きな負担を強いてしまうと・・・、怖いです。

数クラブの問題というレベルではないので、リーグや選手会ももっと考えるべきです。チームが増えれば分配金をもらう分母は増えるのに、地方交付金を多くもらっている自治体(そういう地域は法人税収も少ない場合が多いので、地元企業からの支援も少ない)に頼る市民クラブが多く立候補しているのですから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アーバンフィットネスクラブザムロッドやソフトボール

いやぁ、お正月は太っちゃいました。というわけで運動をしにいきました。

厚木市だと「東町スポーツセンター」のトレーニング室や「ふれあいプラザ」のプールなど、公共の施設でもいいのですが、少し使い勝手が悪い。使い勝手を良くすると「民業圧迫」とか言われるので、仕方のないことかもしれません。

で、行くのは「アーバンフィットネスクラブザムロッド」です。ここに行く理由のひとつは「家から近いから」。もうひとつは「会社の福利厚生で安く利用できるから」。私はここの正会員ではありません。そして最後に「湘南ベルマーレスポーツクラブと提携しているから」です。

ここの親会社の小島組や取引のある同業者は古くから厚木市のソフトボールを支援しております。平塚市などに在住のかたはご存じないかもしれませんが、本当に厚木市は以前からソフトボールが盛んなのです。国体にあわせて及川(おいがわ)に球技場も造りました。そして県立厚木商業高校ソフトボール部はさまざまな全国大会で実績を挙げている強豪で、オリンピック日本代表にも選手を供給しています。

そんなわけで、湘南ベルマーレスポーツクラブがソフトボールクラブを結成した時に厚木市をホームにしたのは、オイラも理解できます。学校を卒業した選手の受け皿が厚木にあることはいいことだと思います。ただ厚木商業高校は日本代表に選手を出すほどなので、ベルマーレソフトボールチームもサッカー同様一部リーグに昇格しないと目立ちません。はっきり言って一般の厚木市民にとって、厚木商業高校ソフトボール部は知っていてもベルマーレソフトボールクラブは知らない人が多いでしょう。さらに昨年のソフトボールチームの成績はひどかった・・・。巻き返してほしいですね。

さて「アーバンフィットネスクラブザムロッド」に戻ります。「正月休みで太った」と言っていた人の多いこと多いこと。まるで「あけましておめでとうございます」とセットでした。ひととおり運動した後、湯船に浸かって帰りました。

大神にクラブハウスがあったころの数年前、ここでベルマーレの選手を見たことがあります。「現草津の選手」、「前仙台の選手」、「現新潟市議の選手」などを各1回づつ見ました(プライベートかもしれませんので一応伏せておきますが、最後の人は伏せになっていないですね)。何らかの理由で普段の練習場が使えなかったようです。でもオイラ以外ベルマーレの選手と気づいた一般客はかなり少なかったです。「そりゃ、J2だしなぁ」と、オイラは当時はがっかりしました。

ベルマーレの選手の皆さん、勝ってみんなに声をかけられるくらいビッグになってくださいね。

あっ、年明けからここにも「MARE」置いてました。「ロアッソ熊本」が参入する旨を書いてありましたが、第3号は12月21日発行ですよね。熊本が改名を発表したのは12月25日だから、ここでも「カワブチしている」よ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオを聴きながら下見

1月5日は小田原方面にクルマで行く用事がありました。

このタイミングを生かし、この移動を、

(1)小田原アリーナに自転車で行く場合のコース下見

(2)FM湘南ナパサの「湘南ベルマーレサポーターズスペシャル」を聴く

も兼ねようと思いました。

オイラは現在は厚木市に住んでおります。平塚競技場へは自転車通勤をしているので、ブログ上では「チャリ通」という名前にしております。その道のりは約15kmなのだそうです。

普通の人にとって15kmは長いのか短いのかわかりませんが、ほとんど「まっ平ら」なので、オイラの感覚では「短い」です。正味40分くらいかけてゆっくり移動します。というより、江ノ島・鎌倉へ行くときのルートの「途中に」平塚競技場があるのです。途中ゆえに短いとも感じるのでしょう。ちなみに三ツ沢・等々力・横浜スタジアムへもチャリ通しております(コンサートの場合は電車移動ですが・・・)。

そのチャリ通先に、湘南ベルマーレフットサルの「小田原アリーナ」も加えようかと検討しているのですが、今のところ電車移動(3回)です。なぜなら経験上ルートが面倒くさいのです。

まず距離。小田急線厚木駅(紛らわしくもギリギリ海老名市)のそばに「小田急線中間点」の碑があります。小田原への距離は直線でも40km程度ある新宿への距離に匹敵するのです。三ツ沢より遠いです。そして距離以上に愛甲石田駅付近から先はアップダウンがあるのです。

ルートの候補は

(a)厚木市内から国道246号線で松田町へ行き、国道255号線を経て小田原アリーナへ。

(b)厚木市内から国道129号線で平塚市へ行き、国道1号線で酒匂川河口付近へ行き、国道255号線で小田原アリーナ付近へ。

行きは(b)を想定したコースを行き、帰りは(a)を想定したコースを行きました。

(b)は遠回りなのですが、(a)と比べてフラットです。箱根駅伝TV中継にも映る二宮は少しアップダウンがあるのですが、まあいいです。

で、(a)なのですが、やっぱり秦野盆地の出入り口でのアップダウンは気になりました。愛甲石田も丘になっているのですが、それは何とかなるとしても、秦野盆地を含む30kmを往復するのは、前後の日を考えると憂鬱です。チャリ通するならプラス10kmの片道40kmはありますが(b)でしょうか?。実行するか継続検討ですね。

車中では「湘南ベルマーレサポーターズスペシャル」を聴きました。FM湘南ナパサ(78.3MHzは、さいたまだとREDS WAVE・・・)は平塚市外ではよく聴こえないんですよね。今回は平塚市・大磯町では聴き取れましたが、厚木市や小田原市では聴こえたり聴こえなかったりしました。しかしコミュニティ放送の出力制約では仕方ありません。

スタッフのお話は興味深いいい話だったと思います。ただ「今季スタートの選手数が現在在籍の選手数より少ない(レンタルを含めた放出・移籍があるうる)こと」と、「開幕3戦は仙台・横浜FC・広島と対戦」することを「カワブチしてしまい」ました(朝日新聞的表記)。関係者が名乗った上で電波に載ってしまいましたので、ブログに書きます。

各クラブはスタジアムを予約しないといけませんので、発表のかなり前に実際の日程が決まっていたりすることは当然とは思いますけどねぇ・・・。まあ新監督や主力大幅入替のチームは、序盤はまだチームが出来ていないことが多いので、ここで仙台や横浜と当たるのは、悪くないとは思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J.B.Antennaに登録してみた

「Jリーグ(サッカー)サポーターのブログアンテナ・ポータルサイト」であるJ.B.Antennaに登録してみました。申し出た後1時間もしないうちに管理をされているしゃちべるブログの風子さんに登録をしてもらいました。お疲れ様です、ありがとうございました。

日本において野球はほっといてもさまざまな情報が流通しているので、特に手を貸す必要はないのですが、カップ戦の決勝以外は地上波とBSによるテレビの扱いが少数(日本においてCSはサッカーに限らずマニア用ですね)である国内サッカーは、大相撲や男女プロゴルフより下回って女子バレーボールや女子フィギュアスケート並み(代表関連だけメジャーメディア対応)ですので、「枯れ木も山の賑わい」程度ですが、ゲームボランティアの代わりに恩返しが出来ればと思います。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンフレッチェ広島は手ごわそうだ。

本日、西武池袋本店新春フェスティバルで「サンフレッチェ広島選手トークショー&サイン会」が行われるそうです。ホームタウンの広島ではなく東京で行えるところが、湘南に勝って天皇杯準優勝をしたJ1チームだけあります。ベルマーレには出来ません(ジャーン選手などにFC東京OBトークショーとしてやってもらうことは出来るのかな?)。

今年はこのチームと同じリーグでやることになります。駒野・柏木選手が未定のようですが、佐藤寿人・森崎兄弟・戸田・下田・服部・青山・槙野選手など多くの主力選手がJ1プライスのまま残留するらしいので、ゼロックススーパーカップまでJ1気分でいられますしこんなことになりそうで怖いです。昨年のヴェルディもメンバーがよかったですが、旬のフッキ以外は「元」代表クラスでしたので、こっちのほうが手ごわそうです。

まあJ1に昇格したらこのクラスから勝ち点を獲る必要があるので、それでも湘南には勝ってほしいです。しかし現役代表クラスがいるのに降格したことも驚きなのですが、降格しても選手が維持できるクラブなのに、なんでJ2に落ちたのでしょう?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林竜樹選手

今年入団する選手の中に気になる選手が・・・。

オイラ、出身地は厚木市なのですが、栃木県佐野市・神奈川県藤沢市・札幌市豊平区に住んだことがあります。特に佐野市はご先祖様の出身地でもあります。

そんな佐野市出身の選手が今年入団します。駒澤大学から入団する小林竜樹選手です。

いやぁ、正直大学サッカーはわからないので、小林選手はまだよくわからないのですが、個人的にはプロでの競争に残って欲しいです。

ちなみにベルマーレの前身の藤和不動産サッカー部は栃木県で発足(オイラが生まれる前の話なのですが、有名どころではセルジオ越後さんが栃木県の藤和不動産だったころの選手だそうです)しており、その面でもオイラは親近感があるのです。現在はJFLに栃木サッカークラブがあり、Jリーグ昇格を目指しております。なぜかベルマーレ在籍経験のある選手が何人かいるので、こちらも目標が達成できればなぁと思っております。

コンサドーレ札幌は昨シーズンまで「敵」でしたが、今年はリーグが違うのでがんばって欲しいです。とはいえ湘南以上に経営面が不安なのですが・・・(それはまた別の機会に・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾亦弘友希選手の移籍は残念だった。

先月の話になるのですが、尾亦弘友希選手が2007年シーズン終了を持ってセレッソ大阪に移籍しました。

いやぁ、残念。というのも、尾亦選手のブログを拝見したところ、彼はベルマーレ在籍時に本厚木駅周辺に住んでいたとのことで、厚木市出身のオイラとしては一気に親近感が沸いていたので・・・。厚木市境に近い大神にクラブハウスがあるころは厚木市民の選手も結構いたらしいのですが、馬入に移った今はどうなんでしょう?。

厚木市出身選手としては永里源気選手がいます。結婚されたそうなので今年はがんばって欲しいですね。妹の永里優季選手ともども期待しております!。野球では巨人の原辰徳監督やソフトバンクの多村仁選手とか何人かいるので、サッカーも何人も出て欲しいですね(なお断っておきますが、私は野球も好きですよ)。

ひとりいるんですよね。元湘南(ユースから)で、現FC東京の茂庭照幸選手。彼は小学校・中学校が同じ(学年は違う)なので、そういう意味でベルマーレとは別にひそかに応援しているのですが、ワールドカップに出て以降、ケガやここ数年のFC東京の面白くないサッカーもあってイマイチなので、今年はがんばって欲しいですね。

同一リーグへの移籍なので、尾亦選手もベルマーレに影響がない範囲でがんばってください!。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ブログ開設の挨拶

あけましておめでとうございます。

現在、第87回サッカー天皇杯決勝「サンフレッチェ広島 対 鹿島アントラーズ」をNHKで観ながら記事を書いております。広島は湘南に勝って上がってきたので、NHKの実況の人も「湘南に勝って・・・」というようなことをちょっと触れておりました。

今日からこのブログを書いていこうと思います。

ここのブログでは「湘南ベルマーレ」や対戦相手も含めたホームタウン、その他サッカーなどについて書いてみたいと思います。

「ここの」としているのは、私、サッカーや湘南地区とは全く無関係のブログを別の業者で作成しております(別のブログ業者を試してみたいというのも開設理由です)。本業もライターというわけでもありませんので、お手柔らかにお願いいたします(操作方法がよくわからん・・・)。

タイトルの「平塚競技場にチャリ通」とは、私が平塚競技場にチャリ通しているからです。サッカーの各種掲示板で6年ぐらい前から「スタジアムにチャリ通」という名前を使っておりましたが、検索したらこのタイトルのブログが既にあったため、かぶらないようにこの名前にしました。

ベルマーレの初観戦は1998年。当時は「ベルマーレ平塚」でした。回数券での観戦を経て2007年からシーズンチケットですが、結構余らせてしまいました・・・。2008年のシーズンチケット(ゴールド会員)は申し込み済みです。

私、自転車好きなのですが、社会人になってから運動不足気味です。またそれとは別に日本や海外の地方事情に興味があるのですが、これらを集約できる趣味を探していたところ、ベルマーレがいい口実になることがわかり、観戦する様になりました。

そう、「サッカー観戦好き」から入ったのではなく、「結果としてサッカー観戦をするようになった」次第です。サッカー経験は学校の体育と、学校の昼休みの遊び、現在たまに呼ばれるフットサルだけです。言いにくいですが今もサッカーは一番の趣味ではありません。

ただ何年も観ていると、そこそこ理解が出来るようになったので、それをブログにしてみようと思った次第です。

こういうノリなのでいつまで出来るかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »