明治安田生命J2リーグ 2017 第19節 湘南vs京都 戦

おはようございます、全32試合中11試合以上を消化したJ3ですが、1位のブラウブリッツ秋田と2位のアスルクラロ沼津が前年6月までに申請しなければいけないJ2ライセンスを持っておらず、まさかの「今シーズンはJ3降格なし」なるのか?と思った、チャリ通です。富山・栃木・長野・福島の監督が元ベルマーレなので、J2昇格を譲ってほしいなあとは思うのですが・・・。

静岡県知事選挙(2017年6月25日投開票)の現職県知事公約に「JR沼津駅の高架化」があるそうで、それに伴って沼津駅近くのJR貨物沼津駅が移転の必要があるそうですが進捗していないそうで、その打開策として「JR貨物沼津駅が移転した跡地に3万人規模のスタジアムを建てる」を選挙で掲げて県民の支持を集めるらしいです。山本浩義さんが創設したアスルクラロ沼津のお大尽様は沼津とアマチュア契約をしている中山雅史選手をCMタレントとして起用・支援しているスルガ銀行(本社:沼津市)であり、スルガ銀行は日本サッカー協会の有力スポンサーのひとつであって、会長静岡県サッカー協会会長(清水・磐田・藤枝・Hondaよりも発言力が重く、さらに山本浩義さんの実兄の山本昌邦さんが静岡県サッカー協会副会長兼アスルクラロの運営会社会長という、神奈川では考えられない独占ぶり)でもあるので、赤字しか出したことがない富士山静岡空港(あの信州まつもと空港よりも毎年の赤字額が大きいらしい)をも建設してしまう「謎の土建の強さを持つ静岡県」ということもあり、今年はダメそうですが、将来的には沼津はさっくりと湘南よりお金持ちのクラブになる可能性が高いです。

沖縄県読谷村の半分以下の人口密度でありながら政令指定都市のために合併を繰り返し、目標達成の直後に基準人口割れをした静岡市は、オイラの生きているうちに富士市と富士宮市を吸収していろいろ浜松市に負けていることを隠しにいく思われ、そうなると清水エスパルスのホームタウンが沼津のすぐ隣に迫ってしまうので、それまでにアスルクラロはいろいろ何とかしたいところでしょうし・・・。

****************

6月17日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの明治安田生命J2リーグ第19節京都サンガFC戦でした。2019年をめどに亀岡駅前のフットボール専用新スタジアムに移転するそうで、旧山城国から旧丹波国への移転になるので城陽・宇治あたりで何とかしてほしかったところですが、山城国エリアのまとまった土地のなさは神奈川県以上というのも存じているので、しょうがないです。

メンバー発表の際に湘南は菊地俊介選手、京都は田中マルクス闘莉王選手という、今年のチームを代表する選手が揃ってベンチ外になっていて、驚きました(しかも闘莉王選手は平塚遠征には来ていたらしい。菊地俊介選手は3試合連続欠場。)。

今年のベルマーレは珍しく平塚での試合を苦手にしている中、この試合も膠着状態で終盤にもつれ込みます。それでも時間が進むごとに湘南ペースになり、後半アディショナルに杉岡大暉選手がドリブルで粘ってクロスを出したところ、大外から岡本拓也選手(この日が24歳最後の日)が合わせてゴールし、厚木市民デーを劇的に勝ちました。

湘南 1-0 京都

京都は田中マルクス闘莉王選手が怪我から復帰してFWに入ってから、それまで負けてばかりのチームが11試合負けなしになったのですが、闘莉王選手が休んだこの試合で早速敗戦。さらにここまでの19試合で「61分~75分の間に5失点」「76分~90分の間に3失点」、そしてこの試合の失点を含めて「後半アディショナルタイムに5失点」という、京都は極めて今シーズンの傾向どおりの試合だったようです。次の京都での対戦では別の監督になっている可能性もありますが、京都は2013年からの5年間で既に6人目の監督なので、ある程度有力な指導者にオファーしても断られそう・・・。曺貴裁監督は京都市出身ですが、お子様の年齢考えると今後数年は神奈川県・東京都以外のクラブは選ばない可能性が高いと思いますし・・・(ただしブンデスリーガの監督にオファーされたら湘南を途中放棄してでも行っちゃいそうですが・・・)。

****************

6月21日(水)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの天皇杯2回戦国士舘大学(東京都代表)戦です。JFLにおけるゼルビアの先輩に当たる町田市の国士舘大学は、今年は関東大学リーグ2部に降格しているのですが、東京都予選を勝ち抜き、現在J3首位のブラウブリッツ秋田を1回戦で倒しての湘南戦となります(元湘南で怪我で出遅れた秋田のGK松本拓也選手は、この試合でアピールできなかったため現在も控えのまま)。湘南は前後に京都戦と横浜FC戦があるので、この試合は控え組中心の構成になると思われますので、かなり難しい試合になると思います。控え組にとっては2回戦で天皇杯が終わってしまいますとアピールの場が少なくなってしまうので、自分たちのために勝ちにこだわってほしいなあと思います。勝ったほうが7月12日(水)に磐田(J1)対HondaFC(ベストアマチュアシード)戦の天竜川決戦勝者と対戦です。

6月25日(日)はニッパツ三ツ沢球技場で18時キックオフの明治安田生命J2リーグ第20節横浜FC戦です。湘南の元横浜FC、横浜FCの元湘南はいません。

例年多くの対戦相手にホームジャックされてしまう横浜FCですが、今年は「ストライカーのイバ選手とその他大勢」というサッカーで良いチームに仕上がって勝っている関係で、集客も少し増えているようです。「その他大勢」といってもDFカルフィンヨンアピン選手以外は、大卒生え抜きの20代後半選手やU-18出身のGK高丘陽平選手が固めていて、老化の著しさが目立つ三浦知良選手はオーナーの都合で残すとして、J2通算最多得点の大久保哲哉選手と、DF西河翔吾選手、GK南雄太・北野貴之選手あたりの出番は来年以降もなさそうというくらい横浜FCの選手が入れ替わっておりますので、前回2014年と同じイメージでの対戦は危険です。

7月1日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの明治安田生命J2リーグ第21節名古屋グランパスエイト戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる伊勢原市民デーで、平塚信用金庫スペシャルデーです。湘南の元名古屋は野田隆之介選手、宮市剛選手(U-15のみ)がいます。名古屋の元湘南は菊池忍フィジカルコーチ、古林将太選手がいます。この試合でシーズン折り返しとなり、全クラブと1回対戦したことになります

ところで2017年は七夕ユニフォームの着用試合はいつなのでしょうか?。この程度のことで運営会社に問い合わせるのもお互いにとって面倒なのですが、「1日名古屋戦、16日ヴェルディ戦、29日徳島戦」という理解でいいのでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ベルマーレカレー

こんばんは、湘南ひらつか七夕まつり(2017年7月7日・8日・9日)の公式グッズ湘南ベルマーレっぽい絵も含まれていて、選ばれるどころかいろいろなものに逃げられ続けている平塚の街づくりや街のPRをしているひとたちと比べると、湘南みかんぱんの件も含めてこれらをプロデュースしている平塚市の福祉関係は優秀だなあと思った、チャリ通です。あれをベルマーレって言っちゃうとロイヤリティが発生しちゃうので、ベルマーレとは言わずにベルマーレ公式からもアピールしないのでしょうね。

2017年5月から湘南ベルマーレカレー株式会社フリーデン(平塚市)より販売開始されました。

レトルト「中辛」で販売されており、希望小売価格は500円(税込)です。

フリーデンの本業は豚肉(やまと豚)の販売ですが、ハム・ソーセージを筆頭に加工食品全般も手掛けていて、カレーについても常時何種類も市販しており、特に無名時代から彼を支援した水谷隼カレーは2016年に全国的に大ヒットをしました。水谷隼カレーはココイチのやさいカレーっぽかったです。

日本においてカレーは超人気料理のひとつではあるのですが、日本の軍隊が「当時150cmくらいの兵士をなんとか欧米人並みの体格にする」ために大幅アレンジしたものが日本のスタンダートになって以降、洋食屋系のものから、インドカレーやタイカレーの系統、やけにダシが蕎麦屋や中華料理っぽいものなど、ラーメンのスープ以上に多様化されてさらに具も千差万別で、各人それぞれに好みがあるので、お勧めが難しい料理のひとつです。

この湘南ベルマーレカレーの特徴としては、豚肉が入っていて、野菜は入っていない(ただし玉ねぎ・りんごなどが溶けている)。スパイスを重視しすぎて煮込み料理としてのコクがおろそかといったところかなあ?と思います。オイラの個人的評価は「普通」かなあと思います。オイラ的にはおろしたニンニク足したいかなあといったところです。

普通だと困るのは「500円」というところで、日本ハム、セブンプレミアム、トップバリュなどが1食100円のレトルトカレーも出していることを考えると、そっちで勝負されてしまうとちょっと弱いかなあ?と思います(それらと肉の量が違いますし・・・)。現在レトルトカレーはご当地カレーが人気で、数百円から5,000円以上するもの(意味不明の高級食材が入っている)まであり、スポーツ関係ですとジャイアンツカレー甲子園カレー青星寮カレー(ベイスターズ)などが有名です。なんとかご当地カレーの一角として、売れてほしいなあと思います。

500円の元をただせば、水谷隼カレーや、ベルマーレクッキーベルマーレビールと同様に、水谷隼選手や湘南ベルマーレが受け取るロイヤリティが含まれているための価格ですので、申し訳ございませんがいたしかたないところがあります

ベルマーレカレーもベルマーレクッキーベルマーレビールと同様に湘南ベルマーレ主催試合試合会場で販売されているほか、ベルマーレクッキーと同様に試合会場での500円ガラポンの末等でも提供されております(定価と同じなので損ではない)。またしまむらストアなどホームタウン内のお店でも販売されております

カレーを食べてベルマーレの支援をしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日(土)京都戦は厚木市民デー

こんばんは、湘南ベルマーレのオフィシャルクラブパートナーのクレディセゾンの女子社員による東池袋52がデビュー(永久不滅ポイント100ポイントでCD入手可能)ということで、TVCMに出演している武田梨奈さんの来場はハードルが高い(ららぽーとでのクレディセゾンとベルマーレのイベントには来ている)だろうけど、東池袋52ならいけるんじゃないか?と思っていたら、東池袋52メンバーは北海道から九州まで勤務地がばらけているということで、クレディセゾンが応援しているサッカー日本代表と比べるとベルマーレは注目度が低いので、残念ながら無理だなあと思った、チャリ通です。「三井ショッピングパークカード《セゾン》」で湘南ベルマーレ主催試合当日券の割引があります

ここは、ALLOVERにがんばってもらいましょう。

芸能と言えば、湯の泉 東名厚木健康センターの記事を書いた2014年当時3ヶ月に2回くらいここでライブを行っていた純烈2017年いよいよブレイクしそうで、ターゲットのおばさまが観そうなテレビのワイドショーやNHKうたコンに出演しているそうで、そのたびに湯の泉 東名厚木健康センターが資料映像や次回公演告知などで出るここは古いのに改築する暇もないくらい繁盛している、「スーパー銭湯界のグランドプリンスホテル新高輪 飛天(NPBドラフト会議などを開催)」ですから・・・)という恩返しになっているそうなので、メンバーの出身であるスーパー戦隊・仮面ライダーファンも仲間に入れてぜひ今年の紅白歌合戦に出てほしいなあと思います次の東名厚木健康センターでの純烈ライブは2017年7月1日(土)だそうです)。

****************

6月10日(土)は鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第18節徳島ヴォルティス戦でした

徳島 0-1 湘南

徳島のラーメンはわりと好きなのですが簡単に行けるところではないので、秋葉原のご当地ショップで買った岡本製麺の徳島らーめんに豚バラ肉と卵をいれて我慢したところ、勝てました。U-20ワールドカップから帰ってきた杉岡大暉選手の角度のないところからの得点以外は結構徳島に押し込まれていたようですが、もともと湘南は山陰・山陽・四国・九州会場を苦手にしているのですから、勝てばOKだと思います。今年は前期のうちに山陰・山陽・四国・九州会場でのアウェイが多くて、後期は福岡・大分・長崎のみです。

もっとも今年はアウェイを得意として平塚での試合を超苦手にしている特殊な年になっています。現場組はどこで利益をあげているかを考えて、ホームでの勝ちにもっとこだわってほしいと思います

****************

しかしこの日は湘南ベルマーレよりも、ベルマーレが留守の間にShonan BMW スタジアム平塚で開催されていた日本学生個人選手権で多田修平選手が追い風参考記録ながら9秒台を出したことのほうがニュースでしたね。ベルマーレの新スタジアムについて考えるよりもこのスタジアムで日本人が9秒台を出すことのほうがいろいろ考えてプラスだと思いますので、有力選手が出場しやすい大会をこのスタジアムでどんどん開催してほしいなあと思います。

代々木第一体育館でDUARIG Fリーグが開幕しましたが、先日行われましたBリーグの代々木第一体育館での試合と比べると観客が少なすぎて「来年から代々木第二体育館で開幕したらいかがですか?」と提案されそうなくらいショボいのが残念です。今シーズンもセントラル開催のみJ SPORTSによる中継のほか、全日程のネット中継がゼビオのメディアから大手のAbemaTVに移籍したので、それによる巻き返しを期待したいところです。それとは別に、湘南ベルマーレフットサルクラブは初年度が歴代最高位で、以降は同順位か順位を下げることしかできず順位を上げた経験がない関係で、「今年はがんばる」なんて言っても誰も信用しない状態になっていることを、何とかしなければいけません。この記事が公開される時間は湘南ベルマーレフットサルクラブの開幕戦の最中だと思いますので、よろしかったら無料のAbemaTVをご覧ください(見逃し放送は有料)。

****************

6月17日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの明治安田生命J2リーグ第19節京都サンガFC戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる厚木市民デーで、明治安田生命スペシャルデーです。湘南の元京都、京都の元湘南はいませんが、曺貴裁監督が京都出身(京都府立洛北高校卒・後輩にレフェリーの岡宏道さん)です。明治安田生命のJリーグ進出は日本生命がセパ交流戦に進出した対抗策だと思われますので、セパ交流戦に負けないよう、少しでもJリーグを盛り上げたいところです。厚木市民デーなので、今年もあゆコロちゃんの来場鮎の塩焼きの販売、あゆコロちゃんとキングベルⅠ世のグッズの販売(今年はリストバンドとツインメガホン)があります。6月から本厚木駅北口にある市の横断幕は「厚木市は湘南ベルマーレを応援しています」というあゆコロちゃんのものに変わっておりますので、ホームゲームを勝ってほしいものです。この試合から秋までナイトゲームが基本となります

毎年恒例のあつぎビジョンでの告知とその内容のYouTubeアップロードがありました。こういうものこそ平塚がやるべきなのですが、平塚は大金をかけた平塚駅北口ロータリーの大型ヴィジョンを使いこなせず放置したくらいなので、全く期待できません。

開幕当初負けまくっていた京都ですが、4月15日(土)以降は無敗で、現在の京都は強いです。もはやポジションがよくわからない田中マルクス闘莉王選手が得点しまくっていますので、要注意です。

6月21日(水)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの天皇杯2回戦国士舘大学(東京都代表)戦です。JFLにおけるゼルビアの先輩に当たる町田市の国士舘大学は、今年は関東大学リーグ2部に降格しているのですが、東京都予選を勝ち抜き、現在J3首位のブラウブリッツ秋田を1回戦で倒しての湘南戦となります(元湘南で怪我で出遅れた秋田のGK松本拓也選手は、この試合でアピールできなかったため現在も控えのまま)。湘南は前後に京都戦と横浜FC戦があるので、この試合は控え組中心の構成になると思われますので、かなり難しい試合になると思います。控え組にとっては2回戦で天皇杯が終わってしまいますとアピールの場が少なくなってしまうので、自分たちのために勝ちにこだわってほしいなあと思います。

6月25日(日)はニッパツ三ツ沢球技場で18時キックオフの明治安田生命J2リーグ第20節横浜FC戦です。湘南の元横浜FC、横浜FCの元湘南はいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風雲児たち 幕末編 29巻 読了

こんばんは、年始に週刊少年マガジン、週刊少年サンデー、週刊少年チャンピオンが発行100万部割れをしていることを話題にしました(既にマンガ以外を含めたコンビニの雑誌コーナーは1990年代の半分以下のサイズになっているのですが、そうでなかったとしても全国展開なのに100万部に満たないのであれば、この3誌が明治カールのようにコンビニで取り扱わなくなるのは時間の問題な部数)が、能田達規さんも「ぺろり!スタグル旅」でネットに直接作品を載せているということで、昭和の映画俳優がテレビに進出したような大転換がまさに今起こっているのだろうなあと思う、チャリ通です。まあなんでもスマホなうえで、紙媒体を買うにしてもネット通販が多い時代ですからね・・・。

なお愛媛出身で愛媛サポーターの能田達規さんは、千葉県で活動している漫画家なのでこの作品では愛媛ではなく千葉が採用されております。前にも書きましたが、国内どこでも1本で行けるのは首都圏と京阪神在住の特権であり、松本・愛媛・長崎あたりを起点と終点とする遠征ですと、グルメよりも移動方法のほうがドラマにならないとおかしいので、オイラが編集者であっても首都圏か京阪神在住という設定を提案します。千葉サポーターが全国のスタジアムに行ったことがあると言うのと、愛媛サポーターが全国のスタジアムに行ったことがあると言うのは、重みが全く違います。

テレビ番組も劣化のないデジタルコンテンツ化されてハードディスクに保存する時代になったので、ウチでは「ライブでないコンテンツ(ドラマなど)」は原則録画で、観てすぐ消します。「おんな城主 直虎」など各放送局ドラマの視聴率が低い(テレビ朝日の2時間ドラマも土曜21時を追われる)そうですが、統計学に基づいたサンプルが全体を説明できる確率論が正しいのは学校でやりましたが、ネットでやれば全アクセスのログが手に入る時代に、テレビはサンプル調査で対抗とか、録画は対象外とか、広告出稿主から考えればテレビよりネットのほうが依頼しやすいですよね・・・。

先月末に、半年ごとのマンガ購入である「風雲児たち 幕末編 29巻」が発売されました。今回の帯コメントは徳川恒孝さん(徳川宗家第18代当主)の長男である徳川家広さんでした。奥様がベトナム人で今も子供がいないということで、徳川侯爵家、徳川将軍家の直系である徳川宗家第20代当主(初代から15代は征夷大将軍)はどうするの?とかつてニュースになったかたです(親戚から養子が入るのでしょう)。この件は風雲児たち本編と関係がないですが、家柄が良すぎるのもいろいろ大変ですね。

29巻では、まるまる1巻使って寺田屋事件が取り扱われます。伏見の旅館寺田屋では「1862年の薩摩藩士らの同志討ち」と、「1866年の坂本龍馬襲撃事件」が発生しているのですが、今回は前者です。後者はおりょうさんが風呂から裸で出てきたり、ただでさえ人気の坂本龍馬が最新のピストルで対抗するという劇的なものなので、小説化・ドラマ化するといつも大々的に取り扱われるシーンなのですが、今回の前者は有名人が直接切りあいをしないので、「ナレーションだけ」とか「十秒くらいのイメージシーンだけ」で済まされてしまいがちです。なおこの漫画でも1866年の寺田屋と今の寺田屋とは別の建物という説を採用しています(鳥羽伏見の戦いで燃えたらしいが、現在の所有者は「幕末当時の建物のまま」と主張している)。

しかし第29巻では、省略されがちな事件を2時間以上の映画1本のように詳細まで「ひとりひとり」を描写していて、1862年の同志討ち(時期尚早なクーデターを起こそうとした一派を粛清)がよくわかりました。わりとおすすめな巻です(あまりにも長いので、1巻でそこそこまとまっているところから読み始めるのもアリなのです)。

現在、イスラム原理主義組織は民族の勉強会のようなものからスタートして、その結果武装して対抗しようという結論になり、複数の組織が欧米やイスラム教内の他宗派・他民族を相手にテロを起こしておりますが、まあ幕末日本もこれと同じような状態だったのでしょうね。日本はこのあと成功しましたけど、中東はイスラム教内のスンニ派 対 シーア派や他民族との争いだけでもぐっちゃぐっちゃな上に「欧米の発展むかつく」が加味されているので、日本はここまで複雑じゃなくてよかったなあと思います

このマンガを読むメリットは、歴史を箇条書きではなく体系的に説明し、しかも大河ドラマのような一代記ではなく百年単位で世代をつなげて説明するのが、素晴らしいと思いますおなじリイド社より「風雲児たちガイドブック 解体新書」という解説本も別途発売されました。第1話が機動戦士ガンダム(「まんがはじめて物語」に視聴率で敗れて打ち切り)・テレビ朝日版ドラえもん・3年B組金八先生第1シリーズと同期の昭和54年(1979年/ガッチャマン・宇宙戦艦ヤマト・銀河鉄道999・ルパン三世第2シリーズが現役で放送中で、1月までヤッターマンもやっていたというなかなかレジェンドな年)で、オイラも途中参戦(読者の中では若手)ですからねえ・・・。作者は70歳になりました・・・

明治政府成立に近づくほど、複数のストーリーが同時進行で進むのに、物語としてはひとつずつ説明しなければいけないため、「最新巻を読むために、以前の巻を復習用に手元に置いておかなければいけない」ところが厳しいのですが、こればかりはしょうがないです。歴史も結局ひとりひとりのドラマをつなげたもの(このマンガはチャカしていて、中には名誉毀損気味な描かれ方のひともいるけど・・・)ですから、センター試験の日本史のような箇条書き的なものではなく、面白いものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅ヶ崎市美術館

こんばんは、森友学園の次は加計学園が安部首相に便宜を図ってもらったそうですが、加計学園グループ昨年大和シルフィードを入替戦で破ってなでしこリーグ2部残留を決めた吉備国際大学があり、問題の岡山理科大学獣医学部が今治FCのある愛媛県今治市に開学を予定しているということで、これが原因でつぶれることはないとしても、吉備国際大学と今治FCに少しは影響があるかもしれないなあ?と思う、チャリ通です。

長崎戦の日は朝から湘南地区の美術館のハシゴをしておりました。先に茅ヶ崎市美術館(ちがさきしびじゅつかん)に行って、後で平塚市美術館を経て、長崎戦に行きました。自分の都合だけでは物事はすすめられません。

茅ヶ崎市美術館 公式ホームページ

茅ヶ崎駅南口を出て、茅ヶ崎公園野球場(サザンオールスターズのライブ会場としてのほうが有名)に向かって歩き、途中の川上音二郎貞奴夫妻宅(明治35年ごろ)跡地である高砂緑地(たかすなりょくち)内にあります。大船から先の小田原、熱海を経て伊東までと鎌倉や逗子葉山の東海道線・伊東線・横須賀線沿線は、「東海道線開通から新幹線開通まで」当時の政財文化界ビッグネームの、別荘跡や隠居先跡がたくさんあります。今だったら沖縄や北海道に別荘を構える感覚で、新幹線開通前は湘南・伊豆に別荘を構えていたのでしょうね。高砂緑地周辺には茅ヶ崎市立図書館やカトリック茅ヶ崎教会などもあって、文教地区のような雰囲気があります。また高砂緑地には平塚らいてうの石碑もあります(茅ヶ崎で夫と出会って子育てをしている。並行して共産党系の活動をしていたことは、テレビドラマとか教科書とかでは余計な事を公的に書くと日教組とか赤旗などが暴れるから都合よく削除される。)。

余談ですが、この川上音二郎・貞奴夫妻は1985年にNHK大河ドラマになっており、その作品がオイラが最初に観たNHK大河ドラマなので当時「大河ドラマはちょんまげの人のドラマ」と認識していなかった(前作の「山河燃ゆ」から3年間は明治以降の話だった)のですが、このドラマ「春の波涛」の内容はオイラがちっちゃかったので「オッペケペー」とか歌っていたシーンがあったなあとしか覚えていません(唯一の記憶になる歌ってすごいね)。いま「春の波涛」のオープニング動画を観ると、現在のNHKドラマのロケ地に頻繁に登場する博物館明治村すばらしいプロモーションビデオですね。

ベルマーレホームタウン内では公立美術館はここと平塚市美術館だけです。しかし今や「立派な設備」と「J2やB1並みの年間観客動員」を背景に、展覧会を企画誘致して、シェアする巡回先地方美術館も探し出し、日曜美術館(NHK Eテレ)や美の巨人たち(テレビ東京)などに売り込み(その映像を作品紹介に利用)まで主導的に行う平塚市美術館と比べると、茅ヶ崎市美術館はちょっと劣ります。しょうがないです、それまでは微妙だったのに2010年代の平塚市美術館がすごすぎるのです

しかし、茅ヶ崎市美術館はとてもオイラ向きの展覧会を用意していて、「茅ヶ崎市制70周年記念 自転車の世紀 -誕生から200年、新たな自転車の100年が始まる-展」を開催しておりました。相模川によって広大な平地が造成されたところに茅ヶ崎と対岸の平塚があるので自転車が便利で、ミヤタサイクルのお膝元ということもあって、自転車の街でもある茅ヶ崎ならではの展覧会と言えます。

施設としては平塚市美術館よりも1998年開館の茅ヶ崎市美術館のほうが新しいです。1階にひとつ、地下にふたつ、それぞれ多少サイズは異なりますが、コンビニエンスストアの店内くらいの展示室が3つあります。2階がカフェ「ル シュマン」になっていて、コーヒーとパン、ちょっとした軽食を提供できます(カフェだけ利用も可能で、日光がきもちいい)。平塚市美術館と比べるとあらゆる面で小さいですが、人口25万人前後の市立美術館であればこれが普通サイズであって、平塚市美術館がすごすぎるだけです。

展覧会「自転車の世紀」では、「19世紀から21世紀への自転車進化の歴史(旧型の実車展示)」「19世紀から20世紀までの自転車にまつわる絵(錦絵・ポスター・イラスト)」「現代の特殊な自転車や写真の紹介」が、それぞれの展示室で公開されておりました。オイラは面白かったです。1階エントランスでは無料ミニ展示「サイクルアーティスト・谷信雪の世界」と、マンガ「弱虫ペダル」既刊全巻の閲覧、地下エントランスではマンガ「弱虫ペダル」の複製原画展示があります。

ここまで紹介して申し訳ないのですが、この展覧会は2017年6月4日(日)で終了しております。今後は郡山市立美術館、佐倉市立美術館を巡回します。全体として堺市の自転車博物館サイクルセンターみたいだなあと思ったら、「特別協力」にありました。仁徳天皇陵を観るために「五稜郭タワーの堺版」として存在する堺市役所展望台に昇ったあとで、この展覧会の代わりに自転車博物館サイクルセンターにお立ち寄りください。年代物のミショー式自転車に限れば平塚市博物館にも寄贈されていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明治安田生命J2リーグ 2017 第17節 湘南vs長崎 戦

こんばんは、とうとう東京新聞にベルマーレがホーム移転の可能性があることが報道されましたが、その件はもう織り込み済みの、チャリ通です。

そもそも2015年にせっかく平塚競技場改修の署名活動があったのを平塚市がまともな代替案を出せずに事実上却下したのですから、移転されても平塚市は文句を言える立場ではありません「本社・クラブハウス・練習場」があるのですから、今後も平塚市のクラブといえますので、問題がありません。まあ自称ツインシティに新スタジアムを建てるという厚木振興策を平塚市が提案するのでは?と予想します、残念ながら。6億円のベルマーレが要求していないチマチマ改修(座席増設)も、いかにも平塚市役所らしい対処方法です(数年前にも平塚駅北口商店街に中途半端で無意味な投資をしている)。

平塚市のここ30年は、市にとってはベルマーレの何倍も重要なものを含むいろいろなものを自ら追い出し続けた30年で、30年前当時は中年だった人だけが平塚に残って勝手に衰退しただけであって、ベルマーレ(試合会場のみ)もそのひとつになるだけです。いいかげん2017年にも辻堂駅の乗車人数に平塚駅が追い越されてホームタウン内5位から陥落の可能性が高いという「現実」もみなければいけません(ホームタウン内では、藤沢駅、小田原駅、湘南台駅、本厚木駅が既に乗車人数が平塚駅より多く、ホームタウン全体で考えれば平塚駅ではマーケットが小さい。なお本厚木駅は愛甲石田駅、茅ヶ崎駅は相模線の2駅と分散しているため乗車人数は少なめ。)。お年寄りの意見を聞く人しか平塚では選挙で勝てないのですから、平塚の発想が藤沢市や厚木市と違って当たり前です。

****************

A代表から世代別、女子も含めて、日本代表が招集されると、秋津サッカー場(フロンティアサッカーフィールド)で練習をして幕張のホテルに泊まる(東京駅・羽田空港・成田空港のすべてにそれなりに近いので、選手を召集しやすい)というのが定番化され続けたので「JFAナショナルフットボールセンター」という恒久施設を幕張に新設する(アディダスがFC東京や読売ジャイアンツとの契約を満了して、建設資金を捻出)のですが、あまりにも頻繁に習志野・幕張に海外組日本代表が定期的にやってくるものだから、このあたりの地元クラブはジェフユナイテッド千葉ではなく日本代表という雰囲気があって、苦笑せざるを得ません(試合が多く開催される埼玉スタジアム2002にもJR武蔵野線の一部が海浜幕張駅に行くのでわりと行きやすい)。まあ先に「毎年毎年莫大なお金をかけて、繰り返し弱体化させ続けていること」をジェフユナイテッド千葉は何とかしなければいけませんので、同情の余地はありません。ジェフユナイテッド千葉の弱体化で、この地域は日本代表だけでなく本田圭佑選手の経営するホルンをトップチームとするユーススクールにも付け入られておりますし・・・。

****************

6月3日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第17節V・ファーレン長崎戦でした

長崎戦の日は「釣りか観光地引網に行くのか?」というくらい早朝に出発して、茅ヶ崎市美術館(後日記事化予定)と平塚市美術館をハシゴをしておりました。自分の都合だけでは物事はすすめられません。

平塚市美術館では6月11日(日)まで「リアルのゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」と「斎藤文夫コレクション 浮世絵・神奈川名所めぐり」を開催しているのですが、今や「立派な設備」と「J2やB1並みの年間観客動員」を背景に、展覧会を企画誘致して、シェアする巡回先地方美術館も探し出し、日曜美術館(NHK Eテレ)や美の巨人たち(テレビ東京)などに売り込み(その映像を作品紹介に利用)まで主導的に行う平塚市美術館だけあって、人口25万人レベルの街の市立美術館とは思えない内容と来場者数で、満足でした。「美の巨人たち」5月27日(土)放送分の犬塚勉の作品は6月21日(水)にBSジャパンで再放送されますが、高橋由一の「鮭」から始まって、レベルの高い絵が多かったです。浮世絵については、同じ浮世絵なのに最初に刷ったものとあとで刷ったものでだいぶ異なるのが面白かったですが、神奈川県の風景を描いた浮世絵がたくさんあり、江の島に至っては200年経った今とほぼ同じ構図なのは嬉しかったです。

おかげで長崎戦の会場入りが遅れてしまい、HAN-KUNさんのライブや長崎の高田明社長には会えずじまいでした(実績がすさまじい高田社長ですがプロスポーツは初挑戦なので、他クラブの運営も勉強したいところでしょう)。長崎戦に行くことで美術館に来ていた元参議院議員の浮世絵コレクター斎藤文夫さんもちょっと見えただけでお話ができず、いろいろ中途半端になってしまいました・・・。

第16節終了時点で3位の湘南5位の長崎という上位同士の対戦となりましたが、湘南は菊地俊介主将代行、長崎はエースFWのファンマ選手が出場停止ということでちょっと残念でした。湘南はホームゲームなので勝たなければいけません。主将代行の代行は18歳MF齊藤未月選手でした。FIFA U-20 ワールドカップ韓国大会を決勝トーナメント1回戦で終えた日本代表DF杉岡大暉選手も先発でこの試合より復帰しました。コイントスで陣地を変更してキックオフとなりました。

前半を0対0で終えた後、後半早々にFWがつぶされたところを後方からMF石川俊輝選手が詰めて、湘南ベルマーレが先制し、ちょっと前に出典原画を見てきたよというゴール動画で祝いました。

しかし5分後に長崎の中村慶太選手が同点ゴールを挙げて、そのまま引き分けました

湘南 1-1 長崎

この結果、湘南は3位から4位に落ち、長崎は5位を維持となりました。まあ上位同士の対戦でしたから、引き分けもあり得たと思います。

湘南のほうが押していましたが、何度も書くとおりサッカーは採点競技ではないので、優勢であることに意味はありません。

しかしここまでの湘南ベルマーレは「ホームで3勝2分3敗で、アウェイで6勝2分1敗」と平塚での試合を極端に苦手にしているところがいただけません。しかも平塚でのここ3試合は0勝1分2敗です。湘南ベルマーレの歴史上でもここまでホームゲームが苦手な年は初めてだと思われ、この点については現場組は重くみないといけません。Jリーグの場合、利益はホームゲームから得られているのですから・・・

この試合で怪我から復帰した藤田征也選手は試合数が少ないのでまだ判断できませんが、今年は日本人の30歳以上のフィールドプレーヤーが全員が働けておらず、単純な「試合でのパフォーマンス」だけみれば若手のほうが動けていて全く手本になっておりません。「これだからベテランは」と言われる前に結果を出してほしいのですが・・・。 

****************

6月10日(土)は鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第18節徳島ヴォルティス戦です。湘南の元徳島は島村毅選手がいます。徳島の元湘南は梶川裕嗣・岩尾憲・キムジョンピル選手、甲本偉嗣・カルロス スリアーノコーチがいますが、梶川裕嗣選手は湘南戦に出場できませんベルマーレは伝統的に山陰・山陽・四国・九州会場を苦手にしているので苦戦が予想されますが、なんとか勝ちたいところです。昨年は平塚での天皇杯で勝ちました

なお、ベルマーレが不在のShonan BMW スタジアム平塚では、2017日本学生陸上競技個人選手権大会が開催されます。例によってベルマーレに配慮して投擲競技はShonan BMW スタジアム平塚で開催されません(東海大学で開催)。地方のJ2クラブが投擲競技やラグビーの直後にケアをせずに湘南戦を開催して、ボコボコな芝で両軍ともミスしまくりな試合をすることがたまにありますが、そういう意味でも陸上競技場とサッカー場は別にしてほしいものの、この競技場の成り立ちを政治的に考えると、その場合はサッカーのほうが出ていかなければいけないのがなんとも・・・。なお桐生祥秀選手は今年は海外遠征のため出場しません。また代々木ではFリーグが開幕します

6月17日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの明治安田生命J2リーグ第19節京都サンガFC戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる厚木市民デーで、明治安田生命スペシャルデーです。湘南の元京都、京都の元湘南はいませんが、曺貴裁監督が京都出身(京都府立洛北高校卒・後輩にレフェリーの岡宏道さん)です。明治安田生命のJリーグ進出は日本生命がセパ交流戦に進出した対抗策だと思われますので、セパ交流戦に負けないよう、少しでもJリーグを盛り上げたいところです。厚木市民デーなので、今年も鮎の塩焼きと毎年すぐ売り切れるあゆコロちゃんとキングベルⅠ世のタオルマフラーを売るのでしょうか?。6月から本厚木駅北口にある市の横断幕は「厚木市は湘南ベルマーレを応援しています」というあゆコロちゃんのものに変わっておりますので、ホームゲームを勝ってほしいものです。この試合から秋までナイトゲームが基本となります。

6月21日(水)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの天皇杯2回戦国士舘大学(東京都代表)戦です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe & Restaurant Bon

こんばんは、12月の決定、「チャリ通湘南201X」! 用のリストは埋まっているのですが、書く余裕が足りない、チャリ通です。ちゃんとチェックをして落選すべきものは書かないようにしないといけないので、ご了承ください。

先日、Cafe & Restaurant Bon(かふぇ あんど れすとらん ぼん)に行きました。本厚木駅北口を出て、菓子問屋 千石に向かって2分ほど歩いた本厚木駅前ビル地下1階にあります。ホームページは特にございませんので、「食べログ」の紹介記事を参考にしてください。

ちょうど2017年4月1日(土)に、湘南ベルマーレのスポンサーであるテレビ神奈川(TVK)あっぱれ!KANAGAWA大行進に紹介されましたので、そちらの記事または見逃し配信動画(数ヶ月で削除されます)をご覧ください。

昭和44年(1969年)にこの本厚木駅前ビルが「丸井厚木店(閉店)」としてオープンした時からここにあります(創業は昭和34年)。2代目と3代目で運営されているそうです。

喫茶店と称しているのですが、コーヒー・茶・ジュースよりも洋食系の食事全般を前面に押し出しており、ハヤシライス、カレーライス、オムライス、パスタ、ハンバーグ、ステーキ、パフェなど、ひととおりの洋食が提供可能で、お酒も提供します。というか奥のほうにバーカウンターがあって、本格的にお酒が出せます。10時から23時までの通し営業で、ランチメニューやディナーメニューを用意しています

このお店で有名なのは「あっぱれ!KANAGAWA大行進」でも紹介されていて、他のメディアに出る時も紹介している「ハヤシライス」と、見た目が派手でSNS向けに量が多くお値段も結構する「びっくり花火パフェ」です。

ハヤシライス(サラダ・スープ・ドリンク付き)をいただきましたが、トマトとドミグラスソースが効いていて、おいしかったです

約50年続いているこのお店は、その伝統を前面に押し出した運営をしており、壁一面に戦後からの本厚木駅の写真を飾っております。このお店自体の雰囲気を含めて、「1970年代・80年代・90年代に本厚木で何かした人「かぁ、ばぁ、ん♡、マァ、ルゥ、ジョー、オ♡」を正しいイントネーションで再現できる人など)」が久しぶりに本厚木にやってきた時に、最初に訪れるにふさわしいお店だと思います。こういった昔の記憶をとどめているお店が、現在の街でも新店に混じって、お年寄り相手ではなく第一線で繁盛していることは、銀座・日本橋・新宿などでもこのようなお店が要になっているとおり、とても大事です。昭和好きにもお勧めです。

海老名駅前や相模大野駅前は繁栄はしていますが、デベロッパーが全国展開のチェーン店を優先して「ここにしかないお店」が極めて少ないので商品はあっても買いたいものがなく、普段東京に出ている者としてはかなり物足りないです。海老名や相模大野が嫌いというわけではないので、海老名や相模大野にもこういったお店が出るべきだと思います。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治安田生命J2リーグ 2017 第16節 湘南vs山形 戦

こんばんは、ベルマーレと提携している福島ユナイテッドFCが福島市に加えて会津若松市をホームタウンに加えて湘南ベルマーレはホームタウン7市3町のなかで最も個人・法人が退去して衰退している「平塚市」に試合会場と練習場を構えているという不利な状況下なのでうらやましいと思う、チャリ通です。

まあ、会津若松市より先に手前の郡山市を押さえないとダメだろうとは思うのですが、それが郡山市側の心情的にとても難しいこともおっさんなので知っているのですよね・・・。福島県のサッカーは、1990年代から福島市(29万人)より人口が多くていわきや会津に行きやすいので「全国企業における福島支店」が多い郡山市(33万人)にある開成山陸上競技場郡山駅から徒歩圏で駐車場用地ありという、ベガルタ仙台どころかイーグルス並みに好条件立地)を改築して、仙台(東北電力)や山形(NEC山形)などと同時期のJリーグ入りを本気で狙っていたのですが、福島FCビアンコーネ福島、バリエンテ郡山と郡山でJリーグを目指したクラブが3連続で経営的に失敗してしまい、3度目の失敗の直後に後発の福島市にある福島ユナイテッドFCがJFLまで行った(現在J3)ので、「本来だったら利便性で福島市の全施設を圧倒している開成山陸上競技場で、Jリーグをやっていたのに・・・」って、偉い人ほど関係者は思っているでしょうから・・・(そしてBリーグチームBCリーグのチーム福島市ではなく開成山公園を迷わず押さえた)。まあボクシングで3回ダウンしたらTKO、野球で3ストライクはアウトですけど・・・。

****************

FIFA U-20ワールドカップ 2017 韓国大会に出場中の杉岡大暉選手はグループリーグではあまり活躍できませんでしたが、日本代表はトーナメントに勝ち上がることができましたので、今後に期待です。

****************

5月27日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第16節モンテディオ山形戦でした

年に一度の産業能率大学スペシャルデーということだからか、村田奈央さん、小島栞さん、菊池大介選手なすびさんなど来賓多数でした。山形から炎のカリーパンも出店されていたのですが、ペッカくんは来ていたのでしょうか?。

松本戦に続いて「4バックの1トップ」で試合を始めました。16時キックオフなので松本戦ほどではなかったですが、この日も暑かったです。

湘南ベルマーレと言えば、攻守に人数をかけたサッカーでDFも攻撃なのですが、選手が入れ替わった2017年のMFやDFは数年前のMFやDFと比べてカウンターに弱く2012年のチームに近いです。その対策もあってMFやDFが攻め上がらず、攻撃の際のFWの人数が少ないので、攻撃力が落ちています。そこにきてサイドバックの位置が低めだからか、開幕前にサイド起用を想定していた髙山薫・藤田征也・シキーニョ選手が出られないこともあって、18歳石原選手、中央兼任の岡本選手と山根選手、いろいろ相手に狙われている奈良輪選手の中からふたり(この試合は石原・岡本選手)を起用しなければいけないという人員不足サイドが攻守に機能不全になっており、敵陣にアタックするFWなどの人数不足と合わせて、得点の気配がありません

秋元陽太選手の好セーブで耐えていましたが、90+2分に山形の中山仁斗選手に決められて、ホームゲームを落としてしまいました

湘南 0-1 山形

産業能率大学スペシャルデーや平日ナイトゲーム(今年は確認できていませんが、近年は平日ナイトゲームは平塚のサッカー少年団招待試合にあてがわれている)は新規顧客候補に「Jリーグのある生活を提案」する、ある意味通常の試合より重要な試合です。産業能率大学の皆さまに申し訳ないことをしてしまったなあと思いました。ホームゲームは勝たなければいけません

第16節は、福岡、横浜FC、ヴェルディも敗退し、名古屋と長崎が勝ったので、上位受難とも言えるかもしれませんが、この時期は順位は関係なく、自分たちが大量生産工場並みにいつもの方法で勝つことが大事です

****************

産業能率大学スペシャルデーは破れてしまいましたが、産業能率大学がトップスポンサーを務めるBリーグの横浜ビーコルセアーズはB1B2入替戦に勝利して、B1残留を決めました。おめでとうございます

産業能率大学スペシャルデーの裏で、Bリーグチャンピオンシップファイナルが開催されて、栃木ブレックスがレギュラーシーズン勝率トップの川崎ブレイブサンダースを破って初代日本一になりました。おめでとうございます。栃木ブレックスはBリーグ以前からJ2だった栃木SCより観客動員を上回っていたところで、今年はレギュラーシーズン年間10万人動員も達成して完全に栃木県内の立場はB1栃木ブレックスはJ3栃木SC(7万人)より上になりました。近年は作新学院高校が甲子園でかなり勝っている上にBCリーグが栃木ゴールデンブレーブスを立ち上げたことも影響して県内ローカル野球も好調で、栃木SCの観客動員減について知り合いと話しました。東京都と沖縄県以外は人口増が望めない中で、「自分たちの低迷と同じタイミングで、同じホームタウン他競技の興隆があるとかなり厳しい」ということを見せつけられています・・・。ベルマーレも気をつけなければいけません。

****************

6月3日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第17節V・ファーレン長崎戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる大磯・二宮町民デーで、横浜ゴムスペシャルデーです。湘南の元長崎は岡本拓也選手がいます。長崎の元湘南は高木琢也監督(ベルマーレではなくフジタ)と養父雄仁選手(U-15のみ)がいます。山形に所属している息子とともに、高木親子と平塚で連続対戦となります。湘南は菊地俊介選手、長崎はファンマ選手が出場停止です。

長崎は放蕩経営で今季開幕前に経営破綻しそうだったところ、佐世保市のジャパネットたかたが債務を全額負担するかたちで親会社になり、救済されました。ジャパネットたかたを引退した高田明さんが連休前に長崎の社長に就任して経営者に復帰しました。湘南は2週連続のホームゲームにユニフォームの背中とパンツのスポンサースペシャルデーが配置され、特に横浜ゴムは2017年の今年が創業100周年のメモリアルイヤーです。ぜひとも長崎戦を成功させて、来年はブリヂストンがパンツスポンサーであるサガン鳥栖と対戦して勝ちたいものです。ということで2016-2017プレミアリーグ優勝のチェルシーFCから誰かベルマーレに連れてきてください(FAカップも準優勝でしたし、チェルシーFCのほうはちゃんとスポンサーの100周年をアピールできたなあ・・・)。無理でしたら年末年始に小学校がインターナショナルスクールの齊藤未月選手(FIFA U-20 ワールドカップ2019対象選手)をチェルシーFCの練習に参加させてほしいかなあ・・・。

長崎戦では湘南音楽祭という企画が開催され、その中で湘南乃風のHUN-KUNさんが登場します。毎年ありがとうございます。

6月10日(土)は鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第18節徳島ヴォルティス戦です。湘南の元徳島は島村毅選手がいます。徳島の元湘南は梶川裕嗣・岩尾憲選手、甲本偉嗣・カルロス スリアーノコーチがいますが、梶川裕嗣選手は湘南戦に出場できません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治安田生命J2リーグ 2017 第15節 松本vs湘南 戦

こんばんは、羽田から北海道稚内市が2時間半、羽田から沖縄県石垣市まで3時間と、東京から全国主要都市まで、航空機・新幹線など手段や費用を問わなければ片道3時間くらいで行ける時代になったのに、広島市や大分市などのように空港の設置場所で失敗したところは東京から4時間以上かかったうえで合計運賃が高かったりするので、これでは何かの誘致競争に入れないよなあと思う、チャリ通です。移動時間が短くなったことで駅弁や寝台列車というものがなくても何とかなる「ぜいたく品」になった中、新幹線のルートから外れている会津若松、いわき、松本、今治、佐世保、延岡あたりに用事があって行くと、いつもの旅行より思っていたよりしんどいです。半分の試合が遠征の松本山雅FCの選手は、たとえばモンテディオ山形戦や愛媛FC戦あたりは、飛行機・新幹線・バスを細かく乗り換えることが面倒なので全行程バスで行くのでしょうか?。松本は冬のキャンプも長めですし、一度松本に行くだけで苛酷さが想像できます。全国への直行便が近くから出ていることは首都圏・京阪神のクラブの強みですし、いろいろな会社の本社が首都圏と京阪神に集中している理由です。平塚市は周辺市と比べて交通軽視(藤沢・辻堂・茅ヶ崎・海老名・本厚木駅に空港バスがあるのに、平塚駅だけ空港バスがないから、出張の多いビジネスマンは平塚なんて絶対に選びませんし、地方クラブサポーターも平塚に来たがらない)ですが、交通は大事です。

****************

5月17日(水)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの明治安田生命J2リーグ第14節アビスパ福岡戦でしたが、

湘南 0-3 福岡

行ってませんので何とも言えませんが、近年アビスパ福岡にやけに負けているような気がします。

****************

5月21日(日)は松本平広域公園総合球技場で13時キックオフの明治安田生命J2リーグ第15節松本山雅FC戦でした。日帰りで行ってきましたが、移動時間だけで7時間超という札幌出張並みにかかりました。ただ城下町松本市は街づくりもきちんとされていて、登山、夏のサイトウ・キネン・オーケストラ、山賊焼き(「一枚肉の鶏から揚げ」で、そういう意味では栃木SCが販売する一枚岩チキンは似ている)など、市外へ出るのが大変なぶん、市内はとても魅力的な街だと思います。そういう意味でインターシティマッチとして市外につながる松本山雅FCは評価されたのかなあ?と思います。

4時間の松本滞在時間のなかで唯一、喫茶山雅に行きました。四柱神社や松本城の近くの松本市中心部にあるのですが、今月初めにMEAT COMPANY with Bellmareでがっかりしたぶん、喫茶山雅はうらやましいくらい素晴らしいお店でした(試合映像が観られる+レジェンド展示物がある+客単価が安いから気軽に行ける→サポーターが来やすい)。カレーライスは販売されているレトルトカレーを開けただけでしょうか?。いかにも喫茶店に出てきそうな普通すぎるカレーでしたが、それがまたよいと思います。トラディショナルコーヒーもよかったです。

この湘南戦は松本のユニフォーム胸スポンサーのEPSONによる「エプソン スペシャルマッチ」で、エプソンが地元に貢献していることをNBS長野放送による地上波生放送で社長自らアピールする大事な日でした。NBS長野放送がフジテレビ系列なので15時のJRA中継にかぶせられないこともあって、13時しかキックオフ出来る時間がなかったようです。地元の放送局や地元のイベントの都合で時間をずらす機会がない湘南ベルマーレと比べれば、ぜいたくな悩みです。

13時キックオフの影響でこの試合は30度越えの快晴の炎天下で行われることになりました。今年は春が遅かったのに夏が早く、春が短すぎです。水曜日にも試合があったのにかなり過酷な環境でこの試合も行うことになり、こっちも相手もグダグダな試合になることも覚悟しなければいけないかなあ?と思いました。かなり久しぶりのアルウインでしたが、大型ヴィジョンが新しくなって、バックスタンド側に仮設席が追加されていました。

湘南は「4-3-2-1」という、たまにやっていた「4バックで1トップ」を基本とした布陣で対戦しました。得点源のFWジネイ選手をベンチに置いて、最近ようやく試合に出られるようになったFW野田隆之介選手を1トップに配置しました。松本が「引きこもってカウンター」という戦術でしたので前半は0対0だったのですが、FWジネイ選手がいないのに内容は良かったです。サッカーは採点競技ではないので内容が良かったこと自体は無価値ですが、よい傾向ではあります。

後半開始早々にFW野田隆之介選手が先制ゴールを挙げて湘南が先制します。この試合一番の収穫は野田隆之介選手が使えるめどがたったことでしょう。遅ればせながらジネイ選手以外で初めてFW登録選手の得点となりました。すぐに松本のFW石原崇兆選手によるゴールで追いつかれてしまいますが、セットプレーのこぼれ球をヘディングを狙って前に行っていたDFアンドレバイア選手が拾いに行って、サイドから出したパスをFW山田直輝選手がヘディングで決めるという、「パス出す人とヘディングする人が逆じゃね?」ゴールで逆転し、そのまま湘南ベルマーレが勝利しました

松本 1-2 湘南

まあ湘南がどうのこうの前に今シーズンの松本山雅FCを象徴するような試合だったと思います。「引きこもってカウンター」という戦術の松本はとにかく「ここぞというところでダッシュが効かなすぎ」で、多くの選手が30代なのに、週2試合で炎天下というのが効いていたと思います。戦術を変えたとしても「走れない」ということは悪影響を与えますので、松本が今シーズンの昇格争いに参加することは厳しいのではないか?と思いました。横浜FC・湘南などが我慢して若手を起用しているところをあざ笑うかの如く、讃岐・松本・町田は育成放棄で戦っておりましたが、3クラブともそのツケを払う時が来たようです。松本市民の関心は、松本駅前にある大病院である相澤病院に所属する地元信州大学卒の小平奈緒選手が、平昌冬季オリンピックでスピードスケートの金メダルを取れるかに移るかなあ?と思います。サポーターの立場なら、うまくいかないときは無理をしないほうがいいです。

試合後にパウリーニョ選手と村山智彦選手が挨拶してくれました。

****************

5月27日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第16節モンテディオ山形戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる茅ヶ崎市民デーで、イベント盛りだくさんの産業能率大学スペシャルデーです。湘南の元山形は高橋・ミスターモンテディオ・健二コーチがいます。また神谷優太選手が山形県出身です。山形の元湘南は宇佐美宏和選手と荒堀謙次選手がいます。産業能率大学スペシャルデー専用の座席割り当てとなるため主に山形サポーターにはご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

5月中旬から6月第1週くらいにかけて花菜ガーデン春の薔薇シーズンとなり、この3週間に福岡戦、山形戦、長崎戦の、ベルマーレホームゲームが組まれております。また年間来場者数10万人の平塚市美術館では、「リアルのゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」「斎藤文夫コレクション 浮世絵・神奈川名所めぐり (すごいね、斎藤文夫元参議院議員)」と、わりとわかりやすいテーマの展覧会をこの時期に開催しております。試合前のおデートにぜひどうぞ。

6月3日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第17節V・ファーレン長崎戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる大磯・二宮町民デーで、横浜ゴムスペシャルデーです。湘南の元長崎は岡本拓也選手がいます。長崎の元湘南は高木琢也監督(ベルマーレではなくフジタ)と養父雄仁選手(U-15のみ)がいます。山形に所属している息子とともに、高木親子と平塚で連続対戦となります

長崎は放蕩経営で今季開幕前に経営破綻しそうだったところ、佐世保市のジャパネットたかたが債務を全額負担するかたちで親会社になり、救済されました。ジャパネットたかたを引退した高田明さんが連休前に長崎の社長に就任して経営者に復帰しました。湘南は2週連続のホームゲームにユニフォームの背中とパンツのスポンサースペシャルデーが配置され、特に横浜ゴムは2017年の今年が創業100周年のメモリアルイヤーです。ぜひとも長崎戦を成功させて、来年はブリヂストンがパンツスポンサーであるサガン鳥栖と対戦して勝ちたいものです。

長崎戦では湘南音楽祭という企画が開催され、その中で湘南乃風のHUN-KUNさんが登場します。毎年ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

MEAT COMPANY with Bellmare

こんばんは、先日新スタジアム建設予定地に関連する記事をあげたので、ゴールデンウイークに実際に茅ヶ崎駅南口→雄三通り→鉄砲道→ラチエン通り開高健旧宅茅ヶ崎ゴルフ倶楽部(約2km)を往復で歩いてみた(バスには乗らず)のですが、平塚駅→平塚市総合公園(約1.7km)からプラスされる片道たった300mがちょっとかったるいなあと思った、チャリ通です。隣にあるパシフィックホテル茅ヶ崎跡地(上原謙・加山雄三父子がオーナーですぐに倒産した。元アルバイトの桑田佳祐さん率いるサザンオールスターズの楽曲に登場。現在はマンション。)そばはよく自転車で通っていたので自転車の感覚で書いてしまいました。

山口戦の前にららぽーと湘南平塚に行きました。平塚市内では最大の繁華街ですが、小さい海老名よりマシですが、平塚も船橋の2/3未満の規模の典型的なららぽーとなので、「別にここで買わなくても、最寄りのららぽーとでいいよね」って感じですね。そこを補うためにベルマーレを店内にちりばめているのですが、そういった補い方も全国のららぽーとにありがちで、「平塚ならでは」感はゼロです。

大型ショッピングモールが盛んな千葉県では、どうせ同じものが同じ価格で売っているだけなので隣の市の大型ショッピングモールにいくなんて面倒なことはしませんし、大型ショッピングモールの何倍もヤオコー、OKストア、ヨークマート、マルエツなどの「食品と消耗品の小型スーパーマーケット」に行っております(そのほうがすぐ買えるし、安いし、店内で歩かない)。今後はそういう棲み分けになって、2階から上が爆赤字のGMS、百貨店、パルコ・丸井などのようなファッションビルが淘汰されるのかなあ?と思います。

ららぽーと湘南平塚の1階にあるMEAT COMPANY with Bellmare(みーとかんぱにー うぃず べるまーれ)に行きました。「ブルゾンちえみ with B」ではありません。ホームページはこれといったものがありませんでしたので、ららぽーと湘南平塚のをあげておきます。

MEAT COMPANY with Bellmare (ららぽーと湘南平塚ホームページ内)

湘南ベルマーレと株式会社きちりの業務提携でオープンした、ステーキとハンバーグのお店です。

ハンバーグのレギュラーセットをいただきました。180gのアンガス牛ハンバーグにトマトの野菜スープとパンorライスが付きます。石窯で焼いたハンバーグに醤油ベースのソースまたは岩塩をつけていただきます。まあまあおいしかったです。静岡のさわやかを目指しているようなハンバーグでしたので、そういうのがお好みでしたらよいかもしれません。個人的にはさわやかがあの程度のハンバーグなのに大混雑なのが理解できませんが・・・。ファミレスでしかハンバーグを食べたことがない層にさわやかは支持されているのでしょうか?。

コストパフォーマンス、ベルマーレ度などを含めてあらゆる面で藤沢Bistroハンバーグに負けているかなあと思います。ららぽーと湘南平塚内にある利便性が評価されるかなあと思われ、繁盛はしているようです

店名にベルマーレが入っておりますが、入口に飾りがあることと、ららぽーと湘南平塚の「ベルマーレ割」に参加している以外はベルマーレっぽさがないことが不満です。ベルマーレ割ららぽーと湘南平塚の多くのお店が参加しているのでセールスポイントにはなりませんし・・・。試合の映像を流せるわけでもなさそうですし、いろいろ残念なお店になっておりますので、巻き返しを期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明治安田生命J2リーグ 2017 第13節 熊本vs湘南 戦